第4回サポカン議事録の要約

 2016-03-05
2月20日(土)、あきぎんスタジアムにて「第4回サポーターズカンファレンス」が開催され、その議事録が今週月曜日に公式サイトで公開されたことは、皆さんご存知のことと思います。

2.20「第4回サポーターズカンファレンス」を開催しました
http://blaublitz.jp/whatsnew/39607.html

議事録はこちら → 第4回サポーターズカンファレンス議事録

公開された議事録ですが、A4で25ページあります。
発言がほとんどそのまま掲載されているので、議事録の作成は大変だったと思います。
その代わり、サポカンの臨場感は出ていたと思います。

議事録の感想を述べる前に、議事録の要約を作ってみました。
ただ、要約というには長いような...

<議事録の要約>
1.クラブについて(経営、チーム編成、スタジアムについて)
(岩瀬)
中長期的なJ2への参加についてどう考えるかという質問への回答の前に、社長就任後のこれまでを振り返る。
社長就任が2012年4月で、当時は非常に切迫した経営状態だったが、J2ライセンス取得に向けて債務超過の解消、経営基盤の強化と安定化に取り組んだ。
J2を目指して努力したので、J3ライセンスを取得できた。
難なく取れたと思われるかもしれないが、決して簡単なものではなかった。
懸案の債務超過については、3,600万円の増資に成功し、2015シーズン末に債務超過解消。
2015シーズンの利益(営業利益?経常利益?)も1,000万円弱となる見込み。
クラブライセンス取得の過程で社内組織も整ってきた。

チームの強化については、経営再建が最優先事項という環境のもと、昨シーズンは社長である私が強化担当を兼務して浮いた人件費を選手人件費に回した。
間瀬監督の招聘でチームが強くなった。

J2昇格に必要なのは、以下の4つ。
①J2ライセンス取得に必要な経営基盤
→2016シーズンは3億円規模の見込み。達成は時間の問題。
②チームの順位(J3で2位以内)
③観客動員数(1試合平均3,000名)
→昨季は2,000名。有料で2,500名を達成できれば、昇格時には3,000名はクリアできる
④スタジアム(10,000席以上など)
→スタジアムを作るためのロードマップは今は出せない。

近々クリアできそうなものもあるが、J2ライセンスがないと選手獲得競争で不利であることを痛感した。(ライセンス保有クラブより高い金額を提示しても負ける)
ただ、ブラウブリッツからJ2のクラブに移籍した選手が出たことで、J2を目指す選手がこのクラブに入ってくれる可能性は大きくなったと思う。

(参加者)
行政が八橋陸上競技場改修でライセンス取得案を持ってきた場合、どうするのか?

(岩瀬)
陸上競技場改修で自治体が動いた場合、断ります。
18億円という税金を投入して少子高齢化、人口減の進む秋田県が幸せになれるのか疑問。
また、スタジアムはピッチまで近く臨場感が溢れる空間でなければならない。
30年後のクラブ像を考えると絶対そっちの方(専用スタ)の方がいい。

(参加者)
スタジアムの位置は八橋?それとも郊外に新スタジアム?

(岩瀬)
スタジアムの建設は我々だけではどうにもならないので答えられないし、街中も郊外もそれぞれ意義がある。
ただ、これからの公共事業は民間の力をフル活用した上で自治体の維持管理費分がゼロというのがベストで、そうしたモデルを我々が作って示すことが自治体を動かすために必要だと思う。

(岩瀬)
チーム編成に関連して、今季は例年以上に期待の持てる体制と思うが、こうした攻めの補強は財務状況を圧迫していないか?との質問がありましたが、企業として成長していくには、ちょうどいい程度と考えている。挑戦なくして成長はないが、無理なことはしない。
経営者である以上、赤字企業は周囲の信頼や周りからの支援、協力を裏切ることになるので、注意したい。

2.強化・育成について
(加藤)
昨年、ユースのプリンスリーグ昇格という目標は達成できなかった。
ジュニアユースは昨年、東北で準優勝し、全国大会に出場。
秋田県は高校サッカーが主流のため、ジュニアユースからユースへの昇格がスムーズにいっていない。
トップチーム昇格という利点を訴えるとともに、大学経由で秋田に戻ってくる仕組みを確立することでユースを強化したい。

3.試合運営について
(梶原)
試合会場へのアクセスについては、八橋周りの駐車場が限界を迎えそうなので、シャトルバスの問題をクリアしたい。
試合運営の音響の改善については、予算も限られているので、演出の部分でカバーしたい。
(スタジアムMCのピッチへの登場を増やし、何かが始まると気付かせる、など)
なまはげ太鼓で選手を迎えるなどの雰囲気づくりについては、秋田らしさを出すという方向性は皆さんと合致しているので、検討したい。

4.来場者数の増加について
(外山)
広報面は未熟な部分もあり、強化が必要。
今季は経営の足かせが取れ、選手の補強も順調に進んだことで躍進が期待されるので、メディアへの露出の回数と質を上げていく。
自社媒体の強化とSNSの活用をこれまで以上に図る。(今季はインスタグラムを導入)
秋田県の事業である若者会議に企業として参加し、若者との関係構築を進めている。
秋田駅の広告については秋田市と連携を取り、更新を進める。
ブラウブリッツ秋田のオフィスは(大通りに面しているので)窓を使って試合・イベント・テレビ中継等の告知を今季はしっかり行う。

(梶原)
来場者数については、3,000名という数字にチャレンジしても良い時期にきていると感じている。
秋田の2015シーズンの来場者数は、2014比で113%となり、J1~J3の中で13位。
これをポジティブにとらえたい。
フロンターレの集客企画が成功しているのは、フロンターレが日常の風景に常にあること。
ブラウブリッツも日常生活で感じられるように取り組みたい。
アウェイでグッズ販売をすることについては、対戦相手の事情もあるので、こちらの一存でやるのは難しいが、検討したい。
来場者数増に向けてのご意見、質問はありますか?

(参加者)
秋田県は少子高齢化が進んでいるので、老人をターゲットにして良いと思う。

(参加者)
来場者を見ると、スタジアム近所の八橋、山王の人が少ない印象。
スタジアム近所の人へのアピールをもっとしてほしい。

(岩瀬)
1年間ずっとポスティング作業をしたが、ヒット率は0.03(これは3%のこと?)
まだ受け入れられていないのが事実だが、生活の中でクラブを感じられることが1番。
いつかここの駐輪場に八橋地区の自転車があふれるような風景を目指したい。

5.岩瀬社長からの提案
(岩瀬)
サポーターの皆さんに2点提案があります。
選手全員のチャントを作ってもらえるのは選手にとっても嬉しいことですが、チャントが多過ぎてライト層の方々からすると非常に分かりづらい。
他クラブを見ると全員のチャントがなく、選手はチャントを作ってもらえることにステータスを感じるし、成長につながる。
また、チャントがある選手は注目されている選手だと観客に気付かせる効果もあるので、これを提案したい。

もうひとつは、選手バスの出迎えを一緒になって盛り上げたい。
昨シーズンは何度か涙ぐみましたし、1番ボルテージが上がる瞬間なのかなと思っています。

(参加者)
他クラブで、全員分作ることで、モチベーションが上がったという話もあるし、うちの退団選手の中にも同じようなことを話した選手がいたことはお伝えします。

(岩瀬)
(全員の選手チャントを作らないことで、)
1.もっと分かりやすくみんなで応援できるような空気感を作りたい。
2.チャントのステータスを持たせ、選手の成長につなげる。
3.チャントがある選手は注目されている選手だと観客に気付かせる。
この3つの理由をみなさんに伝え、話し合って頂ければと思います。

(参加者)
全員のチャントを作るのが大変になってきたこともあるし、チャントを作ってもらえるために頑張るという志をもってもらいたいという考えもあり、大卒の選手のチャントはない方向でこの後のチャント会議で話し合いたいと思っています。
あと、試合に勝った時に秋田県民歌を歌うことをサポーターグループの中で提案しています。
このチームの最大のチャントは県民歌だと思うので。

(岩瀬)
自分の郷土に誇りを感じるのは人間として当たり前の感情で、是非採り入れられるようにしたいですね。
ある時、「秋田県民歌を歌うと聞いたから来た」という老夫婦がいました。サッカーじゃなく。
秋田県民歌は特別な歌と認識しているので、どんどん採り入れながらやっていきたいと思います。

(参加者)
バス入りの時に上のコンコースの手すりにタスキを下げた状態でバスを迎えたいがOK?

(加藤)
安全上の問題がクリアされれば、私たちも積極的にやりたい。前向きに検討します。

(参加者)
常設のショップの設置を検討してほしい。

(梶原)
まずは秋田市内に1ヶ所設置したいと思っています。(イオンモールもしくは市役所新庁舎内のローソン)
他に質問もないようなので、以上をもちまして第4回サポーターズカンファレンスを終了させて頂きます。


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1701-b7a4bac7

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング