2019シーズンを振り返る(その1)

 2019-12-21
<開幕まで>
J2昇格を逃した2018シーズンのブラウブリッツだったが、シーズン最終戦の翌日の12月3日には間瀬監督の続投が発表された。
この素早い発表には、間瀬監督の下、J2昇格を成し遂げるという岩瀬社長の意思が強く感じられた。

そして、ブラウブリッツのフロントは、J2昇格に向け、選手の大幅な入れ替えを実施した。
2018シーズン終了をもって退団した選手は13名で、それ以外に2名が他クラブにレンタル移籍。
これに対して残留した選手は12名で、前山、久富、中村、山田、江口、松本などの主力選手のほとんどが残留した。
また、新加入選手は15名で、大卒の2名を除いた13名が他チームからの移籍。
新加入選手には、札幌の田中雄大、大分の林容平、セレッソU-23の沖野などの即戦力が完全移籍で加入し、レンタル移籍で和田、堀、藤沼といった若手の即戦力も加入した。

主力選手の多くが残留した上に、即戦力となる選手の獲得にも成功したブラウブリッツ。
また、選手の数も3名増やし、27名体制とした。
この27名の選手でJ2昇格を目指して2019シーズンを戦うことになる。

そして、1月11日には2019シーズンの開幕カードが発表され、ブラウブリッツの開幕戦は、ザスパクサツ群馬のホームである正田醤油スタで行われることが決まった。

正田醤油スタでの開幕戦が決まったブラウブリッツは、1月15日から17日まで大館でキャンプを実施し、1月26日にはJヴィレッジ屋内練習場でいわきFCとの練習試合を実施した。

P1080772.jpg
Jヴィレッジ屋内練習場

チームはその後、1月28日から2月7日まで鹿児島県でキャンプを行い、全北、鹿児島、広島、ソウルと練習試合を行った。
2月7日から23日までは高知県でキャンプを行い、高知U、富山と練習試合を行った。
その後は高知県からの帰路の途中でガンバ大阪、FC岐阜と練習試合を行い、秋田県に戻った。
J1、J2、J3、地域リーグ、そしてKリーグのチームとの練習試合を行ったブラウブリッツ。

ブラウブリッツが勝利したのはソウルと岐阜と高知に対してだけで、ほとんどの試合で2~3点は失点していたが、全試合で得点したことには希望を感じた。
そして、高知キャンプの最中に、新加入の小谷がキャプテンを務めることが発表された。

J2ライセンスを保持した上で迎える初めてのシーズンとなる2019シーズンの開幕が近づいていた。
ブラウブリッツは12月8日のシーズン最終戦でJ2昇格の喜びに沸くことが出来るだろうか?


<開幕戦~第4節>
2019シーズンのJ3リーグは、18チームの2回戦制で行われた。
今季の新加入は、J2から降格してきた熊本、讃岐、そしてJFLから参入した八戸の合計3チーム。

P1080917.jpg

ブラウブリッツの開幕戦の相手は、ザスパクサツ群馬で、試合会場は正田醤油スタジアムだった。

P1080927.jpg

3月10日の開幕戦のスタメンには、新加入選手が多く起用され、昨年まで所属していた選手は、松本、千田、青島の3人だけだった。
昨年までキャプテンだった山田はベンチスタート。

GK 松本
DF 沖野、千田、中島、青島
MF 堀、小谷、和田
FW 藤沼、林、北脇

正田スタでの開幕戦には俺も参戦。

P1080929.jpg

正田スタに集まった秋田サポの人数は、50~70人ほどだった。

P1080962.jpg

試合は、群馬に2度リードされるが、北脇のPKと藤沼のゴールで追いつき、2-2で引き分けた。

P1080964.jpg

この結果、2019シーズンは6位発進となった。
そして、先発の林は前半33分で負傷退場という代償を負った。


第2節(3/17)、アウェイのカマタマーレ讃岐戦にも参戦。

P1080988.jpg

昨年までJ2にいた強敵との対戦。
前節で負傷退場した林のほか、和田、北脇が先発から外れ、代わりに坪井、江口、久富が先発。

P1090023.jpg

この日、バックスタンドには30~40人ほどが集まった。

P1090044.jpg

試合は、秋田守備陣のミスを突かれて讃岐に先制されると、後半11分には小谷が一発レッド。
試合の終盤は数的不利がなくなった秋田が猛攻を見せるも同点ゴールは奪えず、0-1で敗れ、ブラウブリッツの順位は11位に後退した。
そして、試合前から体調の悪かった俺は、試合開始後の暴風雨で体調を崩し、咳が止まらなくなった、、、


第3節(3/24)、アウェイのいわてグルージャ盛岡戦には参戦予定で、夜行バスと試合のチケットを事前に購入していたが、風邪が完全に治っていなかったので、前日に参戦を断念。
試合前、ピッチは雪で白くなっていて、試合中は雪も降っていた。参戦していたら病院送りになっていたかも、、、

前節からスタメンを5人代え、ホガン、山田が今季初先発。
試合は盛岡に2点を先制され、後半45分の藤沼のゴールで1点を返すが、後半ロスタイムにゴールを奪われ、1-3で敗れた。
ブラウブリッツは2連敗となり、順位は17位まで後退した。

ブラウブリッツは開幕からの3試合を1分2敗と未勝利のまま、ホーム開幕戦を戦うことになる。
一方で、栃木SCから夛田が加入することが発表され、ブラウブリッツの今季の選手の数は28名となった。

そして、第4節(3/31)、ホーム開幕戦となる長野パルセイロ戦に参戦。

P1090106.jpg

試合翌日の4月1日から、八橋陸上競技場の名称はソユースタジアムに変更されるので、除幕式が行われた。

P1090128.jpg

八橋陸上競技場(ソユースタジアム)に大型ビジョンと照明が設置されました!

P1090141.jpg

大勢の観客動員を目指したが、気温は3.5℃、雨とみぞれが降る過酷な環境だったため、観客動員は3,858人に留まった。

P1090177.jpg

試合は、ブラウブリッツの選手達は勝利への気迫、技術の高さを見せ、チャンスも多く作ったが、スコアレスドローに終わった。
開幕から4試合未勝利で、ブラウブリッツの順位は17位で変わらず。
能力の高い選手を起用し、随所でテクニックのあるところは見せるが、ゴールは奪えない。


<第5節~第6節>
開幕から4試合未勝利のブラウブリッツは、第5節(4/7)、ホームのソユースタジアムでセレッソ大阪U-23と対戦した。

P1090194.jpg

この試合には、俺も参戦した。
試合前は雨が降っていて、4週連続の雨となったが、試合前には雨は完全に止んだ。

P1090305.jpg

試合は、和田のゴール、江口のFK、藤沼のゴールで3-0で勝利し、今季初勝利!!
この結果、ブラウブリッツの順位は17位から12位に浮上した。

続く第6節(4/14)、アウェイ相模原戦にも参戦。
開幕戦で負傷退場した林が先発に復帰した。

P1090351.jpg

秋田側ゴール裏に集まったサポーターは、60~70人以上いたと思われた。
秋田サポの他、川崎、湘南、浦和、マリノスサポなどが加勢した。

P1090367.jpg

試合は、和田のゴールで先制し、同点に追いつかれた後、和田のPKで2-1とリードして前半終了。
後半も相模原に攻め込まれる展開が続いたブラウブリッツだったが、相模原に同点ゴールは許さず、ブラウブリッツが2-1で勝利し、今季初の連勝を飾った。

P1090368.jpg

ブラウブリッツの順位は9位に浮上し、勝敗の数も2勝2分2敗のタイに戻した。


<天皇杯予選、リーグ戦第7節~第8節>
ブラウブリッツの天皇杯県予選決勝は4月21日に行われた。

4月21日の秋田県予選決勝で、猿田興業と対戦したブラウブリッツは、ほぼベストメンバーという布陣で臨み、4-0で快勝し、天皇杯出場を決めた。
ただ、4-0ながら、シュート数は14本で、ここ数年の中では最も少ないシュート数だった。

そして、天皇杯予選決勝の翌週に行われたリーグ戦第7節(4/27)、ホームでの北九州戦に参戦した。

P1090404.jpg

大型映像装置の上の部分に「ソユースタジアム」のロゴが入り、ソユースタジアムの装飾もこれで完成。
ただ、観客数は今季ワースト2位の835人だった。

P1090421.jpg

試合は、立ち上がりは秋田が優勢に進めていたが、徐々に北九州がペースを握り、秋田DFの裏を何度も取られ、決定的なピンチを2、3度迎えたが、相手選手が外して難を逃れ、前半は0-0で折り返し。

P1090435.jpg

後半は秋田が防戦に回る時間が更に多くなり、前節(4/14)の相模原戦の後半のような状態に。
試合の終盤は秋田が攻勢に出たが、ゴールは奪えず、0-0のスコアレスドローに終わった。

P1090440.jpg

首位と勝ち点が並ぶ2位の北九州との勝ち点差を2に縮めることに失敗したブラウブリッツ。
首位の藤枝との勝ち点差は7に開き、2位との勝ち点差も5で変わらず。
しかし、順位は9位で変わらなかった。


5月に入って元号が令和に変わり、第8節(5/5)、アウェイで行われたガンバ大阪U-23戦にも参戦。

P1090557.jpg

天候にも恵まれ、スタジアムの中は風も通って快適だった。

P1090578.jpg

連休中ということもあり、秋田県から多くのサポーターが参戦した結果、ユニフォーム着用者は40~50人ほどに。
それ以外の観客も入れると、総勢100人近くが秋田側応援席に陣取った。

P1090608.jpg

試合は、食野(めしの)に2ゴールを決められるなど、ガンバ大阪U-23にシュート24本を浴び、1-3の完敗。
ブラウブリッツは藤沼のゴールで一時同点に追いついたが、シュート数は5本に抑えられた。
平成時代に続いていた無敗記録は4試合で止まり、令和時代は黒星スタートとなったブラウブリッツ。

個人的には試合前、試合中にお酒を飲み過ぎてしまい、ハーフタイムにめちゃくちゃハイテンションになって、後半5分以降の記憶がほとんどないという失態を演じてしまった、、、
この出来事は、のちに秋田サポの間で、イェーイおじさん誕生、吹田のイェーイ祭りと呼ばれることになる。

ブラウブリッツの順位は9位で変わらなかったが、首位の北九州、2位の讃岐との勝ち点差は8に拡がり、シーズンの4分の1が過ぎていないにもかかわらず、危機的な状況に陥った。
なお、のちにJ2昇格を果たす群馬はこの時、16位だった。群馬はここから逆襲したのか、、、

(第8節終了時)
順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01 北九州 17 (5 2 1) +5
02 讃 岐 17 (5 2 1) +4
03 藤 枝 16 (5 1 2) +0
04 C大阪 14 (4 2 2) +3
05 熊 本 14 (4 2 2) +3
06 岩 手 13 (4 1 3) +2
07 G大阪 12 (3 3 2) +6
08 富 山 11 (2 5 1) +0
09 秋 田 09 (2 3 3) -1
10 沼 津 09 (2 3 3) -1
11 鳥 取 09 (2 3 3) -2
12 長 野 09 (2 3 3) -2
13 福 島 09 (3 0 5) -3
14 横 浜 09 (3 0 5) -5
15 八 戸 08 (2 2 4) -1
16 群 馬 08 (2 2 4) -1
17 相模原 08 (2 2 4) -3
18 F東京 06 (2 0 6) -4

この後は、天皇杯の都道府県予選のため、J3リーグは1週空くことになり、中断明けにFC東京U-23と対戦した後、東京都代表と天皇杯1回戦を戦うことになる。

(続く)


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト




トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/2506-dd9d1417

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2021チャント
2021応援クラップ
2021選手チャント


2021年の関東近郊の試合
2/28(日)vs 群馬(正田スタ)
3/07(日)vs 栃木(カンセキ)
3/14(日)vs 千葉(フクアリ)
5/15(土)vs 甲府(JITスタ)
5/29(土)vs 東京V(味スタ)
6/13(日)vs 町田(町田GION)
8/14(土)vs 大宮(NACK)
9/11(土)vs 水戸(K'sスタ)
11/3(水)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター