第7節~第11節のハイライト動画

 2020-08-31
ブラウブリッツの第12節、FC岐阜戦は雷雨により試合中止となりましたが、その結果、ブラウブリッツは開幕から8月が終わるまで無敗ということになりました。
第7節からの5試合をハイライト動画で振り返ってみましょう。

第7節 ブラウブリッツ秋田 3-1 SC相模原/ 2020年7月29日
1位、7勝0分0敗、得点15、失点1、得失+14
https://youtu.be/5BrkkwAU5iw



前節から中3日での開催で、開幕7連勝と昨季最終戦から続く連続無失点時間のJリーグ記録の更新を懸けた試合。
試合は立ち上がりから相模原が決定的なチャンスを2回作るが、秋田のGK田中がこれを防ぐと、前半40分に江口のコーナーキックにホガンが頭で合わせて先制すると、前半44分には江口のFKに中村が頭で合わせ、2-0とリード。

後半24分には沖野のクロスのこぼれ球を江口がミドルレンジからシュートすると、相手DFの足に当たってコースが変わってゴールが決まって、3-0とリード!!

しかし、後半ロスタイム3分に今季初失点となるゴールを奪われ、連続無失点時間のJリーグ記録の更新はならなかった。
3-1で勝利し、クラブ新となる7連勝をしたにもかかわらず、後味の悪さが残った。



こちらは、Jリーグ公式サイトのハイライト動画です。


第8節 Y.S.C.C.横浜 0-1 ブラウブリッツ秋田/ 2020年8月2日
1位、8勝0分0敗、得点16、失点1、得失+15
https://youtu.be/rHn0PhT6AJI



この試合も前節から中3日での開催で、沖野と三上が先発。
試合は前半はスコアレスで折り返すと、後半の立ち上がりからブラウブリッツが猛攻を続け、後半9分に江口がFKを直接決めて先制。
その後、林がPKを外したが、YS横浜に得点は許さず、1-0で勝利し、開幕8連勝!!
また、この勝利で、2009年のTDK SC時代にJFLで記録した8連勝に並んだ。



こちらは、Jリーグ公式サイトのハイライト動画です。


第9節 ブラウブリッツ秋田 2-1 ロアッソ熊本/ 2020年8月9日
1位、9勝0分0敗、得点18、失点2、得失+16
https://youtu.be/2M9DGs1Kl0E



Jリーグ新記録となる開幕9連勝を懸けた試合。先発は三上に代えて茂が先発。
試合は前半35分、江口のコーナーキックに中村がスライディングで合わせて先制すると、後半42分には茂のシュートのこぼれ球を沖野が押し込んで2-0とリード!!
後半20分に熊本にゴールを奪われ、1点を返されたが、それ以上のゴールは許さず、2-1で勝利し、開幕9連勝!!
この開幕9連勝は、J1、J2も含めたJリーグ新記録で、2009年のTDK SC時代にJFLで記録した8連勝を超えた。

また、この勝利はJFLでの対戦も含め、熊本から挙げた初勝利だった。



こちらは、Jリーグ公式サイトのハイライト動画です。


第10節 カマタマーレ讃岐 0-0 ブラウブリッツ秋田/ 2020年8月15日
1位、9勝1分0敗、得点18、失点2、得失+16
https://youtu.be/vhgOUhTAwww



J3リーグ記録の10連勝を懸けた試合。
試合は立ち上がりから秋田のペースで進み、コーナーキックやロングスローからチャンスを作るが、ゴールは奪えない。
逆にクロスに頭で合わされ、あわやゴールというピンチもあったが、これは雄大が防ぎ、前半は0-0で折り返す。
後半も秋田はコーナーキックやロングスローから讃岐ゴール前に攻め込むが、決定的なチャンスは作れず、スコアレスドローに終わった。

この結果、秋田の連勝は9で止まり、J3リーグ記録の10連勝に並ぶことは出来なかったが、開幕からの無敗記録は継続。



こちらは、Jリーグ公式サイトのハイライト動画です。


第11節 ブラウブリッツ秋田 1-1 ガンバ大阪U-23/ 2020年8月22日
1位、9勝2分0敗、得点19、失点3、得失+16
https://youtu.be/JqxsdWGf7PI



秋田の先発は中村に代えて林、鈴木に代えて加賀が先発。
試合は前半7分に沖野のクロスに林が合わせて秋田が先制し、その後も得点のチャンスがあったが追加点は奪えず、前半の途中からはガンバ大阪U-23に押される展開となったが、前半は1-0で折り返す。
後半もガンバ大阪U-23にボールを持たれる時間が長く、後半21分に熊本戦と同じような場所からのミドルを決められ、同点に追いつかれてしまう。
試合の終盤は攻勢に出たブラウブリッツだが、勝ち越しゴールは奪えず、1-1のドローに終わった。

また、この試合、途中出場した中村が負傷退場し、今後に大きな不安を残した。



こちらは、Jリーグ公式サイトのハイライト動画です。


以上はブラウブリッツ公式とJリーグ公式のハイライト動画ですが、時間の長さ、内容を考えるとダゾーンのハイライトの方が良いと思います。

なお、以下の 「ブラウブリッツ秋田 DAZN特設ページ」 から加入すれば、無料期間終了後からDAZNの月額使用料の一部がブラウブリッツ秋田の強化費になります。

【公式】ブラウブリッツ秋田 DAZN特設ページ
https://blaublitz.jp/lp/dazn/

まだダゾーンに加入されていない方は、 「ブラウブリッツ秋田 DAZN特設ページ」 から加入されてはいかがでしょうか?


現在、ブラウブリッツは、開幕から9勝2分で負け知らず。
これはJ1、J2、J3を含めてブラウブリッツが唯一です。
しかし、ブラウブリッツが最後に勝利したのは、8月9日の熊本戦が最後で、ブラウブリッツはそこから勝利していません。

ブラウブリッツの9月の戦いは、中2日のホーム沼津戦から始まりますが、ここから再び勝利を積み重ねてほしいものです。
そして、俺個人としては、J3で優勝して天皇杯準々決勝からの参加資格を獲得し、その後、J1チャンピオンとの準決勝に勝利し、国立競技場で行われる天皇杯決勝戦に進出してほしいと思っています。

KIMG2116.jpg

J3で優勝して国立に行こう!!
頑張れ、ブラウブリッツ!!


<追記>
第1節~第6節のハイライト動画は、次の通りです。

第1節~第6節のハイライト動画
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-2585.html


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト



2020明治安田生命J3リーグ第12節終了

 2020-08-30
順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01 秋 田 29 (9 2 0) +16 ※1試合少ない
02 熊 本 26 (8 2 2) +11
03 鳥 取 24 (7 3 2) +08
04 藤 枝 20 (6 2 4) +03
05 長 野 19 (5 4 3) +07
06 今 治 19 (5 4 3) +03
07 富 山 18 (5 3 3) +09 ※1試合少ない
08 相模原 18 (5 3 4) -03
09 鹿児島 17 (5 2 5) +02
10 岐 阜 15 (4 3 3) +03 ※2試合少ない
11 沼 津 13 (4 1 7) -06
12 福 島 12 (3 3 5) -02 ※1試合少ない
13 八 戸 12 (3 3 5) -04 ※1試合少ない
14 G大阪 12 (3 3 6) -06
15 横 浜 11 (2 5 5) -07
16 岩 手 11 (3 2 7) -13
17 讃 岐 07 (1 4 7) -09
18 C大阪 06 (1 3 8) -12
※富山vs八戸、岐阜vs秋田は雷雨のため試合前に中止。

ブラウブリッツ秋田は試合前中止
しかし順位は首位をキープ(2位との勝ち点差3)
(9勝2分0敗、得点19、失点3、得失+16)

勝ち点:+29(変更なし)
得失点差:+16(変更なし)

<その他の試合>
岩手 0 - 1 今治
藤枝 1 - 0 鹿児島
C大阪 1 - 2 福島
鳥取 1 - 1 長野
沼津 0 - 3 熊本
讃岐 1 - 1 横浜
G大阪 3 - 0 相模原
※富山vs八戸(雷雨のため試合前中止)
※岐阜vs秋田(雷雨のため試合前中止)

首位の我らが秋田と岐阜の試合は、雷雨のため、試合前中止。
岐阜は2試合連続で雷雨により試合中止となりました。

2位の鳥取はドロー、3位の熊本は勝利し、熊本は再び2位に浮上しました。
試合中止となった秋田と熊本との勝ち点差は3に縮まりましたが、秋田は首位をキープしています。

また、今節は富山と八戸の試合も中止になっています。
これでJ3全体の合計で3試合が雷雨のために中止となっておりますが、代替開催日を設けることが出来ないと、そのまま中止となり、その分の勝ち点を獲得することも出来なくなります。

消化試合数により不利になることもあるので、実施できる試合は可能な限り実施されることを願うばかりです。

さて、我らが秋田は、次節、中2日でホームで沼津と対戦します。
沼津戦の後は中3日でホームでセレッソ大阪U-23戦と対戦する過密日程なので、今節の岐阜戦が中止になったことで、フィジカル面の消耗が抑えられ、沼津戦に想定よりも良い状態で臨めるかもしれません

気持ちを切り替え、充分に休息を取り、水曜日の沼津戦に臨んでほしいものです。

次節の沼津戦に勝利しよう!!
頑張れ、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

FC岐阜戦は雷雨により中止

 2020-08-30
今日(8/30)、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる予定だったFC岐阜戦ですが、雷雨の影響により、試合開始前に中止となりました。


キックオフの時間が18:00から18:30に繰り下げとなり、その後、1930に繰り下げとなり、結局中止となりました。
雷は人命にかかわるので、中止となったのは仕方ないですね。

現地に行かれた選手、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

天候が理由でブラウブリッツの試合が中止になったのは初めてのようです。
田んぼと化した藤枝市民グラウンド、そして丸亀陸上競技場、そして、台風上陸前に実施した都田でのホンダ戦も実施されましたが、雷の前には試合は中止せざるを得ませんでした。


ちびゴンはスタジアムまで足を運んだんですが、残念ながら中止となりました。


一度目のキックオフ時間繰り下げの後、ブラウブリッツの選手紹介を岐阜サポさんがツイートしてくれました。
ありがとうございます!!
そして、アウェイチームの監督名をこんなに大きく表示してくれた岐阜の運営さんにも感謝です。


また、雷雨になる直前の長良川競技場の夕空をツイートした岐阜サポさんもいました。
本当に魔界と呼ぶにふさわしい光景ですね。

一度試合前のアップを行った後に試合中止となったブラウブリッツ。
次の試合は中2日でホームでの沼津戦です。

岐阜戦は齋藤がリザーブ、先発は林と井上の2トップという今季初の組み合わせでしたが、次節の沼津戦はどのようなメンバーが先発するのでしょうか?

何はともあれ、選手達に今必要なのは、充分な休息を取って3日後の沼津戦を戦うことです。

気持ちを切り替え、充分な休息を取って、
水曜日の沼津戦に備えよう!!
頑張れ、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

FC岐阜戦は雷雨により中止 の続きを読む

FC岐阜戦に向けてゲン担ぎ

 2020-08-29
ブラウブリッツは、明日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場で、FC岐阜と対戦します。

8月30日(日)18:00キックオフ
FC岐阜 vs ブラウブリッツ秋田
http://blaublitz.jp/score?game_id=2699#play

さて、明日のFC岐阜戦に備え、今日の昼食は、青砥駅の駅ビルにある「飛騨の高山ラーメン」で食べました。

KIMG2153.jpg

岐阜県発祥の「飛騨の高山ラーメン」を食べて、FC岐阜も喰らう!というゲン担ぎです。

KIMG2150.jpg

こちらが、「高山ラーメン」です。あっさり醤油味のラーメンです。

KIMG2140_01_BURST1002140_COVER.jpg

あと、月曜日に、いわきの焼き肉屋で「上ミノ」を食べました。
岐阜の旧国名は美濃なので、、、

岐阜県は、美濃と飛騨の2つの国から成り立っていますが、ミノと飛騨を食べたぞ!!
ということで、FC岐阜に勝とうというゲン担ぎはバッチリです。

頑張れ、ブラウブリッツ!!
明日はFC岐阜を倒し、3試合振りの勝利を!!


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

9月末までビジター席の設置なし

 2020-08-26
昨日(8/25)、Jリーグから手拍子について、9月7日より容認される行為へ変更することが発表されました。


手からウイルスが排出される訳ではないし、拍手はOKなのに、手拍子は禁止というのは理解しがたいと思っていたので、手拍子の解禁は評価します。これでスタジアムの一体感も今までよりは高まると思います。

また、タオルマフラー、ゲートフラッグを掲げることも容認されることとなりましたが、タオマフを振り回すことは引き続き禁止なので、そこは注意したいですね。

と言っても、関東在住者が秋田のホームスタジアムに行くには無言の圧力がありますし、アウェイゲームにブラウブリッツのタオマフも持ち込めないので、俺には関係のない話ですが。

また、現在実施中の観客上限5,000人、ビジター席の設置なしが、9月末まで維持されることも発表されました。

「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」 適用時期の変更について
https://www.jleague.jp/news/article/17465

>9月30日までは、全会場一律で、ビジター席の設置なし・アルコール飲料のご提供なしで運営いたします
>9月30日までは、全会場一律で、ビジター席の設置なし・アルコール飲料のご提供なしで運営いたします
>9月30日までは、全会場一律で、ビジター席の設置なし・アルコール飲料のご提供なしで運営いたします

これにより、第18節のアウェイ福島戦(9/26)までビジター席は設置されないことになります。
つまり、アウェイゲームでは、第18節まで秋田サポーターはユニフォームを着て「応援」・「観戦」することが出来ません。

また、日程面ではJ1の鳥栖でクラスターが発生し、リーグ戦の4試合の中止(延期)が決まっています。
他にも新型コロナが原因で中止になった試合はJ1だけでなくJ2でも発生しており、リーグ戦の全試合が実施できるのか、不安を抱かせる事態となっています。

幸いにもJ3では、現時点では新型コロナが原因で中止になった試合はなく、中止になったのは雷雨が原因で中止になった1試合だけです。
とは言え、我々サポーターとしても、リーグ戦の全試合が実施されない可能性があることは認識すべきです。

ただ、4月に定めたレギュレーションが変更されなければ、全試合の75%以上が実施(プラス全チームが50%以上実施)されればJ2には昇格できますし、全試合の50%以上が実施されればJ3優勝の資格が得られます。

つまり、ブラウブリッツにとっては、34試合のうち26試合以上を実施した時点でリーグ戦が打ち切りとなり、その時点で2位以上となっていれば、J2に昇格できます。
また、34試合のうち17試合(18試合?)以上を実施した時点でリーグ戦が打ち切りとなり、その時点で首位になっていれば、J3優勝となり、天皇杯準々決勝進出となる可能性があります。

リーグ戦の試合が全部実施されず、途中経過で昇格、優勝を決めるのは、野球の雨天コールド、日没コールドのようなものですが、現在首位のブラウブリッツにとっては、有利な状況です。

このまま首位を独走すれば、途中でシーズンが打ち切りになっても、26試合以上を実施していれば、J2昇格です。
また、17試合(18試合?)でシーズンが打ち切りになった場合は、その時点で首位であってもJ2昇格は出来ませんが、J3優勝となり、天皇杯準々決勝に進出できる可能性があります。

このような状況なので、目の前の一戦一戦に勝利することは、非常に重要です。
途中でシーズンが打ち切られる可能性がある以上、常に上位をキープする必要があるからです。

途中でシーズンが打ち切られるというのは、杞憂かもしれませんが、あり得ないことではないので、頭の片隅には入れておくべきです。

先行逃げ切りで今季のJ3リーグで優勝しよう!!
電撃戦(ブリッツ・クリーク)でJ3制覇!!


なお、ブラウブリッツの今後の試合日および試合候補日は次の通りです。
 ↓
http://blaublitz.jp/score

 節  日付(曜日) 開始   対戦相手(試合会場)
== 超厳戒態勢(ビジター席なし) ==
A 12 08月30日(日) 18:00 FC岐阜(岐阜メモリアルセンター長良川競技場)
H 13 09月02日(水) 18:00 アスルクラロ沼津(ソユースタジアム)
H 14 09月06日(日) 18:00 セレッソ大阪U-23(ソユースタジアム)
A 15 09月13日(日) 15:00 FC今治(ありがとうサービス.夢スタジアム)
H 16 09月19日(土) 15:00 ガイナーレ鳥取(ソユースタジアム)
H 17 09月22日(火祝) 15:00 鹿児島ユナイテッドFC(ソユースタジアム)
== 優勝成立ライン(50%開催) ==
A 18 09月26日(土) 15:00 福島ユナイテッドFC(とうほう・みんなのスタジアム)
== 厳戒態勢(ビジター席あり) ※延期の可能性あり ==
H 19 10月03日(土) 15:00 いわてグルージャ盛岡(ソユースタジアム)
H 20 10月07日(水) 18:00 Y.S.C.C.横浜(ソユースタジアム)
A 21 10月11日(日) 14:00 セレッソ大阪U-23(ヤンマースタジアム長居)
H 22 10月18日(日) 13:00 藤枝MYFC(ソユースタジアム)
A 23 10月25日(日) 13:00 アスルクラロ沼津(愛鷹広域公園多目的競技場)
H 24 10月31日(土) 13:00 ヴァンラーレ八戸(ソユースタジアム)
H 25 11月03日(火祝) 未定 カマタマーレ讃岐(ホーム未定)
A 26 11月08日(日) 未定 AC長野パルセイロ(アウェイ未定)
== J2昇格成立ライン(75%開催) ==
H 27 11月14日(土)or 11月15日(日) FC岐阜(ホーム未定)
A 28 11月18日(水) 未定 ガンバ大阪U-23(アウェイ未定)
H 29 11月21日(土)or 11月22日(日) カターレ富山(ホーム未定)
A 30 11月28日(土)or 11月29日(日) ロアッソ熊本(アウェイ未定)
H 31 12月5日(土)or 12月6日(日) FC今治(ホーム未定)
A 32 12月09日(水) 未定 ガイナーレ鳥取(アウェイ未定)
A 33 12月13日(日) 未定 SC相模原(アウェイ未定)
A 34 12月20日(日) 未定 鹿児島ユナイテッドFC(アウェイ未定)

第18節(9/26)までは、ビジター席なし。
アウェイチームのグッズ、ユニフォームの着用は禁止です。

第19節(10/3)以降からビジター席が設けられる予定ですが、予定通りに設けられるのか、見通せません。
ビジター席でブラウブリッツのユニフォームを着て応援できる日は来るのでしょうか?

P1090369.jpg

ブラウブリッツのユニフォームを着て
優勝の瞬間を見たい!!

EgB-aODU8AEzO6y.jpg

そのためにも、まずは次節のFC岐阜戦に勝利しよう!!
頑張れ、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2020明治安田生命J3リーグ第11節終了

 2020-08-23
順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01 秋 田 29 (9 2 0) +16
02 鳥 取 23 (7 2 2) +08
02 熊 本 23 (7 2 2) +08
04 富 山 18 (5 3 3) +09
05 長 野 18 (5 3 3) +07
06 相模原 18 (5 3 3) +00
07 鹿児島 17 (5 2 4) +03
08 藤 枝 17 (5 2 4) +02
09 今 治 16 (4 4 3) +02
10 岐 阜 15 (4 3 3) +03 ※1試合少ない
11 沼 津 13 (4 1 6) -03
12 八 戸 12 (3 3 5) -04
13 岩 手 11 (3 2 6) -12
14 横 浜 10 (2 4 5) -07
15 福 島 09 (2 3 5) -03 ※1試合少ない
16 G大阪 09 (2 3 6) -09
17 讃 岐 06 (1 3 7) -09
18 C大阪 06 (1 3 7) -11
※福島vs岐阜は雷雨のため試合途中で中止。

ブラウブリッツ秋田は1-1のドロー
2試合連続のドロー
しかし順位は首位をキープ!!(2位との勝ち点差6)
(9勝2分0敗、得点19、失点3、得失+16)

秋田1-1G大阪U-23 
  (1-0)
  (0-1)
得点者(秋田):7分林

勝ち点:+29(+1点)
得失点差:+16(変更なし)

<その他の試合>
福島 0 - 2 岐阜(雷雨のため試合途中で中止)
長野 2 - 3 藤枝
C大阪 1 - 2 相模原
熊本 3 - 1 岩手
鹿児島 3 - 2 沼津
八戸 2 - 4 讃岐
今治 0 - 3 富山
横浜 1 - 1 鳥取

首位の我らが秋田は、ガンバ大阪U-23と1-1で引き分け、2試合連続のドロー。
相手は交替選手を1人も使わなかったのに勝利することは出来ませんでした。
また、途中出場の中村が負傷退場し、今後に大きな不安を残す試合となりました。

2位の鳥取はドロー、3位の熊本は勝利し、鳥取と熊本は再び2位で並びました。
秋田と鳥取・熊本との勝ち点差は6のままで、依然として秋田は首位をキープしています。

今節は相模原が後半ロスタイムに逆転勝利、鹿児島も逆転勝利、富山も今治に大勝と、秋田を追うライバルチームに勝ち点差を縮められ、危機感を感じていただけに、鳥取と引き分けたYS横浜の同点ゴールに感謝したいです。

富山が4位に浮上しましたが、4位の富山から10位の岐阜までの勝ち点差は3しかない混戦となっています。
なお、岐阜vs福島は岐阜が前半終了時に2-0とリードしていたのに、雷雨のため中止となったので、岐阜の勝ち点は15のままになっています。
この試合、岐阜に勝ち点1以上が入っていれば、4位の富山から10位の今治までの勝ち点差は2しかない混戦となっていました。

さて、我らが秋田は、次節、アウェイで岐阜と対戦します。
秋田はアウェイ岐阜戦の後、中2日でホームで沼津戦、その後は中3日でホームでセレッソ大阪U-23戦と続く過密日程となっており、ここがリーグ戦前半戦の最大の山場です。

ここからの3連戦で勝ち点4以上を獲得した上で、今治、鳥取に連勝すれば、ブラウブリッツのリーグ戦前半戦の首位も見えてきます。
今まであまり出場していない選手も含めた全員力で、ここからの3連戦を乗り切ってほしいものです。

EgB-aODU8AEzO6y.jpg

ここからの3連戦、秋田一体となって
まずは次節のアウェイ岐阜戦に勝利しよう!!
頑張れ、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

ガンバ大阪U-23と引き分け、2連続ドロー

 2020-08-23
今日(8/22)、ブラウブリッツはソユースタジアムでガンバ大阪U-23と対戦しました。
試合結果は、皆さんご存知の通り、ブラウブリッツは前半7分に林のゴールで先制したものの、後半21分に追いつかれ、1-1のドローとなりました。


ブラウブリッツは2試合連続のドロー。
開幕からの無敗記録は11試合に伸びましたが、途中出場した中村が負傷退場し、今後に大きな不安を残した試合にもなりました。

試合の経過およびスタッツは、Jリーグ公式ホームページ、ブラウブリッツの公式サイトなどをご覧ください。

Jリーグ公式ホームページ テキスト速報
https://www.jleague.jp/match/j3/2020/082223/live/#livetxt

J3 第11節 ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23
http://blaublitz.jp/score?game_id=2697&t=news

ブラウブリッツは先発を2人変えてきました。
右SBは鈴木に代えて加賀、また、センターFWは中村に代えて林が先発となり、青島が今季初のベンチ入り。

試合は立ち上がりから秋田のペースで進み、前半7分、沖野が右サイドを突破し、ゴールライン際から低いクロスを入れると、林が合わせて早くも先制!!


林は今季初ゴール!!そして、花火が打ち上がりました!!
この試合、秋田の選手がゴールしたら花火が打ち上がるシステムになっているようです。

その後も、林がペナの中でシュートを放ったり、齋藤が抜け出してシュートするなどのチャンスがあったが、相手GKの好守に阻まれ、追加点は奪えない。

そして、前半20分を過ぎると、ガンバ大阪U-23にボールをつながれ、試合を支配される時間帯が多くなるが、なんとか凌いで前半は0-0で折り返す。

後半は立ち上がりにスルーパスを通され、決定的なピンチを迎えるが、唐山がシュートを外して難を逃れる。
その後もガンバ大阪U-23にボールを持たれる時間が続き、後半21分、秋田の右サイドでボールを奪われた後、強烈なシュートを打たれ、これは雄大が弾くも、こぼれ球をつながれ、#34川崎がペナ手前の左からミドルシュートを放ち、これがゴール右隅に決まって、同点に追いつかれてしまう。

前々節の熊本戦で決められたミドルと同じような失点でした。

その後は一進一退の攻防が続くが、後半30分過ぎにアクシデントが。
ペナ内でボールを受けた中村がターンしてシュートを打った後に、倒れ込み、ピッチの外へ。

後半35分、加賀に代えて鈴木、そして負傷した中村に代えて青島が投入され、青島が左サイドハーフの位置に入り、茂と久富が2トップを務める緊急事態。

しかし、ここからブラウブリッツの反撃が始まる。
敵陣でボールカットする場面が増え、左サイドの青島が相手の裏に抜け出してクロスを上げるなどのチャンスを作り、後半45分には江口のFKに久富が頭で合わせたものの、ボールはクロスバーに当たってゴールならず。

ロスタイムにも相手ゴール前まで攻め込んだブラウブリッツでしたが、ゴールは奪えず、1-1のドローに終わりました。

EgBPbQ-UMAARF4G.jpg

これでブラウブリッツは2試合連続のドローとなりました。

この結果は悔しいですが、あれだけボールを回された試合内容を考えると、よく引き分けたと言うべきかもしれません。
秋田のホームに来た時のガンバ大阪U-23は、大阪のホームの時よりも弱いというのが定番でしたが、今回のガンバ大阪U-23はうまくて強かった。

これでガンバ大阪U-23との対戦成績は3勝3分3敗のまったくの五分になったので、最終決着は、11月のアウェイゲームですね。
ガンバ大阪U-23と対戦するのも11月のアウェイゲームが最後なので、最後は勝ち越してガンバ大阪U-23との対戦を終えたいですね。

2試合連続ドローより心配なのが、負傷退場したあずきちゃんの怪我の具合。
怪我の具合が心配ですし、今はFW陣がフル稼働できない状態なので、ここであずきちゃんも戦線離脱すると、来週末からの3連戦が非常に苦しいものになるので、あずきちゃんの怪我の具合が軽いものであることを願うばかりです。

秋田一体となって来週末からの3連戦を乗り切ろう!!

さて、今回の試合では、スタジアムに参戦した秋田サポーターから、様々なツイートがありました。
印象深いものをいくつか紹介します。


この巨大なiPOSHのスプレーボトルですが、CGのように見えますが、実物です。
ダゾーンで見ていても気になってました(笑)


本当にソユースタジアムから見える夕日は最高です。


また、試合後は、花火が打ち上がりました。
負け試合にならずに花火が打ち上がって良かった。


この花火を進軍の狼煙にして、ここから進んで行きましょう!!
来週末からの3連戦を凌げば、大きく道が開かれるはずです。

秋田一体となって来週末からの3連戦を乗り切ろう!!
頑張れ、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

ガンバ大阪U-23戦に向けてゲン担ぎ

 2020-08-22
ブラウブリッツは、今日(8/22)、ソユースタジアムでガンバ大阪U-23と対戦します。

8月22日(土)18:00キックオフ
ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23
http://blaublitz.jp/score?game_id=2697#day-event

今日の試合には、秋田市内の小学生を無料で招待するみたいなので、是非とも勝ってほしいですね!

さて、今日のガンバ大阪U-23戦に備え、火曜日に続いて金曜日のお昼休みにも有楽町駅の近くの大阪府のアンテナショップに行って、大阪グルメを食べてきました。
大阪名物を食べ、ガンバ大阪U-23に勝とうというゲン担ぎです。

KIMG2136_01_BURST1002136_COVER.jpg

金曜日に食べたのは、どて焼き、いか焼き、ねぎポンたこ焼きです。

KIMG2125.jpg

ちなみに、火曜日に食べたのは、たこ焼きと豚まんです。

以上のように、大阪名物を食べ尽くしたので、ガンバ大阪U-23に勝とうというゲン担ぎはバッチリです。
明日は、ダゾーンで試合を見ながらリモートチアラーのボタンを連打し、ブラウブリッツを応援します!!

頑張れ、ブラウブリッツ!!
今日はガンバ大阪U-23に勝利して
秋田市の小学生を喜ばせよう!!


<追記>
今日のガンバ大阪U-23戦ではリモート応援が実施されます。
感染症対策のため声を出しての応援は出来ませんが、リモートチアラーを使って選手に応援を届けましょう!!


<リモート応援システム 参加方法>

①リモート応援システムページにアクセス
リモート応援システムページURL
https://jleague.rc.soundud.com/index.html#/cheering/1yumptq6ah7ml2p7

②応援チーム「ブラウブリッツ秋田」を選択

③参加モードの選択リアルタイムモードを選択し、生中継でリアルタイムで声援を送ろう!

④試合展開に合わせて「応援ボタン」「シーンボタン」をタップ

EfdtNx_U8AIIReP.jpg
※上の画像をクリックで今日の試合の応援画面に飛びます

あなたの応援がスタジアムに届く!
リモート応援で選手を後押しして、
今日はソユスタでガンバ大阪U-23に勝とう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

J2昇格で営業収益はどれだけ増えるか?

 2020-08-22
ブラウブリッツの2019シーズンの営業収益は、4.61億円で、元J2の鳥取の収益を追い抜き、群馬、富山の営業収益に近づきつつあります。
(秋田4.61億円、群馬4.85億円、富山5.22億円、鳥取4.55億円)

秋田の営業収益は、2018年比で0.26億円増えましたが、それでもJ2で営業収益が一番少ない琉球と比べても、1.7億円少なく、Jリーグ配分金を除く収益でも0.5億円ほど少ないです。
(秋田4.61億円、琉球6.32億円、(Jリーグ配分金を除くと、秋田4.34億円、琉球4.82億円))

このままだとJ2で戦えないと悲観的になるかもしれませんが、J3からJ2に昇格したクラブの営業収益がどれだけ増えたのかを見れば、そんなに悲観しなくても大丈夫だと思えてきます。

まずは、2018年にJ2昇格を決めた琉球のJ3最終年、J2初年度の営業収益を見てみましょう。

琉球:2018=J3、2019=J2
----- (2018) → (2019)
営業収益計 3.39億円 → 6.32億円(+2.93億円)
広告料収入 1.56億円 → 1.81億円(+0.25億円)
入場料収入 0.10億円 → 0.47億円(+0.37億円)
Jリーグ配分金 0.26億円 → 1.50億円(+1.24億円)
アカデミー収入 0.57億円→0.58億円(+0.01億円)
 物販収入 0.12億円→0.42億円(+0.30億円)
その他収入 0.78億円→1.54億円(+0.76億円)
※広告料収入+入場料収入+物販収入の増加額(+0.92億円)

琉球は、スポンサー収入+入場料収入+物販収入だけで、0.92億円の増収を達成しています・・・・①
そして、現在のJ2クラブへのJリーグ配分金は、1.57億円なので、ブラウブリッツにとっては、Jリーグ配分金だけで1.17億円の増収となります・・・②

よって、ブラウブリッツがJ2に昇格すると、上記①+②で、2.1億円近い増収となることが見込まれます。
2019シーズンのブラウブリッツの営業収益が4.61億円なので、6.7億円の営業収益になります。
ただ、ブラウブリッツの場合、2017年のJ3優勝の影響でスポンサー収入が既に0.86億円も増えているので、ここまでの増収にはならないかもしれませんが、、、

次に、金沢、町田の2クラブのJ3最終年、J2初年度の営業収益を見てみましょう。
ただ、こちらは物販収入がその他収入の中に含まれていて、物販収入の金額が分かりません。

金沢:2014=J3、2015=J2
----- (2014) → (2015)
営業収益計 3.02億円 → 5.84億円(+2.82億円)
広告料収入 1.92億円 → 2.21億円(+0.29億円)
入場料収入 0.20億円 → 0.74億円(+0.54億円)
Jリーグ配分金 0.12億円 → 0.93億円(+0.81億円)
アカデミー収入 0.28億円 → 0.30億円(+0.02億円)
その他収入 0.50億円 → 1.66億円(+1.16億円)
※広告料収入+入場料収入の増加額(+0.83億円)

町田:2015=J3、2016=J2
----- (2015) → (2016)
営業収益計 4.43億円 → 6.26億円(+1.83億円)
広告料収入 2.50億円 → 2.99億円(+0.44億円)
入場料収入 0.55億円 → 0.92億円(+0.37億円)
Jリーグ配分金 0.12億円 → 0.86億円(+0.74億円)
アカデミー収入 0.06億円 → 0.04億円(▲0.02億円)
その他収入 1.20億円 → 1.45億円(+0.25億円)
※広告料収入+入場料収入の増加額(+0.81億円)

金沢と町田は、スポンサー収入と入場料収入だけで、0.8億円の増収を達成しています・・・・①
そして、現在のJ2クラブへのJリーグ配分金は、1.57億円なので、ブラウブリッツにとっては、Jリーグ配分金だけで1.17億円の増収となります・・・②

よって、ブラウブリッツがJ2に昇格すると、上記①+②で、2億円近い増収となることが見込まれます。
2019シーズンのブラウブリッツの営業収益が4.61億円なので、物販収入の増加がないとしても、6.6億円を超える営業収益になります。

ここで改めて、秋田の2017、2018の収益と金沢、町田、琉球のJ3最終年(町田については最終年の前年も)の収益を見てみましょう。

(単位:百万円)
-----秋田*秋田*金沢*町田*町田*琉球*
-----2017 2018 2014 2014 2015 2018
営業収益計 360* 435* 302* 363* 443* 339*
スポンサー収入 198* 255* 192* 226* 250* 156*
入場料収入 016* 020* 020* 042* 055* 010*
アカデミー収入 043* 047* 028* 006* 006* 057*
その他収入 068* 086* 050* 077* 120* 090*
(注)2017、2018の秋田と琉球のその他収入には物販収入を含む

2017の秋田の収益は、J2昇格を決めた2014の金沢を0.6億円近く上回っています。
また、2017の秋田の収益は、2014の町田とほぼ同額ですし、2018の秋田の収益は、2015の町田とほぼ同額です。

2014に2017の秋田より収益が0.6億円も少なかった金沢、また、2014に2017の秋田と収益がほぼ同額だった町田が、3年後にどうなったのか?

2014の営業収益が3.02億円だった金沢の2017の営業収益は、6.56億円と2014の2倍以上に増えています!!
2014の営業収益が3.63億円だった町田の2017の営業収益は、7.09億円とこちらも2014の2倍近くに増えています!!

金沢も町田も、2017シーズンの営業収益は、2014シーズンと比べて2倍になっています。

J2に昇格したら、3年度には収益が J3時代の2倍!!

2017の秋田の収益は、2014の町田とほぼ同額、そして、2018の秋田の収益も、2015の町田とほぼ同額なので、
秋田がJ2に昇格したら、J2初年度の営業収益は、町田のJ2初年度の営業収益と同額ぐらいに増えるかもしれません(笑)

うろ覚えですが、2017年にブラウブリッツがJ3優勝を決めた際、ブラウブリッツのJ2昇格初年度の経済効果は、19億円、
翌年以降も毎年10億円の経済効果があるとの試算があると聞いた気がします。

J2に昇格すると、秋田県全体で年間10億円の経済効果という果実を得られると見込まれますが、そのための投資をせずに、その果実を得ることはできません。
地域の活性化、そして、ブラウブリッツのJ2ライセンスを盤石なものにするためにも、一刻も早くサッカー専用スタジアムの建設を具体化してほしいものです。

bsc2004100500003-p1.jpg

サッカーで秋田県を元気に!!
そして、サッカーで秋田県に年間10億円の経済効果を!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2019年度のブラウブリッツの損益を他クラブと比較する(その2)

 2020-08-22
7月30日に開示された2019年度Jクラブの経営情報をもう少し見てみます。

https://www.jleague.jp/corporate/assets/pdf/club-h31kaiji_1_20200731.pdf

2019年度のブラウブリッツの損益をJ2の水戸、栃木、町田、金沢、琉球と比較してみましょう。
まずは、営業収益から。

(単位:百万円)
-----秋田* 水戸* 栃木* 町田* 金沢* 琉球
営業収益計 461* 752* 975*1032* 760* 632*
スポンサー収入 266* 259* 506* 666* 320* 181*
入場料収入 020* 114* 113* 115* 072* 047*
アカデミー収入 047* 059* 085* 000* 054* 058*
 物販収入 011* 070* 076* 043* 066* 042*
その他収入 090* 106* 050* 072* 102* 154*

広告料収入 秋田2.66億円、水戸2.59億円、琉球1.81億円
アカデミー収入 秋田0.47億円、水戸0.59億円、金沢0.54億円、琉球0.58億円
その他収入 秋田0.90億円、栃木0.50億円、町田0.72億円、金沢1.02億円

ただ、入場料収入では、大きく差をつけられています。
一番少ない琉球でも秋田の2.35倍(金額だと秋田より+0.27億円の0.47億円)
金沢でも秋田の3.6倍あります。(金額だと秋田より+0.52億円の0.72億円)
また、物販収入でも、一番少ない琉球でも秋田の3.8倍あります。(金額だと秋田より+0.31億円の0.42億円)

J2のクラブとの差は、入場料収入と物販収入の差かもしれません。
J3時代の金沢の観客動員は少なかったですが、今は入場料収入が0.72億円もあります。
やはりJ2のクラブの収益力との間には地力の差がありますね。

なお、Jリーグ配分金がJ2は平均1.57億円なのに対し、J3は平均0.40億円なので、Jリーグ配分金を除いた営業収益の合計は次の通りです。
この金額が、Jリーグ配分金に頼らない、真の収益力と言えるかもしれません。

営業収益計(除:Jリーグ配分金)

秋田4.34億円
水戸6.08億円
栃木8.30億円
町田8.96億円
金沢6.14億円
琉球4.82億円

昨年、秋田は、あと0.7億円営業収益を増やせば、J2で営業収益が一番少ない水戸の営業収益とほぼ肩を並べます。
と書きましたが、昨年の水戸は成績が好調で、観客動員数が増え、また、シーズン中に新たなスポンサーがついたこともあり、営業収益を一気に伸ばし、手の届かないところに行ってしまいました。

その代わり、秋田の射程に入っているのが琉球です。
秋田は、あと0.5億円営業収益を増やせば、J2で営業収益が一番少ない琉球の営業収益を追い抜きます。
現状の経済環境、社会環境を考えると、ここから0.5億円増やすことは非常に厳しいですが、いつの日か、営業収益が琉球と肩を並べる日が来ることを期待したいですね。

次に、支出について。
支出については、チーム人件費に焦点を当てて比較してみます。

秋田1.61億円(2018年1.48億円)
水戸3.21億円(2018年2.75億円)
栃木3.65億円(2018年3.53億円)
町田4.02億円(2018年2.78億円)
金沢3.11億円(2018年3.31億円)
琉球2.52億円(2018年0.99億円)

チーム人件費は、選手・スタッフだけの人件費と仮定します。
その場合、秋田を100とすると、
水戸199%、栃木227%、町田250%、金沢193%、琉球157%となります。

町田のチーム人件費の増加がすごいですね。つい最近まで2億円だったのが、倍の4億円になっています。
また、J2に昇格した琉球のチーム人件費も約1.5億円増えて、約2.5億円になっています。

次に、これらのJ2クラブのチーム人件費とJ3クラブの2018年度のチーム人件費を金額順に並べてみました。

町田4.02億円
栃木3.65億円
水戸3.21億円
金沢3.11億円
(熊本3.10億円)
(長野2.94億円)
琉球2.52億円
(北九2.50億円)
(群馬1.84億円)
(秋田1.61億円)

昨年、J2でチーム人件費が2億円台のチームは水戸、町田だけでしたが、水戸は3億円台に増え、町田も4億円になりました。
これを見ると、J2で戦うには、3億円のチーム人件費が必要と思われるかもしれませんが、2.5億円のチーム人件費でJ2に残留した琉球のことを考えると、2.5億円でも何とかなるのかもしれません。
秋田がJ2に昇格すれば、Jリーグ配分金が1.2億円増えるので、このうち1億円をチーム人件費に注ぎ込めば、2019年の琉球を超える2.6億円にはなりますが、J2に昇格すると運営費もかさむので、ここまでチーム人件費に注ぎ込むことが出来るかは疑問です。

秋田の営業収益が2018年に続いて2019年も4億円を超えたことで、今年もJ2のクラブと比較してみることにしました。
2008年頃のJ2ボトムズの営業収益は、3~4億円と聞いたことがあったので、秋田の収益力が2年連続でそのレベルを超えたことは感慨深いです。

秋田の収益力は、J3の平均とほぼ等しいので、J2で戦うにはまだまだ力不足かもしれませんが、営業収益があと0.5億円増えれば、琉球の営業収益を超えますし、チーム人件費も1億円増やせば、2019年の琉球のチーム人件費を超えます。

ブラウブリッツの営業収益は、既に4.61億円になっており、ここから営業収益を0.5億円増やすのはハードルが高いですが、J2に昇格したら観客動員数は間違いなく増えますし、スポンサー収入も増えるかもしれません。
現在の経済環境、社会環境からは、このような見通しは夢物語なのかもしれませんが、2019年の収益面だけを見れば、J2昇格は、収益面でも手の届かない夢物語ではないと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!
共に闘い、J2に昇格する夢を叶えよう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2020新チャント
2020歌詞カード(1)
2020歌詞カード(2)


2021年の関東近郊の試合
2/28(日)vs 群馬(正田スタ)
3/07(日)vs 栃木(カンセキ)
3/14(日)vs 千葉(フクアリ)
5/15(土)vs 甲府(中銀スタ)
5/29(土)vs 東京V(味スタ)
6/13(日)vs 町田(町田GION)
8/14(土)vs 大宮(NACK)
9/11(土)vs 水戸(K'sスタ)
11/3(水)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター