鳥取との激闘、1-1のドロー

 2016-03-21
昨日、とりぎんバードスタジアムで行われた鳥取戦に参戦し、今朝、埼玉県に戻ってきました。

P1030148.jpg

試合結果は、皆さんご存知の通り、前半24分に久富のゴールでブラウブリッツが先制しましたが、後半ロスタイム1分に同点ゴールを奪われ、1-1のドローとなりました。

J3 第2節 ブラウブリッツ秋田 VS ガイナーレ鳥取
http://blaublitz.jp/score?game_id=1265&t=news

試合前日の朝、埼玉県の自宅を出て、普通列車を乗り継ぎ、鳥取に着いたのは、夜9時前。
宿にチェックインした後、近くの居酒屋に一人で飲みに行きました。

試合当日の朝は、まず鳥取砂丘に観光に行き、その後、鳥取駅から始発のシャトルバスに乗って、とりぎんバードスタジアムへ。
メインスタンドは八橋陸上競技場に似ていますが、収容人数16,000人のJ1規格?のサッカー専用のスタジアムです。

P1030154.jpg

とりぎんバードスタジアムは、鳥取駅南口から数kmのところにあり、田んぼや畑に囲まれた中にあります。

P1030140.jpg

鳥取のホーム開幕戦ということで、スタジアムの周りの田んぼもガイナーレのチームカラーの黄緑に染まっています。
スタジアムの中だけでなく、外もガイナーレグリーンに染めるとは、鳥取恐るべし。

選手バスの入り待ちは、下の写真の道路上で行いました。
敷地内は鳥取サポさんが入り待ちをするので、アウェイサポは、敷地内に入ってきたバスに対して敷地外の道路から声援を送る訳です。

P1030138.jpg

2年前に参戦した時に鳥取の運営スタッフに聞いたところによると、J3のクラブで選手バスの入り待ちをしたのは、秋田が初めてとのことでしたが、その後は秋田以外も選手バスの入り待ちをしてるんですかね?

P1030141.jpg

2年前は秋田のバスが入った後に鳥取のバスが入ってきましたが、今回は鳥取の方が先です。
入り待ちをするサポーターの数も多く、声も出ています。
2年前と人数はそんなに変わっていませんが、声は今回の方が出ていたと思います。
また、選手の顔写真のゲーフラを多く掲げるのが鳥取サポの特徴です。

P1010403.jpg
(注)この写真は2年前の10月

鳥取のバスの後にブラウブリッツの選手バスが到着。
「We are AKITA」を長めに歌って選手を出迎えました。

そこからゴール裏に移動してサポーターで協力してダンマクを設置。
この日、最高気温は14度あったらしいですが、風が強く、体感温度は10度以下に感じるぐらい寒かったです。
前日に居酒屋のトイレにニット帽を落としてしまい、捨てたことを少し後悔しました。
(用を足す前だったから洗って使おうかとも思ったんですが、、、)

ダンマクを設置した後でスタ飯を買いに行きました。
スタ飯については、別の記事で書きたいと思います。

この日の観客数は、2,645人。

P1030158.jpg

P1030157.jpg

大勢の鳥取サポーターが鳥取の勝利を後押しします。

P1030152.jpg

また、この日、スタジアムを最も熱狂させたのは、この方かもしれません。
このお方は鳥取県知事ですが、芸能人かプロの司会者かというぐらい滑舌が良い上に話がうまく、熱かったです。

これに対し、秋田のゴール裏には、とりスタでは過去最高となる人数が集結しました。
秋田・仙台から10人、関東から6人、選手つながりの他サポの方が4~5人

P1030149.jpg

これ以外に関西在住の秋田県出身者や選手のご家族の方などで、試合中には30人近い人数になっていました。

P1030161.jpg

もちろん、関東サポ6人も全力で応援します。

P1030159.jpg

この日のGKも松本でしたが、ユニの色は黄緑ではなく赤でしたね。
(というかGKのファーストユニは赤だから、福島戦がイレギュラー)

P1030160.jpg

さて、試合ですが、前半のブラウブリッツは、やや強い向かい風を受けながらのスタート。
見応えのある攻防が展開されますが、やはり、鳥取は強い。

前半18分には、40メートルの距離から鳥取のフェルナンジーニョがFKでゴールを狙うが、松本がこれをパンチングでクリア!
その2分後にもフェルナンジーニョからのペナ内へのスルーパスで決定的なピンチを迎えるが、これも松本がキャッチ。

ピンチが続くブラウブリッツだが、前半24分、熊谷のロングパスを相手DFが頭でGKに戻そうとしたボールを久富が奪ってシュートを放ち、逆に先制に成功する。
その直後にも、ブラウブリッツが鳥取のゴール前までパスを細かくつないで攻め込み、前山が左サイドからシュートするも、惜しくもゴールから外れる。
久富のゴールよりも決定的なチャンスに見えた。

先制点の後は、試合を優位に進めるブラウブリッツ。
ポストを直撃した呉大陸のヘディングシュートなど、何度かチャンスはあったが、追加点は奪えず、前半は1-0で終了。
シュート数は、秋田7、鳥取3
風下のブラウブリッツだったが、鳥取の攻撃を0点に抑え、1-0で折り返すことに成功した。
というか、あと2点入っていてもおかしくなかった。

P1030162.jpg

風上となった後半のブラウブリッツは、前半途中からの勢いを持続して鳥取ゴールに襲い掛かるが、鳥取もカウンターで反撃。
後半8分にはカウンターから鳥取の黒津が、後半26分には交代して入ったばかりの廣田がシュートするも、松本が連続して弾き出す。

P1030163.jpg

前半のフェルナンジーニョのFKも止めるなど、松本の好セーブが目立つ。

後半37分、今日1得点し、それまで縦横無尽に走りまわっていた久富に代えて畑田を投入。

P1030150.jpg

昨年までガイナーレに所属していた畑田、古巣に恩返しできるか?
なお、余談ですが、バスの入り待ちの際、畑田ファンの鳥取サポの小学生も一緒に入り待ちをしました。

そして、試合は終盤へ。
鳥取の猛攻を受ける中、アディショナルタイムへ。
この猛攻を凌げば勝利しますが、アディショナルタイム1分、クロスのこぼれ球をフェルナンジーニョに決められ、同点に追いつかれてしまいます。

その後の鳥取のパワープレーを弾き返し続け、逆に鳥取ゴール前まで攻め込んだブラウブリッツでしたが、勝ち越しゴールは奪えず、1-1のドローに終わりました。

P1030167.jpg

2戦連続で後半ロスタイムに失点してのドロー。
この結果は残念と言えば残念ですが、アウェイ2連戦でシュート数は相手を上回り、負けなかったことを前向きに捉えたいと思います。

今年のブラウブリッツの攻撃は多彩ですし、シュートへの意識も今までよりは高いです。
また、相手に激しく当たるようになりましたし、ヘディングの競り合いも強くなったような気がします。

身体の当たりとヘディングの競り合いは1つ1つを見れば小さいことかもしれませんが、この小競り合いを少しでも制することが試合全体を制することにつながります。

次は、1週空けて、ホームのAスタでホーム開幕戦を迎えます。
試合内容は悪くないので、ホーム開幕戦では、ブラウブリッツの勝利を期待したいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

P1030166.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1707-f2e0e6dc

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング