B-FREAKS関東 2014忘年会のお知らせ

 2014-12-04
12月27日(土)、新橋駅の近くで、関東のサポーターグループ、
B-FREAKS関東の忘年会を行います。

参加者については既に申し込みを締め切っていますが、参加者の中で連絡先を当方に通知していない方がいますので、当ブログでも告知することにしました。

開催日:12月27日(土)18:15開始

集合場所:新橋駅 銀座口に18:00集合
(注1)集合場所では18:05までしか待ちません。
(注2)集合時間に間に合わない方は店に直接お越しください。
(注3)当日飛び込みで参加を希望されても参加出来ません。

参加費:4,500円

<追記>
参加予定者と連絡が取れました。
ご連絡ありがとうございました。


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2014シーズンの成績推移

 2014-12-04
2014シーズンの成績推移は以下の通りです。


01 (3/9) A 1△1 横浜 0勝1分0敗 5位 勝点1 得失+0 (得点1 失点1)
02 (3/16) A 0●2 琉球 0勝1分1敗 9位 勝点1 得失-2 (得点1 失点3)
03 (3/23) H 2△2 福島 0勝2分1敗 9位 勝点2 得失-2 (得点3 失点5)
04 (3/30) H 1●2 J-22 0勝2分2敗 10位 勝点2 得失-3 (得点4 失点7)
05 (4/6) A 0●3 相模 0勝2分3敗 11位 勝点2 得失-6 (得点4 失点10)
06 (4/13) H 2○1 盛岡 1勝2分3敗 10位 勝点5 得失-5 (得点6 失点11)
07 (4/20) A 0●1 金沢 1勝2分4敗 11位 勝点5 得失-6 (得点6 失点12)
08 (4/26) H 1○0 鳥取 2勝2分4敗 9位 勝点8 得失-5 (得点7 失点12)
09 (4/29) H 1●2 長野 2勝2分5敗 9位 勝点8 得失-6 (得点8 失点14)
10 (5/4) A 1●4 町田 2勝2分6敗 10位 勝点8 得失-9 (得点9 失点18)
11 (5/11) H 2○1 藤枝 3勝2分6敗 10位 勝点11 得失-8 (得点11 失点19)

※11節終了時(第1クール終了時)
 3勝2分6敗、勝点11(10位) 1位町田24、2位金沢24、3位長野20、4位鳥取19
 得失-8(9位) 1位町田+21、2位金沢+14、3位長野+2、4位鳥取+5


12 (5/18) A 4○1 鳥取 4勝2分6敗 9位 勝点14 得失-5 (得点15 失点20)
13 (5/25) H 1○0 相模 5勝2分6敗 7位 勝点17 得失-4 (得点16 失点20)
14 (6/1) A 0●3 盛岡 5勝2分7敗 8位 勝点17 得失-7 (得点16 失点23)
15 (6/8) H 0●1 福島 5勝2分8敗 9位 勝点17 得失-8 (得点16 失点24)
16 (6/15) H 3●4 横浜 5勝2分9敗 9位 勝点17 得失-9 (得点19 失点28)
17 (6/22) A 0●2 琉球 5勝2分10敗 10位 勝点17 得失-11 (得点19 失点30)
18 (7/19) H 1●4 町田 5勝2分11敗 10位 勝点17 得失-14 (得点20 失点34)
19 (7/27) A 0●2 長野 5勝2分12敗 11位 勝点17 得失-16 (得点20 失点36)
20 (8/3) H 4○0 J-22 6勝2分12敗 9位 勝点20 得失-12 (得点24 失点36)
21 (8/10) H 2△2 藤枝 6勝3分12敗 9位 勝点21 得失-12 (得点26 失点38)
22 (8/24) A 0●1 金沢 6勝3分13敗 10位 勝点21 得失-13 (得点26 失点39)

※22節終了時(第2クール終了時)
 6勝3分13敗、勝点21(10位) 1位町田48、2位金沢44、3位長野43、4位鳥取38
 得失-13(9位) 1位町田+30、2位金沢+19、3位長野+14、4位鳥取+8


23 (8/31) H 0●1 琉球 6勝3分14敗 11位 勝点21 得失-14 (得点26 失点40)
24 (9/7) A 0●3 長野 6勝3分15敗 11位 勝点21 得失-17 (得点26 失点43)
25 (9/14) H 2○1 町田 7勝3分15敗 9位 勝点24 得失-16 (得点28 失点44)
26 (9/20) H 1●2 金沢 7勝3分16敗 9位 勝点24 得失-17 (得点29 失点46)
27 (10/5) A 0●2 福島 7勝3分17敗 10位 勝点24 得失-19 (得点29 失点48)
28 (10/11) H 2○1 横浜 8勝3分17敗 9位 勝点27 得失-18 (得点31 失点49)
29 (10/19) A 2○1 鳥取 9勝3分17敗 9位 勝点30 得失-17 (得点33 失点50)
30 (11/2) H 1●3 盛岡 9勝3分18敗 10位 勝点30 得失-19 (得点34 失点53)
31 (11/9) A 2○1 藤枝 10勝3分18敗 9位 勝点33 得失-18 (得点36 失点54)
32 (11/16) A 1●2 相模 10勝3分19敗 9位 勝点33 得失-19 (得点37 失点56)
33 (11/23) H 1△1 J-22 10勝4分19敗 8位 勝点34 得失-19 (得点38 失点57)

※33節終了時
 10勝4分19敗、勝点34(8位) 1位金沢75、2位長野69、3位町田68、4位鳥取53
 得失-19(9位) 1位町田+37、2位金沢+36、3位長野+35、4位鳥取+9
 得点38(7位) 1位町田59、2位長野58、3位金沢56、4位相模原44
 失点57(10位) 1位金沢20、2位町田22、3位長野23、4位鳥取25

シーズン序盤、昨年全勝した横浜と福島に引き分けると、昨年は負けなかった琉球と相模原には負け、厳しいシーズンが始まる。
J3リーグ初勝利は、第6節の盛岡戦まで待たなければならなかった。
昨年全敗した長野、金沢にも負け、第1クール(第1~11節)を終えて、3勝2分6敗、勝点11(10位)、得失-8(9位)

しかし、第1クール最終節の藤枝に勝つと、第2クールに入り、鳥取、相模原にも勝利し、3連勝。
続く盛岡、福島、横浜、琉球にも勝利することが期待されたが、逆に4連敗し、町田、長野にも敗れ、6連敗。
J-22に勝利し、連敗は6で止まったが、第2クール(第12~22節)を終えて、6勝3分13敗、勝点21(10位)、得失-13(9位)

第3クールも連敗で始まったが、鳥取と町田に勝利し、第3クールでは4勝1分6敗と復調の兆しは見えたが、時すでに遅し。
10勝4分19敗、勝点34(8位)、得失-19(9位)で2014シーズンを終えた。

秋田の得点は昨年の48から38に減りましたが、去年よりも実力が伯仲するリーグに移り、また得点源の松田が抜けたことを考えると、よくこれだけ取ったと言うべきかもしれません。
今年からFWにコンバートされた三好の活躍がなかったらと思うとゾッとします。

失点については、昨年の45から57に増えました。
バックラインでもつなぐサッカーをしている以上、ある程度の失点は止むを得ませんが、不用意な失点が多過ぎました。
秋田の得点(38点)より少ない鳥取(34点)が4位になっていることを考えると、守備も重要です。
来季はもう少し守備に力を入れないと上位浮上は難しいのではないでしょうか。
あと、GKについては、アヤキの抜けた穴は大きかったというのが正直な感想です。

昨年の3月、三ツ沢でのYSCC戦で、ジョルジ監督率いるブラウブリッツは、組織的な動きとパスワークで相手守備陣を崩すサッカーを披露し、2-0で快勝し、エルゴラッソには「体育館中心の練習でも「驚き」の試合内容」という見出しで、この試合が1ページ近く使って紹介された。

この時、ジョルジ監督が掲げるパスサッカーの今後の進化に大きな希望と可能性を感じたが、残念ながら当初構想の3ヶ年計画を全うすることが出来ず、2年目が終わったところでジョルジ監督の構想は頓挫することとなった。

ジョルジ監督としては、12チーム中8位に沈んだ今季の成績に忸怩たる気持ちがあって辞めることにしたのだろうが、人懐っこいジョルジ監督の人柄と「与那城ジョージ」という人物のネームバリューを考えると、任期を1年残して辞任したのは残念であるし、寂しい。

ジョルジ監督の今後の活躍を祈念いたします。
2年間ありがとうございました。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2014シーズンの成績

 2014-12-01
ブラウブリッツの2014シーズンの成績

<通算:試合数33>
戦績:勝ち点34(10勝4分19敗) 8位
得失点差:-19(得点38、失点57) 9位タイ

J3の初年度は12チームの3回戦制、計33節で行われました。
これは昨年と比べると1試合少ないことになります。

1試合少ないことを差し引いても、得点は昨年の48から38に減少し、
失点は逆に45から57に増えました。
この結果、得失差も昨年は+3でしたが、今年は-19となり、これは
2011年度の-14(33試合)よりも悪い結果となりました。

また、負け数の19は、J3の中で一番多いです。
ブラウブリッツのJ3初年度は、厳しい結果となりました。
昨年4勝した福島、YSCCを相手に6戦で1勝しか出来なかったのが響きましたが、その代わり、昨年は勝てなかった町田から1勝し、藤枝からは2勝していますし、今季からJ3に参戦した鳥取から3勝しているので、JFLからJ3に参入したライバル相手との対戦成績はそんなには変わっていないのかもしれません。
2回戦制から3回制に変わったことで、昨年苦手にしていたところとの対戦成績が更に悪化したのも低迷した理由の一つでしょう。

次に、今年と去年のホームとアウェイでの勝ち点を比べてみましょう。

ホームの戦績(2014):勝ち点24(7勝3分8敗)得点27、失点28
アウェイの戦績(2014):勝ち点10(3勝1分11敗)得点11、失点29

ホームの戦績(2013):勝ち点33(9勝6分2敗)得点32、失点21
アウェイの戦績(2013):勝ち点17(5勝2分10敗)得点16、失点24

昨年はホームの全試合で得点し、ホームでは9勝6分2敗という好成績を残しましたが、
今年は7勝3分8敗で、昨年と比べると勝率は大きく落ちています。
それでもホームでは五分に近い勝率です。
しかし、アウェイでは3勝1分11敗と昨年以上に勝てませんでした。
勝てないし、点も入らない。そんな2014シーズンのアウェイでした。

<アウェイ戦績>
東北・関東:0勝1分5敗(△横浜、●盛岡、福島、町田、相模原2)
中部地方:1勝0分4敗(○藤枝、●金沢2、長野2)
西日本:2勝0分2敗(○鳥取2、●琉球2)

東北では0勝2敗と全敗。
関東では去年は2勝1分2敗でしたが、今年は0勝1分3敗と勝利はありませんでした。
中部地方では1勝4敗。藤枝のホームで初勝利を飾りましたが、長野と金沢のホームでは今年も全敗。
西日本(関西以西)では鳥取に全勝しましたが、琉球には全敗。

アウェイのうち飛行機で移動した鳥取戦、琉球戦は2勝2敗(うち鳥取に2勝)だったのに対し、
バス移動した試合は、1勝1分9敗とほとんど勝てませんでした。
この結果を見ると、昔から言われていますが、バスでの長距離移動が負担となっているのでしょうか?

上記の通り、今季の関東および関東近郊(長野、福島、静岡)での試合は1勝1分7敗とほとんど勝てませんでした。
関東在住者にとっては、残念な結果に終わったシーズンでした。

来季は関東および関東近郊で勝ち越せとは言いませんが、全試合での得点と3勝することを期待したいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

今季は遠方アウェイには参戦できるか分かりませんと言っていましたが、
実際には鳥取に2回、金沢にも1回参戦してしまいました。

来季は遠方アウェイには1回は参戦したいと思っていますが、出来るかな?
遠方アウェイは無理でも、関東および関東近郊には可能な限り参戦して、選手の後押しをしたいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2021チャント
2021応援クラップ
2021選手チャント


2021年の関東近郊の試合
2/28(日)vs 群馬(正田スタ)
3/07(日)vs 栃木(カンセキ)
3/14(日)vs 千葉(フクアリ)
5/15(土)vs 甲府(JITスタ)
5/29(土)vs 東京V(味スタ)
6/13(日)vs 町田(町田GION)
8/14(土)vs 大宮(NACK)
9/11(土)vs 水戸(K'sスタ)
11/3(水)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター