武蔵野からの初勝利ならず

 2013-06-17
土曜日に武蔵野陸上競技場で行われた武蔵野戦に参戦してきました。
試合は、皆さんご存知の通り、前半18分に先制を許し、後半は攻勢に出たものの、同点ゴールは奪えず、0-1で敗れました。

P1000186.jpg

JFL第16節 ブラウブリッツ秋田 VS 横河武蔵野FC
http://blaublitz.jp/score?game_id=309

蒸し暑い中、行われた試合でした。

試合は、前半開始早々、大森が負傷退場となる苦しいスタート。
「肩、折れてるから!」と大声で伝える熊林の声を聞き、そして、起き上がれずに担架で運ばれる大森の姿を見て、呆然としてしまった。
この試合もそうだが、今後のリーグ戦はどうなってしまうのか....

大森が負傷退場したため、前半6分、牧内が急遽出場し、右SBの位置に入った。
負傷者が出たが、試合は容赦なく再開される。

大森の退場後、武蔵野に攻め込まれたが、秋田も次第に落ち着きを取り戻す。
しかしながら、前半18分、一瞬の隙を突かれてゴールを決められてしまう。
この失点が重くのしかかる。

大森の怪我のことが頭にあって、中々気持ちの切り替えが出来なかったが、選手は反撃に出る。
失点直後にタロウのシュートからCKを得て、再びシュート。
また、オフサイドとなったが、相手DFの裏に飛び出す動きもあった。

その後、両者とも得点は奪えず、前半は、0-1で折り返す。
前半のシュート数は、秋田6、武蔵野5

武蔵野のプレスは、2週間前に対戦したソニーほどではなかったため、ソニー戦の前半と比べるとボールはキープできていた。
また、前半の武蔵野の動きを見て、後半は足が止まるという声も周りから出ていた。
大森の退場は痛いが、後半の秋田の反撃に期待したい。

後半が開始されると、いきなり武蔵野ゴールまで攻め込み、三好がシュート。
後半は秋田のターンです!!
同点に追いつきたい秋田は、後半13分、タロウに代わって松田を投入。
エースの復帰で、サポとしても力が湧いて来る。

後半は、武蔵野の足が止まってきたのか、秋田が武蔵野の左右のサイドを突破する攻撃を何度も見せる。
ドリブルで突破したり、裏に抜け出したり。
また、松田のポストも効いていた。
右サイドで牧内、左サイドで前山や二戸がチャンスを作り、何度もクロスを上げるが、遠くに流れたり、相手DFにカットされ、中々シュートには至らない。
得点の可能性は十分感じたが、あと一歩が足りない。

P1000192.jpg

試合終盤は、秋田が猛攻を仕掛ける。
大森のためにも、点を取ってくれと願うばかりだった。
ゴール前で得たFKは、松田が蹴り、相手GKがこぼしたところに三好がつめるがゴールならず。
この後、CKが2回ほどあったが、ゴールを奪うことは出来ず、0-1で試合終了。

P1000194.jpg

試合のスタッツを見ると、後半の秋田のシュートは、後半開始早々の三好のシュートと、後半45分の松田のFKのみ。
サイドを突破されても、真ん中は堅く守る武蔵野の守備を破ることは出来ませんでした。

アウェイでの武蔵野との試合は、2009年から連続で見ているが、

2009年:武蔵野がやや優位な試合。0-1で敗北。
2010年:秋田が優位に進めた試合だが、1-1のドロー。
2011年:試合終盤に武蔵野から2点を奪い、3-3のドロー。
2012年:退場者を出したこともあり、0-2で敗北。

これまで、武蔵野を攻めまくるという展開がほとんどなかったので、武蔵野の堅守をじっくりと見ることはあまりありませんでしたが、今回、攻めても攻めても、ゴールを奪えない展開に、世間の評判通り、武蔵野は守備が堅いチームなんだと認識しました。
さすが、現・東京チャンピオン(注)

(注)武蔵野は昨年の天皇杯で東京都代表となり、本大会でもFC東京に勝っているため。

勝利まで、いや、点を奪うまで、あと一歩、足りませんでした。
風の影響はあまりなかったと思いますが、全体的にクロスの精度があまり高くなかったかなと。
でも、蒸し暑い中、試合開始早々に負傷退場者を出しながら、選手はよく頑張ったと思います。

俺はというと、日頃の疲れと前日の寝不足もあったのか、蒸し暑さに負けてました。
失点の直前に、頭上で手を叩いているのが辛くなって、小休止した時に失点してしまったのが、悔やまれます。
次に参戦する時は、体調を整えた上で参戦したい。

DFでは、木内が肩を負傷したのに続いて、大森も肩を負傷。
大森は、右サイドの攻撃の基点にもなっていたので、この負傷は痛い。
2人とも前途有望な若者だけに、早く怪我が治ることを願っています。

選手の数が少ない上に、負傷者が出たのは苦しいが、残った選手で頑張ってもらうしかない。
出場機会の少ない選手にとっては、負傷した選手の穴を埋めるべく、頑張ってもらいたい。

残念ながら3連敗となってしまったが、選手の闘志は衰えていない。
また、この試合では、三好への危険なタックルをスルーした審判に猛抗議を続ける与那城監督の姿も見た。
そして、そんな選手と監督の姿を見て、サポーターの闘志も衰えていない。

苦しい状況ではあるが、次節の琉球戦でも、選手が頑張ってくれることを願っているし、個人的に次節の琉球戦では、今回よりも気合を入れて応援したい。

選手・スタッフの皆さん、武蔵野陸に参戦された皆さん、暑い中、お疲れ様でした。
そして、秋田の応援に加わって頂いた他サポの皆さんに御礼申し上げます。

また、共に戦いましょう!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/tb.php/1141-1125780a

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング