来季のJ3に関する記事について

 2015-10-08
J3リーグの戦いは佳境ですが、来季のJ3に関する記事がいくつか出ています。

来季J3にG大阪など4球団のセカンドチームが参戦
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1548855.html

今月のJリーグの理事会で承認されれば、FC東京、G大阪、鳥栖、C大阪のセカンドチームが2016シーズンからJ3に参戦するというもの。
J3リーグはJクラブの若手の練習の場ですか、、、

まあ、それはいいとしても、J2のクラブのセカンドチームがJ3に所属するのは問題があるのではないだろうか?
その問題は大きく分けて2つ。

まず1つ目は、J2とJ3の間の昇降格に絡んだ八百長が発生する可能性があること。
J2ライセンスを持たないクラブがJ3で優勝してもJ2には昇格できない。
従って、降格の危機にあるJ2クラブのセカンドチームがJ3に所属していた場合、J2ライセンスを持たないクラブに勝ち点を献上することで、J2ライセンスを持つクラブのJ2昇格を妨害する可能性がある。
J3上位2チームがJ2ライセンスを持たないクラブだった場合、J2への昇格クラブはなくなるので、J3への降格を防ぐため、こうした八百長を行う動機は充分にある。
また、近隣にJ2への昇格が見込まれるJ3のクラブがあった場合、移動時間と遠征費の削減を狙って近隣のJ3クラブの昇格をアシストする可能性もあるだろう。

ドイツ、フランスでは、トップチームのセカンドチームは、トップチームの2つ下のカテゴリーでなければならないと定められているらしい。
これは上記のような不正を防止するためであるのは言うまでもない。
トップチームが2部に落ちたら、3部にいたセカンドチームも4部に降格とする。
こうしたシステムにしないと、リーグ戦の戦いが不透明になってしまうだろう。

J2のセレッソのセカンドチームがJ3に所属するのは大いに問題があると言わざるを得ない。
まあ、セレッソは来季はJ1に復帰することを前提に考えているのかもしれませんが。

そして2つ目は、試合によって選手構成が大きく変わる可能性があること。
トップチームとセカンドチームの間の選手の入替に制限を設けないと、試合により選手構成が大きく変わり、公平ではなくなります。
トップチームの所属リーグが中断中に、トップチームの選手が大挙してセカンドチームに入ってきたら、戦力が大きく変わって不公平である。

今季のJ-22選抜も試合により選手の力が大きく変わることがあったが、そうした時に当たったクラブにしてみたら、不公平感を大きく感じたことだろう。
健全なリーグ戦の運営のためには、こうした選手の大幅な入替を認めるべきではない。

こうしたことを考えると、J2の岡山のセカンドチームがJ3に所属することは論外であると言える。

J2岡山セカンドJ3参入希望も来季は困難
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1548871.html

ただ、この記事で気になったのは、この部分。
 ↓
>まずは4クラブが参入し選手育成の面でJリーグの裾野を広げていく。来季はJFLから昇格する1チームを含めた18チームで構成。再来年以降は東西に分け、2リーグ制となる方針だ。

現在のJ3は13チーム。これにJクラブのセカンドチーム4チームとJFLから昇格する1チームを加え、来季は18チームになる見込みのようだが、2017年以降はJ3を東西に分け、2リーグ制になる?
今のままで2リーグ制になったら、10チーム4回戦制になるのだろうか?

それはいいとして、2016シーズンは、J3にガンバ、セレッソ、鳥栖といった西日本のチームのセカンドチームがJ3に参戦する可能性がある。
J3には沖縄、中国地方のチームはあるが、関西、九州のチームはないので、関西、九州で試合をするのは、2013年のJFL時代以来となる。

ブラウブリッツの西日本への遠征は、2014年は沖縄2回、鳥取2回。
2015年は沖縄2回、鳥取1回、山口1回。
Jクラブのセカンドチームが参戦すると、2016年は、大阪2回、鳥取1回、沖縄1回、鳥栖1回となる。

Jクラブのセカンドチームの参入には、J3リーグの空白圏である関西、九州を埋めようという意図もあるのだろうか?

あと、J1の開幕を来年2月27、28日とする話があるようだ。

J1が初の2月開幕提案、雪懸念も過密日程緩和へ
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1549255.html

来季、J3が18チームだと34節になるので、今季の39節36試合に比べたらJ3の日程には余裕が生まれるので、J1の開幕が2月になってもJ3には影響はないと思いますが、いかがでしょうか?

ここまでとめどなく記事を書いてきたが、これは正式に決定したことではない。
あくまでも今月のJリーグの理事会で承認されれば、という話である。

今季の試合も残り7試合。
ブラウブリッツにとっては、今季勝ち越しを目指しての戦いが続くし、数字上は3位になる可能性も残っている。
来年のことを考えていても仕方ない。

気持ちを切り替えて、日曜日の長野戦に臨みましょう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1617-1fc5b41b

コメント
> 今のままで2リーグ制になったら、10チーム4回戦制になるのだろうか?

あるいは、この↓いずれかになる可能性もありますね。

1.同一地区2回戦総当たり(1次リーグ)→成績上位5チームずつまたは成績下位5チームずつで2回戦総当たり(決勝リーグ)
2.同一地区2回戦総当たり+他地区と交流戦1回戦総当たり

1.の方式は女子サッカーのL・リーグ(現・なでしこリーグ)がかつてやっていた方式に相似しますが、1次リーグでは移動の負担が軽くなる代わりに、レベルや意識や目標の違うチームとの対戦があるので、対戦するのに難しさがあったとのことです。一方で年間順位の決定は容易といえます。
2.の方式は男子バスケでの方式に相似しますが、地区によって実力に差が生じる可能性がありますし、年間順位を決定するためにプレーオフが必要といえるでしょう。

いずれにせよ2地区制にすると八戸、奈良、鹿児島、沼津、FC大阪が参入しやすくなるのかなと思ったりしますが。
【2015/10/08 21:50】 | 波乗り海豚 #- | [edit]
>波乗り海豚さん
コメントありがとうございます。
2017年以降については、移動の負担を軽くしてほしいと思う反面、何度も同じチームと対戦するのもいかがなものかとも思っています。

来季に参戦が予想されるJクラブのセカンドチーム参入に伴う弊害への対策と併せ、より良い方式になることを願っています。
【2015/10/10 22:02】 | ブリキチ@関東 #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング