鳥取戦@とりスタの道中&交通手段について

 2014-10-22
10月19日の鳥取戦@とりスタには、秋の乗り放題パスを使った上で、行きは普通列車、帰りは普通列車と夜行バスを使って参戦しました。
以下に往復の道中、往復の行程、旅費について、まとめてみました。

<往路>
試合前日の朝、5時過ぎに自宅を出て、まずは東京駅を目指しました。
6:19に東京駅に到着し、買った朝食は、こちら。

P1010347.jpg

P1010350.jpg

「鳥めし」です!
これを食べて鳥取に勝つぞ!ということで、購入しました。

6:34に東京駅を出発し、途中、富士山を眺め、

P1010351.jpg

そして、東海道線の土砂崩れ現場(由比と興津の間)を通過し、

P1010352.jpg

そして、浜名湖を眺め、11:37に愛知県の豊橋に到着。
東京駅から2回の乗り換え(沼津、浜松)だけで到着しました。

豊橋では、駅の外に出て昼食を食べる予定でしたが、駅の構内にラーメン屋があったので、ここで昼食を摂ることに。

P1010353.jpg

昼食は、富山ブラックラーメンにしました。
真っ黒なスープのラーメンですが、スープは塩辛くなく、ダシが効いていて、あっさりした味のラーメンでした。

豊橋から1回の乗り換えで滋賀県の米原に到着。
米原の手前では、伊吹山が見えました。

P1010354.jpg

米原からは新快速の姫路行きに乗り、京都で降りる予定だったが、車内が混んでいて、京都で降りるのが面倒だったので、そのまま姫路まで行きました。

途中、明石大橋を写真に撮ろうと思っていましたが、撮影に失敗し、写真は撮らずに16:48に姫路到着。

P1010356.jpg

姫路からは姫新線、因美線というローカル線で鳥取を目指します。
ここからは、ディーゼル車での行程となります。

播磨新宮駅で下車し、駅前のヤマザキで夕食を購入。
おにぎり、パンのわびしい夕食で、駅前のベンチで一人わびしく食べました。

そして、ここで日没となりましたが、日没後は急激に寒くなり、トレーナーだけでは寒さを感じました。
気温が下がっていたことで、姫新線、因美線の車内では、暖房が入っていました。
昼間、東海道線内では冷房が入っていたんですけどね。

播磨新宮を出て、佐用、東津山で乗り換え、鳥取県の智頭に到着したのは、20:58
ちなみに、播磨新宮から智頭までの区間では、車両は1両編成でした。

P1010357.jpg

智頭が最後の乗り換え駅で、鳥取到着は、21:56
東京駅を出てから15時間20分、自宅最寄り駅を出てから16時間30分が経過していました。
そして、夜の鳥取もトレーナーだけだと寒かったです。

この日は鳥取のホテルに宿泊。
ホテルにチェックインした後、先に到着していたサポ仲間と飲みに行きました。

<復路>
鳥取戦が終わった後、シャトルバスで鳥取駅へ。
鳥取駅から京都までは普通列車で移動し、京都から東京までは夜行バスでの移動となる。

鳥取駅を16:58に出発し、智頭に17:48に到着。
夜行バスの時間に間に合わせるため、智頭から上郡までは、智頭急行を利用しました。
ちなみに、智頭急行という名前ですが、俺が利用したのは普通列車です。

P1010358.jpg

上の写真は、智頭急行の「恋山形駅」です。
駅の写真は撮りそびれましたが、本当にピンク色の駅でした。

上郡で智頭急行からJRに乗り換え、姫路には19:51に到着。

P1010447.jpg

姫路駅の構内にある吉野家で夕食を食べた後、20:17発の新快速で京都に向かいました。
京都駅到着は、21:49

京都駅を22:45に出発する夜行バスに乗り、東京駅に着いたのは、翌日の朝5時。
鳥取駅を出て12時間で東京に到着しました。

次に、往復の行程と交通費は次の通りです。
最初に述べた通り、秋の乗り放題パスを使った上で、行きは普通列車、帰りは普通列車と夜行バスを利用しました。

<行程>
行き:10/18(土) 東京→姫路→鳥取(東海道線、姫新線経由)
東京6:34発→沼津8:39着、8:42発→浜松10:51着、11:03発
→豊橋11:37着(ここで下車し、駅構内で昼食)
豊橋12:03発→大垣13:31着、13:42発→米原14:17着、14:20発
→姫路16:48着、16:54発→播磨新宮17:26着(ここで下車し、夕食を購入)
播磨新宮18:09発→佐用18:39着、18:41発→東津山19:36着、19:47発
→智頭20:49着、21:13発→鳥取21:59着(以上JR)

帰り:10/19(日)、20(月) 鳥取→京都(智頭急行線経由)→東京
鳥取16:58発→智頭17:48着(JR)
智頭18:00発→上郡19:08着(智頭急行線)
上郡19:18発→姫路19:51着(JR、ここで下車し、駅構内で夕食)
姫路20:17発→京都21:49着(JR)
京都22:45発→東京5:00着(夜行バス、3列シート)

<旅費>:20,984円
①交通費:15,260円
1.JR乗車券:7,710円(秋の乗り放題パス)
2.智頭急行乗車券:1,200円(智頭→上郡、智頭急行20周年記念きっぷ)
3.夜行バス:6,350円(京都→東京)
※私鉄からJR、JRから私鉄の料金は含まず。

②宿泊費:5,724円

③合計:20,984円

P1010449.jpg

宿泊先を漫画喫茶にして、帰りの夜行バスを4列シートにすれば、更に4,000円~5,000円は安く出来たんでしょうが、贅沢しちゃいました。
でも、そのおかげで、東京に戻って来た時も、そんなに疲労は感じませんでした。

ちなみに、東海道線は10月16日に復旧しましたが、復旧しない場合は、中央線経由での参戦を予定していました。

<行程>
行き:10/18(土) 南越谷→塩尻→鳥取(中央線、智頭急行線経由)
南越谷5:31発→西国分寺6:11着、6:23発→立川6:29着、6:43発
→甲府8:41着、8:53発→塩尻10:41着、10:49発→中津川12:47着、12:50発
→金山14:08着、14:24発→米原15:40着、15:48発→英賀保18:27着、18:43発
→上郡19:12着(以上JR)
→上郡19:21発→智頭20:38着(智頭急行線)
→智頭21:13発→鳥取21:56着(JR)

帰り:10/19(日)、20(月) 鳥取→京都(智頭急行線経由)→東京
鳥取16:58発→智頭17:48着(JR)
智頭18:00発→上郡19:08(智頭急行線)
上郡19:18発→姫路19:51着、19:57発→京都21:29着(JR)
京都22:45発→東京5:00着(夜行バス、3列シート)

<旅費>:
①交通費:16,460円
1.JR乗車券:7,710円(秋の乗り放題パス)
2.智頭急行乗車券:2,400円(智頭⇔上郡@1,200(智頭急行20周年記念きっぷ))
3.夜行バス:6,350円(京都→東京)
※私鉄からJR、JRから私鉄の料金は含まず。

②宿泊費:5,724円

③合計:22,184円

東海道線経由と比べると、途中下車して食事の時間を取れないので、昼食、夕食は駅弁になりますね。
また、中央線経由だと、智頭急行線を使わないと、その日のうちに鳥取に到着できません。

いずれにしても、東京から鳥取までは、普通列車だけを使っても、その日のうちに行くことが出来ます。
宿泊費も含めた今回の遠征費用を考えると、夜行バスで東京~鳥取を往復した方が良かったんじゃないかとも思いますが、0泊3日の遠征は疲れるので、鳥取に前泊する日程で良かったのかなと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1403-ca7673ce

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング