2013シーズン総括(その4)

 2013-12-15
8月17日にソニーと第24節を戦った後、天皇杯のためにリーグ戦は中断されていたが、
天皇杯2回戦の翌週からリーグ戦が再開された。

<第25節~第28節>
リーグ戦が再開された第25節(9/15)、アウェイ藤枝戦に参戦。
この日、関東地方は猛烈な豪雨で、その中を運転して参戦した。

P1000405.jpg

前半に2点を先制されたが、後半は体力の落ちた藤枝に対して優位に試合を進め、1点は返したが、1-2で敗れた。
しかし、順位は6位で変わらず。
藤枝に対しては、今季2連敗で、勝ち点1すら取ることが出来なかった。

第26節(9/22)、ホームの八橋球技場で行われた讃岐戦は、川田の45メートルロングシュートで先制すると、
後半には前山が追加点を挙げ、その後の讃岐の反撃を1点に抑え、首位の讃岐を2-1で撃破。
順位は6位から7位に後退したが、5位の金沢との勝ち点差が1まで縮まった。
なお、この試合で、山田が今季初スタメンを果たした。

第27節(9/28)、アウェイでのホンダ戦に緊急参戦。

P1000414.jpg

試合内容は、俺が2011年以降に見たホンダ戦の中で一番良かったが、1-3で敗北。
山腰が何度かあった絶好のチャンスを決めていれば、と思った試合だった。
順位は7位から8位に後退した。

第28節(10/6)、ホームでのYSCC戦は、男鹿での初開催試合であるとともに、秋田県で生中継された試合でもあった。
前山の2点に続いて、タロウが点を取り、最後は途中出場の比嘉が点を取り、4-0で快勝。
順位は8位から6位に浮上し、得失点差も今季最高の+5となった。

<天皇杯3回戦>
第28節の翌週(10/14)は天皇杯3回戦が行われ、JFL勢では長野と金沢が3回戦を戦った。
長野はJ2の北九州をPK戦で破り、4回戦進出を決める。
金沢はJ1の清水を相手に大健闘したが、ロスタイム5分に失点し、2-3で惜敗した。
金沢と清水の試合は、NHKのBSで生中継された試合で、金沢の健闘を多くの人が視聴した。

<第29節~第34節>
沖縄で行われた第29節(10/20)、アウェイ琉球戦に参戦。
2泊3日で観光も兼ねての参戦だった。

P1000496.jpg

P1000513.jpg

試合前日に琉球サポと交流し、試合当日は、試合前の観光地でスコールに会い、びしょ濡れになった試合だった。
台風が近づいており、風下となった前半は先制されながら1-1で折り返すことに成功すると、後半は風上となったブラウブリッツが猛攻を仕掛けたが、逆転ゴールは奪えず、1-1のドローに終わった。
琉球に勝つことは出来なかったが、順位は6位をキープした。

第30節(10/26)、ホーム仁賀保での武蔵野戦に参戦。

P1000607.jpg

後半1分の三好のゴールで先制したが、後半ロスタイム1分にCKから同点ゴールを奪われ、1-1のドローに終わった。
JFL7年目にして武蔵野からの初勝利が近づいたが、またしても勝利ならず。
武蔵野から1勝を挙げることが出来なかったJFLの7年間だった。
しかし、順位は6位をキープした。

第31節(11/3)、ホーム西目での町田戦は、前半に先制を許したが、後半21分の三好のゴールと後半40分の松田のゴールで逆転!
勝利は目前だったが、ロスタイム4分に同点ゴールを奪われ、2-2のドローに終わった。
2試合連続でロスタイムに同点に追いつかれたのは残念だったが、松田のJFL通算100ゴールまであと1と迫った。
順位は6位をキープしたが、ブラウブリッツが停滞する間に佐川印刷や武蔵野は勝ち点を重ね、ブラウブリッツに迫っていた。
なお、この試合の結果、町田のJ2昇格の可能性が消滅した。

第32節(11/10)、アウェイ長野戦には、体調不良のため参戦出来ず。
後半12分に先制を許したが、後半32分、37分に長野に退場者が出て、同点、逆転のチャンスが到来したが、引いて守る長野から点を奪うことが出来ず、0-1で敗れた。
この試合の敗北で勝ち点でホンダ、ソニー、佐川印刷に抜かれ、順位は6位から9位に後退した。
なお、この試合で長野が勝利し、2位の讃岐が敗れたため、長野のJFL優勝が決定した。

リーグ戦はまだ終わっていないが、11月に入ると、今季終了をもって契約満了となる選手が次々と発表された。
11月5日には、木内、山腰、熊野との契約満了が、11月7日には土屋との契約満了が発表され、
11月11日には、大森、半田、二戸との契約満了が、11月12日にはタロウとの契約満了が発表された。
そして、11月13日には、松田が今シーズン限りで現役を引退することが発表された。

第33節(11/17)、ホーム最終戦となるMIO戦は、契約満了、引退する選手達がホームで戦う最後の試合となった。
八橋球技場で行われたホーム最終戦には俺も参戦した。

P1000638.jpg

この試合の先発GKは熊野で、今季初出場を果たした。
前半22分の三好のミドルで先制するも、前半33分に失点し、1-1で前半を折り返すと、後半8分、キング・マツのゴールで2-1と勝ち越し!
そして、試合終盤のMIOの攻撃に耐えて、ブラウブリッツが2-1で勝利。
松田にとって現役最後のシーズンのホーム最終戦、そして、JFL通算出場200試合となった試合で、JFL通算100ゴールを決めた。

P1000637.jpg

試合後のセレモニーでの松田の晴れやかな表情が印象に残った。
この試合の勝利でブラウブリッツの勝ち点は50に到達し、得失点差も再び今季最高の+5に戻り、順位も9位から8位に浮上した。

そして、MIO戦の2日後の11月19日、Jリーグの理事会で、ブラウブリッツをはじめとする10チームがJ3に参入することが認められた。
J3とは言え、北東北初のJリーグクラブを目指すというクラブの目標が達成された瞬間でもあった。

ホーム最終戦で退団選手のセレモニーが行われ、消化試合の感もある今季最終戦、第34節(11/24)、アウェイ佐川印刷戦に参戦。

P1000664.jpg

勝ち点50で金沢、ホンダ、佐川印刷、秋田の4チームが並び、また、勝ち点49でソニー、勝ち点48で武蔵野がこれらの4チームを追う形で今季最終戦が行われた。
佐川印刷に勝利すれば、これまでの最高勝ち点である2010年の51を抜き53となり、順位も2010年の8位を抜くことが出来たが、0-2で敗れ、記録更新はならなかった。
最終順位は8位、勝ち点50で2013シーズンを終えた。

また、シーズン終了後の11月27日に守護神・アヤキが退団することが発表され、
11月28日には、与那城監督が続投することが発表された。

<最終成績>
14勝8分12敗、勝点50(8位、得失点差+3)
順位8位(1位長野72、2位讃岐68、3位相模原61、4位町田61)
得失+3 8位(1位長野+36、2位讃岐+22、3位相模原・ホンダ+16)
得点48 7位(1位長野61、2位金沢60、3位相模原57、4位ホンダ53)
失点45 11位(1位長野・印刷25、3位讃岐27、4位ソニー34)

<総括>
開幕戦では敗れたが、その後の3連勝で第4節終了時には2位に浮上。
5月中は4位をキープしていたが、6月に失速し、前半戦を9位で折り返す。

後半戦は2勝2分で始まり、第24節終了時(8/17)に昨年の勝ち点37を超え、6位に浮上。
その後の10試合は3勝3分4敗で、勝利を先行させることが出来ず、8位で終了。
13位に終わった去年に比べると、順位が5つ上がった。

秋田の得点は48でリーグ7位。去年の33から15も増えました。
2011シーズンの得点は38、2012シーズンの得点は33で、得点力に課題がありましたが、今季はその課題がかなり改善されました。

失点は昨年の41から45に増えましたが、バックラインでもつなぐサッカーをしている以上、ある程度の失点は止むを得ません。
ただ、リーグ前半戦の失点が27だったのに対し、リーグ後半戦の失点は18であり、前半戦に比べると守備を立て直すことが出来たと思います。

今季の秋田の48得点のうち、松田と半田で19点を取っているので、得点の約40%が松田と半田によるものですが、この2人は来季はいません。
松田と半田の抜けた穴を埋め、今季のパスサッカーの精度を上げるのが、来季の課題ですね。
また、アヤキの抜けた後のGKの獲得も重要課題です。

今季のブラウブリッツの選手が戦ったのは、JFLリーグ戦34試合、天皇杯予選1試合、天皇杯2試合、合計37試合(ミニ国体は除く)。
今季も21人という人数でスタートし、長期離脱する負傷者も何人か出たが、春先に山田、6月下旬に島川を追加して2013シーズンを戦い抜いた。

松田が引退することで、TDK SC時代に戦った選手はいなくなり、来季から戦う選手は、皆、2010年のブラウブリッツ誕生後に入団した選手になる。
武蔵野に勝てなかったことなど、JFLの7年間でやり残したことはたくさんあるが、その借りは残った選手、来季から加入する選手がJ3の舞台で返してもらうしかない。

松田をはじめ、退団、引退する選手に対しては、今まで秋田のために戦ってくれたことに感謝の気持ちで一杯だし、残留する選手には、感謝するとともに、来季も頑張ってほしいと思う。

選手の皆さん、そしてスタッフの皆さん、今年一年間お疲れ様でした。
また、サポーターの皆さんもお疲れ様でした。

来年は2016年のJ2昇格を目指す3ヵ年計画の2年目となるが、与那城監督、来年も宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1248-1d694447

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング