2017シーズンを振り返る(その1)

 2017-12-21
<開幕まで>
これまで破れなかった8位の壁を破り、クラブ史上最高となる4位という成績を残した2016シーズンのブラウブリッツだが、この快挙を演出した間瀬監督は、ブラウブリッツとの契約を更改せず、J2の愛媛の監督になることが11月29日に発表された。
そして、新監督には、タイやシンガポールでの監督経験を持つ杉山弘一氏が就任することが12月24日に発表され、新監督が決まっている状態でブラウブリッツは新年を迎えた。

2016シーズン終了をもって退団した選手は9名。
これに対して残留した選手は15名で、前山、久富、山田、日高、松本などの主力選手が多く残留した。
また、新加入選手は8名で、その内訳は、他チームからの移籍が4名で、新卒が4名(高卒1名、大卒3名)
新加入選手には、J1でのプレー経験もある古田、J2で長年プレーした有薗といった即戦力も含まれていた。

この23名の選手に、4月中旬に加入した山田樹を加えた24名で2017シーズンを戦うことになる。

杉山新監督の下で始動した2017シーズンのブラウブリッツ。
キャプテンについては、前年に続いて山田尚幸が務めることとなった。

そして、1月12日には2017シーズンの開幕カードが発表され、ブラウブリッツの開幕戦は、ギラヴァンツ北九州のホームで行われることが決まった。
この試合が、北九州の新スタジアムのこけら落としの試合となる。

北九州での開幕戦が決まったブラウブリッツは、1月30日から2月3日まで大館でキャンプを実施。
しかし、大館キャンプに入る前にGKの松本が負傷してしまい、北九州での開幕戦への出場が難しくなってしまう。

チームはその後、2月14日から2月19日まで高知県でキャンプを実施し、その後は2月25日まで静岡県の御殿場でキャンプを行い、新チームの戦術の浸透を図った。
そして、キャンプの最終日の2月26日は、日立柏総合グラウンドで柏レイソルとの練習試合を行い、その練習試合には、関東在住サポーターが10名ほど駆け付けた。

開幕前の最後の練習試合は、3月5日の仁賀保で行われた、いわきFCとの試合。

P1040781.jpg

この練習試合は俺も観戦したが、いわきFCは、ラグビー選手のような体格の選手が大勢いたチームだった。

2017シーズンのブラウブリッツは、クラブの目標として、J3リーグ優勝を設定。
優勝という結果を残すことで、秋田県内のJ2規格スタジアムの整備への機運を高めたいというのが、クラブ、サポーターの願い。

そして、2016年11月20日から始まったスタジアム整備のための署名活動については、2月21日の時点で目標の10万筆を超え、2月28日で締め切った結果は、驚愕の17万9412筆、約18万!!
実際には、締め切り後にも署名が届いていて、それらを合わせると、18万筆を超える署名が集まったとのこと。

この18万筆の署名の力も得て、杉山監督の下、J3リーグの優勝を目指し、2017シーズンの戦いが始まった。

<開幕戦~第4節>
2017シーズンのJ3リーグは、17チームの2回戦制で行われた。
新加入は、北九州と沼津の2チーム。

ブラウブリッツの開幕戦の相手は、北九州で、試合会場は北九州の新スタジアム(ミクニワールドスタジアム北九州)だった。

P1040842.jpg

P1040877.jpg

3月12日の開幕戦のスタメンには、新加入選手からは、GKは小澤、DFは有薗、ボランチには大卒の藤山が入った。
松本は怪我が治らず、古巣の北九州戦に出場することはできなかった。

GK 小澤
DF ホガン、有薗、深井
MF 青島、山田、藤山、比嘉
FW 久富、田中、前山

北九州での開幕戦には俺も参戦。
ミクスタのグランドオープンとなったこの試合、北九州側は大勢の市民を招待し、この日の観客数は、14,935人のJ3リーグ最多記録となった。

P1040891.jpg

この試合には30~40名近い秋田サポが参戦した。

P1040894.jpg

試合は前半30分に先制されるが、前半44分の久富のゴールで同点に追いつく。
後半はお互いにゴールを奪えず、1-1のドローとなった。

P1040898.jpg

この結果、2017シーズンは8位発進となった。
秋田の選手にとっては暑い環境だったが、優勝候補の北九州を相手に最後までよく頑張った。
というか、試合の序盤は秋田が圧倒していたので、そこで先制できていれば、勝てた試合だった。

第2節(3/19)、アウェイのセレッソ大阪U-23戦に参戦。

P1040921.jpg

P1040920.jpg

この日、参戦した秋田サポは30人ほどで、これ以外に選手のご家族なども加えると、100人以上が秋田側で応援した。

P1040938.jpg

試合は、ブラウブリッツが押し気味に試合を進め、久富、藤山、青島のゴールで3点を先制し、その後、1点を返されるが、3-1で勝利し、今季初勝利を挙げた。
この結果、ブラウブリッツの順位は4位に浮上した。

第3節のブラウブリッツは試合なし。
そして、第4節(4/2)、ホーム開幕戦となるグルージャ盛岡戦に参戦。

P1040959.jpg

ホーム開幕戦ということで、秋田県副知事?が来場し、テレビで生中継された試合だった。

P1040994.jpg

2,419人の観客、サポーターがAスタに集まり、関東からもゴール裏に7人ほどが参戦。

P1050006.jpg

試合は、前半ロスタイム2分、前山のFKに有薗が頭で合わせ、ブラウブリッツが先制。
そして、このゴールが決勝点となり、ブラウブリッツが1-0で勝利した。

P1050007.jpg

ホーム開幕戦で勝利したブラウブリッツは2連勝。
順位も4位に浮上した。
そして、ホーム開幕戦の翌週に、ブラウブリッツは、Aスタで天皇杯予選を戦うこととなる。

<天皇杯予選、リーグ戦第5節、天皇杯1回戦>
ブラウブリッツの天皇杯県予選決勝は4月9日、天皇杯1回戦は4月22日に行われる。
6月21日に平塚で行われる湘南ベルマーレとの天皇杯2回戦を目指して、ブラウブリッツの天皇杯の戦いが始まった。

4月9日の秋田県予選決勝で、ノースアジア大学と対戦したブラウブリッツは、シュート27本を浴びせる猛攻で、前山2点、山田2点、古田1点、堺1点、深井1点、安芸2点の合計9得点を奪い、9-0で快勝し、天皇杯出場を決めた。

そして、天皇杯予選決勝の翌週の4月16日にリーグ戦第5節の鳥取戦をAスタで戦った。
個人的には、この鳥取戦からダゾーン観戦がスタート。

試合は、前半19分に久富のゴールで先制すると、前半25分には前山のFKに有薗が合わせて追加点。
そして、後半5分には田中が今季初ゴールを決めて3点目。
後半43分にゴール前の混戦から1点を奪われたが、ブラウブリッツが3-1で勝利し、リーグ戦3連勝を飾った。
3連勝したブラウブリッツは、1試合少ないながらも順位は3位に浮上し、首位の福島との勝ち点差も3に縮まった。

そして、鳥取戦の翌週の4月22日、ブラウブリッツはAスタで行われた天皇杯1回戦で、東京都代表の国士舘大学と対戦した。

P1050025.jpg

この試合には俺も参戦した。

P1050032.jpg

Aスタでは桜が満開だった。

P1050037.jpg

前週の鳥取戦からスタメンを6人変えて、この試合に臨んだブラウブリッツ。
なお、4月14日に加入した山田樹が、この試合で初出場を果たした。

P1050039.jpg

試合は、国士舘大学に前半で2点をリードされ、後半17分に遊馬に代えて田中、後半27分に比嘉に代えて古田を投入し、古田の投入でようやくリズムを掴むと、後半39分に古田のクロスから田中がゴールを決めて1点を返すも、同点ゴールは奪えず、1-2で敗れた。

ブラウブリッツとなってから、天皇杯1回戦で敗れるのは、初めてのことで、この敗北は堪えた、、、
関東在住の秋田県人とブラウブリッツファンにブラウブリッツをアピールするため、6月21日に平塚で行われる湘南ベルマーレとの天皇杯2回戦で湘南ベルマーレを撃破したいと考えていたので、この敗北は悔しかったし、残念だった。

しかし、天皇杯2回戦は、平日の開催のため、リーグ戦から中2日で戦うことになり、選手層の薄いブラウブリッツにとっては、負担が大きいのも事実。
J3リーグで優勝するには、天皇杯の戦いが早々に終わったことは、今にして思えば良かったのかもしれない。

ブラウブリッツの天皇杯の戦いは4月で終わってしまったが、ここからは、J3リーグの優勝を目指して戦うことになる。

<第6節~第8節>
天皇杯1回戦で敗れたブラウブリッツは、その翌週の第6節(4/30)、アウェイで琉球と対戦した。

P1050098.jpg

アウェイ琉球戦には、俺も参戦した。

P1050109.jpg

秋田側応援席で応援したサポは、秋田、山形、関東、広島などから、17名で、トラパンツダンマクを使った応援も実施。
また、この試合でメキシコのマスクマンがデビューした。

P1050111.jpg

試合は、前半2分に前山のFKに有薗が合わせて先制すると、前半39分には、前山の今季初ゴールが決まって、前半を終わってブラウブリッツが2-0とリード。

P1050121.jpg

そして、ブラウブリッツのゴールはこれで終わらず、後半は久富、田中、田中が決めると、新加入の山田樹にもゴールが生まれ、4点を追加して6-1で琉球に大勝!!

P1050127.jpg

これでブラウブリッツは4連勝!!
そして、首位の福島、2位の鹿児島が敗れたことで、ブラウブリッツは1試合少ないにもかかわらず、首位の福島と勝ち点が並び、得失点差で上回ったことで首位に浮上した。

続く第7節(5/7)、ホームでの藤枝戦は、サポーター有志と一緒に都内のカラオケ店で、ダゾーンで観戦した。

P1050148.jpg

試合は、開始30秒の前山のゴールで先制すると、前半8分には久富、後半9分には田中がゴールを決めて3-0で勝利し、5連勝!!
ブラウブリッツは2位に浮上した富山に勝ち点2差をつけ、首位をガッチリとキープ。
また、得失点差も+13を記録した。

続く第8節(5/14)、アウェイ福島戦に参戦。

P1050179.jpg

とうスタに参戦した秋田サポの数は、100~150名ほど。

P1050193.jpg

試合は、前半23分に前山のFKに田中が合わせて先制すると、後半38分には田中がPKを決めて2-0とし、ブラウブリッツが2-0で勝利。

P1050195.jpg

これでブラウブリッツは6連勝を記録し、首位をガッチリとキープ。
開幕戦は引き分けたものの、その後の6連勝で、6勝1分0敗で1位、得失点差も+15の好成績。
富山に代わって2位に浮上した栃木との勝ち点差は3で、栃木との得失点差は11もあり、ダントツの成績。

順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01  秋 田  19 (6 1 0) +15
02  栃 木  16 (4 4 0) +4
03  富 山  15 (4 3 1) +5
04  長 野  14 (4 2 2) +5
05  福 島  13 (4 1 3)  0
06  鹿児島  12 (4 0 4) +3

第9節からは長野、鹿児島、栃木、富山という上位陣との連戦が控えているが、これらの強豪を破り、新たな歴史を作りたい。

(続く)

にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト




トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/2085-7b059cf9

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2019新チャント
2019歌詞カード
2018チーム
2018選手


2019年の関東近郊の試合
3/10(日)vs 群馬(正田スタ)
4/14(日)vs 相模原(ギオンス)
6/16(日)vs 沼津(愛鷹)
7/14(日)vs YS横浜(ニッパ球)
11/9(土)vs FC東京(夢の島)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター