2017シーズンの参戦結果

 2017-12-31
2017シーズンの参戦結果です。

リーグ戦については、ホームへの参戦は昨年よりも3試合減り、7試合に参戦しました。
これに対し、アウェイには16試合全部に参戦しました。
この結果、リーグ戦は23試合に参戦し、昨年よりは1試合少ない参戦回数となりました。

ただ、天皇杯や親善試合などを含めると、27試合に参戦しました。

リーグ戦:14勝5分4敗(ホーム5勝1分1敗、アウェイ9勝4分3敗)

01節03/13 △1-1北九州(ミクスタ)
02節03/20 ○3-1C大阪(金鳥スタ)
04節04/03 ○1-0盛岡(Aスタ)
06節04/30 ○6-1琉球(沖縄県陸)
07節05/14 ○2-0福島(とうスタ)
08節05/28 ○1-0鹿児島(八橋陸)
09節06/04 ○1-0栃木(栃木グリスタ)
11節06/11 △1-1富山(Aスタ)
12節06/18 ○1-0沼津(愛鷹)
14節07/01 △1-1F東京(西が丘)
17節07/15 ●1-2G大阪(万博)

20節08/27 ○2-0G大阪(Aスタ)
22節09/10 ○3-1盛岡(いわスタ)
23節09/17 ●1-2横浜(ニッパ球)
24節09/24 ●1-2琉球(Aスタ)
25節09/30 △1-1鹿児島(鴨池)
27節10/14 △1-1相模原(ギオンス)
28節10/22 ○1-0北九州(Aスタ)
29節10/29 ○2-1長野(長野Uスタ)
30節11/05 ○4-0富山(富山陸)
32節11/19 ○2-1福島(Aスタ)
33節11/26 ●0-3藤枝(藤枝サ)
34節12/03 ○3-0鳥取(とりスタ)

天皇杯:0勝1敗
4/22 ●1-2国士舘大(Aスタ)※天皇杯1回戦

<番外編>
2/26 ●0-1柏(日立柏総合グラウンド)※練習試合
3/5 △1-1いわき(仁賀保)※練習試合(45分×2だと0-1)
8/14 △0-0浦安(八橋陸)※親善試合

リーグ戦では、ホームには7試合参戦し、5勝1分1敗と4つ勝ち越しました。
アウェイには16試合全部に参戦し、9勝4分3敗と大きく勝ち越しました。
トータルでも、14勝5分4敗と大きく勝ち越しました。

アウェイで大きく勝ち越したブラウブリッツですが、アウェイで勝ち越したのは、前身のTDK SC時代を含めても恐らく初めてのことだと思います。

以前は、アウェイの試合では、無得点で敗れることも多かったブラウブリッツですが、今年のアウェイ16試合で無得点は第33節の藤枝戦だけでした。

また、俺が参戦したホーム7試合すべてで得点しているので、俺が参戦したリーグ戦23試合で見ると、無得点は第33節のアウェイ藤枝戦だけでした。
参戦した試合で、たくさんのゴールと勝利を見ることができた2017シーズンでした。

2014シーズンから2016シーズンまで、6月は全敗と夏場を苦手としていたブラウブリッツですが、今年は逆に6月の4試合を3勝1分無敗で乗り切りました。
しかも、その3勝は栃木、沼津、相模原といった強豪から挙げたものです。
苦手としていた6月も克服した2017シーズンのブラウブリッツです。

それにしても、関東に住んでいながら、5年連続でシーズンの半分以上の試合に参戦し、ついに今年はアウェイの全試合に参戦してしまいました。

さて、来年の応援ですが、ホームには月に1回は参戦したいと思っています。
アウェイについては、関東を中心に長野、藤枝、沼津、福島に参戦するのに加えて、関西1回、鳥取、北九州、鹿児島、沖縄の4試合すべてに参戦できればと思っています。(沖縄は航空券が安い時期という条件付)

それと、日程が合えば、富山、盛岡のいずれかに参戦したいと思っています。
これらが出来れば、シーズンの半分以上は参戦できますが、出来るかな?

来年も(来年は?)無理のない範囲で参戦したいと思いますので、皆さん宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

2017シーズンを振り返る(その4)

 2017-12-30
<第28節~第30節>
第23節に敗れ、首位から陥落したブラウブリッツは、第23節から第28節までの5試合で勝てず、首位の栃木との勝ち点差は6にまで広がった。
優勝に向けてもう負けが許されなくなったブラウブリッツは、J1、J2ライセンスを持つ北九州、長野、富山との連戦に挑む。

第28節(10/22)、ホームのAスタで行われた北九州戦に参戦。

P1050976.jpg

台風が関東地方に接近していて、帰りの飛行機が飛ぶのかという不安を抱えての参戦だった。

P1050990.jpg

試合は、前半はお互いにチャンスを決めきれず、スコアレス。
後半はブラウブリッツのペースで試合が進むと、後半15分、前山のスルーパスに抜け出した久富がゴールを決めて、ブラウブリッツが先制!!
このゴールに対し、北九州の選手が猛抗議して試合が5分ほど中断するという異常事態となった。

P1050997.jpg

その後の北九州の選手のラフプレーにも冷静に戦ったブラウブリッツは、6分のロスタイムを戦い、1-0で北九州に勝利!!

P1050994.jpg

この勝利は、6試合ぶりの勝利、そして、J3リーグ通算50勝となる勝利だった。
首位の栃木、2位の沼津も勝利したため、ブラウブリッツの順位は3位で変わらなかったが、4位の富山、5位の鹿児島も敗れたため、富山、鹿児島との勝ち点差は広がった。

なお、この試合からDFの千田が先発するようになった。

続いて、第29節(10/29)、アウェイの長野Uスタで行われた長野戦にも参戦。

P1060035.jpg

この試合、秋田から大勢のサポーターが参戦し、ゴール裏には50~100人が集まった。
関東からも10人ほどが参戦した。

P1060044.jpg

試合は開始1分、右サイドを突破した田中がクロスを入れると、これが相手DFに当たってブラウブリッツが先制!
更に前半11分、今度は右から古田がクロスを上げると、これを田中が頭で叩き付け、追加点!!
これまで、15戦未勝利の長野に対し、ブラウブリッツが2点リードして前半を折り返した。

P1060048.jpg

そして、後半の長野の攻撃を1点に抑え、ブラウブリッツが2-1で長野に勝利!!

P1060049.jpg

長野に対しては、2011年秋の初対戦から15戦未勝利だったが、7年目、16回目の対戦で、初めて長野に勝利したブラウブリッツだった。
「長野に勝ったぞー!!」と試合終了直後に叫んだ松本の姿が印象に残った。

首位の栃木が引き分け、2位の沼津、3位の秋田が勝利し、首位の栃木との勝ち点差は沼津が3、秋田が4と縮まった。
ここまで6連勝、13戦無敗の栃木だが、無敵の栃木に今後、土が着く可能性も感じられた。
また、富山、鹿児島は連敗し、優勝の可能性は、栃木、沼津、秋田の3チームに絞られた。

続いて、第30節(11/5)、アウェイの富山で行われた富山戦にも参戦。

P1060145.jpg

北九州戦、長野戦とも雨だったが、富山戦は快晴の中、行われた。

P1060150.jpg

富山に参戦した秋田サポは、30~50人ほどだった。

P1060163.jpg

試合は、試合の立ち上がりから富山の攻撃が続く中、前半26分に田中のゴールで先制すると、前半29分には古田の低い弾道のミドルが決まって、前半で2点をリード。
そして、後半32分には堺のJ3リーグ初ゴールでリードを広げると、後半43分には青島がゴールを決めて4-0で快勝!!
試合内容で、今季ナンバーワンと言える試合だった。

P1060164.jpg

J1、J2ライセンスを持つ北九州、長野、富山との3連戦に3連勝したブラウブリッツ。
この連勝で、北九州、長野、富山のJ2昇格の夢を打ち砕いた。
そして、首位の栃木が敗れ、また、2位の沼津が引き分けたことで、ブラウブリッツが2位に浮上した。

順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01 栃 木 56 (16 8 4) +20
02 秋 田 55 (16 7 5) +24
03 沼 津 54 (15 9 4) +33
04 鹿児島 48 (15 3 10) +08
05 琉 球 46 (12 10 7) +08

首位の栃木との勝ち点差を1としたブラウブリッツは首位の栃木を射程に捉えた。
しかし、1位の栃木と3位の沼津が勝ち点差も2しかなく、どこが優勝するかは分からない。

<第31節~第34節(最終戦)>
第28節終了時に首位の栃木との勝ち点差は6あったが、その後の3連勝で、栃木との勝ち点差を1に縮めたブラウブリッツ。
残り4試合で逆転優勝を目指す。

第31節(11/12)は、ホームのAスタでのセレッソ大阪U-23戦。
この試合は、都内のカラオケ店に3人が集まってダゾーンを見ながら観戦した。

P1060168.jpg

試合は、0-3でセレッソ大阪U-23に完敗、、、
この試合の前日に栃木が引き分けていたので、ブラウブリッツは勝てば首位を奪還できていたが、敗れたことで首位奪還はならなかった。
栃木との勝ち点差は2と広がったが、3位の沼津も敗れ、ブラウブリッツの順位は2位で変わらなかった。

今季、U-23の3チームに対しては、2勝1分3敗。
他の上位チームがU-23を得意としているのに対し、U-23には分が悪い今季のブラウブリッツだった。

セレッソ大阪U-23に完敗したブラウブリッツだが、試合後はゴール裏から「一緒に戦おう!」という声が多く掛けられた。
サポーターも優勝を諦めていない。次節のホーム最終戦では、共に戦い、勝利したい。

第32節(11/19)、ホーム最終戦である福島戦に参戦した。

P1060210.jpg

当日は風が強く、10時過ぎにスタジアムに到着した時は晴れていたが、試合が始まって10分もしないうちに雪が降り始め、気温2.4度、時折吹雪になる中で行われた試合だった。

P1060213.jpg

試合は、前半31分にホガンの鋭いクロスが相手のオウンゴールを誘ってブラウブリッツが先制すると、その2分後の前半33分には久富が右サイドから中に切り込んでゴールを決めて2-0とし、前半を折り返す。

P1060224.jpg

後半は風上となった福島の猛攻を受けたブラウブリッツだったが、福島の攻撃を1点に食い止め、2-1で勝利した。

P1060222.jpg

試合の終盤はご覧の通りの猛吹雪だったが、ホーム最終戦に勝利したブラウブリッツ。
ブラウブリッツの試合が終わった2時間後、栃木と鳥取の試合が行われたが、この試合は1-1のドローとなった。
この結果、ブラウブリッツは栃木と勝ち点が並び、得失点差で上回ったブラウブリッツが約2ヶ月ぶりに首位に返り咲いた。

順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01 秋 田 58 (17 7 6) +22
02 栃 木 58 (16 10 4) +20
03 沼 津 57 (16 9 5) +33

また、4位の鹿児島が引き分けたことで、秋田、栃木、沼津の3チームが3位以上になることが確定した。
残り2試合で勝ち点1差に3チームがいるというJ3史上稀に見る混戦で、残り2試合が行われる。

続く第33節(11/26)、アウェイで行われた藤枝戦にも参戦した。

P1060257.jpg

この日、優勝の可能性がある大事な一戦ということで、秋田側の応援席には100人以上のサポーターが集まった。
関東からはB-Freaksのメンバ-とその友人が10人近く参戦したほか、B-Freaks以外の関東在住者や秋田県外在住者も少なくとも20人以上参戦した。

P1060266.jpg

試合は、前半はお互いに決定的なチャンスは作れず、スコアレス。

P1060272.jpg

後半の立ち上がりは攻勢に出ていたブラウブリッツだが、相手のハンドによるゴールなどで3失点。
ブラウブリッツは1点も返すことができず、藤枝に0-3で敗れた。
これは、前節のホーム最終戦から秋田県内で雪が降り続き、満足な練習ができなかったことも一因かもしれない。

P1060274.jpg

試合後、挨拶に来た選手達を大きな拍手で迎え、サポーター席からは、頑張れ!下を向くな!などと選手を激励する声が次々と掛けられた。
藤枝に敗れ、首位から3位に後退した秋田だが、栃木も沼津も引き分けたことで、3位のブラウブリッツにも優勝の可能性は残った。

順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01 栃 木 59 (17 10 4) +20
02 沼 津 58 (17 9 5) +33
03 秋 田 58 (17 7 7) +19

ただし、ブラウブリッツが優勝する条件は、最終戦でブラウブリッツが勝利し、かつ栃木と沼津が引き分けること。
勝利すれば無条件で優勝が決まる栃木、沼津と違い、ブラウブリッツが優勝するには、勝利しただけでは駄目で、栃木と沼津が引き分ける必要がある。

栃木、沼津、秋田の3チームに優勝する可能性がある中、ブラウブリッツは3位からの逆転優勝を目指し、最終戦が行われるアウェイ鳥取に向かうことになる。

そして、運命の最終戦、第34節(12/3)、逆転優勝することを信じ、アウェイで行われた鳥取戦に参戦した。

P1060318.jpg

とりスタのゴール裏に参戦した秋田サポは、100人ほどで、関東からゴール裏に参戦した人数は、B-Freaksは4人だけだったが、それ以外の関東在住者を加えると、少なく見ても10人以上は参戦。
アウェイ鳥取戦で過去最大となる秋田サポの応援となった。

P1060315.jpg

また、ゴール裏のベンチに、今年7月に急逝した関東在住のサポ仲間、41さんが作ったタオルが飾られた。
鳥取に勝ち、そして優勝し、41さんの墓前に優勝の報告に行きたいというのが、俺の願い。

P1060323.jpg

暖かく、晴れ渡った天候の下、運命の最終戦が始まった。
前半、鳥取の選手のスピードと足元のうまさにピンチを何度か迎えたが、ゴールは許さず。
ブラウブリッツの方も、古田のすばらしいミドルなどのチャンスがいくつかあったが、ゴールは奪えず、前半はスコアレス。

そして、栃木vs沼津は、沼津が1点リードして前半終了。
このままだと沼津が優勝することになる。

P1060326.jpg

後半の秋田は、立ち上がりから、鳥取ゴールに襲い掛かる。

P1060329.jpg

そして、後半16分、山田のミドルのこぼれ球を前に詰めていた久富がシュートしてブラウブリッツが先制!!
更に、後半22分には日高、後半29分には遊馬がゴールを決め、ブラウブリッツが3-0で勝利し、あとは栃木と沼津の試合結果を待つ。

P1060339.jpg

そして、試合終了の2~3分後、栃木と沼津の試合がドローで終わり、ブラウブリッツのJ3リーグ初優勝が決定!!
前節終了時3位からの逆転優勝だった。

優勝が決まった瞬間、周りのサポーターは、号泣していた。
JFL参入から11年目、ブラウブリッツとなってから8年目での悲願の初優勝だった。

P1060332.jpg

感激の涙の後は、歓喜の時間が待っていました。
ちなみに、松本が掲げているシャーレボードは、俺が作ったものです。

P1060340.jpg

そして、優勝チームの表彰式が行われ、

P1060341.jpg

その後は、サポーターをバックに、記念撮影をして、ブラウブリッツの2017シーズン最終戦は幕を閉じた。

<最終成績>
 18勝7分7敗、勝点61(1位) 1位秋田61、2位栃木60、3位沼津59、4位鹿児島55
 得失+22(2位) 1位沼津+33、2位秋田+22、3位栃木+20、4位鹿児島+12
 得点53(2位) 1位沼津60、2位秋田53、3位藤枝50、4位鹿児島49
 失点31(4位) 1位栃木24、2位長野25、3位沼津27、4位秋田31 

今季から就任した杉山監督の下、「堅守多攻」をモットーに戦った今季のブラウブリッツ。
昨年の特長である堅い守備に加え、今季は攻撃面での躍進が見られた。

今季の53得点はリーグ2位で、そのうちの32点(60%)を田中、久富、前山の3人で挙げた。
また、守備については、後期は失点が増えたが、J1、J2ライセンスを持つクラブに対しては、堅い守備を見せたことで、これらのクラブとの戦いに競り勝った。

2017シーズンの成績については、こちらの記事をご参照ください。
 ↓
2017シーズンの成績推移
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-2083.html

<ファン交流会~シャーレとご対面>
鳥取での歓喜の翌週の土曜日、秋田市のJAビルで例年のファン交流会が行われ、俺も参加した。

P1060348.jpg

秋田駅前では、ブラウブリッツのJ3リーグ優勝が告知され、

P1060353.jpg

(株)ブラウブリッツ秋田の事務所もJ3リーグ優勝モードになっていた。

P1060357.jpg

交流会の会場では、山田がシャーレ、有薗がトロフィーをもって登壇。

P1060372.jpg

そして、会場にはシャーレとトロフィーが展示された。
昨年のJリーグアウォーズでこのシャーレを見て、何となくこのシャーレが翌年、秋田に来るような気がしていたが、それが現実になった。

P1060379.jpg

最後に、チーム最古参、入団8年目の前山が挨拶。
そして、来季はJ2を目指す戦いになるので、これまで以上の支援をお願いしますとの言葉で挨拶を締めた。

P1060354.jpg

秋田県内でJ2規格のスタジアムを整備するための機運を高めるため、J3リーグ優勝という結果を残したブラウブリッツの選手達。
結果を残した選手達が報われるよう、2018シーズンには何としてもJ2ライセンスを取得し、J2を目指す戦いに参入できることを強く願う。

J3リーグ優勝という結果を残した2017シーズンのブラウブリッツ。
2018シーズンは、J2ライセンスを取得するシーズンとなってほしい。

P1020489.jpg

2018シーズンも共に闘おう!!
We are AKITA!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2017シーズンを振り返る(その3)

 2017-12-29
<第18節~第23節>
開幕から無敗を続け、第6節に首位に立ったブラウブリッツは、その後も無敗を続けたが、前期最終戦となる第17節、アウェイでのガンバ大阪U-23戦で今季初の敗北を喫した。

その翌週に行われた第18節(7/23)、ブラウブリッツはホームのAスタに沼津を迎え、後期の初戦を戦うこととなった。

沼津戦の前日から秋田県は集中豪雨に見舞われ、雄物川が広範囲で氾濫したことで、県南を中心に大規模な水害に見舞われた。
この沼津戦には俺も参戦予定だったが、秋田新幹線が不通となったことで、参戦を断念せざるを得なかった。

試合は、スコアレスで進み、ブラウブリッツが前掛かりになったところを狙われ、後半に2失点して0-2で敗北。
今季初の連敗となり、2位の富山との勝ち点差は2、そして、3位の沼津との勝ち点差は3となり、両チームの射程に捉えられてしまった。
また、4位の栃木との勝ち点差も7に縮まった。

この後、J3リーグは、1ヶ月近いサマーブレークに入ることになるが、ブラウブリッツは中断明けの第19節(8/19、20)は試合がないため、未勝利期間が続くこととなった。

サマーブレーク期間中の8月12日、ブラウブリッツは八橋陸上競技場にJFLのブリオベッカ浦安を招いて親善試合を行った。
昨年は同じ時期に浦安で試合を行ったので、ブリオベッカとは同じ時期に2年連続で親善試合を行ったことになる。

P1050546.jpg

この親善試合には俺も駆け付けたが、結果はスコアレスドロー。
8月5日のラインメール青森との練習試合には勝利したブラウブリッツだったが、ラインメールより順位が下のブリオベッカには勝てなかった。

そして、サマーブレークの期間中、J3のライバルチームは、選手の補強に動いていた。
栃木はJ1の大宮から元スロベニア代表のネイツ・ペチュニクを獲得し、また、長野もFWの萬代を獲得して、後期の巻き返しを狙っていた。
守備は堅いが、得点力不足だったこの両チームの後期の成績はどうなるのか?

これらのチームの補強に対し、ブラウブリッツは、8月17日、MF乾の加入を発表した。
これで今季のブラウブリッツの選手が全員揃った。

浦安との親善試合の翌週に第19節が行われたが、ブラウブリッツは試合なし。
首位陥落を覚悟していたが、2位の富山が鳥取に敗れ、3位の沼津が引き分けたことで、ブラウブリッツは首位をキープした。
試合がないことで、座して死を待つような心境だったが、この暑い時期に試合がなかったことは、ブラウブリッツにとって良かったかもしれない。

第20節(8/27)、ホームのAスタで行われたガンバ大阪U-23戦に参戦。
この試合の前々日、またもや秋田県を集中豪雨が襲い、雄物川が氾濫した。
試合前日の大曲の花火大会の開催が危ぶまれたが、関係者の必死の努力で大曲の花火大会は予定通り実施された。

P1050591.jpg

この試合は、今季初の敗北を喫した相手へのリベンジマッチでもあるし、秋田を勝ち点2差で追う富山、沼津から首位を防衛するための試合でもある。
この試合から小澤に代わって松本がスタメンで復帰し、この後の試合でも先発することになる。
また、この試合では、中断前の沼津戦で先発したホガン、藤山、青島に代わって深井、日高、山田樹が先発した。

P1050601.jpg

試合は、前山と久富のゴールで2-0で勝利し、今季初の敗北を喫したガンバ大阪U-23へのリベンジ成功。

P1050604.jpg

また、この勝利は、7月9日以来3試合ぶりの勝利であり、6月25日以来5試合ぶりの完封勝利だった。
2位の富山が敗れ、3位の沼津も引き分けたことで、ブラウブリッツは首位を守ったばかりか、富山との勝ち点差を5、沼津との勝ち点差も4に広げることができた。
ただ、ペチュニクの加入後、好調の栃木が3位に浮上したことには、焦りを感じた。

第21節(9/3)、ブラウブリッツはホームのAスタで、ペチュニクを擁する栃木と対戦。
栃木との勝ち点差は4という首位攻防戦である。

試合は、後半36分に栃木に1点を先制され、ロスタイムへ。
守りを固めた栃木の守備陣を追ってブラウブリッツが最後に攻勢に出て、ロスタイム4分35秒、前山のクロスに田中が合わせて同点ゴール!!
そして、その直後に試合終了!!

同点の直後に試合終了となる劇的同点ゴールで栃木から勝ち点2を奪い取り、ドローに持ち込んだ。
栃木に勝ち点3を与えず、この試合で勝ち点1を獲得したことが、後々、大きな意味を持つことになる。
また、ペチュニクは、この後の試合から得点を量産することになるが、そのペチュニクにゴールを許さなかったブラウブリッツだった。

第22節(9/10)、ブラウブリッツはアウェイでグルージャ盛岡と対戦し、俺も参戦した。

P1050647.jpg

P1050659.jpg

この試合には、秋田県などから200人近いサポーターが駆け付けた。

P1050670.jpg

試合は、盛岡に押される展開ながら、ブラウブリッツが3点を奪い、3-1で勝利。
この結果、ブラウブリッツは、その翌週に横浜のニッパ球で行われるYS横浜戦を首位という立場で戦うこととなった。

大勢の秋田県人が住む関東は、ブラウブリッツの第2のホーム。
その関東で、ブラウブリッツが首位という立場で試合をすることは、感慨深かった。

しかし、首位とは言え、栃木、沼津が猛烈な勢いで勝ち点を伸ばしており、次節のYS横浜戦に敗れると、4月30日から守っている首位の座から陥落する可能性もある。
関東に住む秋田県人とブラウブリッツファンにブラウブリッツをアピールするため、そして首位の座を守るため、次節のYS横浜戦には勝利したい。

P1050674.jpg

そして、第23節(9/10)、アウェイの横浜、ニッパ球で行われたYS横浜戦に参戦した。

P1050694.jpg

台風が近づいていて、大雨の中での試合だった。
そのため、秋田側の観客数は、例年よりも少なかった。
ただ、それでも大勢の川崎サポさんの加勢も受けて、秋田側の応援スペースには、100人近いサポーター、観客が集まった。

P1050697.jpg

試合は、風下のブラウブリッツが押される展開で、前半を0-1とリードされて折り返す。

P1050702.jpg

風上となった後半はブラウブリッツが攻勢に出ていたが、後半17分、古田のクロスに田中が頭で合わせ、ついに同点!!
その後も惜しいチャンスを何度も作るブラウブリッツ。

P1050704.jpg

しかし、後半33分にカウンターから失点し、1-2で敗北。
その結果、2位の沼津に勝ち点を逆転され、ブラウブリッツは第6節終了時から守ってきた首位の座から陥落し、2位に後退した。
また、3位の栃木との勝ち点差も1となった。

第23節終了時の上位3チームの勝ち点は、沼津45、秋田44、栃木43となった。
ただ、秋田の方が沼津、栃木より1試合少ないことは、秋田にとってのプラス材料である。

<第24節~第27節>
第6節から守ってきた首位から陥落したブラウブリッツは、首位奪還を目指し、中位、下位のチームとの連戦に挑む。

第24節(9/24)、ホームのAスタで行われた琉球戦に参戦した。

P1050744.jpg

P1050743.jpg

この試合は明治安田生命秋田支社の冠試合で、少年サッカーの開会式もあったことで、3,933人の観客が集まった。

P1050749.jpg

前日の試合で栃木が勝利しているので、首位を奪還するには、勝利が不可欠だった。

P1050767.jpg

しかし、試合は琉球に押される展開が続き、2点リードされた後半40分に田中のゴールで1点を返すが、1-2で敗れ、2連敗。
4,000人近い観客に勝利を見せることはできなかった。

そして、栃木が勝利し、沼津が敗れたことで、栃木が首位に浮上し、ブラウブリッツは3位に後退した。

前期の得点が少なかった栃木だが、中断明けからの6試合で17得点、直近の3試合では11得点と得点が大幅に増加。
夏に補強した効果が出ていることが伺われた。
また、補強については、琉球も同じで、ブラウブリッツが6-1で大勝した時の琉球とは違っていた。

夏場に目立った補強をしなかったブラウブリッツは、今後の戦いで勝てるのだろうか?
そんな不安も感じたホームでの琉球戦だった。

第24節終了時の上位3チームの勝ち点は、栃木46、沼津45、秋田44となった。
ただ、繰り返すが、秋田の方が沼津、栃木より1試合少ないことは、秋田にとってのプラス材料である。

続いて第25節(9/30)、アウェイ鹿児島戦にも参戦した。

P1050838.jpg

P1050813.jpg

9月26日にJ2ライセンスを取得した鹿児島との対戦で、トヨタカローラダービーの2戦目でもあった。
この日の観客数は4,419人で、トヨタカローラダービーの観客数対決は、鹿児島に軍配が上がった。

P1050865.jpg

この日、秋田の応援席には選手のご家族、友人をはじめ、50~70人ほど集まった。

P1050878.jpg

試合は、直前の2試合と違って、前半からブラウブリッツの選手の動きは良く、後半4分に山田樹のゴールでブラウブリッツが先制。
その後も試合を優位に進めていたブラウブリッツだったが、後半45分に藤本の執念のゴールで同点に追いつかれ、痛恨のドロー。

試合後のインタビューで杉山監督は珍しく憮然とした表情で、優勝を目指すチームがあの時間でやられちゃいけないと言っていた。
杉山監督が試合後のインタビューで怒っていたのはこの試合だけだったかもしれない。

首位の栃木との勝ち点差は4に広がり、ブラウブリッツの自力優勝の可能性が消滅した。
しかし、次節は栃木の試合がないので、次節のFC東京U-23戦に勝利して栃木との勝ち点差を1に縮めたい。

第26節(10/7)、ホームのAスタでFC東京U-23と対戦。
試合は、前半35分に田中のPKで先制するも、後半42分、後半44分の連続失点で痛恨の逆転負け、、、

秋田としては試合のなかった栃木との勝ち点差を縮める絶好のチャンスだったが、勝ち点差を縮めることはできなかった。
そして、秋田の方が1試合少ないという利点も消え去った。

第26節終了時の上位3チームの勝ち点は、栃木49、沼津47、秋田45となった。
また、ブラウブリッツはシーズンの4分の3である24試合を消化し、残りは8試合となった。

第27節(10/14)、アウェイ相模原戦に参戦した。

P1050917.jpg

P1050936.jpg

秋田のゴール裏には、40~50人ほどが集まった。
この試合が今季の関東でのラストゲームになる。

P1050931.jpg

この試合では、昨年9月に負傷して長期離脱した浦島が約1年ぶりに先発した。

P1050945.jpg

試合は前半に先制されるが、後半21分に古田のクロスに前山が合わせて同点に追いつく。
そして、同点の5分後にコーナーキックからゴールネットを揺らすも、キーパーチャージの判定でゴールならず。
後半は秋田ペースの試合だったが、逆転することはできず、1-1のドローとなった。

これでブラウブリッツは、第23節のYS横浜戦から5試合連続で未勝利となった。
2位の沼津の試合がなく、沼津の勝ち点を逆転するチャンスがあったが、逆転はできなかった。
また、首位の栃木が勝利し、栃木との勝ち点差は6に広がるとともに、富山も勝利し、秋田と勝ち点が並んだ。

順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01  栃 木  52 (15 7 3) +19
02  沼 津  47 (13 8 4) +31
03  秋 田  46 (13 7 5) +18
04  富 山  46 (13 7 6) +13
05  鹿児島  45 (14 3 8) +11

個人的に優勝するのに許される敗北は5までと思っていたが、既に5敗。
しかも、ここから北九州、長野、富山との対戦を控えており、試合直後は、ここから連勝して優勝するのは厳しいと思った。

しかし、相模原戦の後の飲み会で、サポ仲間から残り全勝すれば優勝できますよね?と聞かれ、最終節のカードを調べたところ、首位の栃木は2位の沼津と沼津のホームで対戦することを知った。
栃木との勝ち点差は6あるが、最終戦で栃木が沼津と引き分ける可能性は充分あり、ここから連勝すれば、最終戦での逆転優勝もあり得ると感じられた。

この時、思い浮かんだのが、2011年の松本山雅。
松本は残り7試合となってから6連勝して、逆転で4位に入り込み、J2に昇格したが、同じことが秋田にも起こると思えて仕方なかった。

残り7試合で奇跡を起こそう!!

P1050847.jpg

(続く)


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2017シーズンを振り返る(その2)

 2017-12-26
<第9節~第13節>
開幕戦は引き分けたが、その後、6連勝を飾り、首位を走っているブラウブリッツ。
ここからは長野、鹿児島、栃木、富山といった強豪との連戦を戦うことになる。

第9節(5/21)、ホームのAスタで7連勝を目指し、長野と対戦。

P1050349.jpg

この試合から、上の写真のメッセージダンマクがスタジアムに掲げられるようになった。
リーグトップの秋田の攻撃力とリーグトップの長野の守備力の対決ということで、ほこ×たて対決となった試合だったが、結果はスコアレスドロー。
ブラウブリッツにとっては、GKの頭上を抜かれたループシュートがワンバウンドしてバーに当たる幸運もあった。

ブラウブリッツの連勝は6でストップしたが、開幕からの無敗記録は8試合連続となり、首位もキープした。
しかし、2位の栃木との勝ち点差は1に縮められた。

第10節(5/28)、ホームの八橋陸上競技場で行われた鹿児島戦に参戦した。
昨年、開幕からの無敗記録を止められたのが、ホームでの鹿児島戦だったが、そのリベンジを果たすために参戦した。

P1050256.jpg

この日の試合では、スポ少の子供達がバックスタンドに多く陣取り、観客数は3,491人だった。

P1050259.jpg

試合はスコアレスで進み、後半30分、鹿児島のロングボールが秋田GKとDFの間に入り、ペナの外で鹿児島の藤本と秋田GKの小澤が激突し、二人とも頭を強打し、負傷退場となる。
そのため、松本が今季初出場を果たした。

P1050272.jpg

試合はその後、後半41分に前山がFKを直接決めて、ブラウブリッツが1-0で勝利。
2位の栃木が敗れたことで、2位の栃木との勝ち点差は4に広がった。
なお、この第10節で沼津の総得点が秋田を抜き、リーグトップとなった。

続く第11節(6/3)、アウェイで行われた2位の栃木との首位攻防戦にも参戦。

P1050302.jpg

ブラウブリッツは2014年のJ3参入後、6月の試合は全敗となっているので、この全敗記録をまずは止めたい。

P1050316.jpg

この試合、秋田サポは70~80人ほどがゴール裏に参戦し、B-FREAKSのメンバーも8人が参戦した。
そして、この試合の開始前に、41さんが作った「B-FREAKS関東」タオル100枚のうち、40枚ほどを配布した。

P1050328.jpg

試合は、栃木の守備が堅く、スコアレスで試合が進むが、後半37分、古田のクロスのこぼれ球を山田樹がダイレクトで蹴り込み、ブラウブリッツが1-0で勝利!!

P1050330.jpg

ブラウブリッツは2014シーズンにJ3に参入して以来、6月は10戦全敗だったが、その歴史を粉砕。
この結果、前節2位の栃木に勝ち点7差、そして、栃木に代わって2位に浮上した富山との勝ち点差は5となった。
また、秋田に敗れた栃木は4位に後退し、沼津が3位に浮上した。

第12節(6/11)、ホームで行われた2位の富山との首位攻防戦にも参戦。

P1050374.jpg

P1050373.jpg

村井チェアマンが来場し、また、明治安田生命秋田支社さんの招待で、観客数が2,488人となった試合だった。

P1050381.jpg

試合は富山に押される展開で、前半38分に失点し、今季初めてリードされて前半を折り返す。

P1050388.jpg

そのまま試合が進み、ロスタイム1分、富山のボールを自陣の深い位置で奪った古田がドリブルで駆け上がり、相手DFの裏に長い距離のパスを出すと、これに田中が追いつき、クロスを入れると、遊馬が合わせて劇的な同点ゴール!!

この瞬間、Aスタは爆発しました!!

P1050393.jpg

そして、試合は1-1のドローとなり、ブラウブリッツは首位をキープ。
なお、この時の遊馬のゴールが関東サポの選んだ今季のベストゴールです。
この引き分けの結果、富山は2位から3位に後退し、沼津が2位に浮上した。

第13節(6/18)、アウェイの愛鷹で行われた2位の沼津との首位攻防戦にも参戦。
ブラウブリッツは3週連続で2位のチームとの対戦となった。

P1050429.jpg

愛鷹に参戦した秋田サポは、30~40人ほどで、関東からは10人ほどが参戦した。

P1050427.jpg

試合は、猛烈な風と雨の中での試合となったが、前半6分、右サイドから古田が中に切り込み、ミドルを放ってブラウブリッツが先制!!

P1050438.jpg

そして、試合は、前半45分に退場者を出した沼津の攻撃を抑え、ブラウブリッツが1-0で勝利!!
今季、ここまで毎試合得点してきた沼津を完封しての勝利だった。

P1050439.jpg

この沼津戦で今季32試合のうちの12試合を消化。
長野、鹿児島、栃木、富山という従来の強豪に加え、沼津という新興の強豪との5連戦を4勝1分、無敗で乗り切り、首位を盤石なものとしたブラウブリッツ。

上位陣との対戦を終えたブラウブリッツは、次節から中位、下位のチームとの対戦することになる。

<第14節~第17節>
首位を独走するブラウブリッツの活躍を受け、秋田県知事などから、J2規格のスタジアム整備に関する前向きな発言が聞かれるようになる。

P1050442.jpg

J2ライセンスの申請期限は、6月末であるが、スタジアム整備に関する記事が立て続けに出たことに、J2ライセンス申請をするのではないかとの期待が密かに膨らんだ。

P1050015.jpg

J2規格のスタジアム整備に関する署名に署名したのは、約18万人。
この18万人の願いを受けて、ブラウブリッツは、次なる戦いに向かう。

第14節(6/25)、ホームのAスタで相模原と対戦。
身長190センチ超が3人、平均身長181センチという相模原と平均身長173.5センチというブラウブリッツの対戦は、後半31分、田中のPKでブラウブリッツが先制すると、試合終盤の相模原のパワープレーを凌ぎ、ブラウブリッツが1-0で勝利。
試合終盤の相模原のパワープレーには、田中を下げ、ルーキーの千田を投入して相模原の高さに対抗した。

この試合に勝利したブラウブリッツは、J1~J3の57チームの中で唯一、無敗のまま7月を迎えることとなった。
また、2014年にJ3に参入してからの3年間、ブラウブリッツは6月に全敗していたが、今年の6月は3勝1分と無敗。
これまでの6月は全敗という歴史を、今年は6月無敗という歴史に変えた。

そして、俺が密かに期待していたJ2ライセンスの申請であるが、申請期限の6月30日に、J2ライセンス申請を断念することが発表された。
この瞬間、今季ブラウブリッツが優勝しても、J2に昇格できないことが決定した。

優勝しても昇格できないことに対して涙が出てきたが、ここで諦めてはいけない。
J3リーグ優勝という結果を出して、秋田県、秋田市を動かさなくてはならない。

J2ライセンス断念というショックを振り払い、第15節(7/1)、アウェイの西が丘で行われたFC東京U-23戦に参戦した。

P1050443.jpg

なお、試合翌日の深夜に放送されたTBSのスーパーサッカーでブラウブリッツと、この試合が取り上げられた。

P1050448.jpg

この試合の観客数は、1,411人だったが、秋田側ゴール裏に集まった人数は、300~400人ほど。
関東アウェイで史上最多と思われる人数が集まり、ゴール裏の人数では、FC東京の数倍はいたと思われた。

P1050460.jpg

試合は、後半35分の遊馬のゴールで先制し、そのままロスタイムへ。
残り時間もほぼなくなったところで、小澤がボールをキャッチして、蹴り出して終わりという場面で、小澤が急いで蹴った低い弾道のボールは、審判の足に当たってボールを奪われると、クロスを上げられ、頭で合わされて痛恨の失点。
そして、試合再開後、すぐに試合終了、、、

P1050463.jpg

十中八九手にしていた勝利を奪われての1-1のドロー。
引き分けたものの、今季の試合の中で一番悔しい試合だった。

しかし、2位の富山との勝ち点差は3に縮まったものの、ブラウブリッツは首位をキープ。
3位の沼津との勝ち点差は7で、4位の栃木との勝ち点差は9をつけていた。

第16節(7/9)、ホームのAスタでYS横浜と対戦。
この試合は、関東の有志でダゾーンを見ながら応援した。

P1050474.jpg

試合は、序盤から点の取り合いとなったが、ブラウブリッツが4-3で勝利。
3失点は今季初だが、YS横浜との打ち合いを制した。
この勝利で昨年からの無敗記録が18試合となり、J3リーグの新記録となった。

また、富山と栃木が引き分け、また、沼津も引き分けたことで、首位のブラウブリッツは、2位の富山に勝ち点差5、3位の沼津に勝ち点差9、4位の栃木に勝ち点差11をつけ、また、得失点差は+20を記録した。

続いて、第17節(7/15)、前期最終戦となるアウェイ、万博記念競技場でのガンバ大阪U-23戦に参戦した。

P1050510.jpg

万博に集まった秋田サポは20人ほどで、それ以外に、三重県出身の藤山の小学校、中学校の後輩のサッカー部員と保護者が100名ほどで応援した。

P1050507.jpg

また、7月に急逝した関東在住のサポ仲間を悼んで、こんなダンマクを秋田県在住のサポ仲間が作って掲げてくれた。

P1050517.jpg

試合は、開始早々からブラウブリッツが決定的なチャンスを作り、その後も何度も決定的なチャンスを作ったが、ゴールは奪えず、逆に前半に2点を奪われ、前半を0-2で折り返す。
リーグ戦で2点リードされて前半を折り返すのは、開幕から16戦目にして初めてだった。

P1050520.jpg

同点、逆転を願って応援したが、ブラウブリッツの得点は、田中のPKによる1点だけで、同点に追いつくことは出来ず、1-2で敗れた。

P1050523.jpg

今季16試合目、シーズン前半戦最後の試合で初敗北を喫したブラウブリッツだが、首位でシーズン前半戦を終えた。

順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01  秋 田  37 (11 4 1) +19
02  富 山  32 (9 5 2) +11
03  沼 津  31 (9 4 3) +22
04  栃 木  27 (7 6 3) +04
05  鹿児島  25 (8 1 7) +05
06  長 野  25 (6 7 3) +04

シーズン前半戦を終えて、ブラウブリッツの成績は、11勝4分1敗、勝ち点37の1位、得点30、失点11、得失+19
長年、得点力不足が課題だったが、今季のブラウブリッツは、シーズン前半戦の16試合で30得点を挙げ、今季は得点力もあるところを見せた。
また、失点についても、16試合で11失点と、今季も守備は堅く、その上にリーグ2位の攻撃力が加わり、今季は開幕から15戦無敗、昨年からだと18戦無敗というJ3リーグ新記録を作った。

しかしながら、開幕から13試合の失点は5点なのに対し、前半戦最後の3試合の失点は6点と、それまでの13試合よりも多くなっており、選手の疲労がたまってきていることが想像された。

夏の中断期間まで1試合。
次節の沼津戦からシーズン後半戦となるが、次節の沼津戦に勝利し、いい形でサマーブレークに入りたい。

(続く)

にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2017シーズンを振り返る(その1)

 2017-12-21
<開幕まで>
これまで破れなかった8位の壁を破り、クラブ史上最高となる4位という成績を残した2016シーズンのブラウブリッツだが、この快挙を演出した間瀬監督は、ブラウブリッツとの契約を更改せず、J2の愛媛の監督になることが11月29日に発表された。
そして、新監督には、タイやシンガポールでの監督経験を持つ杉山弘一氏が就任することが12月24日に発表され、新監督が決まっている状態でブラウブリッツは新年を迎えた。

2016シーズン終了をもって退団した選手は9名。
これに対して残留した選手は15名で、前山、久富、山田、日高、松本などの主力選手が多く残留した。
また、新加入選手は8名で、その内訳は、他チームからの移籍が4名で、新卒が4名(高卒1名、大卒3名)
新加入選手には、J1でのプレー経験もある古田、J2で長年プレーした有薗といった即戦力も含まれていた。

この23名の選手に、4月中旬に加入した山田樹を加えた24名で2017シーズンを戦うことになる。

杉山新監督の下で始動した2017シーズンのブラウブリッツ。
キャプテンについては、前年に続いて山田尚幸が務めることとなった。

そして、1月12日には2017シーズンの開幕カードが発表され、ブラウブリッツの開幕戦は、ギラヴァンツ北九州のホームで行われることが決まった。
この試合が、北九州の新スタジアムのこけら落としの試合となる。

北九州での開幕戦が決まったブラウブリッツは、1月30日から2月3日まで大館でキャンプを実施。
しかし、大館キャンプに入る前にGKの松本が負傷してしまい、北九州での開幕戦への出場が難しくなってしまう。

チームはその後、2月14日から2月19日まで高知県でキャンプを実施し、その後は2月25日まで静岡県の御殿場でキャンプを行い、新チームの戦術の浸透を図った。
そして、キャンプの最終日の2月26日は、日立柏総合グラウンドで柏レイソルとの練習試合を行い、その練習試合には、関東在住サポーターが10名ほど駆け付けた。

開幕前の最後の練習試合は、3月5日の仁賀保で行われた、いわきFCとの試合。

P1040781.jpg

この練習試合は俺も観戦したが、いわきFCは、ラグビー選手のような体格の選手が大勢いたチームだった。

2017シーズンのブラウブリッツは、クラブの目標として、J3リーグ優勝を設定。
優勝という結果を残すことで、秋田県内のJ2規格スタジアムの整備への機運を高めたいというのが、クラブ、サポーターの願い。

そして、2016年11月20日から始まったスタジアム整備のための署名活動については、2月21日の時点で目標の10万筆を超え、2月28日で締め切った結果は、驚愕の17万9412筆、約18万!!
実際には、締め切り後にも署名が届いていて、それらを合わせると、18万筆を超える署名が集まったとのこと。

この18万筆の署名の力も得て、杉山監督の下、J3リーグの優勝を目指し、2017シーズンの戦いが始まった。

<開幕戦~第4節>
2017シーズンのJ3リーグは、17チームの2回戦制で行われた。
新加入は、北九州と沼津の2チーム。

ブラウブリッツの開幕戦の相手は、北九州で、試合会場は北九州の新スタジアム(ミクニワールドスタジアム北九州)だった。

P1040842.jpg

P1040877.jpg

3月12日の開幕戦のスタメンには、新加入選手からは、GKは小澤、DFは有薗、ボランチには大卒の藤山が入った。
松本は怪我が治らず、古巣の北九州戦に出場することはできなかった。

GK 小澤
DF ホガン、有薗、深井
MF 青島、山田、藤山、比嘉
FW 久富、田中、前山

北九州での開幕戦には俺も参戦。
ミクスタのグランドオープンとなったこの試合、北九州側は大勢の市民を招待し、この日の観客数は、14,935人のJ3リーグ最多記録となった。

P1040891.jpg

この試合には30~40名近い秋田サポが参戦した。

P1040894.jpg

試合は前半30分に先制されるが、前半44分の久富のゴールで同点に追いつく。
後半はお互いにゴールを奪えず、1-1のドローとなった。

P1040898.jpg

この結果、2017シーズンは8位発進となった。
秋田の選手にとっては暑い環境だったが、優勝候補の北九州を相手に最後までよく頑張った。
というか、試合の序盤は秋田が圧倒していたので、そこで先制できていれば、勝てた試合だった。

第2節(3/19)、アウェイのセレッソ大阪U-23戦に参戦。

P1040921.jpg

P1040920.jpg

この日、参戦した秋田サポは30人ほどで、これ以外に選手のご家族なども加えると、100人以上が秋田側で応援した。

P1040938.jpg

試合は、ブラウブリッツが押し気味に試合を進め、久富、藤山、青島のゴールで3点を先制し、その後、1点を返されるが、3-1で勝利し、今季初勝利を挙げた。
この結果、ブラウブリッツの順位は4位に浮上した。

第3節のブラウブリッツは試合なし。
そして、第4節(4/2)、ホーム開幕戦となるグルージャ盛岡戦に参戦。

P1040959.jpg

ホーム開幕戦ということで、秋田県副知事?が来場し、テレビで生中継された試合だった。

P1040994.jpg

2,419人の観客、サポーターがAスタに集まり、関東からもゴール裏に7人ほどが参戦。

P1050006.jpg

試合は、前半ロスタイム2分、前山のFKに有薗が頭で合わせ、ブラウブリッツが先制。
そして、このゴールが決勝点となり、ブラウブリッツが1-0で勝利した。

P1050007.jpg

ホーム開幕戦で勝利したブラウブリッツは2連勝。
順位も4位に浮上した。
そして、ホーム開幕戦の翌週に、ブラウブリッツは、Aスタで天皇杯予選を戦うこととなる。

<天皇杯予選、リーグ戦第5節、天皇杯1回戦>
ブラウブリッツの天皇杯県予選決勝は4月9日、天皇杯1回戦は4月22日に行われる。
6月21日に平塚で行われる湘南ベルマーレとの天皇杯2回戦を目指して、ブラウブリッツの天皇杯の戦いが始まった。

4月9日の秋田県予選決勝で、ノースアジア大学と対戦したブラウブリッツは、シュート27本を浴びせる猛攻で、前山2点、山田2点、古田1点、堺1点、深井1点、安芸2点の合計9得点を奪い、9-0で快勝し、天皇杯出場を決めた。

そして、天皇杯予選決勝の翌週の4月16日にリーグ戦第5節の鳥取戦をAスタで戦った。
個人的には、この鳥取戦からダゾーン観戦がスタート。

試合は、前半19分に久富のゴールで先制すると、前半25分には前山のFKに有薗が合わせて追加点。
そして、後半5分には田中が今季初ゴールを決めて3点目。
後半43分にゴール前の混戦から1点を奪われたが、ブラウブリッツが3-1で勝利し、リーグ戦3連勝を飾った。
3連勝したブラウブリッツは、1試合少ないながらも順位は3位に浮上し、首位の福島との勝ち点差も3に縮まった。

そして、鳥取戦の翌週の4月22日、ブラウブリッツはAスタで行われた天皇杯1回戦で、東京都代表の国士舘大学と対戦した。

P1050025.jpg

この試合には俺も参戦した。

P1050032.jpg

Aスタでは桜が満開だった。

P1050037.jpg

前週の鳥取戦からスタメンを6人変えて、この試合に臨んだブラウブリッツ。
なお、4月14日に加入した山田樹が、この試合で初出場を果たした。

P1050039.jpg

試合は、国士舘大学に前半で2点をリードされ、後半17分に遊馬に代えて田中、後半27分に比嘉に代えて古田を投入し、古田の投入でようやくリズムを掴むと、後半39分に古田のクロスから田中がゴールを決めて1点を返すも、同点ゴールは奪えず、1-2で敗れた。

ブラウブリッツとなってから、天皇杯1回戦で敗れるのは、初めてのことで、この敗北は堪えた、、、
関東在住の秋田県人とブラウブリッツファンにブラウブリッツをアピールするため、6月21日に平塚で行われる湘南ベルマーレとの天皇杯2回戦で湘南ベルマーレを撃破したいと考えていたので、この敗北は悔しかったし、残念だった。

しかし、天皇杯2回戦は、平日の開催のため、リーグ戦から中2日で戦うことになり、選手層の薄いブラウブリッツにとっては、負担が大きいのも事実。
J3リーグで優勝するには、天皇杯の戦いが早々に終わったことは、今にして思えば良かったのかもしれない。

ブラウブリッツの天皇杯の戦いは4月で終わってしまったが、ここからは、J3リーグの優勝を目指して戦うことになる。

<第6節~第8節>
天皇杯1回戦で敗れたブラウブリッツは、その翌週の第6節(4/30)、アウェイで琉球と対戦した。

P1050098.jpg

アウェイ琉球戦には、俺も参戦した。

P1050109.jpg

秋田側応援席で応援したサポは、秋田、山形、関東、広島などから、17名で、トラパンツダンマクを使った応援も実施。
また、この試合でメキシコのマスクマンがデビューした。

P1050111.jpg

試合は、前半2分に前山のFKに有薗が合わせて先制すると、前半39分には、前山の今季初ゴールが決まって、前半を終わってブラウブリッツが2-0とリード。

P1050121.jpg

そして、ブラウブリッツのゴールはこれで終わらず、後半は久富、田中、田中が決めると、新加入の山田樹にもゴールが生まれ、4点を追加して6-1で琉球に大勝!!

P1050127.jpg

これでブラウブリッツは4連勝!!
そして、首位の福島、2位の鹿児島が敗れたことで、ブラウブリッツは1試合少ないにもかかわらず、首位の福島と勝ち点が並び、得失点差で上回ったことで首位に浮上した。

続く第7節(5/7)、ホームでの藤枝戦は、サポーター有志と一緒に都内のカラオケ店で、ダゾーンで観戦した。

P1050148.jpg

試合は、開始30秒の前山のゴールで先制すると、前半8分には久富、後半9分には田中がゴールを決めて3-0で勝利し、5連勝!!
ブラウブリッツは2位に浮上した富山に勝ち点2差をつけ、首位をガッチリとキープ。
また、得失点差も+13を記録した。

続く第8節(5/14)、アウェイ福島戦に参戦。

P1050179.jpg

とうスタに参戦した秋田サポの数は、100~150名ほど。

P1050193.jpg

試合は、前半23分に前山のFKに田中が合わせて先制すると、後半38分には田中がPKを決めて2-0とし、ブラウブリッツが2-0で勝利。

P1050195.jpg

これでブラウブリッツは6連勝を記録し、首位をガッチリとキープ。
開幕戦は引き分けたものの、その後の6連勝で、6勝1分0敗で1位、得失点差も+15の好成績。
富山に代わって2位に浮上した栃木との勝ち点差は3で、栃木との得失点差は11もあり、ダントツの成績。

順 TEAM 勝点 (勝分負) 得失
01  秋 田  19 (6 1 0) +15
02  栃 木  16 (4 4 0) +4
03  富 山  15 (4 3 1) +5
04  長 野  14 (4 2 2) +5
05  福 島  13 (4 1 3)  0
06  鹿児島  12 (4 0 4) +3

第9節からは長野、鹿児島、栃木、富山という上位陣との連戦が控えているが、これらの強豪を破り、新たな歴史を作りたい。

(続く)

にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

B-FREAKS関東 2017忘年会&祝勝会

 2017-12-19
一昨日(12/17)、都内某所で、BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の忘年会&優勝祝勝会を行いました。

1513681481952.jpg

お店は、五反田にある秋田料理のお店、「わったりぼうず」です。

P1060391.jpg

優勝を祝して、シャーレボードをお店に飾らせていただきました。

P1060386.jpg

また、ブラウブリッツが優勝したということで、お店のマスター(鹿角市出身)が、乾杯用にラシャンテ4本を提供してくれました。
ラシャンテは、ブラウブリッツの日本酒、青い稲妻を作っている「秀よし」さんのお酒なので、その点でも良かったですね。

P1060387.jpg

全員が集まり、ラシャンテで乾杯&41さんに献杯です。
参加者は、12名で、秋田県在住者も1名参加しました。

P1060392.jpg

今回も俺が幹事を務めましたが、忘年会の会場については、秋田料理の店という考えで店を選んでいます。
それは、参加者の中には、秋田県外出身の方もいるので、そうした方々に秋田県の料理とお酒を楽しんでほしいというのと、秋田県出身者には懐かしさを感じてもらえればということで。

さて、この日は、サポ仲間が飲み会の企画として、昨年に続いてブラウブリッツ秋田アウォードを開催。
各人に2017シーズンのベストゴール、ベストゲーム、MVPなどを発表してもらい、それを集計して1位を発表しました。

その結果、関東在住サポが選ぶベストゴールは、ホーム富山戦での遊馬の同点ゴール、
ベストゲームは、シーズン最終戦、アウェイ鳥取戦、
そしてMVPは、チーム得点王の田中が選ばれました。

アンケートの結果については、サポ仲間のブログの記事を見て頂ければと思います。
 ↓
http://blog.livedoor.jp/fsuppo/archives/9023427.html

ブラウブリッツ秋田アウォードの次は、クイズ大会です。

P1060393.jpg

クイズの名前は、ブラウブリッツ秋田ウルトラクイズ。
正解者には、賞品も贈呈されました。

Fサポさん、楽しい企画と賞品をありがとうございました。(^_^)

また、参加された皆さんにも感謝いたします。
おかげさまで楽しい時間を過ごすことができました。

P1060387.jpg

関東在住サポの皆さん!(プラスあわあわさん)
来年も宜しくお願いいたします。


関東の忘年会も今年で6回目?
初回の参加者は5~6人だったような気がしますが、今では12~13人が参加しています。
こうして毎年集まっていただけることに感謝です。

そして、初回から一昨年まで連続で参加していたサポの一人が41さんでしたが、残念ながら今年の7月に逝去されました、、、
改めてご冥福をお祈りいたします。

7月にお焼香をあげに自宅に伺った際、優勝したら41さんの墓前に優勝の報告をしに来ます!とご遺族にはお伝えしていましたが、ブラウブリッツが優勝したということで、41さんの墓前に優勝の報告をしに行くことにしました。

今回の忘年会が始まる前に、サポ仲間2人と俺の合計3人で、木更津にある41さんのお墓とご自宅を訪問し、お焼香をあげるとともに、41さんが愛したブラウブリッツが優勝したことを報告しました。

P1030619.jpg

遠方アウェイを中心にブラウブリッツの応援をしていた41さん。
そのお姿をゴール裏で見ることはもうできませんが、41さんのやってきたことを引き継いで、来季も遠方アウェイの皆勤を目指して頑張りたいと思います。

P1040861.jpg

遠方アウェイはこれからも関東サポで盛り上げます!!

ここで2017シーズンを振り返ると、今季はダゾーンですべての試合が見られるようになったおかげで、
何回か関東在住サポで集まって、酒を飲みながらダゾーンを見ながら応援しましたね。

P1050148.jpg

来年も何度かダゾーンを見ながらホームゲームを応援したいと思いますので、都合がつく方は、是非ご参加ください。(^_^)


さて、BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)は、現在、10数名で構成されています。
俺のような秋田県出身者の他、選手つながりで応援するようになった方、親が秋田県出身の方、東北つながりで応援するようになった方、兼任サポの応援するクラブつながりで応援するようになった方、秋田県に在住していた方、奥さんが秋田県人という方など、様々です。

首都圏在住の秋田県にゆかりのある皆さんと、
首都圏在住のブラウブリッツを応援してくださる皆さん、
来年の関東開催の試合のゴール裏でお待ちしています!

P1060387.jpg

そして、来年こそは東京&神奈川で祝勝会をやりましょう!!

B-Freaks_S.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2017シーズンの成績推移

 2017-12-16
ブラウブリッツの2017シーズンの成績推移は以下の通りです。


01 (03/12) A 1△1 北九 0勝1分0敗 8位 勝点1 得失+0 (得点1 失点1)
02 (03/19) A 3○1 C大阪 1勝1分0敗 4位 勝点4 得失+2 (得点4 失点2)
03 試合なし
04 (04/02) H 1○0 盛岡 2勝1分0敗 4位 勝点7 得失+3 (得点5 失点2)
05 (04/16) H 3○1 鳥取 3勝1分0敗 3位 勝点10 得失+5 (得点8 失点3)
06 (04/30) A 6○1 琉球 4勝1分0敗 1位 勝点13 得失+10 (得点14 失点4)
07 (05/07) H 3○0 藤枝 5勝1分0敗 1位 勝点16 得失+13 (得点17 失点4)
08 (05/14) A 2○0 福島 6勝1分0敗 1位 勝点19 得失+15 (得点19 失点4)
09 (05/21) H 0△0 長野 6勝2分0敗 1位 勝点20 得失+15 (得点19 失点4)
10 (05/28) H 1○0 鹿児 7勝2分0敗 1位 勝点23 得失+16 (得点20 失点4)
11 (06/04) A 1○0 栃木 8勝2分0敗 1位 勝点26 得失+17 (得点21 失点4)
12 (06/11) H 1△1 富山 8勝3分0敗 1位 勝点27 得失+17 (得点22 失点5)
13 (06/18) A 1○0 沼津 9勝3分0敗 1位 勝点30 得失+18 (得点23 失点5)
14 (06/25) H 1○0 相模 10勝3分0敗 1位 勝点33 得失+19 (得点24 失点5)
15 (07/01) A 1△1 F東京 10勝4分0敗 1位 勝点34 得失+19 (得点25 失点6)
16 (07/09) H 4○3 横浜 11勝4分0敗 1位 勝点37 得失+20 (得点29 失点9)
17 (07/15) A 1●2 G大阪 11勝4分1敗 1位 勝点37 得失+19 (得点30 失点11)
※第3節は試合なし

※17節終了時
 11勝4分1敗、勝点37(1位) 1位秋田37、2位富山32、3位沼津31、4位栃木27
 得失+19(2位) 1位沼津+22、2位秋田+19、3位富山+11、4位北九州+6

18 (07/23) H 0●2 沼津 11勝4分2敗 1位 勝点37 得失+17 (得点30 失点13)
19 試合なし
20 (08/27) H 2○0 G大阪 12勝4分2敗 1位 勝点40 得失+19 (得点32 失点13)
21 (09/03) H 1△1 栃木 12勝5分2敗 1位 勝点41 得失+19 (得点33 失点14)
22 (09/10) A 3○1 盛岡 13勝5分2敗 1位 勝点44 得失+21 (得点36 失点15)
23 (09/17) A 1●2 横浜 13勝5分3敗 2位 勝点44 得失+20 (得点37 失点17)
24 (09/24) H 1●2 琉球 13勝5分4敗 3位 勝点44 得失+19 (得点38 失点19)
25 (09/30) A 1△1 鹿児 13勝6分4敗 3位 勝点45 得失+19 (得点39 失点20)
26 (10/07) H 1●2 F東京 13勝6分5敗 3位 勝点45 得失+18 (得点40 失点22)
27 (10/14) A 1△1 相模 13勝7分5敗 3位 勝点46 得失+18 (得点41 失点23)
28 (10/22) H 1○0 北九 14勝7分5敗 3位 勝点49 得失+19 (得点42 失点23)
29 (10/29) A 2○1 長野 15勝7分5敗 3位 勝点52 得失+20 (得点44 失点24)
30 (11/05) A 4○0 富山 16勝7分5敗 2位 勝点55 得失+24 (得点48 失点24)
31 (11/12) H 0●3 C大阪 16勝7分6敗 2位 勝点55 得失+21 (得点48 失点27)
32 (11/19) H 2○1 福島 17勝7分6敗 1位 勝点58 得失+22 (得点50 失点28)
33 (11/26) A 0●3 藤枝 17勝7分7敗 3位 勝点58 得失+19 (得点50 失点31)
34 (12/03) A 3○0 鳥取 18勝7分7敗 1位 勝点61 得失+22 (得点53 失点31)

※34節終了時
 18勝7分7敗、勝点61(1位) 1位秋田61、2位栃木60、3位沼津59、4位鹿児島55
 得失+22(2位) 1位沼津+33、2位秋田+22、3位栃木+20、4位鹿児島+12
 得点53(2位) 1位沼津60、2位秋田53、3位藤枝50、4位鹿児島49
 失点31(4位) 1位栃木24、2位長野25、3位沼津27、4位秋田31 

開幕戦はドローとなりましたが、その後、連勝を重ね、第6節には1試合少ないにも係らず首位に立つ。
第2節から第8節に6連勝すると、J3参入後未勝利だった6月も無敗を継続し、開幕から15戦負けなし。
昨年からだと18戦負けなしのJ3リーグ記録を樹立。
しかし、前期最後のG大阪戦に敗れ、11勝4分1敗という成績で前期16試合を終えました。

前期(第1~17節)の戦績は、11勝4分1敗、勝点37(1位)、得失+19(2位)
11勝4分1敗、得点30(平均1.88)、そして失点11(平均0.69)、得失点差+19という結果が示している通り、前期のブラウブリッツは好調でした。

後期初戦の沼津戦に敗れ、2連敗で夏の中断期間へ。
中断明けの初戦に勝利し、リーグ再開後の3戦は2勝1分と復調したように見えましたが、第23節のYS横浜戦に敗れて首位から陥落すると、第23節からの5戦は3敗2分と失速し、3位に後退。
しかし、北九州、長野、富山に3連勝し、順位を2位に上げると、第32節のホーム最終戦に勝利し、首位を再奪還!
続く第33節に敗れ、再び3位に後退したものの、最終戦で3-0で勝利し、また、栃木と沼津が引き分けたことで、ブラウブリッツが逆転でJ3リーグ初優勝を飾りました。

2017シーズンの戦績は、18勝7分7敗、勝点61(1位)、得失+22(2位)
昨年、これまで破れなかった8位の壁を破って4位となると、今年は優勝を目標に掲げてシーズンに入ると、その目標通り、一気に優勝してしまいました。

攻撃については、昨年の37(平均1.23)から53(平均1.66)に大幅に増加。
この53得点は、リーグ2位です。

15得点の田中がチームトップで、リーグでも4位。そして、田中はアシストも9を記録。
田中は被ファウル数の多さもリーグトップで、ここからのFKもブラウブリッツの得点源となりました。
また、久富も10得点3アシスト、前山も7得点11アシストを記録し、田中、久富、前山の3人で53点のうち32点(60%)を挙げました。
なお、前山の11アシストはリーグトップです。

失点については、昨年の26(平均0.87)から31(平均0.97)に増加しました。
昨年より失点は増えましたが、失点の少なさは昨年に続いてリーグ単独4位です。

前期の失点は11だったのに対し、後期の失点は20と2倍近くに増えましたが、前期に引き分けた北九州、長野、富山に対し、北九州、富山は完封、長野は1失点に抑えて3連勝を飾り、この大事な3連戦では堅い守備を見せました。
また、後期の鳥取戦も完封し、J1・J2ライセンスを持つチームに対しての失点は少なかった今季のブラウブリッツです。

J3リーグで優勝したことで、J2昇格に必要なスタジアム整備に関して、動きも見えてきました。
来季中にJ2ライセンスを取得する見込みが濃厚となることで、現在の主力選手の残留と新戦力の補強の追い風になることを期待しています。

頑張れ、ブラウブリッツ!!
来季も共に戦おう!!

P1050259.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

ブラウブリッツの2017シーズンの成績

 2017-12-14
<通算:試合数32>
戦績:勝ち点61(18勝7分7敗) 優勝!!
得失点差:+22(得点53、失点31) 2位

今季のJ3は17チームの2回戦制、計34節32試合で行われました。
昨年と比べると試合数は2試合多くなりました。

得失点については、失点は昨年の26(平均0.87)から31(平均0.97)に増えました。
しかし、得点は昨年の37(平均1.23)から53(平均1.66)へと大幅に増えました。
この結果、得失差は、昨年は+11でしたが、今年は+22とリーグ2位となりました。

2016シーズンは、14勝8分8敗、順位は16チーム中4位という過去最高の順位でした。
そして、今シーズンは、優勝を目標にスタート。
開幕から15戦無敗でスタートを切り、途中、勝てない時期もありましたが、シーズン終盤に北九州、長野、富山に3連勝し、首位に肉薄すると、ホーム最終戦で勝利し、首位を再奪還。
その次節は敗れ、3位に後退するも、最終戦で勝利し、見事に逆転でJ3リーグ初優勝を飾りました。

P1060339.jpg

次に、今年と去年のホームとアウェイでの勝ち点を比べてみましょう。

ホームの戦績(2017):勝ち点30(9勝3分4敗)得点22、失点16
アウェイの戦績(2017):勝ち点31(9勝4分3敗)得点31、失点15

ホームの戦績(2016):勝ち点35(11勝2分2敗)得点23、失点9
アウェイの戦績(2016):勝ち点15(3勝6分6敗)得点14、失点17

昨年はホーム15試合で11勝2分2敗、勝ち点35を獲得しましたが、今年は16試合で9勝3分4敗、勝ち点30を獲得しました。
ホームで昨年のような圧倒的な強さは見せられませんでしたが、今年もホームで5試合勝ち越したブラウブリッツです。
また、アウェイでは昨年は15試合で勝ち点15に留まりましたが、今年は16試合で9勝4分3敗、勝ち点31を獲得しました。
アウェイで過去最高の強さを示した今年のブラウブリッツです。

<アウェイ戦績>
東北地方:2勝0分0敗(○盛岡、福島)
関東地方:1勝2分1敗(○栃木、△F東京、相模原、●横浜)
中部地方:3勝0分1敗(○沼津、長野、富山、●藤枝)
関西地方:1勝0分1敗(○C大阪、●G大阪)
西日本:2勝2分0敗(○琉球、鳥取、△北九州、鹿児島)

東北では2勝0分と全勝。昨年は2分、一昨年は2勝2分と東北では3年間無敗です。
関東では1勝2分1敗でした。相模原のホームでの初勝利と東京23区での初勝利は来年に持ち越しです。
中部地方では3勝1敗。長野に対し、16回目の対戦で初勝利しましたが、藤枝のホームでは3連敗となりました。
関西では1勝1敗でした。今季初勝利がセレッソ大阪戦、そして、今季の初敗北が、ガンバ大阪戦でした。
西日本(中国・九州・沖縄)では2勝2分0敗。逆転優勝を飾った鳥取戦は忘れられないですね!

P1060330.jpg

アウェイで9勝4分3敗という過去最高の成績を残したブラウブリッツ。
しかも、31得点15失点は、ホームの22得点16失点よりも良い成績です。
6点を奪った琉球戦、4点を奪った富山戦、そして3点を奪って優勝した鳥取戦は忘れられませんね!!

アウェイで1点も取れずに敗れて帰ることが多かったブラウブリッツですが、今年のアウェイは違いました。
今季は、アウェイに全部参戦しましたが、参戦して良かった!!

来季もアウェイには全部参戦します!!

と言いたいですが、そういう訳にもいかないと思うので、まずは、関東および関東近郊に可能な限り参戦し、その上で遠方アウェイにも1回は参戦したいですね!!

頑張れ、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

ファン交流会に参加しました!

 2017-12-10
一昨日の金曜日、翌日のファン交流会に参加することを急遽決め、往復夜行バスという弾丸ツアーで、今朝、埼玉県に戻ってきました。
目的は、実家で録画した2017シーズン最終戦をDVDにダビングすること、そして、鳥取で行方不明になった俺のシャーレボードを回収するとともに、シャーレボードに選手のサインをもらうことです。

山形県内まで夜行バスで、そこからは普通列車。
仁賀保には8:47に到着しました。

P1060344.jpg

実家に寄る前に、仁賀保グリーンフィールドに寄ってみました。
12月ということで、雪化粧されています。
仁賀保グリーンフィールドでブラウブリッツの前身のTDK SCの試合を初めて応援したのは、2007年4月8日でした。

あれから10年、11シーズン目でのJ3リーグ初優勝でした。
俺が初めて応援した2006年11月26日の全国地域リーグ決勝大会1次ラウンド、YSCC戦からだと11年と1週間。

仁賀保で誕生したブラウブリッツは、発展のために秋田市に拠点を移し、ついに、所属するリーグで優勝を成し遂げました。

P1060345.jpg

実家の近くから見た鳥海山。
鳥海山だけでなく、田んぼも雪化粧してますね。

実家に到着すると、優勝の翌日の秋田魁新報の朝刊が飾ってありました。
1面でブラウブリッツの優勝を紹介しています。

秋田魁新報社さん、ありがとう!!

ちなみに、親に頼んでいた鳥取戦の録画は、ハーフタイム途中からの録画となっていました。
でも、得点シーンは全部入っているし、優勝して選手が喜んでいる場面まで入っていたから充分ですね!

ただ、俺が買ったDVDにダビングしようとしたら、容量不足でダビングできませんでした。
120分録画できるはずなのに、なんで?

P1060346.jpg

仁賀保からは「いなほ」に乗って秋田市に向かいます。
ちなみに、鶴岡-秋田間は、青春18きっぷで往復する予定でしたが、青春18きっぷは翌日の12/10から使用可能とのことでした、、、

P1060348.jpg

秋田駅を出ると、いつもは試合の告知をしている場所で、ブラウブリッツのJ3優勝を告知していました。

P1060349.jpg

岩瀬社長のメッセージも出ています。

P1060350.jpg

J2は遠い夢かもしれませんが、今回の優勝で、J2昇格の実現に向けて近づいているのも事実です。
まずは、来季中にJ2ライセンスを取ることですね。

P1060351.jpg

ファン交流会の開始まで時間があったので、駅前の末廣ラーメンで昼食。
あさり醤油ラーメンにしました。

P1060352.jpg

ファン交流会の会場に行く前に、(株)ブラウブリッツ秋田の事務所の前に寄ってみました。

P1060353.jpg

事務所の窓が、J3リーグ優勝モードになっています。

P1060354.jpg

あの鳥取での歓喜から一週間近く経つんですね、、、

P1060355.jpg

ついでに、Aスタにも寄ってみました。
陸上競技場を改修する話もありますが、来季、Aスタではどれくらい試合をするのだろうか?

P1060380.jpg

Aスタから吹雪の中を歩いて、ようやくファン交流会の会場であるJAビルに到着。
鳥取で選手に渡した俺のシャーレボードも無事に受け取ることが出来ました。
選手、ブラウブリッツのスタッフがきちんと保管していてくれて助かりました。
ありがとうございます。

P1060368.jpg

会場に入ると、優勝翌日の魁の紙面が飾られていました。
そして、秋田魁新報社さんが作成する「ブラウブリッツ秋田 J3リーグ初優勝 記念グラフ」を注文しましたよ!!
限定2000冊、ほしい方はお早めに!!

P1060356.jpg

さて、定刻の14:30が過ぎ、会場に選手が入場するので、会場に集まったファン、サポーターが立ち上がって出迎えます。
集まったファン、サポーターの数は、120名ほど。
関東からは少なくとも7名は参加しました。

P1060357.jpg

そして、選手とスタッフがステージに登壇します。
キャプテンの山田はシャーレ、副キャプテンの有薗は、トロフィーを持っています。

P1060358.jpg

そして、これが会場に飾られたシャーレとトロフィーです。
少し離れたところから撮影したので、後ほど至近距離から撮影したものを紹介します。

P1060359.jpg

まず、杉山監督が挨拶します。
就任1年目、そして日本での監督1年目で、J3リーグ優勝という結果を残し、2017シーズンのJ3最優秀監督となりました。

P1060360.jpg

続いて菅原太郎コーチの挨拶。
ブラウブリッツ秋田の元選手である菅原太郎コーチです。

P1060362.jpg

挨拶をするキャプテンの山田。
2年連続でキャプテンを務め、優勝にも多大な貢献をした山田です。

P1060369.jpg

これは選手とサポーターが力を合わせて行う伝言ゲームを始めようとしているところです。

P1060371.jpg

伝言ゲームの後、選手との交流タイムとなり、選手にサインをもらう合間を縫って、シャーレを至近距離で撮影しました。
これが本物のシャーレですね!!
昨年12月にJリーグアウォーズで見た時に、絶対にシャーレを秋田に持ち帰りたい!!と思いましたが、その念願が叶いました!!

選手、スタッフの皆さん、ありがとう!!

P1060372.jpg

また、トロフィーとシャーレを一緒に撮影してみました。

P1060374.jpg

こちらは、俺が作ったシャーレボードですね。
このシャーレボードの裏に選手と杉山監督のサインを書いてもらいました。
ただ、サインをもらいそびれた選手が何人かいたのは残念、、、

P1060375.jpg

こちらは本物のシャーレと比べたものです。
パッと見は似てますね(笑)
本物より大きめに作って良かったです。

P1060378.jpg

この後は、選手提供グッズのオークションタイムです。
松本は、ジャパネットたかたの高田社長のモノマネでグッズを紹介していましたが、そのモノマネは秀逸でした(笑)

P1060379.jpg

最後に、チーム最古参、入団8年目の前山が挨拶します。
JFL時代のことや、当時選手だった岩瀬社長、菅原コーチ、池田強化部スタッフがこうして会社を支えていることに感謝の言葉も述べていました。
そして、来季はJ2を目指す戦いになるので、これまで以上の支援をお願いしますと言っていました。

P1060382.jpg

前山の挨拶の後、参加者が作った花道を通って、選手が退場していきます。
こうして、ファン交流会は終了となりました。

普段、選手と話すことなどない俺ですが、今回はサインをもらうため、選手に一声掛けたことは良い経験だったと思います。
サインをもらってお礼を言うのが精一杯で、ほとんど会話はできませんでしたが、唯一、会話したのは、俺と同じ大学出身の青島ですね。

P1060355.jpg

12月に入ると、いや年によっては、11月下旬から3月中旬まで雪が積もり、外での練習がしづらくなる秋田県。
こうした雪国のハンデもありますが、ブラウブリッツの選手達は、見事にJ3リーグ優勝という栄冠を勝ち取りました。

杉山監督の続投は発表されていますが、今年の主力選手の去就がどうなるのかまったく分かりません。
上のカテゴリーやJ2、J1ライセンスを持つJ3のライバルチームに引き抜かれることも充分に予想されます。

チーム強化のためにも、J2ライセンスの取得は何としても来季中には実現させないといけません。
来季は、J3リーグ優勝だけでなく、J2昇格という戦いも出来ることを願っています。

そして、今後、J3リーグを制覇するのは、J2ライセンスを持つクラブだけになっていくと思うので、来季もブラウブリッツがJ3リーグで優勝すれば、Jリーグ史上唯一となるであろうJ3リーグを連覇したチームになれると思います。

大それた目標かもしれませんが、来季も今季と同様、目の前の一戦一戦に勝利し、その結果、J3リーグを制覇できるよう頑張ってほしいと思います。

P1060371.jpg

来年もシャーレを秋田に持ち帰ろう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

杉山監督続投! 栄冠目指し、来年も共に闘おう!!

 2017-12-09
鳥取で劇的な逆転優勝を決めたその日の夕刻、ブラウブリッツの公式サイトに岩瀬社長のコメントが掲載されました。

ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆さまへ
http://blaublitz.jp/whatsnew/50784.html

この中で、岩瀬社長は、こう言っています。

>来シーズンこそはJ2ライセンスを取得し、彼らが秋田で報われる舞台を皆さんとともに作りあげたいと思っています。

J3リーグで優勝したブラウブリッツですが、皆さんご存知の通り、J2ライセンスがないため、J2には昇格できませんでした。
優勝という結果を残した選手、スタッフのためにも、来季こそはJ2ライセンスを取得し、ブラウブリッツの選手とスタッフが報われる環境を整備してほしいと強く思っています。

来年6月にはJ2ライセンスを申請しよう!!

そして、鳥取での劇的な逆転優勝から5日後、杉山監督が来季も続投することが発表されました。

杉山弘一監督、2018シーズン続投のお知らせ
http://blaublitz.jp/whatsnew/50856.html

このことは、非常に嬉しく思っています。

昨年、ブラウブリッツを過去最高の4位に躍進させた間瀬監督は、J2の愛媛に引き抜かれてしまいました。
間瀬監督は退任時に、秋田のために戦った選手、スタッフが秋田で報われる環境を作ってほしいと言っていましたが、J2ライセンスがないことが非常に悔しく感じました。

あれから1年近くが経過しましたが、残念ながらブラウブリッツは未だにJ2ライセンスを取得できていません。
そのような状況ですが、杉山監督は続投することを選択しました。

続投を決めた杉山監督のためにも、何としても来季はJ2ライセンスを取得してほしいものです。

そして、杉山監督は、2017シーズンのJ3リーグ優秀監督賞の受賞者です。

2017Jリーグ 杉山弘一監督「J3優秀監督賞」受賞のお知らせ
http://blaublitz.jp/whatsnew/50817.html

杉山監督、「J3優秀監督賞」の受賞おめでとうございます!!

J3優秀監督に選ばれた杉山監督が来季も指揮を執ってくれるというのは、非常に心強い。
杉山監督と共に、J3リーグの連覇とJ2昇格を目指して戦いたいと思います。

杉山監督、来季も宜しくお願いいたします!!

また、ブラウブリッツは、J3リーグのフェアプレー賞を受賞しています。

2017Jリーグ「フェアプレー賞J3」受賞のお知らせ
http://blaublitz.jp/whatsnew/50813.html

ブラウブリッツの選手の皆さん、おめでとうございます!!
これについても、常に冷静に戦おうと言っている杉山監督の指導の成果かもしれません。

また、このフェアプレー賞ですが、単に表彰されるだけでなく、賞金も出ます。
フェアプレーには、実利も伴っているので、これからもフェアプレーを進めてほしいと思います。

J3リーグで優勝、そしてフェアプレー賞を獲得すれば、Jリーグアウォーズで表彰されます。

P1010741.jpg
(注)これは2014年の写真

この晴れ舞台に、杉山監督とブラウブリッツの選手が再び登場することを願っています。

栄冠目指し、来年も共に闘おう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2018チーム
2018選手
2018歌詞カード

2018年の関東近郊の試合
3/17(土)vs 群馬(正田スタ)
9/8(土)vs 相模原(ギオンス)
10/14(日)vs FC東京(夢の島)
10/27(土)vs YS横浜(ニッパ球)
12/2(日)vs 沼津(愛鷹)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター