1年8ヶ月ぶりに陸前高田を訪問

 2014-06-04
6月1日のグルージャ盛岡戦に合わせて、陸前高田に寄って来ました。
陸前高田は、2012年10月にボランティアに行った場所です。
その時の様子は、下記をクリックしてご覧下さい。

被災地支援ボランティア作業1日目

被災地支援ボランティア終了

今季のグルージャのホームゲームは1試合しなく、今回のチャンスを逃すと、今年は盛岡と岩手県に来る機会がないかも、ということで、土曜日の夜に家を出て、日曜日に家まで帰るという少しハードなスケジュールでしたが、陸前高田&盛岡弾丸遠征を実施することにしました。
ちなみに、行くことを決めて、カミさんの了解を得たのが、前日の昼過ぎでした。

埼玉県の自宅を土曜日の夜9時過ぎに出て、陸前高田に着いたのが、深夜というか明け方の3時頃。
そこから車中で仮眠を取りましたが、6時には目が覚めたので、行動開始。

気仙沼方面から陸前高田市内に入ると、「ここから津波浸水区域?」というような標識が見える。
そして、道路の脇にも、こうした標識があり、津波に襲われたことを伝えている。

P1000893.jpg

そして、陸前高田市内に入ってすぐ、廃墟と化した気仙中の校舎近くから、巨大なベルトコンベアが見える。

P1000892.jpg

この巨大なベルトコンベアは、山に住宅地を造成するため、山を削って発生した土砂を旧市街地に運ぶために建設されたものだ。
そして、運ばれた土砂で旧市街地のかさ上げを行っている。

P1000894.jpg

気仙中の近くから延びているベルトコンベアは、陸前高田駅の跡地の近くまで延びていて、その周辺でかさ上げをしているようだ。

P1000902.jpg

陸前高田の旧市役所は、更地になり、新たに造成された高台に変貌していました。

P1000903.jpg

2年前の陸前高田は、辺り一面が何もない原野でしたが、今は、その原野の中に、かさ上げされた場所がいくつかあり、復興が進んでいる様子が伺えました。
しかしながら、原野となっている場所は多く、人が住めるようになるには、まだ長い時間が掛かるでしょう。

P1000900.jpg

P1000901.jpg

さて、今回、俺が陸前高田に足を運んだのは、2年前に側溝の泥出しをした場所がどうなっているのか確認するためです。

NCM0052.jpg

上記が2年前にきれいにした側溝の写真です。
泥というより、堅い岩のようになった土砂を叩き割りながらの作業でした。

この場所は、今、どうなっているのか?
作業現場の近くには、高台が造成され、復興が進んでいる様子が伺えます。

P1000897.jpg

P1000898.jpg

ただ、我々が必死に作業して土砂を取り除いた側溝が埋まって雑草に覆われている....
と、その時は思ったが、帰宅してから写真をよく見てみると、2年前の歩道の写真には点字ブロックがないのに、今回撮った写真の歩道には、点字ブロックがある。
もしかして、我々が作業したのと違う場所か?

今にして思えば、今回写真を撮った現場は、国道から若干離れているような気がする。

結論としては、今回、俺が写真を撮った場所は、2年前に作業した場所と同じか分からない。ということか。
我々が作業をした場所がどうなっているかは、もう一度訪問しなければ分からない。

その結果、やはり側溝が埋まっていたら?
埋まっていてもいいんです!

2年前、我々に与えられたミッションは、側溝の泥出しですが、それに加えて、住民の思い出の品々を発見し、それを被災者や遺族の方々に届けるというのがありました。
2年前の作業で、トロフィーなどを側溝から発見し、ボランティアセンターに届けましたが、我々のミッションはそれでクリアされています。
だから、側溝が埋まっていてもいいんです。

陸前高田が復興するには、まだまだ長い時間が掛かるだろう。
よって、ボランティアが果たす役割も、まだまだあると思う。
2年前と今では、ボランティアに求められることは違うかもしれないが、何か役に立てることがあれば、手伝いに行きたい。

今度は、見物ではなく、ボランティアで陸前高田に行きたいと思います。
そして、2年前の作業現場を発見したいと思います。

陸前高田には、また行きます!!


<追記>
陸前高田市では、「震災遺構」として、市内4つの建物を保存することが決まっているようです。
 ↓
http://www1.ocn.ne.jp/~kesen/ikou.html

このうちの1つが、気仙中学校の校舎です。

P1000891.jpg

上の写真の左側に写っているのが、気仙中学校の校舎です。
気仙川の河口付近にあり、校舎は津波に飲み込まれましたが、全校生徒は日頃の訓練通りに避難し、1人の犠牲者も出さなかったようです。

このことは、今日、初めて知りました。
2年前、気仙沼方面から陸前高田市内に入って、すぐに目に飛び込んできたのが、廃墟と化した気仙中の校舎でした。
河口付近の3階建の建物のため、屋上にいても津波に飲み込まれたであろうと想像され、非常に暗い気持ちになったことが思い出されます。
しかし、気仙中の生徒には1人の犠牲者も出なかったということを今日知って、気持ちが少し楽になりました。

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1321-ad914118

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング