2013年沖縄観光(滞在3日目・後編)

 2013-11-02
10月19~21日まで2泊3日で沖縄遠征に行ってきました。
10月30日の記事では、滞在3日目の午前に観光したところを紹介しましたが、今日は滞在3日目の午後に観光したところを紹介します。

滞在3日目(10月21日)の午前は、首里城、漫湖のマングローブ、旧海軍司令部壕を見て回り、昼ご飯は、Jef豊見城店のゴーヤバーガーセット。
午後からは、修学旅行の定番、ひめゆりの塔、平和祈念公園などに向かいました。

まずは、ひめゆりの塔。

P1000549.jpg

塔と献花台の間には、病院として使用された洞窟の入口が残っています。

P1000551.jpg

沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の教師と女学生で編成され、看護要員として陸軍病院に動員されたひめゆり学徒隊の多くは戦火に斃れました。

この日、関東などの高校生が修学旅行で大勢来ていて、ひめゆりの塔の前も、ひめゆり平和祈念資料館もごった返していました。

資料館の中は混雑していて、展示物をじっくりとは見れなかった。
ただ、入ってすぐの説明文に「アジア太平洋戦争」というサヨク思想丸出しの表記があるのを発見し、どういう論調で説明文が書かれているか検討がついた。
実際、混雑の中、ちらっと見た説明文では、

沖縄に来た日本軍の中に「沖縄のために来てやってるのに、そのざまは何だ!」と女学生を罵倒する兵士がいたとか、
「学生さん、のどが渇いたからおしっこ飲んじゃったよ」と女学生に告白する兵士の話とか、
日本軍を貶める説明が満載。

まるで沖縄の住民をいたぶるために日本軍が沖縄に来たみたいだし、おしっこの話も、日本軍は羞恥心がない集団なんだと印象付けたい意図を感じる。
こういう説明を読むと、本当に気分が悪くなる。
まるでこういう兵隊ばかりだったと言わんばかりだし、これに対して、米軍の写真は食べ物や飲み物を住民に与えたり、住民を担架で運んだりしているものばかり。

無差別攻撃で民間人を大量に殺戮したアメリカの戦時国際法違反には目をつむり、日本軍は洞窟から沖縄の住民を追い出したとか、住民を集団自決させたとか、沖縄を守りに来た日本軍を悪者にする意図が丸見えです。

資料館の説明文に気分が悪くなったが、平和祈念公園にも足を運んでみた。
午前中は天気が良かったが、午後になると、俺の気分と同じく天気も悪くなってきた。

P1000553.jpg

平和祈念公園に到着し、キムチ悪い、いや、気持ち悪い建造物も発見したことで、更に気分が悪くなった。
こういう建造物があることで、資料館の内容も日本を貶める内容のものだと想像できたので、行かなかった。

平和祈念公園の中心にあるのが、「平和の火」

P1000559.jpg

そして、平和の火を囲むようにあるのが、平和の礎(いしじ)

P1000554.jpg

沖縄戦で亡くなった日米両軍の兵士と沖縄県の住民の氏名が刻まれた石碑が並んでいます。
その氏名の数は、21万人以上。

P1000560.jpg

上の写真の左側に米軍の石碑があり、それ以外は日本側の石碑です。
米軍の死亡者数は 12,000人ほどですが、日本側の死亡者数は、軍民合わせて200,000人。
これらの戦没者の氏名が石碑に刻まれています。

P1000558.jpg
手前が米軍の戦没者の石碑です

P1000561.jpg
写真に写っているのは沖縄県民の戦没者の石碑です

戦前50万人いた沖縄県民のうち、15万人ほどが死亡していますが、その割合は30%
沖縄県全体で30%ですから、激戦地となった南部の住民の死亡率はどれほどになるのでしょう。
この割合を考えると恐ろしいことですし、石碑に刻まれた膨大な数の名前を見ると、どれだけの人が殺されたのかと気が遠くなります。

日本軍も5万人以上が死亡していますが、秋田県人の戦没者もいるのかと思って探してみました。
米軍も含めると21万2千人の氏名が刻まれており、秋田県人の名前を探すのは困難かと思いましたが、米軍の石碑の近くに、北海道出身者の石碑が並んでおり、北海道に近い秋田県の石碑もその近くにあると推測されました。
それにしても北海道の戦没者の数が多い。
これだけの数の兵士が亡くなっていることを考えると、これは北海道で編成された陸軍の部隊が沖縄に投入されたということなのだろうか?

そして、北海道の戦没者の近くに秋田県人の戦没者名が刻まれた石碑を発見しました。
その数、430名ほど。
当然のことですが、秋田県でよく見られる名字がいくつもありました。
秋田県の陸軍部隊が沖縄で戦ったという話は聞いたことがないし、陸軍だとしたら数が少なすぎるので、これらの戦没者は、海軍なのだろうか?
午前中に見学した旧海軍司令部壕のことを思い出しました。
秋田から沖縄まで来て米軍と戦い、命を落とした兵士の中に郷土の先輩がいたかもしれないと思うと、涙があふれてきました。

石碑には、北海道、東北だけでなく関東出身の兵士の名前も。
時間がなくて全部は見れませんでしたが、日本のほとんどの県の出身者の名前が刻まれていたのではないだろうか。
今から68年前、日本全国の若者が日本を守るために沖縄で戦った。
毎年、大勢の高校生や中学生が修学旅行で沖縄にやってくるが、自分の出身地の戦没者がいるかどうか、探してみてほしい。
そして、自分の出身地の兵士が何を守るために戦ったのかを考えてほしい。

戦場となった沖縄の住民はとてつもない被害を蒙った。
このような悲劇は二度と繰り返してはならない。

確かに戦争はしない方がいい。
しかし、戦争はこちらが仕掛けなくても起こるものであるから、このようなことが二度と起こらないようにするには、敵国が攻撃をあきらめるぐらいの軍事力を持つことが必要である。
しかし、沖縄で見た「平和教育」というものは、こういう常識を無視して、軍事力を否定し、過去の日本の自衛行動を否定し、また、日本の象徴である皇室を否定する。
これで沖縄を、そして日本を守れるのか?

沖縄に再び戦禍をもたらす可能性がある国は、中国である。
同じように韓国も日本に対する挑発を強めており、これらの国と激突するのは遠い未来の話ではない。
戦争に負けたら、沖縄での悲劇が繰り返される。
そうならないよう、日本を強くすることが必要だと改めて思った。

平和祈念公園の次に向かったのは、南城市にある玉城(たまぐすく)城跡。
前日に見た「勝連城」に続いての城見学です。

P1000563.jpg

P1000564.jpg

P1000565.jpg

P1000566.jpg

ちなみに、俺以外の観光客は一人もいませんでした。

次に向かったのは、ガイドブックに載っていた「新原(みーばる)ビーチ」
曇っていたのが、少し残念でした。

P1000568.jpg

P1000569.jpg

俺は乗りませんでしたが、グラスボートが運行していて、船底から海の中が見れるみたいです。
グラスボートの料金は、1,500円(所要時間25分)

次に向かったのが、ニライ橋カナイ橋

P1000567.jpg

どっちがニライ橋でどっちがカナイ橋か分かりませんが、晴れていれば、もっと素晴らしい景色だったと思います。

次に向かったのが、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」
琉球王国の聖地で、琉球王府の神事が行われていた場所です。

P1000570.jpg

P1000571.jpg

米軍の艦砲射撃で出来た穴のそばを通り、

P1000572.jpg

山道を通り、

P1000579.jpg

寄満(ユインチ)に到着。

P1000574.jpg

そして、ガイドブックにも載っている「三庫理(サングーイ)」へ

P1000575.jpg

P1000578.jpg

世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」を出て那覇市内に戻る途中、海がきれいだったので、ビーチに寄ってみました。
安座間サンビーチというビーチでした。

P1000580.jpg

P1000581.jpg

肉眼だともっと明るいと感じていましたが、写真に撮ったら暗い感じになってますね。
曇っていたのは少し残念です。

その後、那覇市内で給油した後でレンタカーを返しました。
前日と走行距離はほとんど変わりませんが、前日はハイブリッドカーだったため、ガス代は765円で済みましたが、この日のガス代は1,800円ほどでした。

沖縄にいられる時間ももうすぐ終わりです。
ゆいレールに乗って那覇空港に向かい、空港で少し早い夕食を食べました。
沖縄最後の食事は、ソーメンチャンプルーとジューシー(炊き込みご飯)を頂きました。

P1000582.jpg

那覇空港から見える夕日を写真に撮ろうと思っていましたが、気づいたら日が沈んでいました。

何はともあれ、2泊3日の沖縄遠征もこれで終了。
今回はサッカーの応援と本島南部を中心に観光しましたが、沖縄は海以外にも見るところがたくさんありました。
また、試合前日に秋田サポ同士だけではなく、琉球サポの皆さんと交流できたことは良い思い出です。

次にいつ沖縄に来れるのか分からないので、駆け足で色んなところを見て回りましたが、今度来る時は、沖縄の海で泳いでみたいし、今回観光できなかった場所にも行ってみたいと思います。

今回お世話になった皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1222-45f68c19

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング