今更アウェイ藤枝戦(試合、試合後)

 2012-07-09
横断幕の設置も終わり、バックスタンド入口近くに移動し、木陰で雨宿り&作戦会議。
この日の試合の応援方針について打ち合わせをしました。
到着時より雨は強くなっています。試合開始時には雨は弱まるのだろうか?

13:30(14:00?)に開門となり、正式に入場。
試合前には、藤枝サポとエール交換をしました。
最近、エール交換をすることがなくなってきていますが、試合前と言えど、エール交換をするのはいいことですね。
藤枝サポからは、秋田コールに加えて、なまはげコールもして頂きました(笑)

試合開始時間が近づくが、雨は弱まるどころか、逆に強くなってきている。
だが、試合開始直前になっても、豪雨の中、田んぼのようなピッチで試合をすることになるとは、想像が出来なかった。

藤枝戦の先発、控え、交代選手は、次の通り。
北森が今季初先発、そして鈴木健がCBに入るという布陣で藤枝戦に臨みました。

GK:鈴木彩
DF:松ヶ枝、野本、鈴木健、二戸
MF:前山、三好、北森、川田
FW:富樫、松田

リザーブ:
浅井、小林、高橋、新里、土屋、リンタロウ

交代:
HT 前山→リンタロウ
84分 北森→新里

試合結果と試合経過については、ブラウブリッツ公式サイトをご参照下さい。
 ↓
http://blaublitz.jp/newsflash/15605.html

雨が強くなる中、15時キックオフ。
試合前からの雨の影響で、試合開始数分後には、あちこちに水溜りが出現。
風は吹いていないものの、水溜りでボールが止まり、パスがうまく繋がらない。

前半9分、秋田陣内のセンターサークル手前で秋田のパスが審判に当たり、相手に奪われると、そこから一気に中央突破され、先制を許してしまう。
審判に当たり、と書きましたが、それはブラウブリッツの公式HP情報です。
俺は秋田のパスが弱かったため、水溜りで止まって相手に奪われたと思っていました。
審判に当たったのなら不運な失点ですね。

前半30分頃、一度雨が止みましたが、すぐに土砂降りに変わり、ピッチの状況は更に悪化し、水溜りはグラウンドのほぼ全面に。

水浸しのピッチの中、選手達は果敢にボールに喰らいつき、相手の選手と激しく競り合い続けました。
空中戦で相手に肘打ちをくらって倒れること数回、そしてイエローカードやレッドカードが出てもおかしくないような相手の激しいスライディングタックルを何度も喰らいながらも、選手達は果敢に戦いました。
その戦う姿勢に、俺の心にも火がつきました。
これは、危険なプレーを反則にしない審判への怒りもあったかもしれません。

後半が始まると、前山に代えて、リンタロウを投入。
このリンタロウが後半、2度ほど決定的なチャンスを作る。

ドリブルで相手PAに侵入し、キーパーと1対1になりかけ、パスを出すも水溜りでボールが止まったプレー
そして、同じようにドリブルで相手PAに侵入し、飛び出したキーパーをかわすも、シュートまでいけなかったプレー
キーパーをかわした時は、決まった!と思ったんですが、水浸しのピッチに得点チャンスを阻まれました。

これ以外の決定的なチャンスは、松ヶ枝が右サイドを突破し、クロスを上げ、松田が滞空時間の長いヘディングシュートでゴールネットを揺らした場面。
20%でもボールがゴールライン上に残っていれば、インプレーと見なされるルールだったら、文句なしの素晴らしいゴールでした。
松田の身体能力の高さが発揮されたプレーでした。

0-1のままでロスタイムに入ると思われた後半39分、中央から相手右サイドへのパスにアヤキが飛び出して、これを止めたと思ったら、水溜りでボールが止まり、ボールを相手に奪われ、追加点を許し、0-2に。

試合はそのまま0-2で敗れました。

敗れはしたものの、田んぼのようなピッチで、選手達は本当によく戦ったと思います。
試合後、バックスタンドにいたサポは皆、拍手で選手を出迎えました。

選手の気迫あふれるプレーもそうですが、この日の応援には、充実感を感じました。
大雨で全身ずぶ濡れにはなりましたが、気温は20℃ぐらいあったので、寒さでふるえることもなく、90分間、応援することができました。
あと、口から絶えず雨が入って、のどが自動的に潤されていたのも、声を出し続けられた理由でしょうかw
試合中は500mlペット1本ちょっとしか水を飲んでいません。

試合の3日前まで咳がとまらず、マスクをしていました。
当日も喉は本調子ではありませんでしたが、選手達の気迫あふれるプレーを見ていたら、選手の気迫が俺にも伝わって来て、咳も止まりました。

病は気から?

Tシャツの上にウインブレを着て、その上にレプユニを着ていましたが、豪雨のため、ウインブレはまったく役に立たず、Tシャツもパンツもずぶ濡れでした。
でも、そんな状況でも応援を続けられたことに、達成感と充実感を感じました。

試合を見て久々に熱くなれたし、応援も楽しかった。
豪雨の中の試合で、しかも、負け試合でしたが、藤枝まで遠征して良かったと心から思います。

勝敗は大事だけど、勝敗がすべてではない。
負け試合でも、熱くなれる試合はあるんです。

そして、帰途へ。
タクシーを呼んで藤枝駅へ。
藤枝駅のトイレで、唯一もってきた着替えのTシャツに着替える。
デイパックの中にTシャツとタオマフを温存していて良かった。

帰路も普通列車で帰京。
予定より30分早い電車に乗れたので、帰りは御殿場線で回り道をして帰りました。
そのため、予定より40分近く遅い帰京となりました。
まあ、ずぶ濡れの体でやることではないですね。
着替えたのはTシャツだけなので、電車内の冷房で、風邪がぶり返すのではないかと恐れていましたが、幸い、風邪がぶり返すことはありませんでした。

自宅には23時半前に到着。
家に着いてからは、濡れた服を洗濯機に入れたり、財布の中身やデイパックなどを乾かしたり、いつもより大変でした。
もっとも、横断幕を持参した方々は、俺の何倍も大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。そして、横断幕を持参して頂き、ありがとうございました。

今後とも共に戦いましょう!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/947-9c7c8337

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング