2014シーズン総括(その1)

 2014-12-15
<開幕まで>
2010年にクラブ化されてから毎年のように選手の大幅な入替があるブラウブリッツ。
2013シーズンを戦った選手のうち、不動のエースストライカー、松田が引退した他、合計9名が退団、引退となった。

残留した選手が熊林などの15名(島川も含む)で、新加入選手は8名。
新加入選手の内訳は、レンタルが2名、他チームからの移籍が4名で、新卒が2名。
このうち、今井、平木は2012年以来のブラウブリッツ復帰。
この23名の選手で2014シーズンを戦うことになる。

また、年明けには、2014シーズンからの練習拠点を秋田市に移すことと、2014シーズンの公式戦は秋田市だけで行うことが発表された。
このうち、公式戦を秋田市で行うのは、J3リーグの開催要件を満たす試合会場が秋田市にしかないことによる。

2014シーズンは、2016年からのJ2参入を目指す3ヵ年計画の2年目となる。
就任2年目の与那城ジョージ監督の下、2月3日から10日まで大館でキャンプを行った後、2月14日から28日までは沖縄でキャンプを行い、新チームの戦術の浸透を図った。

前年の館山キャンプの期間中は2度の大雪に見舞われたが、今回は雪のない沖縄でのキャンプということで、例年以上の仕上がりになることを期待した。
不安材料は、キャンプ中にJ1、J2はおろかJ3、JFLのチームとの練習試合を行わなかったことだろうか。

沖縄キャンプが終わり、チームは秋田県へと戻ったが、シーズン開幕前の1週間は雪のため、体育館での練習を余儀なくされた。
そのような状況下、ブラウブリッツの選手達は開幕戦が行われる横浜へ移動し、2014シーズンの開幕戦を迎えることとなった。

<開幕戦~第5節>
ブラウブリッツのJ3リーグ開幕戦の相手は、YS横浜で、試合会場は三ツ沢だった。
開幕戦がアウェイになったのは、Jリーグと同様に雪国のチームは開幕からの2試合はアウェイとされたことによる。
開幕戦(3/9)のスタメンには、3人の新加入選手が入った。

GK 石川
DF 平井、島川、初田、川田
MF グノ、新里、熊林、半田
FW レオ、三好

YS横浜との開幕戦には俺も参戦した。
試合会場には、秋田からも多数参戦し、関東在住のサポに川崎サポの友情応援を加えると、声出しだけで50~60名以上が集まり、声出し以外に秋田側に集まった人の数は、200人を超えていた。

P1000708.jpg

P1000710.jpg

試合は、前半18分にレオナルドのPKで先制したが、後半30分に同点に追いつかれ、1-1のドローに終わった。
J3元年ということもあり、去年の三ツ沢よりも秋田側の観客は増えたように思うが、残念ながら勝利はならなかった。
この結果、2014シーズンは5位発進となった。

第2節(3/16)のアウェイ琉球戦は0-2で敗れ、順位は9位に後退。

そして、第3節(3/23)、ホーム開幕戦となる福島戦に参戦した。
2014シーズンのホームゲームはすべて八橋球技場で行われた。

P1000719.jpg

P1000723.jpg

試合前は昼花火も打ち上げられ、また陸上自衛隊による演奏の下、秋田県民歌を斉唱するなど、ホームでのJ3開幕戦を彩った。

P1000727.jpg

試合は、秋田が常に先制したが、福島に勝利することは出来ず、2-2のドローに終わった。

続く第4節(3/30)、ホームでのJ-22戦にも参戦。

P1000754.jpg

小雨の降る中での試合で、たくさんのチャンスはあったが、1-2で敗れ、J3初勝利ならず。
また、この試合でJ-22はJ3での初勝ち点&初勝利を記録した。
開幕から大敗続きのJ-22に負けたことにはがっかりした。

続く第5節(4/6)、アウェイ相模原戦にも参戦した。
これで3戦連続の参戦。
相模原では桜はまだ満開で、到着時は晴れていた。

P1000767.jpg

試合は前半は0-0で折り返したが、後半になると雨が降り出し、0-3で完敗し、順位も11位に後退した。

P1000794.jpg

雨でずぶ濡れになり、試合後はひょうに打たれ、体が冷え切ったのが良くなかったのか、試合の翌日に熱を出し、2日間、会社を休まざるを得なかった。

開幕から5試合を戦い、2分3敗と勝利のないブラウブリッツ。
ドローの2試合は昨年全勝したYS横浜と福島に対してであり、3敗のうち2敗は昨年負けなかった琉球(2分)と相模原(1勝1分)である。
昨年勝ち点18を奪った4チームを相手にここまで奪った勝ち点は2。
J3リーグ初年度の戦いは厳しいものになると予想された。

<第6節~第11節>
第6節(4/13)、地域リーグからJ3に参入した盛岡とホームで対戦。
試合は、引いて守る盛岡を相手に先制したが、後半に攻勢に出た盛岡に同点ゴールを許す。
しかし、PKが決勝点となり、秋田が2-1で勝利。
6戦目でJ3初勝利を挙げ、順位は10位に浮上したが、盛岡を相手に辛勝という内容には不安も感じた。

第7節(4/20)、アウェイ金沢戦は、0-0で試合が進んだが、後半39分に直接FKを決められ、0-1で敗北。
順位は再び11位に後退した。
また、この試合で平井が負傷し、長期離脱を余儀なくされた。

第8節(4/26)、ホームでの鳥取戦に参戦。
秋田では桜が満開だった。

P1000798.jpg

P1000809.jpg

今季無敗の鳥取が相手ということで、試合に負けても応援では負けられないという強い気持ちで応援した。
試合は、押されていた秋田が前半30分に先制すると、後半4分に相手に退場者が出て、秋田が有利になると思われたが、そこから10人の鳥取の猛攻を受け、それを何とか凌いで1-0で勝利。

P1000817.jpg

鳥取にとっては今季初敗北となった試合だったが、秋田にとっては、今季初完封&初完封勝利となった試合だった。
また、個人的には、今季4戦目にしての初勝利だった。
この勝利で、順位は9位に浮上した。

ホームで鳥取を破った3日後の第9節(4/29)、同じくホームで長野と対戦。
前半2分に先制され、前半41分の藤井のゴールで同点に追いついたが、後半9分に勝ち越しゴールを許し、1-2で惜敗した。
順位は9位をキープしたが、レオナルド、三宅が負傷退場となり、熊林は累積警告、川田も試合後に退場処分となり、これらの4選手抜きで次節の町田戦に臨むことになった。
また、この試合で負傷した三宅にとっては、この長野戦が今季出場した最後の試合となった。

第10節(5/4)、アウェイ町田戦に参戦。
秋田側ゴール裏に200人ほどが集まっての試合だった。
ゴール裏では関東開催で過去最多の人数だったと思う。

P1000833.jpg

P1000834.jpg

この試合、熊林、川田が出場停止。
この影響もあったのか、前半に3点を奪われ、後半8分の前山のゴールで1点を返したものの、後半36分にPKで追加点を奪われ、1-4で敗れ、順位は10位に後退。

開幕前、優勝は鳥取、町田、金沢、長野のいずれかと予想していたが、これら4強に対し、鳥取には勝利、金沢・長野には惜敗、町田には大敗という結果に終わった。

第11節(5/11)、ホームで藤枝と対戦。
前半2分に先制されたが、前半13分と前半17分の三好の連続ゴールで逆転し、2-1で勝利。
藤枝に対し、5回目の対戦で初勝利を挙げた。
しかし、第1クールを終えての順位は10位で変わらず。

※11節終了時(第1クール終了時)
 3勝2分6敗、勝点11(10位) 1位町田24、2位金沢24、3位長野20、4位鳥取19
 得失-8(9位) 1位町田+21、2位金沢+14、3位長野+2、4位鳥取+5

第1クール序盤の5試合のうち、4試合は昨年JFLで勝ち点18を挙げたチームとの対戦だったが、この4試合の勝ち点は2に留まり、今季新加入のJ-22にも敗れ、序盤の5試合での勝ち点は2。
第1クール後半は、優勝候補4チーム(鳥取、町田、金沢、長野)と戦い、1勝3敗。
また、4強以外の盛岡、藤枝には勝利し、第1クールでは、3勝2分6敗という結果となった。

(続く)

にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1437-33721221

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング