長野戦@長野陸、0-2で惜敗

 2014-07-30
P1010025.jpg

7月27日に長野運動公園陸上競技場(東和田)で行われた長野戦に参戦しました。
試合結果は、皆さんご存知の通り、0-2で敗れました。
試合の経過およびスタッツは、ブラウブリッツの公式サイトなどをご覧下さい。

J3 第19節 ブラウブリッツ秋田 VS AC長野パルセイロ
http://blaublitz.jp/score?game_id=691&t=news

速報・結果(第19節 長野2-0秋田)
http://match.j3league.jp/match/2014/072703.html

第19節 長野 vs 秋田:戦評
http://www.j3league.jp/news/2014/07/27/00000436/

午前中に上田の辺りで強い通り雨があったものの、午後は晴れとなり、強い日差しが照りつけました。
気象庁発表の最高気温は30℃でしたが、サポ仲間の温度計だと37℃!!
常温で持参したペットボトルの水は試合中、お湯になっていました。
(ただし、公式記録だと26.1℃)
ただ、日差しは強かったものの、湿度がなかったので、汗だくにはなりませんでしたし、日陰だと涼しかったです。

P1010025.jpg

声出しサポは30人ほどがゴール裏に陣取り、それ以外に選手つながりなどで山雅サポの方が数名、ザスパサポ、富山サポの方などが友情応援に駆け付けて頂いた他、長野県在住の秋田県人の方にもゴール裏に集まって頂き、総勢40人ほどでの応援となりました。
友情応援に駆け付けて頂いた皆さん、ありがとうございました。

試合ですが、秋田がボールを保持し、長野から無慈悲な攻撃を受けることはなかったものの、攻撃の形が作れないまま試合が進む。
そして、前半24分、相手FKの後の秋田ゴール前で混戦となり、混戦の中で相手選手がつま先で蹴った?ボールが転がり、これが入ってしまい、長野に先制を許す。
この場面、審判が走ってきて、副審に何か言っていて、ノーゴールか?と一瞬期待しましたが、判定は変わらず、ゴールでした。

P1010026.jpg

前半の秋田のシュートは0本、長野のシュートは6本でした。
ブラウブリッツは横にパスを出すだけでなく、長野DFの裏への縦パスを何本か出し、攻撃を工夫しようという意図は見えたが、サイドの選手が中に切り込まないと受けられないようなパスが多く、あまり効果的ではなかった。

後半の立ち上がり、秋田は攻勢に出る。
長野の左サイドを突破し、クロスを上げると、相手GKの至近距離から峯がシュート!
これを相手GKに防がれたが、このはじかれたボールをペナ内で拾ったレオナルドが中に切り込んで再びシュート!
決まったー!!
と思ったシュートは、再び相手GKに防がれ、ゴールならず。

P1010028.jpg

その後も秋田にFKのチャンスがあったが、長野が逆襲し、秋田ゴール前まで攻め込み、長野の選手がバーを大きく超えるシュートを打ったところで試合が中断。
遠くてよく分からないが、どうやら、秋田がPKをとられたらしい。
この場面、長野の選手がファウルを受けたが、長野側のアドバンテージを取り、この反則を流したが、その後に長野の選手がシュートを外したところでPKを取ったので、秋田の選手が抗議して試合が中断したようだ。

このPKを決められ、0-2とされてしまう。
秋田が攻勢に出ていた時間帯だけに、痛い失点だった。

しかし、その後も秋田がボールを保持し、優位に試合を進める。
何度か右サイドからチャンスを作り、ゴール前で三好が放ったシュートがバーの下に当たって跳ね返るなどの決定的な場面はあったが、ゴールは遠い。

そして、試合終了間際、熊林からのスルーパスに抜け出した峯が相手GKとの1対1を制し、ゴールを決めた!!

やった、1点返した!!
とゴール裏では大喜びしたが、無情のオフサイド判定....
オフサイドではなかったと思うんですが...

そして、試合終了。
暑い中、選手が頑張っていることは感じましたし、DFの裏へのパスやドリブルで仕掛ける回数を増やすなど、攻撃を工夫しようとする意図は見えましたが、相手GKの好守もあり、残念ながら結果には結びつきませんでした。

P1010030.jpg

選手は良く頑張っていた。
後半の内容は良かったし、何度も惜しいチャンスがあった。
でも、勝てない。
秋田サポーターだけでなく、他クラブのサポーターも友情応援で駆けつけてくれたのに今回もブラウブリッツが勝つところを見せられず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
特に、山雅サポさんには、熊谷、都田、南長野、そして今回の長野(東和田)と4度も応援して頂いたのに、一度も勝つことが出来ず、本当に申し訳ない。
試合後にコールリーダーの挨拶の後、ザスパサポの方に試合内容は良かった、と励まされたが、他クラブのサポーターにこんな気遣いをさせてしまったことに申し訳なくて涙が出そうになった。

また、長野での試合にはこれまで2回参戦しているが、どちらも行きに新幹線を使って負けているので、今回は新幹線を使わずに行く予定でいたが、寝坊したため、結局、今回も一部区間で新幹線を使ってしまった。
選手が頑張っていただけに、勝つためのゲン担ぎを貫徹できなかったことが非常に悔しいし、情けない。

そして、0-2というスコア、シュート数4対13という結果だけで、
やっぱり負けたのか、とか、やっぱり弱いな、と思われることが悔しい。

どうせ次も負けるんだろうと思っている奴らの鼻を明かしてやれ!!

この悔しさを晴らすために、次節も参戦したい衝動に駆られたが、今週末は家族旅行があるため、参戦は出来ない。
長野で負けた悔しさを晴らす戦いは、他のサポ仲間に託さざるを得ない。
今週末、八橋に参戦する皆さんにブラウブリッツの勝利を託します。

P1010031.jpg

次は勝て、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
スポンサーサイト

ブラウブリッツの損益を他クラブと比較する

 2014-07-30
7月27日の長野戦の観戦記を書く前に、7月22日に開示された2013年度Jクラブの経営情報をもう少し見てみます。

2013年度Jクラブ経営情報開示
http://www.j-league.or.jp/release/000/00005923.html

2013年度(平成25年度)Jクラブ個別情報開示資料
http://www.j-league.or.jp/aboutj/document/pdf/club-h25kaiji.pdf

2013年度のブラウブリッツの損益を福島、町田、相模原、長野、金沢、そしてJ2に昇格した讃岐と比較してみましょう。
まずは、営業収益から。

(単位:百万円)
-----秋田*福島*町田*相模*長野*金沢*讃岐
営業収益計 188* 207* 363* 111* 308* 278* 220
広告料収入 103* 134* 204* 081* 228* 189* 090
入場料収入 011* 011* 032* 015* 023* 008* 025
アカデミー収入 027* 016* 006* 000* 011* 021* 026
その他収入 041* 046* 069* 015* 039* 060* 078

秋田の収益の割合は、次の通りです。

広告料収入 55%
入場料収入  6%
アカデミー収入 14%
その他収入 22%
Jリーグ配分金 3%

秋田の入場料収入は、金額にして1,100万円、収入に占める割合は6%しかなく、アカデミー関連収入の半分もありません。
また、秋田の金額を100%とした場合、他クラブは次のようになります。

(単位:%)
-----秋田*福島*町田*相模*長野*金沢*讃岐
営業収益計 100* 110* 193* 059* 164* 148* 117
広告料収入 100* 130* 198* 079* 221* 183* 087
入場料収入 100* 100* 291* 136* 209* 073* 227
アカデミー収入 100* 059* 022* 000* 041* 078* 096
その他収入 100* 112* 168* 037* 095* 146* 190

これを見ると、秋田のアカデミー関連収入は、これらのクラブよりも上回っています。
ちなみに、上記には記載していませんが、YS横浜のアカデミー関連収入は、93百万円もあり、J3ではダントツです。

また、秋田の入場料収入は、金沢を除くJ3の強豪と比べると、少ないのが分かります。
例えば、相模原は、秋田の60%の収入しかありませんが、入場料収入に限れば、秋田の1.36倍あります。
秋田にとっては、入場料収入をいかに増やすかが課題ですね。

次に、支出について。
支出については、チーム人件費に焦点を当てて比較してみます。

(単位:百万円)
-----秋田*福島*町田*相模*長野*金沢*讃岐
チーム人件費 070* 052* 115* 035* 154* 100* 084

このチーム人件費にフロントの人件費を含んでいるのか分からないが、含めないとして仮定し、チーム人件費は、選手・スタッフだけの人件費だと仮定しよう。
その場合、秋田を100とすると、
福島74%、町田164%、相模原50%、長野220%、金沢143%、讃岐120%となります。
ちなみに、2013年度の秋田のチーム人件費は、10チーム中5位です。
去年のチーム人件費が5位であることを考えると、今季の目標を5位以内としているのは、妥当なのかもしれません。

最後に、損益について。

(単位:百万円)
-----秋田*福島*町田*相模*長野*金沢*讃岐
*営業利益 -020* 002* 006*-004*-029* 000* 001
営業外収益 026* 001* 001* 004* 000* 002* 005
営業外費用 002* 000* 004* 001* 000* 000* 002
経常利益 004* 003* 003*-001*-029* 002* 004
当期純利益 004* 004* 002*-001*-029* 002* 004

秋田の営業利益は20百万円のマイナスでしたが、営業外収益が26百万円あったことで、経常利益では、4百万円のプラスとなりました。
J3の11クラブのうち、5クラブが赤字となっていますが、秋田は黒字でした。
なお、黒字となっている秋田以外の5クラブの黒字も、秋田と同等の金額ですね。

以上、ざっと比較してみましたが、秋田の収益力は、J3の平均レベルですが、J3の強豪には及ばないレベルです。
秋田の収益力が脆弱であるのは、否めませんし、財務基盤も脆弱です。
ただ、アカデミー関連は健闘しているのかなと。

入場料収入が少なく、スポンサーがあってこそのブラウブリッツ。
残念ながら、入場料収入での貢献度は、スポンサーからの広告料収入に遠く及ばないばかりか、アカデミー関連収入の後塵も拝しているのが現状だ。
だからと言って、サポーターへの対応を軽視してもいいという話にはならないことをフロント、選手、スタッフは認識すべきだ。

ゴール裏にいるサポーターは、年間パスやチケットを買って来ている人だけではない。
スポンサーとしても支援しているサポーターもいるし、株主のサポーターもいる。
サポーターを軽視することは、年間パスの売上げにとどまらず、スポンサー契約、株主対応や今後の増資にも影響する可能性があることを認識すべきだ。

5月のアウェイでの町田戦の後、サポーターから遠く離れた場所で一礼だけしてすぐに引き上げた選手達を見て、対戦相手の町田サポーターからも、遠くから来たサポーターに対してあれはないんじゃないの?という声があがっていた。
相手サポーターから、あれはないんじゃないの?と言われるような対応でいいのだろうか?
弱い上に、入場料収入が低いチームであれば、なおさら観客への対応を考えなければならない。

選手による観客への挨拶や呼び掛けなどは、お金を掛けずとも、すぐにでもできることだ。
フロントの方々については、予算がなくとも、観客のために何が出来るのか考え、そして実行してほしいし、選手もそれに協力してほしい。


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2013年度Jクラブ経営情報が開示

 2014-07-25
2013年度Jクラブの経営情報が7月22日に開示されました。
秘密のベールに包まれていた我らがブラウブリッツの昨年度の経営状態はいかに?

2013年度Jクラブ経営情報開示
http://www.j-league.or.jp/release/000/00005923.html

2013年度(平成25年度)Jクラブ個別情報開示資料
http://www.j-league.or.jp/aboutj/document/pdf/club-h25kaiji.pdf

上記によると、2013年度のブラウブリッツの損益は、こうなりました。

(単位:百万円)
---- 秋田(J3平均)
営業収益 188(187) 
営業費用 207(202)
営業利益 -20(-15)
経常利益  4(-11)
当期純利益 4(-11)

売上と支出は、J3の平均レベルで、営業利益では20百万円のマイナスですが、営業外収益が26百万円あったことで、経常利益では、4百万円のプラスとなりました。
この営業外収益の中身は何だろう?
いずれにしても、昨年度は黒字になり、今年度も黒字の見込みのようです。

また、単年度の決算では黒字ですが、資産が27百万円なのに対し、負債が114百万円となっているため、87百万円の債務超過となっています。
これについては、現在、増資を募っており、資本金が増えた分だけ、債務超過は解消に向かいます。

次に、NHKニュースの記事を見てみましょう。

J3の5クラブが昨年度赤字に
ことしから始まったサッカーJ3の11クラブのうち、5つのクラブが昨年度赤字だったことが分かり、Jリーグでは「経営面や集客面でのアドバイスを続けていく」としています。
Jリーグのクラブライセンス制度では、J3は昨年度から3期連続で赤字のクラブと、来年度末の時点で債務超過のクラブは、参加資格のライセンスの交付を受けることができません。
Jリーグが発表したJ3の11クラブの財務状況によりますと、昨年度、赤字だったのは、グルージャ盛岡、SC相模原、長野パルセイロ、藤枝MYFC、それにFC琉球の5つのクラブでした。
Jリーグによりますと、これら5つのクラブも含めて、各クラブはJ3参加に伴って入場料収入や地元の企業の支援などが増えて、経営状況は改善傾向にあるということです。
一方、債務超過はブラウブリッツ秋田だけで、8700万円の債務超過に陥っていますが、今年度の決算も黒字となる見込みのうえ、地元の企業からの出資などで債務超過は来年度には解消する見通しだということです。
Jリーグの大河正明常務理事は「各クラブは身の丈にあった経営を進めており、今後も経営面や集客面でのアドバイスを続けていく」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140722/k10013205661000.html

J3の11クラブのうち、昨年度、赤字になったのは5クラブで、上記の通り、ブラウブリッツは幸いにも赤字にはなっていませんし、今年度も黒字の見込み。
また、ブラウブリッツの債務超過については、上記の通り、地元の企業からの出資などで来年度には解消される見通しとのこと。

今回、ブラウブリッツから増資引き受けの案内がありましたが、最低単位の2株の増資を引き受けることにし、今週の火曜日に振り込みました。

クラブが苦しい時に支えるのがサポーターです!

クラブライセンスの関係で、ブラウブリッツの経営陣としては、今年、来年は上位進出よりも、債務超過の解消を最優先に考えているのかもしれない。
そうであれば、下位に沈んでいる現状も甘受しなければならないのかもしれないが、この苦しい時期を耐えれば、クラブの経営も安定し、発展に向かうと信じたい。

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2014明治安田生命J3リーグ第18節終了

 2014-07-21
順 チーム 勝点 (勝分負) 得失
01 町 田 43 (13 4 1) +30
02 金 沢 37 (11 4 3) +19
03 長 野 36 (10 6 2) +12
04 鳥 取 28 (7 7 4) +2
05 盛 岡 27 (8 3 7) +10
06 相模原 23 (7 2 9) +0
07 福 島 22 (6 4 8) -4
08 J-22 22 (7 1 10) -11
09 琉 球 19 (5 4 9) -13
10 秋 田 17 (5 2 11) -14
11 藤 枝 16 (4 4 10) -10
12 横 浜 11 (2 5 11) -21

ブラウブリッツ秋田は1-4で敗北し、5連敗
順位は10位で変わらず
(5勝2分11敗、得点20、失点34、得失-14)

秋田1-4町田
  (0-4)
  (1-0)
得点者(秋田):56分レオナルド

勝ち点:17(変更なし)
得失点差:-14(-3点)

<その他の試合>
福島 2−2 琉球
相模原 2−3 J-22
長野 1−1 鳥取
横浜 0−3 金沢
藤枝 0−1 盛岡

天皇杯予選、天皇杯1回戦、2回戦が終わり、リーグ戦が再開。
首位の町田は、秋田に勝利し、6連勝とし、首位を独走。
2位の長野が引き分け、3位の金沢が勝利し、金沢が長野に代わって2位に浮上。
金沢と長野の熾烈な2位争いが続いています。

秋田は首位の町田に1-4で敗れ、5連敗。
果たして連敗が止まるのはいつになるのか?
次節の対戦相手は、長野。
正直、分が悪い相手ですが、長野で連敗を止めることを期待したいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

町田戦@八橋球をスタ飯を中心に振り返る

 2014-07-21
7月19日に八橋球技場で行われた町田ゼルビア戦。
試合は、残念ながら1-4で敗北しましたが、この試合について、スタ飯を中心に振り返りたいと思います。

この日、スタジアムに到着して最初に購入した飲食物は、こちら。

P1000986.jpg

このNS乳酸菌を買った直後に選手バスが入って来たので、急いで飲み干し、選手バスの出迎えに向かいました。
そして、選手バスを出迎えた後に買ったのが、ブラウ麺と生ビール。

P1000987.jpg

この後、メインスタンドでゴミ袋を配った後で買ったのが、ソーダ味のアイス。

P1000990.jpg

で、何か暖かいものも腹に入れようということで、「ホルモンかやき」を買いました。

P1000991.jpg

ホルモンかやきですが、予想に反してボリュームが多く、食べ切るのに少し苦労しました。
そして、ホルモンかやきを食べてから、ゴール裏に入りました。

試合は前半で0-4とされる苦しい展開。
応援の燃料を補給するため、ハーフタイムに「ホルモンかやき」を売っている店でレモンチューハイを購入。
購入した時に、店の人に、ゴール裏にビールを売りに来てくださいとお願いしたところ、「社長には売っていいと言われてるんだけど、売りにいくと、屋台の人手が足りなくなるんだよね。」とのお返事が。

ゴール裏でも売れば絶対に売れるのになあ、なんて思いながら、ゴール裏に戻った。
そして、後半が開始。

後半が始まってから間もなく、スタジアムの外から、「ビール飲みますか~?」との声が。
さっきの屋台の人がトレーに生ビールを並べて立っている。

「買うから、急いで来てくださーい」と返事をして、ゴール裏にビールが届くのを待つ。
そして、届いたビールは、周りのサポ仲間も購入し、あっという間に完売。

そして、生ビールを少し飲んだところで、レオナルドの追撃の一発が炸裂!!
歓喜に包まれるゴール裏。
ビールを飲み始めてから点が入ったので、この勢いを止めてはいけない。
よし、ビールの追加を頼もう!と思ったら、店の人は追加を既に用意していました(笑)

第2陣のビールも購入しましたが、俺の周りだけでは消費しきれず、残りはゴール裏の奥の方へ。
俺もお腹がいっぱいになりつつありますが、ビールに力をもらって応援を続けます。

そして、これで終わりかと思ったら、第3陣も来訪(笑)
さすがにお腹がいっぱいで、これは買いませんでした。
というか、バックスタンドで売った方が売れるのではないかと...

選手も頑張ったし、サポも懸命に応援しましたが、2点目は奪えず、試合は1-4で敗北。

試合後、店の人から余ったビールをもらい、この日5杯目。
第3陣のビールは消費しきれなかったようです。
よく飲んだ一日でした。

今後も、ゴール裏にビールを売りに来てくださいね!

秋田サポ一同、お待ちしております!

スタジアムに出店する場合、売れるのは試合前が中心で、あとはハーフタイムだけ。
拘束時間の割には、実際に販売できる時間は限られている。
売り上げをカバーするためには、試合中にスタジアムの中に入って売ることも必要だろう。

スタジアムグルメも観客をスタジアムに呼び寄せる要素のひとつ。
業者の方がきちんと利益を出して、今後とも出店してくれることを願っています。

同時に、我々サポーターもスタ飯の売り上げに貢献しましょう!


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

町田戦@八橋球、1-4で敗北

 2014-07-20
昨日、八橋球技場で行われた町田戦に参戦しました。
結果は、皆さんご存知の通り、前半に4失点し、後半に1点を返したものの、1-4で敗れました。
試合の経過およびスタッツは、ブラウブリッツの公式サイトなどをご覧下さい。

J3 第18節 ブラウブリッツ秋田 VS FC町田ゼルビア
http://blaublitz.jp/score?game_id=690&t=news

速報・結果(第18節 秋田1-4町田)
http://match.j3league.jp/match/2014/071901.html

第18節 秋田 vs 町田:戦評
http://www.j3league.jp/news/2014/07/19/00000410/

試合の当日の朝、5:30に自宅を出て、上越新幹線と特急いなほに乗って、秋田駅に12:02に到着。
秋田駅の中央改札を出ると、なまはげ様がいて、記念撮影を希望する観光客が列を作っていました。

P1000985.jpg

駅前のローソンで買い物をした後、バスロータリーからバスに乗ろうとしましたが、道路が混雑していてバスが進まない様子だったので、大町二丁目?のバス停まで歩いてからバスに乗りました。
与次郎駅伝のため、道路が通行規制されていたようです。

予定より少し遅れてスタジアム到着後、選手バスの出迎えに参加しました。
八橋球技場の試合で出迎えをしたのは初めてでしたが、選手バスは、想定していたよりも早い到着でした。

スタ飯を食べた後、俺が向かったのは、ゴール裏ではなく、メインスタンド。
ブラウブリッツの公式HPで岩瀬社長が、青いゴミ袋を持参できる方は持参してくださいと言っていたので、それに協力するため、ゴミ袋を110枚ほど用意しました。
まあ、関東の試合で配りきれなかった在庫が40枚ほどあり、それの処分も兼ねていたんですが。
メインの皆さんは、好意的に応じてくれて、ゴミ袋はあっという間に配り終わりました。

この日の対戦相手は、首位の町田ゼルビア。
大勢のサポーターがゴール裏に陣取り、メインやバックスタンドにも町田サポーターが入っていました。

P1000994.jpg

これを迎え撃つ秋田サポーター。

P1000988.jpg

P1000993.jpg

P1000996.jpg

P1000998.jpg

土曜日の試合ということで、いつもよりは若干少ないゴール裏でしたが、一生懸命、選手を後押しします。
選手入場時には、メインスタンドの方では、青いゴミ袋をふくらませて応援して頂きました。
ご協力頂き、ありがとうございました。
こちらがお願いしたことをきちんとやって頂き、秋田県民の生真面目さが垣間見えました。
また、こういうことをするということは、見方を変えれば、ノリがいいということかもしれない。
アプローチの仕方を考えれば、メインスタンドの観客の方々にも応援に参加してもらえるかもしれません。

P1000997.jpg

そして、またスタ飯を食べた後、ゴール裏へ。
試合前、アゲアゲをやり、秋田県民歌を歌って気持ちを高める。
今回は、秋田市の合唱団が来訪し、美声を聞かせて頂きました。

試合が始まり、いつもの「ナマハゲブルー」ではなく、竿灯祭りの掛け声で選手を後押しする。
「どっこいしょー、どっこいしょー」
秋田サポの声援を受け、選手も積極的に試合に入る。

近くにいたサポと、とりあえず開始10分は無失点に抑えられそうだね。
と話していた矢先に、失点...
時計では、15:10でしたが、公式記録では、8分の失点。
開始10分以内に失点する秋田のサッカーはこの日も健在です。

しかし、失点してから本領を発揮するのが、秋田のサッカー。
首位の町田を相手に互角以上の戦いを見せていましたが、前半34分、ゴール前でFKを与えると、そのFKに頭で合わせられ、0-2。

その後、ブラウブリッツは果敢に町田陣内に攻め込みましたが、CKからカウンターをくらってループシュートで3点目を奪われ、また、藤井のミドルシュートがポストに当たった後もカウンターをくらって4点目。
前半の最後10分間に3点を奪われ、0-4で前半を終了。

先週のFC東京戦の前半と同じスコアになってしまいました。
町田に対して、互角に戦っていましたが、スコアは0-4。

後半が始まると、ブラウブリッツは、川田に代えて江崎、山田に代えて牧内を投入。
そして、後半11分、牧内の右からのクロスをレオナルドが決め、ついにブラウブリッツがゴール!!
ゴール裏では、サポが肩を組んで輪を作って喜びを爆発させました。

後半は右サイドで牧内、左サイドで前山がチャンスを作り、町田ゴールに迫りますが、なかなか追加点は奪えない。

P1000999.jpg

P1010001.jpg

後半28分には三好に代えて峯を投入。
ゴールに迫った峯の惜しいプレーや、バーを越えた牧内のループ気味のシュートなどのチャンスがあったが、追加点は奪えず、結局、1-4で町田に敗れました。

P1010002.jpg

これでリーグ戦は5連敗となり、町田に対しても、第1クールに続いての1-4での敗北となりました。
しかしながら、町田に対して歯が立たないとは感じなかったですし、チャンスも作れていたし、俺としては、試合の内容としては良くなってきていると感じました。

現在、ブラウブリッツは5連敗中ですが、この連敗中、まったく勝機がなかった訳ではありません。
また、J3の上位と下位では、力の差はあるかもしれませんが、その差に雲泥の差がある訳ではありません。
よって、J3の所属チームと互角に戦っている以上、ずっと負け続けることもなく、そのうち、何かのきっかけで勝利し、連敗も止まると思います。

案外、その連敗が止まるのは、次節の長野戦かもしれません。
ブラウブリッツの選手達の頑張りが報われる瞬間を見たいので、次節の長野に参戦できるか、検討してみたいと思います。

あきらめるな!

いつかは勝てる!

頑張れ、ブラウブリッツ!

土曜日に八橋に参戦した皆さん、お疲れ様でした。
現時点では、長野戦に参戦できるか分かりませんが、参戦した際は、宜しくお願いいたします。

また、町田サポーターの方々には、多数ご来訪頂き、ありがとうございました。
JFL時代だと20~30人くらいの来訪だったので、今回もそれぐらいかと思っていましたが、予想を超える来場者数でした。
それと町田サポーターの応援の声の大きさには驚きました。
次に町田のホームで対戦する際は、今回、町田サポーターが出した声の大きさに負けないぐらいの声を出して応援したいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

FC東京戦を振り返る

 2014-07-20
既にJ3のリーグ戦が再開されていますが、先週行われたFC東京との試合の日のことを、試合前のことを中心に振り返ってみたいと思います。

2014年7月12日、FC東京との7年振りの対戦を前に向かったのは、品川にある「あきた美彩館」
試合前に稲庭うどんを食べると勝率が良いので、ここで稲庭うどんを食べてゲンを担ぐのと、金萬を買うためです。

P1000957.jpg

また、「あきた美彩館」さんには、ブラウブリッツが天皇杯2回戦に進むことを見越して、試合の1ヶ月近く前から試合の告知チラシを掲示させて頂いていました。

P1000958.jpg

このチラシを掲示したことで負けフラグが立ってしまうのではないかと密かに危惧していましたが、無事に決戦の日を迎えることが出来ました。

その後、新宿に移動して決起集会を実施。
関東から10名、秋田から3名が参加し、居酒屋で気勢を上げた後、京王線に乗り込み、味スタを目指しました。

そして、味スタの前で我々を出迎えたのが、日本代表の権田の巨大パネル。
今日は権田から点を取ってFC東京に勝つぞ!!

P1000960.jpg

ブラウブリッツとしてFC東京と対戦するのは初めてだが、2007年の天皇杯4回戦で、ブラウブリッツの前身のTDK SCがFC東京と対戦し、1ー2で惜敗している。
俺にとっては、その時のリベンジマッチ。

P1000962.jpg

P1000968.jpg

P1000969.jpg

秋田側ゴール裏には、秋田や関東からの声出し部隊が40~50人、声出し以外の観戦者が50~60人ほど集まりました。

P1000963.jpg

P1000967.jpg

P1000970.jpg

関東での試合ということで、我々B-Freaks関東のメンバーも応援や来場者へのホスピタリティに一役買いました。
メッセージダンマク(関東から盛り上げよう)の掲示、歌詞ダンマクの掲示などを行いました。
ちなみに、歌詞ダンマクを動かしていたのは、ほとんどが関東在住者です。

P1000966.jpg

また、今回の天皇杯に合わせ、関東在住のサポ仲間は、きりたんぽパイ100個と金萬100個を用意しました。
こんなにたくさんのお菓子をご用意して頂いてありがとうございました。
来場者への配布については、秋田から参戦した方のご協力も頂いた上で実施し、それ以外にBBプレスおよびBLUE+ AKITA広報誌の配布などを行いました。

秋田側のゴール裏で観戦、応援した方は、やはり秋田県出身の方が多く、金萬などの秋田のお菓子を配布すると喜んでくれます。
やはり、故郷を離れて何年経っても、故郷は懐かしいものなんですよね。

懐かしいと言えば、秋田県民歌の斉唱も、県民歌を知っている方にとっては、心を打たれるようです。
過去に県民歌を歌った際に、リクエストをされたことがあります。
故郷を思い出す歌なんですね。

そして、試合前は、アゲアゲと秋田県民歌を歌って、気持ちを盛り上げる。

P1000971.jpg

さあ、いよいよ2007年のリベンジマッチの開始です!
FC東京に勝つぞ!という気持ちで応援しました。

P1000972.jpg

しかし、J1のクラブを倒すことは甘くなかった....

前半11分に失点すると、その後も失点を重ね、前半だけで4-0
後半もチャンスは何度か作ったが、ゴールは奪えず、後半も4失点し、後半も4-0
トータル8-0で大敗し、リベンジどころか、J1のクラブの強さを思い知らされた。

P1000973.jpg

P1000974.jpg

P1000976.jpg

P1000977.jpg

P1000981.jpg

P1000982.jpg

P1000983.jpg

P1000984.jpg

8-0での大敗は、我々だけでなく、選手も予想していなかっただろう。
過去4年間の天皇杯でこんなに大差がついたことはなかったし。

P1000979.jpg

大敗を喫した選手のプライドはズタズタになっているかもしれない。
選手の胸中を考えると、いたたまれない気持ちになった。
これだけの大敗を喫すると、叱責する気持ちも湧かず、自信を取り戻すようにフォローするしかないというのが試合直後の感想。
というか、4点目ぐらいから、そういう気持ちになっていた。

下を向くな、自信を持て!

そういう言葉を選手に掛けようと思って、昨日の町田戦に参戦したが、前半は先週のFC東京戦と同じ4-0で、後半に1点を返したものの、1-4で敗れました。
なお、町田戦の観戦記は、後でアップしたいと思います。

先週、味スタに参戦し、今週は八橋に参戦した皆さん、お疲れ様でした。
なかなか結果が出ませんが、めげることなく、これからも応援していきましょう!


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

東京都内でBBプレスを設置している場所

 2014-07-19
今週の火曜日に、BBプレスを都内2ヶ所に設置してきました。

まずは、新橋駅から徒歩5分の「なまはげ銀座店」
ご存知、1日2回の「なまはげショー」が見られる店です。

なまはげ銀座店
http://www.akita-namahage.jp/ginza/

店の入口の前のカゴの中に2号分のBBプレスが6セット入っています。

DSC_0086.jpg


次に、品川駅から徒歩5分の「あきた美彩館」
品揃えが豊富で、レストランも併設されている施設です。

あきた美彩館(品川駅前 ウィング高輪WEST-III 1階)
http://www.akita-bisaikan.jp/

こちらは店に入って右側のラックの中に、2号分のBBプレスが8セット入っています。

DSC_0087.jpg

「なまはげ銀座店」と「あきた美彩館」を訪問された方は、

是非、BBプレスを手に取って読んでください!

ただし、数は少ないので、お早めに!


さて、このように店舗や飲食店を訪問していると、時たま出会いというものがある。

3月の開幕戦の翌週に「なまはげ銀座店」にBBプレスを設置しに行ったところ、
入口で席が空くのを待っていた「おーる秋田・東京ふるさと館」を運営している方から声を掛けていただき、お酒をご馳走になりました。

また、この時に、3月20日発行の「首都圏秋田県人連合会会報」を頂き、秋田県人会連合会へのお誘いも受けました。
首都圏秋田県人会連合会は、会員数2万人を超える大きな組織で、今年の4月には、ホームページも開設しました。

首都圏秋田県人会連合会
http://www.akitakenjinkai.com/

首都圏秋田県人連合会とつながりのある方と知り合えた縁を生かし、ブラウブリッツやB-Freaksのことを秋田県人連合会でアピール出来ればと思っていますが、何も出来ていません。

これは今後の課題ですね。

また、今回、「あきた美彩館」を訪問した際にも、ちょっとした出会いがあった。
BBプレスを設置し、帰ろうとしたところ、店に入ってきた夫婦2人組に会釈されて声を掛けられた。

「土曜日に味スタにいましたよね?」

話を聞くと、このご夫婦は、関東在住だが、ブラウブリッツの試合を何度か見ているようで、俺のことは知っていたらしい。
味スタでもBBプレスとBLUE+の広報誌を俺からもらったとのこと。

少し立ち話をして店を出ましたが、この広い東京で、こういう偶然ってあるものですね。

こうした出会いを生かし、関係性を深めると同時に広げていければいいんですが、それが出来ていないところが、俺の課題であり、限界ですね。

とは言え、関東には、2世、3世も含めれば、20万人ほどの秋田県とゆかりのある人がいるらしい。
こうした人達の関心を掘り起こすことができれば、ブラウブリッツにとって大きな力になる。

まあ、自分の出来る範囲で、これからもブラウブリッツのサポートは続けます。
いつの日か、国立競技場でブラウブリッツが戦い、そしてACLに出場する日まで。


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

ブラウブリッツ秋田名物、「トラパンツ」応援(歌詞ダンマク応援)

 2014-07-15
去年の天皇杯2回戦でベガルタ仙台と対戦したことで、ブラウブリッツ秋田独自の応援文化として全国的にも知られるようになった歌詞ダンマク応援(字幕応援、字幕チャントとも言う)。

この歌詞ダンマク応援を今年のFC東京との対戦でも実施し、FC東京サポの方々の関心を集めたようです。
 ↓
ブラウブリッツ秋田名物の“字幕付きチャント”が今年の天皇杯でも話題に
http://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/52090865.html

この歌詞ダンマク応援ですが、秋田サポーターは、「トラパンツ」応援と呼んでいます。
その理由については、サポーターグループ、BLUE+ AKITA(ブルータス秋田)のブログをご覧下さい。
 ↓
天皇杯2回戦を終えて
http://www.bluetas.net/431

bluetas_emblem_qvga.png

この「トラパンツ」応援を初めて見たのが、上記のブログに書いている通り、2011シーズンの最終戦。
最初はチャントに合わせてダンマクを動かしていることが分からなかったが、チャントと連動してダンマクが動いていることに気づいた時は、衝撃が走りました(笑)

こういう応援を考案されたトラパンツの皆さんに感謝です。
そして、この「歌詞ダンマク応援」のことを日本全国の人が「トラパンツ応援」と呼ぶようになるよう、秋田サポーターで盛り上げていきたいですね。

首都圏在住の秋田県人の皆さん、

そして、秋田の応援に興味をもった首都圏在住のサッカーファンの皆さん、

一緒に秋田のゴール裏で応援しましょう!!

B-Freaks.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

FC東京へのリベンジならず、0-8で大敗

 2014-07-14
P1000962.jpg

7月12日に味スタで行われた天皇杯2回戦、FC東京vsブラウブリッツ秋田。
FC東京とは、2007年の天皇杯4回戦で対戦し、1-2で惜敗して以来の対戦で、今回の試合は、2007年の悔しさを晴らすための試合でもありましたが、0-8で大敗し、リベンジはなりませんでした。

FC東京8-0ブラウブリッツ秋田
(前半4-0、後半4-0)

ブラウブリッツ秋田公式
http://blaublitz.jp/score?game_id=847&t=news

J's GOAL 試合レポート
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00175241.html

リベンジを果たすどころか、前半4点、後半4点、合計8点を失い、また、1点も奪えず、0-8の大敗でした。
これで2010年からJリーグ勢に対しては、無得点で5連敗。
今回も勝利どころか、得点を奪うことも出来ませんでした。
しかしながら、ここ数年、天皇杯2回戦でJリーグ勢と対戦した中では、最も得点の可能性を感じさせた試合でした。

試合は大敗したが、大量失点にもかかわらず、いつも通りのパスサッカーを貫き、全力で戦った選手達の姿を見て、選手達を応援しようという気持ちは逆に強くなった。

下を向くな、自信を持て!

今回はゴールを奪えなかったが、いつかは、努力が実を結ぶはずだ。

zayunomei2013best4.jpg

この言葉は、試合の翌日にサポ仲間から送られたものだが、この言葉を励みにして、今週末の町田戦に参戦したい。

ちなみに、上記の言葉は、2013年にリクルートFacebookページに投稿された「みんなの座右の銘」で反響が大きかった20作品のうちの1つになります。
「みんなの座右の銘」で反響が大きかった20作品は、こちらをご覧下さい。
 ↓
http://www.recruit.jp/company/involvement/netpr/2013.html

どうしようもない昨日をつくってしまったが、
どうにか出来る明日がある

もう一度、立ち上がろう!
俺も応援する。共に戦おう!


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/16(土)or17(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/14(土)or15(日)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月20日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング