大曲工業、秋季東北大会で準優勝

 2014-10-30
春の甲子園(センバツ)を目指し、全国各地で激戦が続いています。
東北地区では、宮城県で東北大会が開催され、秋田県第1代表の大曲工業は、決勝戦で仙台育英に4-10で敗れはしましたが、準優勝という成績を収め、センバツに大きく前進しました。

東北大会試合日程・結果
http://www.sakigake.jp/p/sports/14/hsb_autumn/?ev=tohoku

東北大会組み合わせ
http://www.sakigake.jp/p/sports/14/hsb_autumn/tournament.jsp?ev=tohoku

センバツには、東北からは最低でも2校は出場できるので、決勝に進んだ大曲工業のセンバツ出場は濃厚でしょう。
あとは、いつぞやのように不祥事がないことを祈るばかりです。

ちなみに、大曲工業は、初の秋季東北大会の決勝進出で、秋田県勢としては、2009年の秋田商業以来となる5年ぶりの決勝進出でした。

さて、今回の東北大会での大曲工業の戦績を見てみましょう。

2回戦:大曲工業3-2松島(宮城3)(延長10回サヨナラ)

準々決勝:大曲工業4-4花巻東(岩手1)(延長15回、引き分け再試合)
準々決勝:大曲工業10-6花巻東(岩手1)

準決勝:大曲工業4-3鶴岡東(山形1)

決勝:大曲工業4-10仙台育英(宮城1)

引き分け再試合もあったことで、10月24日から29日までの6日間で5試合を戦う
ハードスケジュールでしたが、大曲工業の選手達は戦い抜きました。
エースの武田君は、決勝戦以外の4試合に登板し、花巻東との試合では15回を完投し、翌日の再試合、翌々日の準決勝でも先発したみたいですね。(完投したかは不明)

大曲工業の対戦相手は、初戦の松島以外は、岩手、山形、宮城の第1代表との試合。
宮城には敗れましたが、岩手、山形の強豪私立に勝ったのは、素晴らしいの一言です。

しかも、それなりに点を取っているのが、最近の秋田県代表とは違います。
再試合とはいえ、花巻東から10点も取っていますし、好投手のいる仙台育英から4点を取っているのも評価できます。

東北大会前の招待試合で、浦和学院(今秋の関東チャンピオン)から12点を取って勝っているのもフロックではないでしょう。

また、秋田県第2代表の能代松陽も2回戦を5-1で勝利し、ベスト8に進出しています。
準々決勝では、八戸学院光星に0-4で敗れましたが、秋の東北大会ベスト8に秋田県勢が2校残ったのも2009年以来でしょうか?

この時は、俺の母校の本荘もベスト4まで勝ち進み、あと1勝すればセンバツでしたが、インフルが蔓延していた秋田商業に0-1で惜敗し、初のセンバツ出場はなりませんでした。

あれから5年。
俺の母校の甲子園出場が間違いないと思っていた2010年、2011年に甲子園出場を逃すと、ここ最近は、甲子園どころか、県大会に出場出来れば御の字という状況になっています。

それでも心の支えは、低迷している中でも、練習試合では県外の強豪と互角に戦ってきたところ。
県外の強豪と互角に戦えるのは本荘だけだ、そして、そんな本荘だから、甲子園にも行けるはずだ、と思って母校の甲子園出場を願ってきましたが、本荘以外の高校でも県外の強豪に勝てるところを見せられると、そんな心の支えは、打ち砕かれました。

率直に言って、現時点では、本荘と秋田県内の強豪校との力の差は大きいと感じています。

長年、秋田市の高校が甲子園出場を独占してきましたが、10年近く前から本荘がそれに加わり、ここ数年は県北、県南の高校もそれに加わっています。

県北、県南の高校でも甲子園に行くことは十分可能であるし、甲子園でも勝てる。
今回の東北大会での大曲工業と能代松陽の試合結果を見て、本当にそう思いました。

いまや、秋田県内の強豪校は、秋田市内の高校だけではありません。
というか、大曲工業、能代松陽といった県南、県北の高校の方が強いかもしれません。
秋田県の高校野球は、群雄割拠する戦国時代に突入したことを実感させられた今回の東北大会でした。

そして、群雄割拠する秋田県内において、母校の本荘は、強豪校からは一歩リードされていて、現時点では甲子園を狙える位置にいないことも認識させられました。

まずは、西目に勝って、本荘由利地区の中で一番甲子園に近い高校であると地元の中学生に分かってもらえるようになるところからスタートですね。

とは言え、本荘が甲子園に行ける可能性はゼロではないと思っています。

おそらくセンバツに出場することになる大曲工業であるが、センバツで1勝でもしたら夏の甲子園に大曲工業が出場することへの期待もかなり高くなるだろう。
夏の甲子園出場と甲子園での勝利を期待されている大曲工業を本荘が撃破する。
夏の甲子園予選は一発勝負なので、そんな奇跡が起こることを密かに期待しています。

頑張れ、本荘高校硬式野球部!
夏の本荘の伝統を復活させてくれ!

最後に、大曲工業がセンバツに出場することと、センバツで勝利することを祈念いたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

第47回なまはげ銀座店<秋田県ゆかりの会>

 2014-10-27
毎月開催されている、なまはげ銀座店<秋田県ゆかりの会>ですが、
11月については、
11月16日(日)の夜に開催されます。

募集条件は、
二十歳以上の秋田県に、ゆかりのある方
二十歳以上の秋田県が大好きな方

秋田県ご出身でない方、大歓迎です。
秋田県が好きな方、秋田県に興味がある方の参加をお待ちしております。
(と言っても俺は店の人間でも幹事でもないんですがw)

なまはげ銀座店がどういう店かというのは、下記をご覧下さい。
 ↓

http://www.youtube.com/watch?v=DnTY-pu2CEU

「秋田県ゆかりの会」のチラシの内容を転載しますが、都合のつく首都圏在住の秋田県人の方、そして秋田県に興味がある方は、参加を検討して頂けますと幸いです。
↓  ↓  ↓

お客様各位                2014年10月吉日
                       なまはげ銀座店

第47回 なまはげ銀座店<秋田県ゆかりの会>のご案内

前略 なまはげ銀座店<秋田県ゆかりの会>を下記の通り開催したく、
ご案内させて頂きます。
秋田県が好きな方が集まり、新しい秋田の魅力を発見していただく会となります。
 尚、今回の募集条件は下記の通りとなりますのでご確認ください。
                                     草々

日時・・・平成26年11月16日(日曜日)
         17時30分受付開始
         18時00分~22時00分
         (※ドリンクラストオーダー21時30分)

募集条件・・・二十歳以上の秋田県に、ゆかりのある方
       秋田県が大好きな方(秋田県ご出身でない方、大歓迎です)

お料理・・・秋田料理主体のコース

飲み物・・・秋田の日本酒、ビール、焼酎、梅酒、ソフトドリンクなどの飲み放題

参加費・・・5000円(税込み)※当日現金にてお願い致します。

場所・・・「なまはげ銀座店」 東京都中央区銀座8-5-6中島商事ビル9F
       電話:03-3571-3799
       FAX:03-3571-3169

   お電話での申し込みをお願いします。
 (11月14日までに予約をお願いします。)

 会の性質上、キャンセルは2日前の11月14日までにご連絡ください。

 なまはげ銀座店 TEL 03-3571-3799

 店舗ホームページ
 http://www.akita-namahage.jp/ginza/

                                              以上
<追記1>
なまはげ銀座店<秋田県ゆかりの会>については、スタッフのブログ もご参照ください。
 ↓
「なまはげ銀座店スタッフ」ブログ
http://ameblo.jp/redundancy/

<追記2>
在庫があれば、ブラウブリッツのエンブレムが入った日本酒、「青い稲妻」を飲むことができるかもしれません。

P1010493.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

相模原戦@ギオンスの告知チラシの掲示を依頼

 2014-10-27
ブラウブリッツの2014シーズンの試合もあと4試合です。
このうち、関東で行われるのは、11月16日の相模原戦@ギオンスです。

11月16日(日)13:00キックオフ

SC相模原 VS ブラウブリッツ秋田
(相模原ギオンスタジアム)

P1010451.jpg

一人でも多くの秋田県出身者と秋田に関心のある方に相模原まで足を運んでもらい、ブラウブリッツを、そして秋田を応援してもらいたいと思い、この試合の告知チラシを作成しました。
掲示については、鳥取戦のあった週の金曜日に、都内3ヶ所に足を運んでお願いしてきました。


まずは、有楽町にある「秋田ふるさと館」

秋田ふるさと館(有楽町 交通会館ビル)
http://www.a-bussan.jp/shop/tokyo/

秋田ふるさと館に告知チラシが掲示されている様子は、FC東京サポの方のツイートを見てもらえればと思います。
 ↓
https://twitter.com/KbKobei/status/524500379560443904


次に、品川の「あきた美彩館」

あきた美彩館(品川駅前 ウィング高輪WEST-III 1階)
http://www.akita-bisaikan.jp/

P1010454.jpg

掲示をお願いしたのは、先々週の金曜日ですが、先週土曜日に、横浜にブラウブリッツユースの試合を見に行くついでに再訪し、A4の告知チラシ10枚ほどを設置してもらうようにお願いしてきました。

店を訪問すると、店の外で、秋田県のリンゴ、梨などが販売されていました。

P1010453.jpg

P1010457.jpg

秋田県の農産物は、コメだけではありません!
今後も、コメ以外の農産物の販売と宣伝に力を入れてほしいものです。

さて、相模原戦の告知チラシは、飲食店の入口に掲示されていました。

P1010452.jpg

「あきた美彩館」は、品揃えが豊富で、食事も出来ますので、秋田の産物を買いたい、食べたいと思った時は、品川まで足をお運びください。


最後に、新橋にある「なまはげ銀座店」

「なまはげ銀座店」
http://www.akita-namahage.jp/ginza/

P1010490.jpg

相模原戦の告知チラシについては、店の入口の前にあるカゴのところにA3の大きさのものが掲示されていました。

P1010489.jpg

目立つところに掲示して頂いてありがとうございました。
ちなみに、入口の前のカゴの中には、持ち帰り用として、A5の大きさのものが10部ほどあります。

現在、なまはげ銀座店では、ブラウブリッツのエンブレムが入った日本酒、「青い稲妻」を飲むことができます。

P1010493.jpg

今回、なまはげ銀座店を訪問したのは、この「青い稲妻」を飲むのが主目的でした。

P1010491.jpg

赤なまはげさんとも「青い稲妻」で乾杯し、ブラウブリッツの今後の躍進を祈念しました。

P1010492.jpg

なお、この「青い稲妻」ですが、俺のテーブルで3本飲んだのと、近くにいた秋田県人の集団も2本飲んだこともあり、品切れとなってしまいました。
次回、いつ入荷するか分かりませんが、入荷した際は、是非、「青い稲妻」を頼んでください。
非常に飲みやすい味の日本酒です。


告知チラシの掲示・設置にご協力頂きました各店舗の皆様に御礼申し上げます。
今後とも宜しくお願いいたします。


11月16日(日)は相模原へ!!

高原を止めて、相模原に勝とう!!


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

ブラウブリッツU-18の試合を見に行きました

 2014-10-27
10月25日に横浜のマリノスタウンで行われたJユースカップ、横浜F・マリノスユース対ブラウブリッツ秋田U-18の試合を見に行きました。

マリノスタウンは、横浜駅東口から徒歩10分ほど、みなとみらい線の新高島駅から徒歩5分の臨海部にあります。

P1010459.jpg

P1010458.jpg

トレーニングセンターは、3面のピッチがあり、ローソンやグッズの販売店が併設されており、2,000人収容の観客席もあります。

P1010461.jpg

P1010465.jpg

以下の3枚の写真は、観客席から撮影したものです。

P1010462.jpg

P1010464.jpg

P1010463.jpg

ここで観客席にいた親切な方から、サポーターの人はいつもピッチのところのベンチで応援するようですよ、と教えられ、観客席からピッチの方に向かいました。
ここで、ようやく今回の観戦を呼び掛けたサポ仲間と合流できました。
ちなみに、選手の父兄以外で見に来ていたのは、我々2人だけでした。

P1010466.jpg

P1010471.jpg

試合前に円陣を組み、気合を入れる選手達。
チーム名は、ブラウブリッツ秋田U-18ですが、高校1年生と中学生で構成されているチームです。
このメンバーで、マリノスユースに挑みます。

P1010469.jpg

P1010470.jpg

試合は15時に開始。
地力で勝る相手に押され、秋田陣内で試合が進み、前半9分と19分に失点。

P1010472.jpg

P1010473.jpg

その後は、マリノスユースが本領を発揮し、得点を量産し、前半だけで9点を奪う。
そして、後半戦が開始。

P1010476.jpg

後半になると、秋田ユースが横浜陣内に攻め込む場面も増えてくる。
これに合わせ、後半は声出し応援を少しだけ行いました。

P1010478.jpg

そして、後半20分、右サイドを突破し、中にボールを入れると、ゴール前に秋田の選手がなだれ込み、ついにゴール!!

P1010479.jpg

J1のクラブのユースからゴールしました!
このゴールに盛り上がる選手の父兄とサポ2名。

しかし、後半のマリノスユースは、エンジンが掛かってきたのか、ゴールを量産。

P1010481.jpg

終わってみれば、1-21の大敗でした。

P1010482.jpg

やはり、マリノスユースは強かった。
これを決めるか、というすごいゴールが何度もあり、これには感心しました。

ブラウブリッツU-18は、高校1年生と中学生で構成されたチーム。
ユースとしても発展途上のチームです。
Jユースカップは、3試合で45失点する完敗に終わりましたが、J1のユースと試合をしたことは貴重な経験となったと思いますし、マリノスユースから1点を奪ったことは、今後に向けての大きな自信になったと思います。

この1点は、明日につながる大きな1点です!

ブラウブリッツを強くするには、選手の育成にも力を入れないといけません。
3年後にブラウブリッツユースからトップチームに昇格する選手が出ることを期待したいですし、Jリーグのクラブに入団する選手が出ることにも期待したいです。
また、いつの日か、ブラウブリッツユースから日本代表が出ることにも期待したいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツユース!!

P1010484.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

鳥取戦@とりスタのハイライト動画

 2014-10-23
今季から発足したJ3リーグを盛り上げるため、スカパー!でJ3リーグ全198試合のハイライトの放送を実施してくれています。

『スカパー! J3リーグハイライト』
http://www.j3-highlight.com/

J3の全試合のハイライトの放送をしているスカパー!さんに感謝です。

さて、前節のガイナーレ鳥取戦のハイライト動画は次の通りです。

J3リーグ第29節 ガイナーレ鳥取 vs ブラウブリッツ秋田/ 2014年10月19日
http://www.j3-highlight.com/movie/1226

鳥取の攻撃をよく防いだなというのと、江崎のゴールはお見事!
という印象ですね。

P1010436.jpg

ハイライト動画を見ても、江崎のゴールは本当にきれいなゴールですね!

三好の1点目も遠くて良く分かりませんでしたが、ハイライト動画を見て、ようやく確認できました。
スカパーさんに感謝です!

さて、次節は、第2クールの対戦で0-3で完敗した盛岡が相手です。
盛岡南で負けた借りは今年中に返さなければいけません。

ただ、俺は次節の盛岡戦には参戦できないので、11月2日の盛岡戦に参戦する皆さんに勝利を託したいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

次節は盛岡に勝とう!!


<追記>
第3クールに入ってからのブラウブリッツのハイライト動画(第23節~第28節)は、下記の通りです。

J3リーグ第28節 ブラウブリッツ秋田 vs Y.S.C.C.横浜/ 2014年10月11日
http://www.j3-highlight.com/movie/1198

J3リーグ第27節 福島ユナイテッドFC vs ブラウブリッツ秋田/ 2014年10月5日
http://www.j3-highlight.com/movie/1164

J3リーグ第26節 ブラウブリッツ秋田 vs ツエーゲン金沢/ 2014年9月20日
http://www.j3-highlight.com/movie/1084

J3リーグ第25節 ブラウブリッツ秋田 vs FC町田ゼルビア/ 2014年9月14日
http://www.j3-highlight.com/movie/1058

J3リーグ第24節 AC長野パルセイロ vs ブラウブリッツ秋田/ 2014年9月7日
http://www.j3-highlight.com/movie/1050

J3リーグ第23節 ブラウブリッツ秋田 vs FC琉球/ 2014年8月31日
http://www.j3-highlight.com/movie/1022

また、ブラウブリッツの第1クールと第2クールのハイライト動画は、下記の通りです。

第2クール(第12節~第22節)
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-1368.html

第1クール(第1節~第11節)
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-1309.html


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

鳥取戦@とりスタの道中&交通手段について

 2014-10-22
10月19日の鳥取戦@とりスタには、秋の乗り放題パスを使った上で、行きは普通列車、帰りは普通列車と夜行バスを使って参戦しました。
以下に往復の道中、往復の行程、旅費について、まとめてみました。

<往路>
試合前日の朝、5時過ぎに自宅を出て、まずは東京駅を目指しました。
6:19に東京駅に到着し、買った朝食は、こちら。

P1010347.jpg

P1010350.jpg

「鳥めし」です!
これを食べて鳥取に勝つぞ!ということで、購入しました。

6:34に東京駅を出発し、途中、富士山を眺め、

P1010351.jpg

そして、東海道線の土砂崩れ現場(由比と興津の間)を通過し、

P1010352.jpg

そして、浜名湖を眺め、11:37に愛知県の豊橋に到着。
東京駅から2回の乗り換え(沼津、浜松)だけで到着しました。

豊橋では、駅の外に出て昼食を食べる予定でしたが、駅の構内にラーメン屋があったので、ここで昼食を摂ることに。

P1010353.jpg

昼食は、富山ブラックラーメンにしました。
真っ黒なスープのラーメンですが、スープは塩辛くなく、ダシが効いていて、あっさりした味のラーメンでした。

豊橋から1回の乗り換えで滋賀県の米原に到着。
米原の手前では、伊吹山が見えました。

P1010354.jpg

米原からは新快速の姫路行きに乗り、京都で降りる予定だったが、車内が混んでいて、京都で降りるのが面倒だったので、そのまま姫路まで行きました。

途中、明石大橋を写真に撮ろうと思っていましたが、撮影に失敗し、写真は撮らずに16:48に姫路到着。

P1010356.jpg

姫路からは姫新線、因美線というローカル線で鳥取を目指します。
ここからは、ディーゼル車での行程となります。

播磨新宮駅で下車し、駅前のヤマザキで夕食を購入。
おにぎり、パンのわびしい夕食で、駅前のベンチで一人わびしく食べました。

そして、ここで日没となりましたが、日没後は急激に寒くなり、トレーナーだけでは寒さを感じました。
気温が下がっていたことで、姫新線、因美線の車内では、暖房が入っていました。
昼間、東海道線内では冷房が入っていたんですけどね。

播磨新宮を出て、佐用、東津山で乗り換え、鳥取県の智頭に到着したのは、20:58
ちなみに、播磨新宮から智頭までの区間では、車両は1両編成でした。

P1010357.jpg

智頭が最後の乗り換え駅で、鳥取到着は、21:56
東京駅を出てから15時間20分、自宅最寄り駅を出てから16時間30分が経過していました。
そして、夜の鳥取もトレーナーだけだと寒かったです。

この日は鳥取のホテルに宿泊。
ホテルにチェックインした後、先に到着していたサポ仲間と飲みに行きました。

<復路>
鳥取戦が終わった後、シャトルバスで鳥取駅へ。
鳥取駅から京都までは普通列車で移動し、京都から東京までは夜行バスでの移動となる。

鳥取駅を16:58に出発し、智頭に17:48に到着。
夜行バスの時間に間に合わせるため、智頭から上郡までは、智頭急行を利用しました。
ちなみに、智頭急行という名前ですが、俺が利用したのは普通列車です。

P1010358.jpg

上の写真は、智頭急行の「恋山形駅」です。
駅の写真は撮りそびれましたが、本当にピンク色の駅でした。

上郡で智頭急行からJRに乗り換え、姫路には19:51に到着。

P1010447.jpg

姫路駅の構内にある吉野家で夕食を食べた後、20:17発の新快速で京都に向かいました。
京都駅到着は、21:49

京都駅を22:45に出発する夜行バスに乗り、東京駅に着いたのは、翌日の朝5時。
鳥取駅を出て12時間で東京に到着しました。

次に、往復の行程と交通費は次の通りです。
最初に述べた通り、秋の乗り放題パスを使った上で、行きは普通列車、帰りは普通列車と夜行バスを利用しました。

<行程>
行き:10/18(土) 東京→姫路→鳥取(東海道線、姫新線経由)
東京6:34発→沼津8:39着、8:42発→浜松10:51着、11:03発
→豊橋11:37着(ここで下車し、駅構内で昼食)
豊橋12:03発→大垣13:31着、13:42発→米原14:17着、14:20発
→姫路16:48着、16:54発→播磨新宮17:26着(ここで下車し、夕食を購入)
播磨新宮18:09発→佐用18:39着、18:41発→東津山19:36着、19:47発
→智頭20:49着、21:13発→鳥取21:59着(以上JR)

帰り:10/19(日)、20(月) 鳥取→京都(智頭急行線経由)→東京
鳥取16:58発→智頭17:48着(JR)
智頭18:00発→上郡19:08着(智頭急行線)
上郡19:18発→姫路19:51着(JR、ここで下車し、駅構内で夕食)
姫路20:17発→京都21:49着(JR)
京都22:45発→東京5:00着(夜行バス、3列シート)

<旅費>:20,984円
①交通費:15,260円
1.JR乗車券:7,710円(秋の乗り放題パス)
2.智頭急行乗車券:1,200円(智頭→上郡、智頭急行20周年記念きっぷ)
3.夜行バス:6,350円(京都→東京)
※私鉄からJR、JRから私鉄の料金は含まず。

②宿泊費:5,724円

③合計:20,984円

P1010449.jpg

宿泊先を漫画喫茶にして、帰りの夜行バスを4列シートにすれば、更に4,000円~5,000円は安く出来たんでしょうが、贅沢しちゃいました。
でも、そのおかげで、東京に戻って来た時も、そんなに疲労は感じませんでした。

ちなみに、東海道線は10月16日に復旧しましたが、復旧しない場合は、中央線経由での参戦を予定していました。

<行程>
行き:10/18(土) 南越谷→塩尻→鳥取(中央線、智頭急行線経由)
南越谷5:31発→西国分寺6:11着、6:23発→立川6:29着、6:43発
→甲府8:41着、8:53発→塩尻10:41着、10:49発→中津川12:47着、12:50発
→金山14:08着、14:24発→米原15:40着、15:48発→英賀保18:27着、18:43発
→上郡19:12着(以上JR)
→上郡19:21発→智頭20:38着(智頭急行線)
→智頭21:13発→鳥取21:56着(JR)

帰り:10/19(日)、20(月) 鳥取→京都(智頭急行線経由)→東京
鳥取16:58発→智頭17:48着(JR)
智頭18:00発→上郡19:08(智頭急行線)
上郡19:18発→姫路19:51着、19:57発→京都21:29着(JR)
京都22:45発→東京5:00着(夜行バス、3列シート)

<旅費>:
①交通費:16,460円
1.JR乗車券:7,710円(秋の乗り放題パス)
2.智頭急行乗車券:2,400円(智頭⇔上郡@1,200(智頭急行20周年記念きっぷ))
3.夜行バス:6,350円(京都→東京)
※私鉄からJR、JRから私鉄の料金は含まず。

②宿泊費:5,724円

③合計:22,184円

東海道線経由と比べると、途中下車して食事の時間を取れないので、昼食、夕食は駅弁になりますね。
また、中央線経由だと、智頭急行線を使わないと、その日のうちに鳥取に到着できません。

いずれにしても、東京から鳥取までは、普通列車だけを使っても、その日のうちに行くことが出来ます。
宿泊費も含めた今回の遠征費用を考えると、夜行バスで東京~鳥取を往復した方が良かったんじゃないかとも思いますが、0泊3日の遠征は疲れるので、鳥取に前泊する日程で良かったのかなと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

鳥取戦の前に鳥取砂丘を訪問

 2014-10-21
10月19日の鳥取戦の当日の朝、鳥取砂丘を観光してきました。

鳥取には前泊していましたが、泊まっていたホテルで自転車の無料貸し出しがあったので、これを利用して試合前に鳥取砂丘に向かうことにしました。

鳥取砂丘は、鳥取駅から約4.6km。
自転車なら楽に行ける距離だと思いますが、宿の人からは、坂があってきついですよ、と言われ、一瞬自転車で行くのをやめようかとも思いましたが、これも話のネタになるかなということで、7:40頃に、自転車で出発。

まずは鳥取駅北口から見える山を目指します。
ちなみに、この山には鳥取城の跡があります。

P1010379.jpg

山の手前で国道53号にぶつかるので、これを左折し、国道9号とぶつかったら、今度は右折します。
道路標識にも「鳥取砂丘」の表示があるので、標識に従って進みます。

そして、国道9号を少し進むと、山が見えてきます。
道路の横に「ようこそ鳥取砂丘へ」の大きな看板が見えます。

P1010378.jpg

この坂道を登らないと、鳥取砂丘には行けません。
坂道の途中で、鳥取市の市街地と遠くに大山が見えました。

P1010360.jpg

このビューポイントを過ぎると、砂丘トンネルというトンネルがあり、これを過ぎると、鳥取砂丘はすぐです。
ちなみに、上り坂は、この砂丘トンネルまでの約1kmです。

坂道の大半は自転車を下りて押して進みましたが、トンネルの手前で再び乗って、立ちこぎで進みました。
きつくて途中で下りようかとも思ったが、ここで下りると鳥取に負けるような気がして、「勝つぞ、勝つぞ、勝つぞ」と気合を入れて登り切りました。
これで試合前の願掛けもバッチリです(笑)

さて、砂丘トンネルを出ると、砂防林の奥に砂丘が見えてきます。
ここから鳥取砂丘までは1kmです。

P1010361.jpg

そして、鳥取砂丘に8時20分頃に到着。
上り坂だったのと、途中でコンビニに寄ったこともあり、鳥取駅からは自転車で40分近く掛かりました。

鳥取砂丘には、砂丘入口という看板のあるところから入りました。
さあ、砂丘の旅のスタートです。

P1010362.jpg

俺の直前に砂丘に入ったのは2人だけで、砂丘のどこが見どころなのか分からなかったが、少し進むと、遠くに大きな砂山が見え、多くの人が登っていたので、俺もそこを目指すことにした。

P1010364.jpg

この砂山に行くには、一度斜面を下りないといけない。
一度斜面を下りて、砂山を目指す。

P1010369.jpg

P1010368.jpg

砂山に着いて、登り始めたが、足が砂に埋まって登るのがきつい。
息を切らしながら砂山を登り終えると、目の前に日本海が広がりました。

P1010370.jpg

P1010371.jpg

苦労して登った甲斐がありました。
また、砂山の山頂からは大山も見えました。

P1010373.jpg

山頂からの風景を堪能し、戻ることに。

P1010374.jpg

砂山を下っていると、今朝の飛行機で羽田から来たサポ仲間と遭遇。
遭遇したのもそうだが、この時間(朝9時前)に砂丘に到着していることに驚いた。
東京から鳥取砂丘は近い!

一言二言話した後、では後ほどスタジアムで、と別れを告げ、俺は帰路へ。

P1010376.jpg

P1010375.jpg

この上り斜面を上って、最初に入ってきた場所を目指す。

P1010367.jpg

そして、砂丘の旅が終了。
俺が砂丘にいたのは、20~30分ぐらいでしょうか。

気温が少し上がって来ていたので、砂丘の入口にある土産物店で、梨のソフトクリームを買いました。
自転車をこぎ、砂丘を歩いた後だったので、おいしかった!

P1010377.jpg

そして、再び自転車に乗り、鳥取駅前に。
帰りは下り坂だったので、20分も掛からずに戻って来られました。

7:40に鳥取駅前を出発し、9:20頃に戻ってきたので、現地での滞在時間を入れても、往復で2時間掛かっていません。
宿の人には自転車だときついよと言われましたが、所詮は、4.6km。
鳥取駅から自転車で砂丘に行くのは問題ありません。

ただ、今回は10月の半ばで、朝は寒いくらいだったので、汗だくになることもなく行けましたが、
真夏だと坂道がきついかもしれません。
また、風が強い日も坂道を上るのがきついかもしれません。

それにしても、鳥取砂丘には初めて行きましたが、いいですね!
何がいいのかと言われても、うまく説明できませんが、

とにかく、いいんです!(笑)

来年、鳥取に来れるかは分かりませんが、いつの日か、また鳥取砂丘に行ってみたいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

とりぎんバードスタジアム(外観、スタ飯など)

 2014-10-20
10月19日の鳥取戦の試合会場である「とりぎんバードスタジアム」の様子を報告します。

まずは、スタジアムの外観について。
メインスタンドの外観は次の通りです。

P1010401.jpg

P1010381.jpg

P1010400.jpg

次にバックスタンドの外観

P1010396.jpg

スタジアムの中は、こんな感じです。

P1010409.jpg

大型ビジョンもあります。

P1010412.jpg

また、フードコート、売店の様子は次の通りです。
店はハロウィン仕様に飾り付けされていました。

P1010404.jpg P1010383.jpg
P1010387.jpg P1010386.jpg
P1010415.jpg

そして、フードコートには食べるところも用意されていました。

P1010388.jpg

食べるところがあるのは嬉しいですね。
スペースの問題で、あきぎんスタジアムだと難しいのかもしれませんが、これは秋田としても見習いたいものです。

フードコートには、ガイナマンも登場。
ヒゲを生やしてハロウィン仕様でした。

P1010385.jpg

では、フードコートのスタ飯を見ていきましょう。
写真に撮ったのは一部だけですが、スタ飯の種類は多く、どれもおいしそうです。(^_^)

P1010390.jpg P1010391.jpg
P1010392.jpg P1010405.jpg

また、大型ビジョンで案内されていた通り、ブースの中には、新戦力獲得の寄付プロジェクト、「野人と漁師の「チームとっとり」プロジェクト」のブースもありました。

P1010425.jpg

P1010393.jpg

P1010394.jpg

この「チームとっとり」には、アウェイサポでも加入できるみたいです。


さて、俺が買ったスタ飯、飲み物は次の通りです。
真っ先に買ったのは、「琴浦あごカツカレーバーガー」です。
「あご」というのは、鳥取の方言で「トビウオ」のことだそうです。

P1010384.jpg

P1010414.jpg

P1010398.jpg

P1010399.jpg

なぜ、このバーガーを買ったかというと、俺の出身地の仁賀保町に「琴浦」という町名があるから。
それが理由です(笑)

バーガーの他に買ったのが、「大山黒牛 白ネギ焼きそば」

P1010397.jpg

次に、買った飲み物について。
これは、グリーンティーというお酒をベースにした「照葉樹林」というカクテルです。
グリーンティーというお酒をウーロン茶で割って作ります。

P1010413.jpg

そして、これは鳥取名物の梨を使った、「梨チューハイ」です。

P1010416.jpg

鳥取のチームカラーの緑の飲み物と、鳥取の名産の梨を使った飲み物を飲んで、鳥取に勝ちます!!
ということで購入しました。

以上が、スタジアムの外の様子の報告になります。
鳥取のスタ飯は、J2を経験しているからか、種類も豊富で、楽しめました。

また、特設ステージでは、ダンスのショーや、サポーター対決も行われていました。
鳥取のホームスタジアムである「とりスタ」には、たくさんのスタ飯、様々なイベントがあり、家族で来ても一日中楽しめるのではないかと思いましたし、実際、小さい子供と一緒に来場している鳥取サポは多かったです。

サッカー以外でも楽しめる場所にすることが、集客の鉄則だと言われますが、鳥取ではそれが実践されています。
予算の問題などで難しいのかもしれませんが、多くの家族連れも楽しめるスタジアムにするように、秋田も頑張ってほしいものです。

鳥取に出来たことは、秋田にも出来る!

秋田も頑張ろう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2014明治安田生命J3リーグ第29節終了

 2014-10-20
順 チーム 勝点 (勝分負) 得失
01 金 沢 63 (19 6 4) +27
02 長 野 59 (17 8 4) +26
03 町 田 56 (16 8 5) +30
04 鳥 取 49 (13 10 6) +10
05 盛 岡 40 (11 7 10) +8
06 相模原 34 (9 7 13) -5
07 福 島 33 (8 9 11) -4
08 琉 球 30 (7 9 12) -16
09 秋 田 30 (9 3 17) -17
10 J-22 28 (8 4 16) -22
11 藤 枝 26 (6 8 14) -13
12 横 浜 20 (3 11 14) -24

ブラウブリッツ秋田は2-1で勝利し、2連勝!!
順位は9位で変わらず
(9勝3分17敗、得点33、失点50、得失-17)

鳥取1-2秋田
  (0-1)
  (1-1)
得点者(秋田):19分三好、52分江崎

勝ち点:30(+3点)
得失点差:-17(+1点)

<その他の試合>
福島 0−0 J-22
横浜 0−0 琉球
盛岡 1−1 町田
長野 2−0 相模原
金沢 2−0 藤枝

首位の金沢、2位の長野は共に勝利し、勝ち点差4は変わらず。
3位の町田は引き分け、2位の長野との勝ち点差が4に広がりました。

秋田は鳥取に勝利し、連勝。
順位は9位のままで変わりませんが、8位の琉球と勝ち点が並び、11位の藤枝との勝ち点差を4に広げました。

次節は1週空けて、11月2日に行われます。
秋田の次節の対戦相手は、同じ東北の盛岡。
今季の対戦成績は、1勝1敗で、次の試合で決着がつきます。

福島には負け越しましたが、盛岡には勝ち越してほしいものです。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

盛岡に勝つぞ!!

次節の盛岡戦には参戦できませんので、関東から念を送ります。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

鳥取との激闘を制す、2-1で勝利!!

 2014-10-20
昨日、とりぎんバードスタジアムで行われた鳥取戦に参戦し、今朝、埼玉県に戻ってきました。

ちなみに、とりスタだけでなく、鳥取市に行ったのは初めてです。(米子は5月に行きました)

試合結果は、皆さんご存知の通り、鳥取に2-1で勝利し、2連勝!!
また、今季の鳥取戦は3戦全勝となりました。
試合の経過およびスタッツは、ブラウブリッツの公式サイトなどをご覧下さい。

J3 第29節 ブラウブリッツ秋田 VS ガイナーレ鳥取
http://blaublitz.jp/score?game_id=706&t=news

第29節 鳥取 vs 秋田:戦評
http://match.j3league.jp/match/2014/101904_3.html

試合前日の朝、埼玉県の自宅を出て、普通列車を乗り継ぎ、鳥取に着いたのは、夜10時。
宿にチェックインした後、先に到着していたサポ仲間と合流し、作戦会議という名の飲み会に参加させてもらいました。

試合当日の朝は、まず鳥取砂丘に観光に行き、その後、サポ仲間のレンタカーに乗せて頂き、とりぎんバードスタジアムへ。
メインスタンドは八橋陸上競技場に似ていますが、収容人数16,000人のJ1規格のサッカー専用のスタジアムです。

P1010409.jpg

P1010407.jpg

P1010408.jpg

大型ビジョンも2010年の時と違って立派なものに改修されたようです。

P1010412.jpg

とりぎんバードスタジアムは、鳥取駅南口から数kmのところにあり、田んぼや畑に囲まれた中にあります。
ゴール裏からは農作業をするおばあちゃんの姿も見えました。

P1010410.jpg

選手バスの入り待ちは、下の写真の道路上で行いました。
敷地内は鳥取サポさんが入り待ちをするので、アウェイサポは、敷地内に入ってきたバスに対して敷地外の道路から声援を送る訳です。

P1010400.jpg

ちなみに、鳥取の運営スタッフによると、J3のクラブで選手バスの入り待ちをしたのは、秋田が初めてとのこと。
道路上での入り待ちのため、太鼓は禁止でした。

ゴール裏に戻る途中で、鳥取サポによる選手バスの出迎えが始まったので、遠くから見学。

P1010402.jpg

P1010403.jpg

選手の顔写真のゲーフラを多く掲げていたのが印象的でした。

この日の入場者数は、2,441人。

P1010438.jpg

大勢の鳥取サポーターが鳥取の勝利を後押しします。

P1010426.jpg

P1010429.jpg

P1010420.jpg

これに対する秋田のゴール裏には10数名が陣取りました。
秋田から5人、関東から4人、関西から2人、これら以外では、友情応援としては、グノの応援で北九州から2人、三好のお父さんのご友人のご夫妻がゴール裏で応援しました。

参戦した人の中には、こういうバッグで参戦した人も。
すばらしいです。

P1010443.jpg

俺はBーFREAKS関東のLフラッグを持参しましたが、大型ビジョンの前で大旗を振ることが禁止されていたので、念のため、Lフラッグも大型ビジョンの外側に設置して応援しました。

P1010423.jpg

なお、この試合は、熊林にとっては、JFL、Jリーグ、J3リーグで通算出場400試合となる記念すべき試合です。

P1010411.jpg

これを知っているのか分かりませんが、試合前にゴール裏に挨拶に来た選手達からは気迫のようなものを感じました。

P1010421.jpg

鳥取に勝利して熊林の通算出場400試合に花を添えよう!!

さて、対戦相手の鳥取であるが、5月末から新戦力獲得の寄付プロジェクト「野人と漁師のツートッププロジェクト」を発動。

P1010425.jpg

その結果、フェルナンジーニョ、ハマゾッチといったブラジル人選手など数名の獲得に成功。

P1010427.jpg

P1010428.jpg

これらの新加入選手はゴールを量産し、その実力を見せつけている。

対する秋田は、前節の試合でCBの初田が負傷退場し、今節の出場が絶望視。
代わりのCBは、前節に急遽CBに入った平井が務めると噂されていた。

平井は元々FWの選手。
昨年から秋田でSBをやることもあったが、急造のCBであることには変わりない。
果たして平井がCBに入った守備陣で鳥取のブラジル人選手を止めることができるのかと不安でした。

で、先発が発表されると、平井はFWで紹介。

P1010424.jpg

え、CBは島川と山田でやるのか?
と思いましたが、試合が始まると、CBは島川と平井で務めていました。

右SBが江崎、CBが平井と島川、左SBが新里というDF陣で試合が開始されました。

P1010430.jpg

速いパス回しで攻撃を組み立てる両チーム。
見応えのある攻防が展開されました。

P1010431.jpg

P1010432.jpg

しかし、地力に勝る鳥取の方がチャンスが多く、ブラウブリッツは再三ピンチを迎える。
そんな中の前半19分、レオナルドが右サイドからシュートを打つと、相手GKの小針がファンブルしたボールを三好が押し込み、ブラウブリッツが先制に成功する。

先制された鳥取は、サイドから再三に亘ってチャンスを作ったが、GK浅井の再三に亘るファインセーブとチーム全員の気迫の守備でこれを防ぐ。
俺が不安に思っていたCBの平井だが、パス回しで不安定なところもあったが、ヘディングは強く、よくハマゾッチを抑えていた。
また、全員の守備の意識も高かったし、攻守の切り替えも早かった。

それにしても、浅井のファインセーブが目立った前半だった。
中でもハマゾッチの至近距離からのシュートを止めたのはすばらしい。

P1010433.jpg

そして、前半終了間際、前線で頑張っていたレオナルドが足を痛め、退場となり、前山が投入された。

P1010434.jpg

前半は1-0でブラウブリッツがリードして折り返した。

この日、鳥取のGKは小針だった。

P1010435.jpg

小針はJクラブにも所属していたベテラン選手。
高い身体能力を誇り、ドレッドヘアがトレードマーク。
今季の出場試合数は少ないようだが、栃木SC時代にTDKと対戦した際は、ファインセーブを連発し、栃木の勝利に大きく貢献している。
TDK時代からのサポにとっては、小針は破らなければならない壁。
2010年のホームでの対戦ではブラウブリッツが3-2で小針のいる鳥取に勝利しているが、俺はこの試合を見ていない。
小針が未だに現役でプレーしているのは嬉しかったし、小針からゴールし、勝利するチャンスが巡ってきたことにもワクワクした。

小針からゴールを奪う瞬間を見たい!
前半の三好のゴールは遠くてどうやって入ったのかよく分からなかったが、後半7分、その瞬間を見れました。

右CKからの攻撃で、山田からのセンタリングを江崎が決めた!!

江崎のゴール!!2点目!!

P1010436.jpg

ゴール!! ゴール!! ゴール!!

本当にきれいなゴールでした。
江崎のゴールに歓喜する秋田側ゴール裏。

しかし、その直後の後半9分、左CKからのこぼれ球を決められ、ブラウブリッツのリードは1点に。

前半10本、後半14本、合計24本のシュートを浴びたブラウブリッツだが、攻められっぱなしだった訳ではない。
カウンターから何度もチャンスを作り、鳥取ゴールに襲い掛かった。
下の写真はゴール至近距離からのシュートを止められ悔しがる三好。

P1010437.jpg

これ以外では、DFの裏に抜け出した峯が、ゴールを決めたが、これは無情にもオフサイドの判定。
オフサイドには見えませんでしたが...

この試合、全員がハードワークしていた。
そのためか、前半終了間際にはレオが足の故障で退場し、後半39分には山田が足を釣り?、交代。
レオに代わって入った前山も、川田に代わって入った半田も頑張っていたし、グノに代わって入った峯も頑張っていた。

試合の終盤は、鳥取が猛攻を仕掛け、何本もシュートを放ったが、浅井のファインセーブもあったし、焦ってのシュートも多く、鳥取はゴールを奪えない。
サポーターも少ない人数ながら、必死に応援する。

そして、3分のロスタイムを戦い、ブラウブリッツが2-1で勝利!!
5月に米子で鳥取に勝って以来のアウェイでの勝利です。

P1010439.jpg

また、この勝利は、鳥取に対し、今季3連勝となる勝利でもありましたし、熊林の通算400試合に花を添える勝利でもありました。

P1010440.jpg

試合後に駆け付けたサポーターと話をするレオとグノ

P1010441.jpg

P1010442.jpg

グノは自分のチャントに合わせて踊り、茶目っ気があるところを見せていました。
こういうことをするのもファンサービスのひとつだと思うので、これには好感が持てますね。

それにしても、鳥取との戦力差を考えると、よく勝ったなと今更ながら思う。
格上の相手に臆することなく全力でぶつかり、交代の選手も含め、90分間全力で戦い続け、勝利したことには強い感動を覚えた。
これだからサポーターはやめられない。

今季は、ジョルジ監督の3ヶ年計画の2年目。
下位に低迷している現在の成績では、ジョルジ監督の続投に対し、周りから雑音が入るかもしれない。
しかし、俺はジョルジ監督が3年の任期を全うすることを願っている。

進もう、ジョルジと共に!!

こんな思いが強まった今回の鳥取遠征でした。

鳥取に参戦された皆さん、お疲れ様でした。
また共に戦いましょう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング