仁賀保での最終戦で勝利ならず。痛恨のドロー(その2)

 2013-10-28
P1000607.jpg

10月26日に仁賀保グリーンフィールドで行われた横河武蔵野戦の参戦記の続きです。

試合は、ロスタイムに入った直後に同点ゴールを決められ、1-1の悔しい引き分けに終わりましたが、試合経過とスタッツについては、ブラウブリッツの公式サイトをご覧下さい。

JFL第30節 ブラウブリッツ秋田 VS 横河武蔵野FC
http://blaublitz.jp/score?game_id=324&t=news

昨日は入場する直前まで書いたので、その続きです。

開門の直前に到着し、スタ飯を食べてから入場したため、ゴール裏に行ったのは、12時過ぎだった。
仁賀保開催では、バック側の斜面にビッグユニと松田のダンマクが掲示されている。
この日の試合では、勝利とともに、松田がJFL通算100ゴールを達成することも期待された。

P1000600.jpg

この日の最高気温は16度。
やや肌寒く、俺はレプユニの下にトレーナーを着て参戦した。
ただ、幸いなことに、雨は降らなかった。

P1000601.jpg

試合前、サポ仲間から、ブラウブリッツが来年からJ3に参入した場合、仁賀保では公式戦を行うことが出来ないかもしれないとの話を聞いた。
そうなると、今回の武蔵野戦は、仁賀保での今季最終戦となるばかりでなく、ブラウブリッツが仁賀保で戦う最後の公式戦となる。

自分の生まれ育った町で、来年からは全国リーグのサッカーの試合を見れないかもしれない。
この試合が仁賀保での最後の試合となるかもしれないと思うと、涙が出そうになった。

そんなことを思いながら、試合が開始された。
開始数分後に武蔵野の選手が負傷し、ピッチを出たこともあり、序盤は危なげない展開で試合が進んだ。

P1000602.jpg

しかし、前半15分過ぎからは武蔵野のペースで試合が進み、アヤキが左手一本ではじき出したシュートなどのピンチがあり、最後の試合かもしれないと感慨にふけっていた気持ちは吹っ飛んだ。

何はともあれ、前半は0-0で終了。
前半のシュート数は、秋田4、武蔵野8
秋田の方には、半田がゴールを決めたが、オフサイドでノーゴールになるチャンスがあった。

ハーフタイムには、レノファサポさんから頂いた「しそわかめ」を使ったおにぎりがゴール裏でふるまわれました。

P1000603.jpg

レノファサポさんの力を借りて、後半は武蔵野に勝つ!!
また、1,113人の観客もブラウブリッツの勝利の後押しをするだろう。

P1000605.jpg

そして、後半開始直後、タロウが右サイドからドリブルで仕掛け、パスを出さずに、シュート!!
これがキーパーの手をはじいてバーに当たり、その跳ね返りを三好が頭で押し込み、ブラウブリッツが先制!!

周りのサポと抱き合って喜び、タオルを回す代わりに、肩を組んで回って喜びを爆発させた。

武蔵野のスタミナが落ちていない中での先制点は大きい。
その後も、タロウが至近距離から打ったシュートが防がれるなどの決定的なチャンスがあったが、追加点は奪えない。

P1000606.jpg

後半27分に三好に代えて山田を投入。
惜しいミドルシュートを放った後の三好の交代でした。

対する武蔵野も、前半は2、3人しかいなかった応援席が、後半は倍増したことに応えたいと思ったのか、三好が下がった後から猛攻を仕掛け、CKが4本続いた後に、バーを直撃するシュートを放つ。
武蔵野は後半だけで9本のシュートを記録。

P1000604.jpg

これに対し、秋田は後半37分過ぎに武蔵野ゴール前で数的優位のチャンスを作るが、熊林がシュートを打てず。

そして、後半42分に松田に代えて牧内を投入。
この試合では、秋田ゴール前で武蔵野の選手にヘディングで負ける場面が多かったので、相手のCKを防ぐ役割を果たしている松田を下げて大丈夫なのかと少し不安に思ったが、牧内がドリブルで武蔵野守備陣をかき回し、時間稼ぎをすることと追加点を挙げることを期待するしかない。

そして、後半ロスタイムに入ろうとした時に、相手にCKを与え、このCKを頭で決められ、土壇場で同点に追い付かれてしまう。

まさか、嘘だろ、、、

しかし、ロスタイムは3分、まだ時間はある。
選手はあきらめていなかった。
試合終了間際にCKのチャンスを得たブラウブリッツは、このCKに島川が頭で合わせたが、ボールはゴールの右を抜けていった。

P1000608.jpg

この直後に試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
試合終了。

その場に座り込んで動かない島川の姿が印象に残った。

松田がいれば、最後のCKを決めていただろうか?
また、失点の場面も松田がいれば防いでいただろうか?

ブラウブリッツは後半だけで7本のシュートを放ち、決定的な場面も何度も作った。
しかし、これらのチャンスを決めきれず、ロスタイム突入直後に同点ゴールを許し、武蔵野に勝つことなく、JFLでの武蔵野との対戦を終えることとなった。

「武蔵野戦14戦未勝利」という屈辱の歴史とともに、我々は来年からJ3に参戦する。

武蔵野はJ3に参入しない以上、来年以降、リーグ戦で武蔵野に勝利し、雪辱する機会はない。
今後、公式戦で武蔵野と戦うには、天皇杯で対戦するしかない。

JFLで7年間未勝利という屈辱を与えた武蔵野にリベンジするため、クラブを強くするよう一層サポートしなければならない。
2013年10月26日という日付と、この日の悔しさは忘れない。

武蔵野に対して、我々は7年間、14回対戦したが、一度も勝つことは出来なかった(7分7敗)
このことは本当に悔しい。
しかし、この悔しさが、秋田サポが一層クラブをサポートするきっかけになるのであれば、この屈辱を受けたことも無駄にはならない。

この悔しさを忘れるな!!

いつの日か、天皇杯で武蔵野を撃破しよう!!

P1000609.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
スポンサーサイト




トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1218-7957e649

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2021チャント
2021応援クラップ
2021選手チャント


2021年の関東近郊の試合
2/28(日)vs 群馬(正田スタ)
3/07(日)vs 栃木(カンセキ)
3/14(日)vs 千葉(フクアリ)
5/15(土)vs 甲府(JITスタ)
5/29(土)vs 東京V(味スタ)
6/13(日)vs 町田(町田GION)
8/14(土)vs 大宮(NACK)
9/11(土)vs 水戸(K'sスタ)
11/3(水)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター