2015年山口観光(秋芳洞、秋吉台観光)

 2015-07-08
7月5日の山口戦@維新公園の当日、試合前に、山口県の観光名所である秋芳洞、秋吉台を観光してきました。
試合当日の朝に自宅を出てから観光が終わるまでのことを振り返りたいと思います。

試合当日の朝、始発電車に乗り、羽田空港から飛行機で山口宇部空港に向かいました。

P1020325.jpg
(注)山口宇部空港で撮影

全日空で予約しましたが、乗った機体はスターフライヤーのこげ茶(黒?)の機体でした。
試合当日の朝、埼玉県の自宅付近では雨が降っていて、羽田から飛行機が離陸しても眼下に広がるのは、白い雲だけ。
景色は楽しめませんでしたが、飛行機が降下し始めてから、ほんの少しの間だけ瀬戸内の島々が見えました。

P1020324.jpg

飛行機は、ほぼ定刻の9:00に山口宇部空港に到着し、空港から新山口駅へはバスに乗って向かいました。
空港を9:15に出発し、新山口駅(新幹線口)には9:45に到着しました。

P1020397.jpg

新山口駅(新幹線口)からは秋芳洞行きのバスに乗り換えます。

P1020326.jpg

秋芳洞行きのバスに乗る前に、新山口駅(新幹線口)のコインロッカーに荷物を預けました。
乗り換え時間は15分でしたが、コインロッカーに荷物を預け、駅でバスのチケットを買っても時間は充分にありました。
まあ、バスは降りる時に現金で支払うことも出来ますが、バスの車内で両替することを考えると、事前にチケットを買った方がいいでしょう。

新山口駅(新幹線口)から秋芳洞には45分で到着します。
新山口駅(新幹線口)を10:00に出発し、秋芳洞のバス停には10:45に到着しました。

P1020371.jpg

バスが到着するのは、観光センターですが、ここには待合室の他、コインロッカーもあります。

P1020327.jpg

もし、新山口駅のコインロッカーがふさがっていた場合、ここで荷物を預けることも出来ます。

観光センターを出ると、秋芳洞入口400mの道路標識が見えます。

P1020328.jpg

この標識に従って、進んでいくと「秋芳洞」の受付事務所です。

P1020331.jpg

ここで入場料1,200円を払って、秋芳洞に入ります。

P1020367.jpg

P1020333.jpg

すぐ洞窟かと思ったら、そうではなく、森の中を少し歩きます。

P1020332.jpg

P1020334.jpg

森のせせらぎから運ばれる冷気が気持ちいいです。
そして、ここが「秋芳洞」の入口です。

P1020336.jpg

すごくきれいな景色です。
この先が洞窟になっています。

想像していたより広い洞窟でした。
洞窟の中は、涼しかったですね。長袖を着ていて良かったです。
また、洞窟の中が滑ることに備えて、スニーカーも持参しましたが、洞窟内の通路はきちんと整備されていて、サンダルでも全然大丈夫でした。

洞窟内全体の写真を撮ろうとしましたが、肉眼では認識できない小さな水滴がひっきりなしに落ちているためか、水滴にフラッシュの光が反射してまったく撮影できませんでした。
洞窟内の風景は、実際に行くか、パンフレットをご覧ください。

ただ、至近距離では撮影できました。

P1020343.jpg

入口から700m入ったところに、分岐があります。
ここで黒谷出入口と秋吉台の方に行く?エレベーターに道が分かれます。

P1020344.jpg

俺はまっすぐ黒谷出入口の方に進みました。
分岐の先は、そんなに広くなく、鍾乳石が近くにあったので、いくつか撮影出来ました。

P1020347.jpg

P1020346.jpg

P1020349.jpg

洞窟の最後の方は、3億年の歩み?とかいうトンネルになっています。

P1020350.jpg

このトンネルを過ぎれば、黒谷出口です。
これで1km近い秋芳洞の探検も終わりです。

洞窟の次は、秋吉台のカルスト台地を目指します。

P1020351.jpg

洞窟を出たらカルスト台地が広がっていると思っていましたが、そうではないようです。
ただ、黒谷出入口から秋吉台の展望台までは、1.5km、徒歩20分とのことなので、歩くことにしました。
車道を少し上ると、山道になります。

P1020352.jpg

この山道を上り、車道を横切って更に山道を上ります。

P1020353.jpg

森の中は涼しいとは言え、山道を上るのは、身体に堪えます。
息を切らしながら、必死に上ること10数分、森を抜け、ようやく秋吉台の展望台の近くに到着しました。

P1020355.jpg

展望台の前には、売店があり、オレンジ色のチャイナドレスを着たマネキン人形が店の前に立っていました。
一瞬、レノファのユニを着ているのかと思ってしまいました(笑)

P1020356.jpg

ここに到着した時は、12時近くになっていて、朝からベーグル1個しか食べていない上に、山道を上って疲れていましたが、洞窟のふもとで瓦そばを食べるため、ここでは食事を摂らずにソフトクリームだけにしときました。

P1020360.jpg

レノファ山口のカラーである「夏みかんソフト」を食べて、打倒レノファを誓います。
それにしても、レノファのオレンジは、夏みかんのオレンジから来ているんですかね?
だとしたら、愛媛FCと同じですね。

夏みかんソフトを食べた後は、展望台から秋吉台のカルスト台地を眺めます。

P1020361.jpg

う~ん、この写真だと良く分かりませんね。
売店の近くに石灰岩が露出しているところがあったので、これをご覧ください。

P1020358.jpg

P1020359.jpg

これぞ、秋吉台って感じがしますよね?
ただ、これだけだと不完全燃焼なので、カルスト台地の中に少しだけ入って、石碑を撮影しました。

P1020362.jpg

これで「特別天然記念物 秋芳洞」と「特別天然記念物 秋吉台」の石碑の写真をゲットしました。

カルスト台地の中を歩くとか、カルスト台地の中の車道を車で走るとかすれば秋吉台の良さがもっと分かったのかもしれませんが、山道を上って足が疲れていて、これ以上歩く気は起こりませんでした。m(_ _)m

帰りも山道を歩いて帰りましたが、ソフトを食べて栄養を補給した効果があったのか、帰りはスムーズでした。
まあ、下りだから楽なのは当たり前か。
ただ、展望台から秋芳洞に行くエレベーターに乗ればもっと楽だったように思いますが、展望台からエレベーターへの行き方が良く分からなかったです(^_^;)
これは次回来る時の課題ですね。

黒谷出入口から再び「秋芳洞」に入り、涼しい空気を堪能します。

P1020364.jpg

そして、洞窟の外へ。

P1020365.jpg

秋芳洞を出た後は、瓦そばを食べられる店に向かいます。

P1020368.jpg

これが山口名物、瓦そばです。

P1020369.jpg

瓦そばは、西南戦争の際、政府軍の兵士が瓦を使って料理したことが起源らしいです。
日本橋の「福の花」では、瓦の表側に麺が乗っていましたが、こちらのお店では、瓦の裏側に麺を乗せ、固形燃料で温めながら出していました。

P1020370.jpg

確かに、火で温めながら出すなら、瓦の裏側に乗せた方がいいです。
時間が13時近かったし、スタジアムに行ってからスタ飯も食べると思ったので、セットではなく、瓦そばの単品を頼みました。

レノファカラーの夏みかんソフトも食べたし、山口名物の瓦そばも食べたし、打倒山口に向けて、ゲン担ぎは万全と思ったんですが、、、

P1020371.jpg

食事を終え、秋芳洞観光センターのバス停に到着したのが、13:15で、観光センターで帰りのバスのチケットを買ってから、13:30発のバスに乗って再び新山口駅に向かいました。
ちなみに、帰りのバスに乗っていたのは、俺も含めて3人だけでした。

新山口駅(新幹線口)には、14:15に到着。
コインロッカーに預けておいた荷物を取り出し、荷物を宿の方に移動させました。

コインロッカーに荷物を預けたままで、秋芳洞から維新スタジアムの方に直接向かおうかとも思いましたが、維新スタジアム方面のバス(湯田温泉、山口駅行き)は1時間近く待つことと、午後になってから雨が降りそうな感じがしたので、一度、新山口に戻って、荷物を宿に移した方がいいとの考えからでした。

ただ、幸いなことに、観光中も、試合中も、試合後も、雨に降られることはありませんでした。
試合に負けた上に、雨にも降られていたら、、、

以上が、山口戦@維新公園の試合前に、秋芳洞、秋吉台を観光したことの報告になります。

P1020398.jpg


山口県は、明治維新の策源地で、2018年には明治維新150周年を迎えます。
幕末、明治時代に数々の偉人を輩出した山口県は、明治維新150周年を3年後に控え、県全体が盛り上がり始めているように感じました。

P1020392.jpg

その盛り上がりには、レノファ山口の存在も一役買っているのかもしれません。
先週日曜日の維新公園に集まった大勢のレノファサポーターの姿を見て、そう思いました。

果たして、レノファ山口は、3年後の2018年、J2、J1にいるのだろうか?
ツエーゲン金沢は、2015年の北陸新幹線開業に合わせJ2に昇格した実績があるので、明治維新150周年を3年後に控えるレノファ山口も2018年までには何かしら実績を残しているような気がします。

「蹴球維新」をスローガンに掲げ、明治維新を再び起こしそうなレノファ山口の勢いの前に敗れたブラウブリッツでしたが、上り調子にあるチームとサポーター、地域の様子を肌で体感できたことは、良い刺激になりました。

秋田も頑張ろう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1548-ec237585

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング