2011シーズン総括その3

 2011-12-24
成績が振るわなかった序盤戦だったが、7月24日のホームでの町田戦でこれまでの4-3-3から4-1-4-1の布陣に変えると、これ以降の4試合を3勝1敗(うち2試合は無失点試合)と勝ち越し、チームの歯車が回り始めた。
そしてリーグ戦は8月10日の琉球戦の後は8月24日の金沢戦まで試合がなく、この間、ブラウブリッツのアマチュア契約選手は山口国体出場を目指してミニ国体を戦った。
仁賀保などで行われたミニ国体で宮城県代表、岩手県代表、福島県代表を破って山口国体出場を決めた秋田県代表であったが、決勝の福島県代表との試合で、前山が全治5ヶ月以上の重傷を負ってしまい、今シーズン中の復帰が絶望的となる。
前山の離脱というマイナス材料を抱えてブラウブリッツは8月24日の金沢戦を迎えることになる。

<前期5節~前期1節(最終戦)>

8月24日の前期5節、ホーム・八橋球での金沢戦に参戦。平日16時キックオフという試合だった。
開始早々と前半13分に連続でミドルを決められ0-2とされ、前半22分の畑田のFKで1点を返したが、後半に追加点を許し、1-3で敗れた。
この日、ゴールした畑田はユニの下に着ていた前山の背番号のTシャツを見せるパフォーマンスを行った。長期離脱した前山に捧げるゴールだった。

この週の日曜日、ブラウブリッツは控え選手中心のメンバーで天皇杯予選決勝のカンビアーレ戦に1-0で勝利し、天皇杯出場を決めると、翌週の天皇杯1回戦では山形大学医学部相手に13-0という記録的大差で勝利し、去年に続いて天皇杯2回戦でモンテディオ山形と戦うこととなった。

9月11日の後期7節、アウェイでの高崎戦に参戦。
前半4分にFKに松田が頭で合わせ先制。後半に同点に追いつかれるが、後半17分にCKに松田が頭で合わせ2-1とする。しかし、1点リードの後半ロスタイム3分に同点ゴールを許し、また、その直後にGKと1対1の大ピンチを迎えるが、このシュートは外れて2-2のドロー。
高崎は中央の松田を徹底マークする戦術で、CBはサイドを突破されてもフォローに行かず、松田だけを徹底マーク。
そのため、SBとCBの間に広いスペースが空いていたが、秋田の攻撃はサイドを突破して中にクロスを入れる単調な攻撃だったため、そのスペースを利用した攻撃がほとんどできなかった。
1トップの松田にサイドからクロスを上げるだけの攻撃では通用しないと痛感させられた。
それにしても、松田だけをマークしていればいい、サイドから中に侵入されても放っておけとは、秋田もなめられたものだ。

続く後期8節、ホームでのジェフリザ戦は松田の2ゴールで2-1で勝利し、順位を13位に上げた。
この試合から江崎が先発するようになる。
また、この試合で比嘉が肋骨を骨折した。

続く後期9節、アウェイでの金沢戦は、前半に1点を先制されたものの、後半に2点を奪って2-1で逆転勝利し、2連勝。8月に八橋球技場で負けたことのリベンジを果たした。

続く10月1日の後期10節、ホームでの琉球戦は、後半ロスタイム3分にPA内でハンドの反則を取られ、そのPKを決められ、0-1で敗北。
この後、ブラウブリッツの選手は、リーグ戦の前に山口国体と天皇杯2回戦を戦うことになる。

山口国体秋田県代表は、ブラウブリッツのアマチュア選手主体で構成されていた(15人中10人)
琉球戦の翌日の10月2日から始まった山口国体で、秋田県代表は、福井県代表を4-0、新潟県代表を3-0、神奈川県代表を2-0で破り、決勝進出。
去年の千葉国体で果たせなかった国体制覇が期待されたが、決勝で鹿児島県代表に0-1で敗れ、惜しくも優勝はならなかった。
しかし、去年の千葉国体に続いての準優勝は立派なものだ。

そして、10月8日、NDスタで行われた天皇杯2回戦に参戦。
秋田の選手は必死にボールに喰らいつき、勝利への気迫を見せてくれましたが、ヘディングシュートで2点を奪われ、0-2で敗れ、山形に勝利する夢は叶いませんでした。
シュート数は、秋田7、山形11でした。
この試合の後半から比嘉が復帰。

天皇杯2回戦の翌週の10月16日の後期11節、アウェイでのびわこ戦に参戦。
前半45分の久保田のゴールで先制し、同点に追いつかれた直後の後半8分に江崎がCKに頭で合わせ勝ち越しゴール。これが決勝点となり2-1で勝利し、13位という順位は変わらないながらも、11位が射程圏内に入った。
続く10月23日の後期12節、ホーム・仁賀保でのソニー戦は、松田が倒されて得たPKを自ら決めて1-0で勝利し、11位に浮上した。

24試合を終了し、9勝4分11敗。負けが先行しているが、7月31日の時点で6あった借金が2まで減った。

続く10月30日の後期13節、アウェイでの栃木戦に参戦。
前半は秋田が優位に進め1点を先制するも、後半開始早々に失点し、1-1のドローに終わった。
10位との勝ち点差を縮めるチャンスだったが、勝てなかった。

続く11月3日の前期3節、ホームでのびわこ戦は、前半に先制したものの、後半22分にFKを相手にパスしてしまい、カウンターから失点し、同点にされると後半44分にも失点し、1-2で逆転負け。
11位はキープしたものの、10位との勝ち点差は7に広がってしまった。

続く11月6日の後期14節、ホーム・八橋陸での松本戦は、秋田のプライドを賭けた去年のリベンジマッチ。
前半19分に松田のゴールで先制するも、前半ロスタイムに不可解なPKで同点に追いつかれる。
しかし、その直後、比嘉がゴールを奪い、2-1で前半終了。
後半4分にまたも不可解なPKで同点に追いつかれるが、後半38分にPA内で比嘉が倒されPKを得ると、自らこのPKを決めて、3-2で松本に勝利した。
この勝利でチームの勝ち点は35になり、9位、10位との勝ち点差を4に縮めた。
しかし、この松本戦の勝利が、今季最後の勝利になるとは、この時は思わなかった。

続く11月13日の後期15節、アウェイでの長野戦に参戦。
前半15分までに2点を失い、前半18分に松田のゴールで1点を返すが、後半に2点を失い、1-4で完敗。
この敗北で、残り試合を全勝しても去年の勝ち点51は上回れないことが決定。

続く後期16節、アウェイでのホンダロック戦は、後半14分に松田のゴールで先制したものの、後半30分に同点ゴールを奪われ1-1のドロー。
順位は11位をキープしたものの、佐川印刷、栃木に勝ち点差1に迫られる。

続く11月23日の前期6節、ホームでの長野戦は、アウェイでの敗北に続き、0-2で敗れ、順位は13位に後退。また、今季の負け越しが決定。
すると、シーズン終了を待たずして横山監督が今季限りで退任することが発表された。

今季は残り3試合。負け越しが決定したことで、個人的にどうやってモチベーションを保つか考えたが、ホンダロックの残りの対戦相手(松本と2戦+秋田)を見て、勝ち点36の秋田がホンダロックの勝ち点44を上回る可能性があることに気づく。
残り3試合でホンダロックとの勝ち点差8を逆転する!これを横山監督の有終の美にしよう!これを心の支えに応援することにした。

しかし、11月27日の後期17節、ホームでの武蔵野戦は、0-1で敗北。9回目の対戦でも武蔵野に勝てなかった。
そして、ホンダロックの勝ち点を上回る可能性も消滅。

続く12月3日の前期2節、アウェイでの武蔵野戦に参戦。
試合開始早々に失点し、後半24分に松田のゴールで同点に追いつくが、後半33分、42分に失点し、1-3となる。
しかし、後半45分に松田のゴールで1点差にすると、後半ロスタイム2分に畑田のゴールで3-3の同点に追いつき、ドロー。
10回目の対戦でも武蔵野に勝てなかったが、残り3分で2点差を追いつく意地を見せた。

そして、今季最終戦となる12月11日の前期1節、ホーム・八橋陸でのホンダロック戦にも参戦。
ホンダロックに2点差をつけて勝利すれば、11位に浮上し、来季のホーム開幕戦の可能性がある試合だったが、0-3で敗北し、順位は13位から14位に後退し、来季ホーム開幕戦の可能性は消滅した。

今季はリーグ戦33試合を戦い、10勝7分16敗、勝ち点37。
JFL5年目で最低の勝ち点だった。

天皇杯は1回戦を13-0で勝利し、2回戦で山形に0-2で敗北。

山口国体は準優勝。

ブラウブリッツの選手が戦ったのは、JFLリーグ戦33試合、天皇杯予選1試合、天皇杯2試合、ミニ国体3試合、国体4試合、合計43試合。
最後の2試合は、12月の試合で、最終戦は試合前、試合後に雪が降っていた。

選手の皆さん、今年1年お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/810-ff3ba640

コメント
今年は「飛躍」ではなく「苦難」の年になりましたね。しかし来年はさらにチーム事情が苦しくなりますので、支える我々サポーターが「飛躍」する年にしなくてはなりません!

俺は秋田にサポーターの種を蒔きますので、ブリキチさんはFサポさんやたーぼうさんたちと関東エリアに種を蒔いてください。

JFLで対戦して先に行ったクラブや天皇杯で対戦したJクラブとJリーグで戦う頃には、アウェイ席が秋田サポーターで埋まるくらいに増やしましょう!

では、よいお年を!!
【2011/12/24 10:34】 | James #- | [edit]
>Jamesさん
来年はチーム事情が今年よりも苦しくなりそうなので、
住む場所が違ってもチームを支えていきましょう。
俺としては取り敢えず株式の買い増しを申し込みました。

話は変わりますが、秋田サポの掲示板を作成されたんですね。
秋田サポの情報交換、交流の場として有効活用されることを
期待します。
機会があったら俺も利用させてもらいます。

今年もお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。
では、良いお年をお迎え下さい。
【2011/12/26 00:09】 | ブリキチ@関東 #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング