準加盟資格について

 2010-12-26
来年1月の準加盟申請を見送ったブラウブリッツ。
そこで準加盟申請の資格とはどういうものなのか検索してみたところ、こういったものが見つかった。

「J2リーグの将来像」
http://www.j-league.or.jp/pdf/futureofj2_060321.pdf

J2に昇格する際には、様々なクリアすべき基準が明記されているが、準加盟だけであれば、次の項目などをクリアしていれば、加盟できるようだ。

<準加盟申請のための主な基準>
①運営母体
 株式会社であること、クラブの経営状態が適正であること、など
②ホームスタジアム
・ホームタウン内に、下記のスタジアムを、確保できる。
 -Jリーグ入会までに、入会基準を満たすよう改修される見込みがある。
 -現在所属しているリーグ戦のホーム試合は、相当程度スタジアムで開催できる。
③ホームタウン
・将来Jリーグを目指すことを、所属する都道府県協会が承認している。
・ホームタウンの自治体が、Jリーグを目指すクラブを支援する姿勢を文書で示している。
④相当数の企業の支援が得られる見込みがある。
⑤練習場を確保している。

ホームタウンは「秋田市、にかほ市、由利本荘市を中心とする秋田県全域」なので、これらの自治体から文書で支援の姿勢をもらわないと準加盟はできないが、事業収入などの項目については、明確な基準はない。
よって、現在の事業収入でも、現在の観客動員数でも準加盟申請は可能であるので、準加盟申請を早急にして頂きたい。

しかし、準加盟申請した年の11月にはJ2昇格を狙うだろうから、J2入会基準をクリアしないと、準加盟はできても予備審査で落とされることになる。

以下にJ2入会基準の主なものを列記します。

①JFL4位以内
②J2入会の直前年度の1試合平均観客数が3,000人以上であること
③入会直前年度における年間事業収入が1.5億円程度であること。また入会後ただちに3億円以上、その後速やかに5億円以上の事業計画を有すること
④Jリーグの基準を満たすスタジアム(10,000席以上、照明、電光掲示板が必要など)
⑤トップチーム監督はS級資格保有者

町田が予備審査で落とされ、長崎がJ2昇格をあきらめたのは、スタジアムが原因で、このスタジアムの問題をクリアして、1試合平均3,000人以上集められれば、J2に昇格できるような気がしていたが、これらの基準よりも、事業収入1.5億円、入会後ただちに(J2の1年目)3億円以上という基準をクリアする方が難しい気がしてきた。
まあ、TDKというメインスポンサーがついているのは、メインスポンサーがついていないクラブに比べたら大きなアドバンテージだと思うが、J2の初年度に3億円の収入は高いハードルに思える。

上記の「J2リーグの将来像」はPDFファイルであるが、年間収入1.5億円のクラブの収入モデルをテキスト化したのをJFL総合スレで発見したので、引用させて頂きます。
目標が明記してある方が、目標を達成しやすいと思いますので。

==(以下引用)=============================
812 :U-名無しさん@実況はサッカーch:2010/12/25(土) 18:58:17 ID:iU70fp6K0
◆年間収入1.5億円クラブの収入モデル
広告料 6800万円(看板1800万円、ユニフォーム4500万円、その他500万円)
入場料 5000万円(シーズンチケット1400万円、シーズンチケット以外3600万円)
放送権  200万円
グッズ 2300万円
その他  700万円(後援会300万円、スクール200万円、その他200万円)

◆年間収入1.5億円クラブの支出モデル
人件費 5200万円(監督等スタッフ1000万円、下部組織700万円、選手3500万円)
運営費 5100万円(遠征費2400万円、スタジアム使用料600万円、用具・医療機器費等1000万円、その他1100万円)
グッズ原価 1300万円
フロント人件費 1400万円(役員600万円、社員800万円)
管理費 2000万円(リーグ年会費1000万円、その他経費1000万円)

◇広告料収入6800万円の内訳モデル
看板 1800万円(60枚×@30万円)
ユニフォーム 4500万円(胸2500万円、背中1000万円、袖500万円、パンツ500万円)
その他 500万円(10単位×@50万円)

◇入場料収入5000万円の内訳モデル(誤差あり)
シーズンチケットS 72万円(大人30枚×@2万円、子供20枚×@0.6万円)
シーズンチケット自由 1657.5万円(大人1100枚×@1.2万円、子供750枚×@0.45万円)
試合収入 3646.5万円(17試合×@214.5万円)
  座席指定 7.5万円(25枚×@0.3万円)
  ブロック指定 72万円(大人300枚×@0.2万円、子供120枚×@0.1万円)
  自由席 135万円(大人750枚×@0.15万円、子供450枚×@0.05万円)
※シーズンチケット来場率70%、招待券来場率50%で計算

(ソース)http://www.j-league.or.jp/pdf/futureofj2_060321.pdf

815 :U-名無しさん@実況はサッカーch:2010/12/25(土) 19:17:29 ID:iU70fp6K0
>>812入場料収入内訳の補足
各試合の招待券は300枚。

この計算だと、シーズンチケット来場者1330人、招待券来場者150人、1試合チケット購入来場者1645人で合計3125人。
有料入場者の割合は約95%。結構厳しいモデル。

今年の長崎の有料入場者割合は30%。
長崎の年間収入は1.5億円以上あるが、そのうち広告料収入が1.25億円と大半を占め、
入場料収入は1000万円程度。
(ソース)http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1284719928/750-751

=======================(引用ここまで)=====

今季の秋田の入場料収入はいくらぐらいあったのだろうか?
来季は最低でも長崎の1,000万円はクリアして(既にクリアしている?)、2,000万円を目標に頑張ってほしい。
ちなみに、松本の入場料収入は4,000万円らしいです。

個人的には、今年は、後援会に入会+年間パス購入+プレミアムセットチケットを購入した。
そして株式を2株購入した。
来年も後援会は継続しようと思う。年間パスについては、検討中。
年間パスを買うよりもプレミアムセットチケットを2セット買って地元の人に寄付した方が観客動員に役立つのかなと考えたりして。
地元に住んでいないので、これぐらいのことしかできませんが、少しでも役に立ってほしいと思います。
とは言え、俺個人が後援会に入っても焼け石に水なのは事実。
また、試合をあまり見られない関東在住の人に後援会に入ってもらうのもハードルが高い。
俺の個人的な来年の目標は、関東在住のブラウブリッツファンを一人でも増やすことですかね。
スポンサーサイト




トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/411-5e26a14a

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2020新チャント
2020歌詞カード(1)
2020歌詞カード(2)
2019新チャント
2019歌詞カード
2018チーム
2018選手


2020年の関東近郊の試合
5/16(土)vs FC東京(西が丘)
8/16(日)vs 沼津(愛鷹)
11/28(土)vs YS横浜(ニッパ球)
12/13(日)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター