モンテディオ山形戦(試合)

 2011-10-09


昨日、NDソフトスタジアムで行われたモンテディオ山形戦。
去年0-3で敗れた借りを返したいブラウブリッツでしたが、0-2で敗れ、リベンジはなりませんでした。
ただ、4月の練習試合では、ブラウブリッツが3-2で勝利しているので、山形にしてみれば、秋田にリベンジしてJ1の面目を保ったという感じですね。

試合の詳細については、ブラウブリッツ公式HPをご覧下さい。

第91回天皇杯2回戦vsモンテディオ山形 試合速報
http://blaublitz.jp/newsflash/9771.html

秋晴れの中行われた山形戦ですが、山形戦の先発は、下記の通り。
前半の布陣はこんな感じでした。

----鈴木彩----
松ヶ枝、千野、小林、高橋
----三好-----
---畑田、川田---
久保田------今井
-----松田----

そして、控え選手と交代選手は、次の通り。

リザーブ:
浅井、江崎、新里、比嘉、鈴木健、富樫、小澤

交代:
HT 今井→比嘉
79分 三好→小澤
79分 久保田→富樫

警告:なし

対戦相手の山形の先発メンバーは、背番号から判断すると、全員1軍ではなかったようです。
半分ぐらいが1軍?
これに対して秋田は、前山は長期離脱中、負傷している比嘉もベンチスタートでしたが、代わりに松ヶ枝が復帰し、ほぼベストメンバー。

試合が始まり、まずは秋田が山形陣内に攻め込み、その後も秋田の方がやや有利で試合が進みました。
三好を起点にボールを良く回せていましたし、気迫溢れるプレーで、ボールを奪い返す場面も多々ありました。

どちらかというと、秋田が有利に試合を展開していましたが、前半23分に左CKから失点してしまいました。
CKを山形の選手がニアサイドで頭で後ろ向きに中に折り返すと、このボールがファーサイドに流れ、それがそのままゴール。
山形にとってはラッキーなゴール。秋田にとってはアンラッキーなゴールでした。

その後、久保田が右側のタッチライン付近で相手と接触し、一時的に外に出ることに。
流血した模様です。
秋田ゴール裏から相手選手へのブーイングと久保田への激励の言葉が湧き上がる。
久保田が負傷したことで、山形への闘志が湧き上がってきました。

久保田は頭にテーピングを巻いて試合に復帰。
今日の久保田は、前半は右サイドで、後半は左サイドで活躍していました。

同点に追いつきたい秋田でしたが、逆に前半38分、左からのクロスを頭で決められ、2点リードされてしまいました。
やや遠めからの、それほど強くないヘディングシュートでしたが、アヤキの位置が若干前に出ていたのか、見送るような形で失点しました。
去年と同じく0-1で前半終了かと思っていた時間帯での失点でした。

前半は0-2で終了。
右サイドでの久保田と松ヶ枝の攻撃、左サイドでの守備、そして中盤での三好、畑田を起点とするパス回しが目立ちました。
前半の秋田のシュートは、ゴール右にそれた畑田の惜しいロングシュート1本と、ゴール左に大きく外した松田のヘディングシュート1本だけ。
ボールは保持しているものの、なかなかシュートは打てませんでした。

後半開始から、今井に代わり、比嘉を投入。
比嘉の復帰は10月中旬かと思っていましたが、少し早い復帰となりました。
後半は、久保田が左サイドに移ったことで、後半開始時点での布陣はこんな感じでした。

----鈴木彩----
松ヶ枝、千野、小林、高橋
----三好-----
---畑田、川田---
比嘉-------久保田
-----松田----

前半の秋田の攻撃は、右からが多かったが、後半は左からの攻撃も多かった。
前半は右、後半は左でプレーした切り込み隊長、久保田の活躍が目立った試合でした。

後半の秋田は、左サイドを久保田が突破、右サイドを松ヶ枝が突破、そして比嘉が2本ほどミドルシュートを打つなど、チャンスを何度か作りました。
中でも久保田が左サイドから中まで切り込んでシュートした場面は良かったですね。

その後、秋田は試合終盤に三好と久保田を下げて小澤と富樫を投入。
松田の1トップから松田と富樫の2トップにして反撃を狙う。
試合終盤の布陣はこんな感じでした。

----鈴木彩----
松ヶ枝、千野、小林、高橋
-----------
比嘉、畑田、川田、小澤
-----------
---松田、富樫----

試合終盤は、秋田が2トップにして4-4-2という布陣にした効果が出たのか、山形ゴール前に攻め込む場面が多かったですが、山形の堅い守りに阻まれて、得点は出来ませんでした。
終盤に左CKのボールがファーサイドに流れて、走りこんだ松田が足を伸ばすも届かなかったのが、この試合で一番惜しかったシーンですね。

前後半を通して、秋田の選手は必死にボールに喰らいつき、勝利への気迫を見せてくれましたが、試合は0-2で敗れました。

後半は、山形に攻め込まれる場面が前半よりは増えましたが、試合全体では山形のシュート数を11本に抑え、秋田は7本のシュートを放ちました。
まあ、7本といっても、枠にいった秋田のシュートはなかったと思いますが。
その点では、去年の方が得点の可能性は充分あったかなと。

失点については2点とも頭で決められたもので、結果としては、山形の「高さ」に屈した形となりました。

なお、日本サッカー協会の公式記録は、下記の通りです。

モンテディオ山形 vs ブラウブリッツ秋田
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2012/0101tennouhai/schedule_result/pdf/m35.pdf

J1の山形に勝利したニュースが日本全国に流れるという夢は去年に続いてかないませんでしたが、勝利にかける選手たちの気迫を感じられたのは、良かったです。

シーズン中のJ1チームとの対戦で得られたものが数多くあると思うので、これを今後のリーグ戦で生かしてほしい。

選手の皆さん、お疲れ様でした。
また、応援された皆さん、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/718-aeccce1e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング