日本代表のグループリーグ敗退を振り返る

 2014-06-29
ブラジルW杯は、グループリーグの戦いが終わり、決勝トーナメントに入っていますが、日本代表がグループリーグで敗退したことを振り返りたいと思います。

サッカー日本代表は、6月25日のコロンビア戦に1-4で大敗し、グループリーグで敗退しました。
3試合を戦い、1分2敗の勝ち点1で、グループCの順位も最下位という結果に終わりました。

この結果については、怒りも失望も感じていません。
初戦のコートジボワール戦の前半で先制した時、ギリシャ戦で相手に退場者が出た時、コロンビア戦の前半の戦いを見た時、日本の勝利とグループリーグ突破に期待をしましたが、結果は、グループ最下位で敗退。
終わってみれば、FIFAランキング通りの順当な結果です。

今回の日本代表の主力選手は、海外のクラブに所属したものの、干されて試合に出ていない選手やケガから復帰したばかりの選手が多く、またCBにも本職のCBではない選手を起用したり、ザッケローニ監督は、こんなメンツで本当に勝てると思っていたのでしょうか?

選手のコンディションが良くなかったのは、キャンプ地と試合会場の距離が遠い上に気候も違っていたことが原因との声もありますが、それ以前に、所属クラブで試合に出ていない選手やケガから復帰したばかりの選手が高温多湿の場所で90分戦うことに無理があったように思います。
実際、背番号4の選手は、3試合で1ゴール1アシストを記録しましたが、度重なるミスパスとボールロストを記録し、FKも外しまくり、3試合とも後半になると足が止まっていたことを考えると、プラスよりもマイナスの方が大きく、今回の本田は、まったく評価できません。

海外のクラブに所属している選手が多いから今回の日本代表は強いという声もありましたが、所属クラブで試合に出ていない選手が多いことに俺は不安を感じていました。
また、ヨーロッパで試合に出ている選手も、9ヶ月のシーズンを終えたばかりで疲労がたまっていてコンディションは万全でではないのではという不安も少しありました。

所属クラブで試合に出ていない選手、ケガが完全に治っていない選手を主力にしなければいけない程、日本には人材がいなかったのでしょうか?
そうであるならば、そうした選手を主力にしたことは止むを得ませんが、今回、グループリーグで1勝も出来ずに敗退したことで、所属クラブで試合に出ていない選手、ケガが完全に治っていない選手を主力にしてグループリーグを突破できるほどワールドカップは甘くないということが分かったのではないでしょうか?

ザッケローニ監督がこうした選手を選んだ理由は分かりませんが、こうした選手が主力である以上、日本代表が出せる力にも限界があると思っていました。
ですから、グループリーグ敗退という結果には怒りも失望も感じていません。
日本代表の生命線が運動量であるなら、運動量がある選手、また、コンディションが良い選手を選んでほしかったというのはありますが、逆に、ケガ明けでよくこんなに走れるな、とか、こんなメンツでよく戦ったなとか、そういう感想です。

あと、テレビなどで2010年南アフリカ大会は守備的だったが、今回は攻撃的だったと言っていることにも違和感を感じます。
南アフリカの時はフォーメーションが守備的だったかもしれないが、ギリシャや日本と対戦する時のアジアの国々のような堅守速攻という訳ではなく、パスをつないでゴールに迫る攻撃は、現在と変わらない。
現に2010年のオランダ戦では、日本は中盤でボールを奪ってドリブルと細かいパス回しで果敢に攻撃を仕掛けていた。デンマーク戦にしてもそう。
決して、ゴール前で守りを固めてカウンターという弱者のサッカーをしていた訳ではない。
強いて言えば、相手に攻め込まれた場合の約束事が2010年はしっかりとしていた、ということだろう。

大体、日本がボールを持てば相手に攻め込まれないと考えている時点で相手のことを考えていない。
ワールドカップで対戦する相手は、日本よりも強い国がほとんどで、押し込まれる展開が多くあるだろうし、身体能力の劣る日本の選手が相手の攻撃陣を1対1で止めるのも困難。

であれば、強豪国の攻撃への対策を徹底するのは、日本としては当然のことです。
グループリーグを突破した2010年の戦い方を否定した結果が、今回のグループリーグ敗退だと言える。
繰り返すが、2010年は決してゴール前で守りを固めてカウンターという弱者のサッカーをしていた訳ではない。
2010年の方が、全員攻撃、全員守備という日本のサッカーを実践できていたように思える。

2010年の決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦は、相手がカウンター狙いだったことを警戒し、守備的に戦い、PK戦で敗れた。
その反省か分からないが、2010年のサッカーを否定するのは残念だ。

また、個人的にはコートジボワールに負けることはあっても、コロンビアには負けない、グループCで一番やりやすいのはコロンビアだと思っていましたが、結果的には一番点差をつけられました。
南米はブラジル、アルゼンチン以外は日本と同等の力だと思っていたが、今回のワールドカップでコロンビアの選手の技術と身体能力を見て、南米はブラジル、アルゼンチン以外も強いんだと認識させられました。

以下がまとめです。

・日本代表のコンディションが悪かったのが残念。
・所属クラブで試合に出ていない選手をフル出場させないでほしい(というか代表に呼ばないでほしい)
・2010年はゴール前で守りを固めてカウンターという弱者のサッカーをしていた訳ではない。
 2010年の戦い方を否定した結果が、今回のグループリーグ敗退。
・コロンビアは組し易いと思っていたが、選手の能力はすごかった。

最初にグループリーグ敗退という結果に怒りも失望も感じていませんと書いたが、今回のこの結果を振り返ると、怒りを感じてきた。
ヨーロッパのクラブに所属する選手であれば不調であっても重用することが果たして良いことなのか、また、選手のコンディション調整に失敗した理由についても検証してほしいし、強豪国相手に戦う方法を再検討してほしい。

とりあえず次のワールドカップは、ロシアで開催されるが、本田は二度と日本代表には呼ばないでほしい。

今回のワールドカップで世界の強さと、グループリーグを突破することは簡単ではないと改めて感じたが、今回のワールドカップの教訓を生かし、次のロシアでは、何としてもグループリーグ突破を果たしてほしい。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1331-709d971a

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング