2013年沖縄観光(滞在3日目・前編)

 2013-10-30
10月19~21日まで2泊3日で沖縄遠征に行ってきましたが、昨日の記事で滞在2日目に観光したところを紹介したので、今日は滞在3日目の午前中に観光したところを紹介します。

滞在3日目となる月曜日、この日もレンタカーを借りて、首里城と南部を回りました。
当初は、首里城へは、ゆいレールで行き、その後でレンタカーを借りようと思っていましたが、6時間借りるのも1日借りるのも値段は変わらないし、荷物を持って移動するのも大変なので、車で移動することにしました。

壷川から那覇東バイパスを通り、首里城へ。
平日の朝ということで、那覇の中心部へ向かう道路は渋滞していたが、俺の向かう方向は逆方向なので、そんなに渋滞せずに、首里城に到着。
駐車場がどこにあるのか少し迷いましたが、2時間以内310円の県営駐車場に停めることが出来ました。

さあ、首里城へ。
まずは、守礼門をくぐり、正殿を目指します。

P1000513.jpg

ちなみに、これが守礼門の裏側。

P1000535.jpg

守礼門を通り、左側にあるのが、世界遺産の「園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)」

P1000514.jpg

正殿に行くには、歓会門、瑞泉門、漏刻門、広福門という門を通ります。

P1000516.jpg
歓会門

P1000517.jpg
歓会門と瑞泉門の間

P1000518.jpg
瑞泉門

P1000519.jpg
漏刻門

P1000521.jpg
広福門

広福門をくぐると、広場に出ます。
この広場から先に行くには有料となります。

P1000524.jpg

この広場の奥が、首里城のシンボルである正殿です。

P1000523.jpg

今、ガイドブックを見ながらブログの記事を書いていますが、正殿の内部が載っているので、内部も見れたんですかね?
正殿の写真だけ撮って帰って来ちゃいました。
書院・鎖之間も見てないし、もったいないことをした?

正殿を見た後は、西(いり)のアザナの展望台から那覇市街を見渡します。

P1000527.jpg

また、首里城の外壁は、このようになっています。
さすが世界遺産だけあって立派ですね。

P1000530.jpg

外壁の下を下ると、弁財天堂と円鑑池があります。

P1000531.jpg

そして、円鑑池の近くには、第32軍司令部跡があります。

P1000534.jpg

1945年の沖縄戦で、この首里城に日本軍の司令部があり、首里城では日米両軍が激戦を繰り広げました。
激戦の地となったことで、首里城は焼失し、再建されたのは、1992年のことでした。

沖縄では未だに不発弾が多く発見されており、戦争の影響は未だに残っていると言えますが、観光に来ただけでは、そういうことは分かりません。
以前、サイパンに行った時は、日本軍の高射砲の残骸や海で破壊された米軍の戦車の残骸が残っていて、戦争があったことが一目瞭然でしたが、那覇市内を見ただけではそうしたことは分かりません。

この後、首里杜館(すいむいかん)でソフトクリームを食べてから駐車場に戻りました。

P1000528.jpg

P1000536.jpg

青い空と屋根瓦の色が「沖縄!」という感じがしていいですね。
この日の午前中は天候に恵まれ、本当に良かったです。

首里城の次に向かったのが、旧海軍司令部壕ですが、途中の那覇東バイパスのとよみ大橋から漫湖を見るとマングローブが見えたことに驚き、予定を変更してマングローブを見に行きました。

P1000537.jpg

P1000538.jpg

P1000540.jpg

P1000541.jpg

那覇の中心地から近いところにマングローブの森があることに驚きましたが、この場所はガイドブックに載ってないんですよね。
やはり、漫湖という名前が良くないのか...

次に向かったのが、旧海軍司令部壕。

P1000543.jpg

施設は小高い丘の上にあり、眺めはいいです。
これは那覇の南部(小禄)かな?

P1000542.jpg

施設の1階では沖縄戦を伝えるビデオが流されていて、沖縄戦の写真が展示されていました。
この階段を下ると司令部壕の跡です。

P1000544.jpg

戦後、しばらく放置されていたが、1970年に復元され、現在は300mが一般公開されています。

P1000545.jpg

P1000546.jpg

P1000547.jpg

この壕は海軍兵士3000名により造られましたが、壁にはツルハシの跡が残っており、手作業で造ったことが分かります。
壕の中は兵士であふれ、下士官兵員室では、満員電車の中のような状態で立って睡眠を取ったようです。
絶え間ない爆撃と砲撃、そして飢えと乾きと暑さに耐え、死者と負傷者と悪臭にあふれた壕の中で懸命に戦った日本軍の兵士達。

この壕から、太田実司令官が沖縄県民の献身的な協力を訴える電報を打ち、そして自決。
司令官が自決した後も、一部の兵士は終戦の日まで戦い続けたらしい。
英霊に対し、黙祷してから壕を出ました。

昼食は、Jef豊見城店でゴーヤーバーガーのセットを注文しました。

P1000548.jpg

飲み物は、ルートビアを注文。
やはり、南国にはルートビアが合う!

午後からは、修学旅行の定番、ひめゆりの塔、平和祈念公園などに向かいます。

(後編に続く)

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1221-ab058bc1

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング