2015年度のブラウブリッツの損益を他クラブと比較する

 2016-07-27
7月21日に開示された2015年度Jクラブの経営情報をもう少し見てみます。

http://www.jleague.jp/aboutj/management/club-h27kaiji-j3.html
http://www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h27kaiji.pdf

2015年度のブラウブリッツの損益を福島、町田、相模原、長野、富山、鳥取と比較してみましょう。
まずは、営業収益から。

(単位:百万円)
-----秋田* 福島* 町田* 相模* 長野* 富山* 鳥取
営業収益計 262* 317* 443* 224* 597* 531* 426
広告料収入 154* 217* 250* 150* 361* 370* 207
入場料収入 014* 016* 055* 032* 096* 047* 047
アカデミー収入 035* 027* 006* 000* 020* 050* 046
その他収入 048* 046* 120* 031* 106* 052* 114

秋田の収益の割合は、次の通りです。

広告料収入 59%(昨年54%)
入場料収入 5%(昨年4%)
アカデミー収入 13%(昨年16%)
その他収入 18%(昨年21%)
Jリーグ配分金 5%(昨年6%)

秋田の入場料収入は、2014年度の800万円から1,400万円に増えたので、1.75倍に増えています。
2014年度の入場料収入はアカデミー関連収入の4分の1もありませんでしたが、2015年度は40%まで増やしました。
秋田の入場料収入は、福島にも負けていますが、2016年度は福島に勝ちたいですね。

また、秋田の金額を100%とした場合、他クラブは次のようになります。

(2015年度、単位:%)
-----秋田* 福島* 町田* 相模* 長野* 富山* 鳥取
営業収益計 100* 121* 169* 085* 228* 203* 163
広告料収入 100* 141* 162* 097* 234* 240* 134
入場料収入 100* 114* 392* 229* 686* 336* 336
アカデミー収入 100* 077* 017* 000* 057* 143* 131
その他収入 100* 096* 250* 065* 221* 108* 238

(2014年度、単位:%)
-----秋田* 福島* 町田* 相模* 長野* 金沢* 鳥取
営業収益計 100* 144* 168* 092* 197* 140* 213
広告料収入 100* 159* 195* 119* 247* 166* 208
入場料収入 100* 200* 525* 338* 638* 250* 663
アカデミー収入 100* 082* 018* 015* 050* 082* 135
その他収入 100* 154* 167* 039* 126* 109* 235

上記のことから、2015年度の秋田の営業収益率の増加率は、福島、相模原、鳥取よりも高かったことが分かります。

次に、支出について。
支出については、チーム人件費に焦点を当てて比較してみます。

(単位:百万円)
-----秋田* 福島* 町田* 相模* 長野* 富山* 鳥取
チーム人件費 082* 097* 150* 070* 214* 198* 100

チーム人件費は、選手・スタッフだけの人件費と仮定します。
その場合、秋田を100とすると、
福島118%、町田183%、相模原85%、長野261%、富山241%、鳥取122%となります。

ちなみに、2015年度の秋田のチーム人件費は、12チーム中8位でしたが、順位も8位。
秋田より少ないチーム人件費で、秋田の順位を上回ったのは、相模原だけなので、チーム人件費と順位にはやはり相関関係がありますね。

それにしても、長野のチーム人件費って秋田の2.6倍もあるんですね。
長野が強いのにはそれなりの理由があるんだなと納得。

最後に、損益について。

(単位:百万円)
-----秋田* 福島* 町田* 相模* 長野* 富山* 鳥取
 営業利益 003* 000*-005*-010* 015* 009*-018
営業外収益 017* 001* 009* 009* 001* 001* 000
営業外費用 002* 000* 003* 001* 000* 000* 009
経常利益 018* 001* 001*-002* 016* 010*-027
当期純利益 017* 001* 000*-002* 016* 010* 002

秋田の営業利益は3百万円のプラス。
営業利益がプラスになったのは、J3に加入後、初めて?
これに営業外収益17百万円を加え、最終的には、17百万円のプラスとなりました。

これについては、昨日の記事でも書きましたが、J3のクラブの当期純利益で+3百万円以上を記録しているのは、
山口+28百万円、秋田+17百万円、長野+16百万円、富山+10百万円
の4クラブしかありません。

当期純利益だけ見れば、秋田はJ3の4強です!

以上、ざっと比較してみましたが、秋田の収益力は、J3の平均レベルを下回り、12チーム中7位です。
ただ、2014年度の秋田は8位でしたが、2015年度は、琉球を抜いて7位になっています。
秋田の収益力も少しずつ上がっています。

今後もブラウブリッツを支援していきましょう!

最後に、入場料収入について。

秋田の2015年度の入場料収入は14百万円。
前年度は8百万円だったので、+6百万円になります。

しかし、秋田の営業収益に占める入場料収入の比率は5%ほどしかありません。
J3の平均が11%なので、入場料収入での貢献度はJ3の強豪クラブと比べると低いですね。

今季の観客動員目標は、1試合2,000人と聞いています。
この2,000人が1人10,000円使えば、入場料収入は2,000万円になります。
秋田の入場料収入はアカデミー関連収入の40%しかないのが現状ですが、いずれは2,000万円超えを達成し、アカデミー関連収入の半分以上を占めるようになってほしいですね。

目指せ、1試合平均2,000人!

目指せ、入場料収入2,000万!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1797-0d29a2e2

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング