郷土愛教育

 2012-01-31
郷土愛教育から「よき国家」が生まれる
http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0811/opi1.html

リンク先が変更されたため、現在は閲覧できませんが、リンク先に掲載してあったのは、2008年11月11日付の産経新聞に載っていた記事です。
これは、秋田市在住の非常勤講師(当時)の女性が「正論」という雑誌に投稿した論文です。
以前にこのブログで紹介しましたが、再度紹介いたします。

この論文を読んだ秋田県民は、様々な偉人を輩出した秋田県に誇りをもってほしいし、
秋田県を元気にするために、そして秋田県の未来のために、各自が出来ることを行ってほしい。


**** 以下引用(全文) ****

郷土愛教育から「よき国家」が生まれる

 新年度が始まる4月、教壇に立ち、初めて出会う学生たちの顔をのぞきこむと「どんな面白いことをしてくれるのだろう?」という好奇心の奥に「私を変えてくれ!」という欲求を感じる。米国の大統領選挙ではないが「今こそ変革の時だ! 私は変わりたい!」という声にならない叫びを発しているような気がする。若者たちは、携帯電話だけを見つめ、理想を抱かず、だからといって現状にも満足せず、国や自分の未来について放棄しているかのように見えるが、決してこのままでいいとは思っていない。しかし、モデルがいなくて、自分を支える文化がなくて、一歩を踏み出せずにいるのだ。

 日本の未来は、未来を生きる日本人にかかっている。同じように、たとえば秋田県の未来は、未来を生きる秋田県民にかかっている。家が子孫代々繁栄しますようにと願うのは、それぞれの共同体の運命が先頭を生きる者たちの手に託されているからだろう。先人が残す遺産は、未来の教訓にはなりえても、未来を創(つく)ることはできない。遺産を生かすも殺すも、未来を生きる者たちの能力次第なのである。

 現在の日本では、日本を創っていく日本人を育てる教育も、秋田県を創っていく秋田県民を育てる教育もなされていない。その証拠に、教科書には入学式に桜のイラスト、夏には海水浴の写真が載る。秋田で桜が咲くのは5月初めであり、沖縄の海開きは春先である。せっかく桜前線という風流な文化と地域によって異なる豊かな四季があるのに、教科書は東京を基準としている。これでは郷土への愛ははぐくまれない。

 日本人であれば、国籍は日本であり、海外へ行くと抹茶の味や桜が恋しくなるかもしれない。だが日本で生きていく上では、郷土がその人の土台となるのではないか。自分が生まれ、はぐくまれた郷土に誇りを感じられなければ、その集合体である国に誇りを感じるはずがない。国をよくしようと思うはずがない。郷土を愛する人間を育てることが、よき国家を創ることにつながるのである。

 その具体的取りくみとして、義務教育で郷土学を教えたい。小中学生に、全国一律の教科書と並行して、県単位の教科書で、郷土の偉人や文化を徹底的に教えるのである。日本中がわいた東京オリンピックにおいて選手宣誓をし、体操で大活躍をした小野喬選手が、秋田県で生まれ、自分と同じ空気を吸って、自分が食べている米と同じ米を食べていたと知ったら、運動が苦手な子供でも、体育を頑張ろうと思うかもしれない。体育の得意な子供は、体操日本の名誉を守るのは自分だと、他県の選手にはないプライドが生まれるかもしれない。

 今から百年ほど前に、南極大陸に挑んだ日本人が、秋田生まれの白瀬大尉であり、その栄光が今でも南極観測船「しらせ」としてたたえられていると知ったら、その白瀬大尉は秋田の厳しい冬に耐えながら根性を養ったと知ったら、受験勉強でへこたれている子供たちも、もう少し頑張ってみようと思うかもしれない。たくさんの偉人たちが、自分と同じ風に吹かれ、同じ土地を踏みしめ、同じなまりで語らい、同じ景色に癒やされ、同じ場所を故郷として心の支えにしていると知ったら、子供たちはどんなに勇気を得るだろう。

 私が授業で郷土の偉人を取り上げると、冷めた目で教壇を見つめていた学生たちは、目を輝かせ、身を乗り出して聴く。活躍中の郷土出身者でも効果は絶大だ。安倍政権で秋田県出身の菅義偉さんが総務大臣になったときは、まっ先に授業で紹介した。「消費税の地方配分を多くしたい」と言って、地方のために頑張ってくれそうな人だと。それだけで、学生たちは興味も関心もなかった総務大臣を注目しはじめる。「どんな人? どんなことをやっているの?」とひとごとだった政治について、関心をもつようになる。国政を担う者にとって、何よりの心強い励ましとなり、また厳しい監視の目となるだろう。秋田の竿灯が、篤姫の時代から続く祭りだと知ったら、その瞬間に篤姫は自分の歴史に連なる。百年や千年を自分の中に実感としてとらえるのは、そう難しいことではない。

 授業の締めくくりに、日本の3000年の歴史を3メートルのテープで表し、諸外国の歴史の長さを同じ割合でテープに表した。あまりの日本の長さに歓声が上がる。その瞬間、学生たちはその日本のテープの先端を生きていると自覚する。「あなたたちはこんな歴史を背負っているのよ」と声を大にして言わなくても、自分に続く3000年に思いをはせ、自分の前に広がる未来へ襟を正すのである。

 福沢諭吉は政治家への勧めを断って、教育に心血を注いだ。よき国家は、そこに住む人が賢くならなければ生まれないからである。若者たちが自分の羅針盤となるモデルや、自分を支える文化を求めている今こそ、郷土教育から日本を、日本の人材を創っていきたい。


 入選してひと言「私以上に郷土を愛する母の勧めで投稿しました。偉そうに述べていますが、かいなき自分への叱咤(しった)激励です。私をはぐくんでくれたすべての人と選んでくださった方々に感謝します」

**** 引用は以上 ****

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/826-1eee8ddb

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング