2015シーズンを振り返る(その3)

 2015-12-12
<天皇杯予選、天皇杯1回戦>
0勝5分7敗の未勝利に終わった第2クールが終わり、ブラウブリッツの戦いの場は、天皇杯に移った。

8月23日の秋田県予選決勝で、2年連続でTDK親和会と対戦したブラウブリッツは、シュート31本を浴びせる猛攻で、
前山4点、米澤2点、佐藤1点、峯1点、熊谷1点の合計9得点を奪い、2年連続で9-0で快勝し、天皇杯出場を決めた。
なお、この試合で、佐藤祥が初のスタメンでの出場を果たした。

県予選決勝で快勝した翌週の8月30日、ブラウブリッツは、Aスタで行われた天皇杯1回戦で、福島ユナイテッドと対戦した。
ブラウブリッツとなってから、同じカテゴリーの相手と1回戦で当たるのは初めてのこととなる。
試合は、島川、平井、牧内のゴールでブラウブリッツが3-0で快勝し、デンカスタジアムでアルビレックス新潟と対戦する権利を得た。

DS20150830.jpg

俺はこの試合に参戦していなかったが、速報でブラウブリッツが先制したのを知った時は、涙が出た。
J3リーグのクラブを相手に5試合ぶりの得点。
こんなに1点が入ることが嬉しかったとは。
第2クールでは同じAスタで、福島を相手に2点リードの後に逆転負けしたが、今回は2点リードの後に1点を追加し、福島へのリベンジを果たした。

J3のライバルに勝利し、第3クールの戦いに希望が見えた試合でもあった。
なお、この試合で、佐藤祥、コリンが先発で出場し、この試合のメンバーを中心に第3クールを戦うことになる。

<第27節>
福島に勝利した翌週にリーグ戦が再開された。
第27節(9/6)、第3クール初戦で、ブラウブリッツは首位の山口とAスタで対戦し、俺も参戦した。
この試合は、「秋田ダイハツPresents」で、秋田放送(ABS)で生中継された試合だった。

P1020589.jpg

P1020595.jpg

試合は、後半24分に佐藤のミドルシュートでブラウブリッツが先制すると、その1分後には熊谷が決めて2-0。

P1020604.jpg

後半34分にはレオナルドが3点目のゴールを決め、3-0とし、後半43分にPKで1点を失ったが、3-1で勝利。
順位は11位から10位に浮上した。

P1020605.jpg

ブラウブリッツにとっては、第13節以来、13試合ぶり(14節ぶり)の勝利で、内容的にも快勝だった。
24試合で20勝1分3敗、得失点差+50という圧倒的な強さを誇る山口に快勝したことは、本当に嬉しかった。
そして、テレビ中継された試合で勝利したことも嬉しかった。

P1020610.jpg

ヒーローインタビューが終わった後、松本、佐藤、熊谷の3人がゴール裏に来て挨拶。
何度かあった松本の好セーブも勝利の一因だし、熊谷も良かった。
だが、あえてMOMを挙げるとしたら、攻守に亘って活躍し、先制ゴールを決めた佐藤だろう。

第2クールで審判の判定に泣かされ続けたブラウブリッツだったが、この日も首をかしげるような判定がいくつもあった。
山口が得たPKも非常に疑問があるものだった。
しかし、それらの判定をねじ伏せるような豪快なミドルシュートだった。

圧倒的な強さを誇る山口と、秋田の勝利を妨害する審判に勝利したことで、第3クールでの逆襲が始まることを充分に予感させた。
苦しかった夏の季節も終わり、飛躍の秋がやって来た。


<天皇杯2回戦>
山口に快勝した3日後の9月9日の天皇杯2回戦でブラウブリッツは、デンカスタジアムでアルビレックス新潟と対戦し、俺も参戦した。

P1020629.jpg

目指すは、羽越線ダービーでの勝利!!

試合前、台風18号が接近していて、入場時には激しい風雨のためにずぶ濡れになり、入場チケットの文字もあっという間に溶けてしまったが、ダンマクの設置が終わる頃には雨は止んでいた。

P1020630.jpg

新潟での平日のナイトゲームだったが、ゴール裏には40人近く集まった。

P1020646.jpg

20150909niigata2.jpg

試合のメンバーは、秋田は中2日で主力を投入したのに対し、新潟はリーグ戦を優先し、控え中心のメンバー。

P1020645.jpg

試合は、前半に米澤、熊谷の惜しいシュートがあったが、前半36分に1点を奪われると、後半の立ち上がり10分に2失点。
その後、ブラウブリッツは果敢に新潟ゴールを攻め立てたがゴールは奪えず、逆に後半41分に追加点を許し、0-4で敗れた。

P1020650.jpg

ゴール前でのチャンスは秋田の方が多かったかもしれないが、新潟はチャンスをきっちりと決めてきた。
新潟の1点目、3点目は秋田のミスを逃さず、2点目、4点目はさすがJ1という見事なゴールだった。

0-4で敗れ、課題も浮き彫りとなったが、J1の新潟に通用した部分も多くあったことは、選手にとって大きな自信となったように思える。
なお、この試合での秋田の選手の戦いと秋田サポーターの応援が新潟サポーターの印象に残ったようで、後日、秋田魁新報に新潟サポーターが投稿するという後日談が生まれた。


<第28節~第33節>
第28節のブラウブリッツは試合なし。
試合のなかったブラウブリッツだが、盛岡が引き分けに終わったことで、盛岡に勝ち点が並ばれたが、順位は10位をキープした。

第29節(9/19)、1週空けてホームでの連戦となったYS横浜戦は、後半37分の米澤のゴールで、ブラウブリッツが1-0で勝利し、リーグ戦2連勝を飾った。
順位は10位で変わらなかったが、これで、リーグ戦6戦無敗となり、9位の藤枝との勝ち点差を1に縮めた。

第30節(9/23)は、中3日のアウェイ盛岡戦。
前半42分、ペナの近くで得たFKを川田が直接ゴールに蹴り込み、ブラウブリッツが先制。
このゴールが決勝点となり、ブラウブリッツが1-0で勝利し、リーグ戦3連勝!
順位は藤枝を抜いて9位に浮上した。

続く第31節(9/27)、ホームでのJ-22戦に参戦。

P1020668.jpg

前半は中盤での守備練習、後半は秋田の攻撃練習、試合終盤はゴール前での守備練習となった試合だったが、後半8分の平井のゴールで、ブラウブリッツが1-0で勝利し、リーグ戦2連勝を飾った。

P1020674.jpg

この結果、ブラウブリッツは第3クール負けなしの4連勝!
ブラウブリッツとなってからは、2012年の開幕から記録した4連勝が最高だったが、それに並んだ。
順位は9位で変わらなかったが、10位の藤枝に勝ち点5差をつけ、下位グループから脱出し、中位グループへ入ったと言える勝利だった。

第32節(10/4)、アウェイ富山戦は、ブラウブリッツとなってから初となる5連勝を目指した戦い。
後半2分に川田のループシュートで先制すると、後半13分にはコリンのクロスを前山が頭で合わせて追加点を取り、ブラウブリッツが2-0で勝利し、リーグ戦5連勝!
ブラウブリッツとなってから初となるリーグ戦5連勝を記録した。
順位は9位で変わらず、8位の福島との勝ち点差も3で変わらなかったが、鳥取、富山との勝ち点差を5に縮めた。

第33節(10/11)、ホームでの長野戦に参戦。
チームの6連勝のためというより、長野戦の連敗&未勝利記録を止めたいとの気持ちからの参戦だった。

P1020699.jpg

この試合は「JA全農あきたPresents」ということで、入場ゲートでは、秋田小町がお出迎え。
また、来場者先着2,000名に、あきたこまちの新米300グラムなどが配られた。

P1020700.jpg

ブラウブリッツ公式サイトによると、対戦相手の長野サポは、ゴール裏に100人以上参戦したようだ。
秋田に負ければJ2昇格が厳しくなるだけに、長野サポも必死だ。

P1020704.jpg

キックオフと同時に激しい風雨がAスタを襲った試合だった。
激しい雨で、周りが真っ白になるぐらい。
このため、前半8分には照明が点灯された。

P1020709.jpg

雨にも負けず、風にも負けず、勝利を信じて応援する秋田サポ。
しかし、後半12分にFKを頭で決められ、先制される。

秋田は後半15分に三好、後半27分に江崎を投入。
その江崎だが、投入後3分で後頭部に頭突きを喰らって失神。

P1020715.jpg

江崎はピクリとも動かず、救急車で搬送された。
江崎の負傷退場に怒りを覚えたのか、その後のブラウブリッツは、長野に対して猛攻を仕掛ける。
ロスタイムは8分。
そして、後半15分から途中出場した三好がロスタイム5分に同点ゴールを決めた。
三好は第2クール初戦に出場したのを最後に、怪我のため治療に専念していたが、前節の富山戦で復帰し、復帰2試合目で、待望の今季初ゴールを決めた。
同点で終わるどころか、逆転できる雰囲気だったし、実際に逆転できそうなチャンスもあったが、残念ながら1-1のドローに終わった。

P1020719.jpg

リーグ戦6連勝はならず、順位も9位で変わらないブラウブリッツだが、5位の琉球との勝ち点差を5に縮めた。

(33節終了時)
順 チーム 勝点 (勝分負) 得失
01 山 口 73 (24 1 6) +59
02 町 田 64 (19 7 4) +28
03 長 野 57 (17 6 7) +13
04 相模原 51 (15 6 10) +7
05 琉 球 42 (12 6 12) -1
06 福 島 42 (11 9 10) -6
07 鳥 取 41 (12 5 13) +4
08 富 山 41 (11 8 12) -3
09 秋 田 37 (10 7 13) -1
10 藤 枝 31 (9 4 18) -22
11 盛 岡 29 (6 11 14) -9
12 J-22 24 (6 6 19) -41
13 横 浜 21 (5 6 19) -28

今季の残り試合は6試合となったが、5位の琉球との勝ち点差は5。
逆転できる可能性は充分あり、上位進出を目指し、ブラウブリッツは残り6試合を戦うこととなる。

(続く)

にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1664-edf642ef

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング