2013年沖縄観光(滞在3日目・前編)

 2013-10-30
10月19~21日まで2泊3日で沖縄遠征に行ってきましたが、昨日の記事で滞在2日目に観光したところを紹介したので、今日は滞在3日目の午前中に観光したところを紹介します。

滞在3日目となる月曜日、この日もレンタカーを借りて、首里城と南部を回りました。
当初は、首里城へは、ゆいレールで行き、その後でレンタカーを借りようと思っていましたが、6時間借りるのも1日借りるのも値段は変わらないし、荷物を持って移動するのも大変なので、車で移動することにしました。

壷川から那覇東バイパスを通り、首里城へ。
平日の朝ということで、那覇の中心部へ向かう道路は渋滞していたが、俺の向かう方向は逆方向なので、そんなに渋滞せずに、首里城に到着。
駐車場がどこにあるのか少し迷いましたが、2時間以内310円の県営駐車場に停めることが出来ました。

さあ、首里城へ。
まずは、守礼門をくぐり、正殿を目指します。

P1000513.jpg

ちなみに、これが守礼門の裏側。

P1000535.jpg

守礼門を通り、左側にあるのが、世界遺産の「園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)」

P1000514.jpg

正殿に行くには、歓会門、瑞泉門、漏刻門、広福門という門を通ります。

P1000516.jpg
歓会門

P1000517.jpg
歓会門と瑞泉門の間

P1000518.jpg
瑞泉門

P1000519.jpg
漏刻門

P1000521.jpg
広福門

広福門をくぐると、広場に出ます。
この広場から先に行くには有料となります。

P1000524.jpg

この広場の奥が、首里城のシンボルである正殿です。

P1000523.jpg

今、ガイドブックを見ながらブログの記事を書いていますが、正殿の内部が載っているので、内部も見れたんですかね?
正殿の写真だけ撮って帰って来ちゃいました。
書院・鎖之間も見てないし、もったいないことをした?

正殿を見た後は、西(いり)のアザナの展望台から那覇市街を見渡します。

P1000527.jpg

また、首里城の外壁は、このようになっています。
さすが世界遺産だけあって立派ですね。

P1000530.jpg

外壁の下を下ると、弁財天堂と円鑑池があります。

P1000531.jpg

そして、円鑑池の近くには、第32軍司令部跡があります。

P1000534.jpg

1945年の沖縄戦で、この首里城に日本軍の司令部があり、首里城では日米両軍が激戦を繰り広げました。
激戦の地となったことで、首里城は焼失し、再建されたのは、1992年のことでした。

沖縄では未だに不発弾が多く発見されており、戦争の影響は未だに残っていると言えますが、観光に来ただけでは、そういうことは分かりません。
以前、サイパンに行った時は、日本軍の高射砲の残骸や海で破壊された米軍の戦車の残骸が残っていて、戦争があったことが一目瞭然でしたが、那覇市内を見ただけではそうしたことは分かりません。

この後、首里杜館(すいむいかん)でソフトクリームを食べてから駐車場に戻りました。

P1000528.jpg

P1000536.jpg

青い空と屋根瓦の色が「沖縄!」という感じがしていいですね。
この日の午前中は天候に恵まれ、本当に良かったです。

首里城の次に向かったのが、旧海軍司令部壕ですが、途中の那覇東バイパスのとよみ大橋から漫湖を見るとマングローブが見えたことに驚き、予定を変更してマングローブを見に行きました。

P1000537.jpg

P1000538.jpg

P1000540.jpg

P1000541.jpg

那覇の中心地から近いところにマングローブの森があることに驚きましたが、この場所はガイドブックに載ってないんですよね。
やはり、漫湖という名前が良くないのか...

次に向かったのが、旧海軍司令部壕。

P1000543.jpg

施設は小高い丘の上にあり、眺めはいいです。
これは那覇の南部(小禄)かな?

P1000542.jpg

施設の1階では沖縄戦を伝えるビデオが流されていて、沖縄戦の写真が展示されていました。
この階段を下ると司令部壕の跡です。

P1000544.jpg

戦後、しばらく放置されていたが、1970年に復元され、現在は300mが一般公開されています。

P1000545.jpg

P1000546.jpg

P1000547.jpg

この壕は海軍兵士3000名により造られましたが、壁にはツルハシの跡が残っており、手作業で造ったことが分かります。
壕の中は兵士であふれ、下士官兵員室では、満員電車の中のような状態で立って睡眠を取ったようです。
絶え間ない爆撃と砲撃、そして飢えと乾きと暑さに耐え、死者と負傷者と悪臭にあふれた壕の中で懸命に戦った日本軍の兵士達。

この壕から、太田実司令官が沖縄県民の献身的な協力を訴える電報を打ち、そして自決。
司令官が自決した後も、一部の兵士は終戦の日まで戦い続けたらしい。
英霊に対し、黙祷してから壕を出ました。

昼食は、Jef豊見城店でゴーヤーバーガーのセットを注文しました。

P1000548.jpg

飲み物は、ルートビアを注文。
やはり、南国にはルートビアが合う!

午後からは、修学旅行の定番、ひめゆりの塔、平和祈念公園などに向かいます。

(後編に続く)

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
スポンサーサイト

2013年沖縄観光(滞在2日目)

 2013-10-30
10月19~21日まで2泊3日で沖縄遠征に行ってきました。
試合前日と試合のことは、記事にしていましたが、滞在2日目と3日目に観光したところを紹介していきます。
まずは、滞在2日目から。

沖縄滞在2日目、この日は試合当日になりますが、朝8時にレンタカーを借りて、那覇市内を出発し、沖縄自動車道で沖縄南ICを目指しました。
この沖縄南ICから試合会場の沖縄市陸上競技場まではすぐだが、試合会場をスルーして俺が向かった先は、米軍嘉手納基地。

P1000449.jpg

極東最大の米軍基地で、「道の駅かでな」の4階展望台から、基地を見渡すことができます。
しかし、米軍も日曜日はお休み。
軍用機の離発着は一切なく、また、滑走路にも一機も飛行機はありませんでした。
東京の福生基地は、フェンスから基地の内部が見えますが、嘉手納基地の北側は、高い壁で囲まれていて、中は一切見えません。
従って、「道の駅かでな」の展望台に上らないと基地の滑走路は見えません。
敵国工作員による破壊活動を防ぐために、壁で囲んでるんですかね?

嘉手納基地の視察が不発に終わり、この後どうしようかと悩んだ結果、沖縄に来る機内から見えた東海岸の海中道路と石油備蓄基地を見に行くことにした。
ここなら試合会場からもそう遠くない。

与勝半島から海中道路へ。
海中道路という名前ですが、アクアラインのように海底トンネルになっている訳ではなく、島と島をつないでいる道路です。

P1000460.jpg
海中道路ロードパークから見た太平洋。右に見えるのは平安座島。

海中道路の先には、平安座島、宮城島、伊計島の3つの島があり、また、平安座島からは浜比嘉大橋で浜比嘉島につながっています。

平安座島には、石油備蓄基地があり、巨大な石油タンクが林立しています。

P1000453.jpg

そして、突き当たりにある伊計島にあるのが、伊計ビーチ。

P1000450.jpg

平安座島に戻って、浜比嘉大橋を渡ると、浜比嘉島です。

P1000454.jpg
平安座島から浜比嘉大橋を望む

P1000456.jpg

P1000458.jpg

沖縄は10月でも泳げるんですね。
これはうらやましい。

次に向かったのが、世界遺産の勝連城跡。

P1000462.jpg

P1000472.jpg

さあ、城跡に行ってみましょう!

P1000463.jpg

P1000464.jpg

P1000465.jpg

P1000466.jpg

P1000467.jpg

日頃見る日本の城とは趣が違いますが、城はいいですね。
昔のロマンを感じます。
と思っていたら、途中でスコールに見舞われ、全身ずぶ濡れに。
ただ、気温は28度ほどあったので、雨に打たれるのも気持ち良かったです。

ずぶ濡れとなった体で試合会場に向かい、試合は1-1の引き分け。

P1000495.jpg

試合後は、レンタカーを18時までに返さないといけないので、16:30過ぎにはスタジアムを出て那覇に向かった。
途中、北中城ICで降りて普天間基地を見ようかとも思ったが、日曜日のため、嘉手納基地のように何も見れない可能性があると思い、降りるのをやめて、那覇へ。
高速道路を使ったので、スタジアムから30分ほどで到着しました。

100kmほどを走って、ガス代は765円。
ハイブリッドカーの燃費はいいですね。

夜は、前日の夜に続いて国際通りへ。

P1000512.jpg

一人で向かったのが、牧志の公設市場。
家の近所のスーパーでは見ない魚介類などがたくさん売られています。

P1000498.jpg

P1000499.jpg

P1000500.jpg

P1000497.jpg

P1000501.jpg

P1000502.jpg

ちなみに、この公設市場で購入した魚介類や肉は、二階の飲食店で調理してもらうことが出来ます。
俺が購入したのは、刺身の盛り合わせ。
これで500円です。

P1000503.jpg

案内された店はこちら。

P1000510.jpg

P1000505.jpg

P1000506.jpg

俺が頼んだのは、ゴーヤチャンプルとジーマミー豆腐。
ちなみに、ゴーヤチャンプルは、一皿を食べきる自信がなかったので、ハーフで作ってもらいました。
ジーマミー豆腐は、予想に反して甘い味付け。

P1000507.jpg

P1000508.jpg

飲み物は、オリオンビールの中ジョッキ2杯を頼み、
その後に、ビールにゴーヤを入れたものを頼みました。

P1000509.jpg

う~ん、この飲み物の名前が思い出せない。
覚えているのは、苦さだけ(笑)

この後、サポ仲間4人と20:30に合流し、反省会を行い、二日目が終了。

(滞在三日目に続く)

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2013JFL第30節終了

 2013-10-28
順位 チーム 勝点 得失
1 長 野 66 +33
2 讃 岐 62 +22
3 町 田 54 +6
4 相模原 51 +13
5 金 沢 49 +17
6 秋 田 46 +5
7 ソニー 46 +4
8 ホンダ 45 +14
9 琉 球 42 -1
10 佐川印 41 +6
11 武蔵野 41 -5
12 藤 枝 35 -13
13 YSCC 33 -14
14 福 島 32 -3
15 HOYO 29 -11
16 MIO 26 -17
17 ロック 24 -21
18 栃 木 21 -35

ブラウブリッツ秋田は1-1のドロー
しかし、順位は6位をキープ
(13勝7分10敗、得点44、失点39、得失+5)

秋田1-1武蔵野
   (0-0)
   (1-1)
得点者(秋田):46分三好

勝ち点:46(+1点)
得失点差:+5(変更なし)

<その他の試合>
MIO 2-0 HOYO
ソニー 1-1 藤枝
ロック 0-3 印刷
相模原 0-4 ホンダ
町田 2-1 讃岐
金沢 5-0 琉球
福島 0-1 長野
栃木 0-1 YSCC

2位の讃岐と4位の町田の対戦は、町田が勝利し、3位浮上。
町田は2位以内確保の可能性を残す。
首位の長野は勝利し、2位の讃岐との勝ち点差を4に広げる。

秋田は1-1で引き分け、順位は6位をキープ。
しかし、5位の金沢との勝ち点差は3に広がり、ホンダが勝ち点差1に迫っています。
また、佐川印刷が勝ち点を41とし、勝ち点差5に迫っています。
この佐川印刷の追い上げも不気味です。

今季も残り4試合。
秋田は、町田、長野という強敵との対戦が残っておりますが、残り4試合を3勝1敗で乗り切ると、勝ち点が55に到達します。

この勝ち点55は、5(ゴ)5(イツツ)ですから、
ブラウ5位ッツの名称と合致します。

ブラウ5位ッツは、順位が5位という他に、勝ち点55も意味しているんです。
5位になるため、そして、勝ち点55を目指すには、次節の町田戦で勝たなければなりません。

目指せ、ブラウ5位ッツ!!
(5位ナーレ鳥取のパクリですw)

次節の町田戦には、俺は参戦しないと思いますので、西目に参戦する皆さん、
俺の分も応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

仁賀保での最終戦で勝利ならず。痛恨のドロー(その2)

 2013-10-28
P1000607.jpg

10月26日に仁賀保グリーンフィールドで行われた横河武蔵野戦の参戦記の続きです。

試合は、ロスタイムに入った直後に同点ゴールを決められ、1-1の悔しい引き分けに終わりましたが、試合経過とスタッツについては、ブラウブリッツの公式サイトをご覧下さい。

JFL第30節 ブラウブリッツ秋田 VS 横河武蔵野FC
http://blaublitz.jp/score?game_id=324&t=news

昨日は入場する直前まで書いたので、その続きです。

開門の直前に到着し、スタ飯を食べてから入場したため、ゴール裏に行ったのは、12時過ぎだった。
仁賀保開催では、バック側の斜面にビッグユニと松田のダンマクが掲示されている。
この日の試合では、勝利とともに、松田がJFL通算100ゴールを達成することも期待された。

P1000600.jpg

この日の最高気温は16度。
やや肌寒く、俺はレプユニの下にトレーナーを着て参戦した。
ただ、幸いなことに、雨は降らなかった。

P1000601.jpg

試合前、サポ仲間から、ブラウブリッツが来年からJ3に参入した場合、仁賀保では公式戦を行うことが出来ないかもしれないとの話を聞いた。
そうなると、今回の武蔵野戦は、仁賀保での今季最終戦となるばかりでなく、ブラウブリッツが仁賀保で戦う最後の公式戦となる。

自分の生まれ育った町で、来年からは全国リーグのサッカーの試合を見れないかもしれない。
この試合が仁賀保での最後の試合となるかもしれないと思うと、涙が出そうになった。

そんなことを思いながら、試合が開始された。
開始数分後に武蔵野の選手が負傷し、ピッチを出たこともあり、序盤は危なげない展開で試合が進んだ。

P1000602.jpg

しかし、前半15分過ぎからは武蔵野のペースで試合が進み、アヤキが左手一本ではじき出したシュートなどのピンチがあり、最後の試合かもしれないと感慨にふけっていた気持ちは吹っ飛んだ。

何はともあれ、前半は0-0で終了。
前半のシュート数は、秋田4、武蔵野8
秋田の方には、半田がゴールを決めたが、オフサイドでノーゴールになるチャンスがあった。

ハーフタイムには、レノファサポさんから頂いた「しそわかめ」を使ったおにぎりがゴール裏でふるまわれました。

P1000603.jpg

レノファサポさんの力を借りて、後半は武蔵野に勝つ!!
また、1,113人の観客もブラウブリッツの勝利の後押しをするだろう。

P1000605.jpg

そして、後半開始直後、タロウが右サイドからドリブルで仕掛け、パスを出さずに、シュート!!
これがキーパーの手をはじいてバーに当たり、その跳ね返りを三好が頭で押し込み、ブラウブリッツが先制!!

周りのサポと抱き合って喜び、タオルを回す代わりに、肩を組んで回って喜びを爆発させた。

武蔵野のスタミナが落ちていない中での先制点は大きい。
その後も、タロウが至近距離から打ったシュートが防がれるなどの決定的なチャンスがあったが、追加点は奪えない。

P1000606.jpg

後半27分に三好に代えて山田を投入。
惜しいミドルシュートを放った後の三好の交代でした。

対する武蔵野も、前半は2、3人しかいなかった応援席が、後半は倍増したことに応えたいと思ったのか、三好が下がった後から猛攻を仕掛け、CKが4本続いた後に、バーを直撃するシュートを放つ。
武蔵野は後半だけで9本のシュートを記録。

P1000604.jpg

これに対し、秋田は後半37分過ぎに武蔵野ゴール前で数的優位のチャンスを作るが、熊林がシュートを打てず。

そして、後半42分に松田に代えて牧内を投入。
この試合では、秋田ゴール前で武蔵野の選手にヘディングで負ける場面が多かったので、相手のCKを防ぐ役割を果たしている松田を下げて大丈夫なのかと少し不安に思ったが、牧内がドリブルで武蔵野守備陣をかき回し、時間稼ぎをすることと追加点を挙げることを期待するしかない。

そして、後半ロスタイムに入ろうとした時に、相手にCKを与え、このCKを頭で決められ、土壇場で同点に追い付かれてしまう。

まさか、嘘だろ、、、

しかし、ロスタイムは3分、まだ時間はある。
選手はあきらめていなかった。
試合終了間際にCKのチャンスを得たブラウブリッツは、このCKに島川が頭で合わせたが、ボールはゴールの右を抜けていった。

P1000608.jpg

この直後に試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
試合終了。

その場に座り込んで動かない島川の姿が印象に残った。

松田がいれば、最後のCKを決めていただろうか?
また、失点の場面も松田がいれば防いでいただろうか?

ブラウブリッツは後半だけで7本のシュートを放ち、決定的な場面も何度も作った。
しかし、これらのチャンスを決めきれず、ロスタイム突入直後に同点ゴールを許し、武蔵野に勝つことなく、JFLでの武蔵野との対戦を終えることとなった。

「武蔵野戦14戦未勝利」という屈辱の歴史とともに、我々は来年からJ3に参戦する。

武蔵野はJ3に参入しない以上、来年以降、リーグ戦で武蔵野に勝利し、雪辱する機会はない。
今後、公式戦で武蔵野と戦うには、天皇杯で対戦するしかない。

JFLで7年間未勝利という屈辱を与えた武蔵野にリベンジするため、クラブを強くするよう一層サポートしなければならない。
2013年10月26日という日付と、この日の悔しさは忘れない。

武蔵野に対して、我々は7年間、14回対戦したが、一度も勝つことは出来なかった(7分7敗)
このことは本当に悔しい。
しかし、この悔しさが、秋田サポが一層クラブをサポートするきっかけになるのであれば、この屈辱を受けたことも無駄にはならない。

この悔しさを忘れるな!!

いつの日か、天皇杯で武蔵野を撃破しよう!!

P1000609.jpg

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

仁賀保での最終戦で勝利ならず。痛恨のドロー(その1)

 2013-10-26
P1000590.jpg

本日、仁賀保グリーンフィールドで行われた横河武蔵野戦に参戦しました。
結果は、皆さんご存知の通り、後半1分に三好のゴールで先制したものの、後半ロスタイム1分にCKから同点ゴールを奪われ、1-1のドローに終わりました。

試合経過とスタッツについては、ブラウブリッツの公式サイトをご覧下さい。

JFL第30節 ブラウブリッツ秋田 VS 横河武蔵野FC
http://blaublitz.jp/score?game_id=324&t=news

前日の夜に大宮から夜行バスに乗り、翌朝に酒田に到着し、そこから電車に乗り換え、仁賀保には8:44に到着。
やはり、関東に比べると寒く感じます。
ただ、酒田で降っていた雨は、仁賀保では止んでおり、試合中も降らなそうな感じがしました。

仁賀保では紅葉が始まっていました。

P1000588.jpg

P1000592.jpg

実家に寄る前に、ニカスタに寄ると、少年サッカーのイベントの準備がされていました。
このイベントには、元日本代表の小倉が来ていたみたいです。

P1000589.jpg

この後、ニカスタの前にあるローソン平沢店に寄ってみました。
試合の日、そして仁賀保に帰省した時にはお世話になる店です。

P1000591.jpg

P1000610.jpg

仁賀保で試合がある時は、店の入口にレプユニが飾られますし、店員さんも応援Tシャツを着て接客します。
また、この日は、仁賀保での最終戦ということで、カウンターには特別割引券つきの告知チラシが置いてありました。

P1000593.jpg

少年サッカーのイベントがあったし、仁賀保での今季最後の試合なので、観客が大勢来てくれることを期待。

実家で少し休み、身支度をして、開門直前にニカスタに到着。
まずは、スタ飯で腹ごしらえ。

P1000594.jpg

P1000595.jpg

NS乳酸菌を飲み、天下一品のしょうゆラーメンを食べ、その後に食べたのが「花輪しばらくやホルモン」のホルモン煮込み。

P1000596.jpg

P1000597.jpg

やや寒かったので、ラーメンと煮込みを食べて体が温まりました。
そして、体が温まったところで、生ビールを注文。
腹ごしらえも済ませ、いよいよスタジアムに入場です。

(次の記事に続く)

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

武蔵野戦に向けてゲン担ぎ

 2013-10-25
ブラウブリッツは、明日(10/26)、仁賀保グリーンフィールドで横河武蔵野FCと対戦します。

10月26日(土)13:00キックオフ(開場11:30)
vs 横河武蔵野FC

10.26 秋田さきがけpresents JFL第30節 vs 横河武蔵野FCイベント情報
http://blaublitz.jp/whatsnew/24113.html

武蔵野戦を明日に控え、金曜日の朝食は、築地の「深大寺そば ㈲まるよ」の月見そばにしました。

P1000585.jpg

P1000586.jpg

いつもより早く起きて築地に行って、深大寺そばを食べてきました。

深大寺そばで有名な深大寺は、武蔵野陸上競技場の最寄り駅である三鷹駅からも行くことができるので、深大寺そばは、横河武蔵野の地元の名物と言っていいでしょう。

対戦相手の武蔵野の地元の名物である「深大寺そば」を食べ、明日は横河武蔵野に勝ちます!

明日は武蔵野に勝つぞ!!

そして、松田はJFL通算100ゴールを決めろ!!

これから夜行バスで仁賀保に向けて出発します。
明日、仁賀保に参戦する皆さん、共に戦い、武蔵野に勝ちましょう!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2013JFL第29節終了

 2013-10-25
順位 チーム 勝点 得失
1 長 野 63 +32
2 讃 岐 62 +23
3 相模原 51 +17
4 町 田 51 +5
5 金 沢 46 +12
6 秋 田 45 +5
7 ソニー 45 +4
8 ホンダ 42 +10
9 琉 球 42 +4
10 武蔵野 40 -5
11 佐川印 38 +3
12 藤 枝 34 -13
13 福 島 32 -2
14 YSCC 30 -15
15 HOYO 29 -9
16 ロック 24 -18
17 MIO 23 -19
18 栃 木 21 -34

ブラウブリッツ秋田は1-1のドロー
順位は6位をキープ
(13勝6分10敗、得点43、失点38、得失+5)

秋田1-1琉球
   (1-1)
   (0-0)
得点者(秋田):26分半田

勝ち点:45(+1点)
得失点差:+5(変更なし)

<その他の試合>
印刷 2-1 HOYO
MIO 2-2 金沢
武蔵野 0-0 ソニー
長野 5-1 町田
讃岐 1-0 相模原
ホンダ 5-0 栃木
YSCC 0-0 ロック
藤枝 0-2 福島

今節は上位4チームが激突し、首位の長野は4位の町田を破り、2位の讃岐も3位の相模原を破り、1~4位の順位は変わらず。
この結果、3位の相模原と2位の讃岐の勝ち点差は11に広がりました。
優勝争いは、長野と讃岐に絞られたと言っても良いでしょう。

秋田は1-1で引き分け、順位は6位をキープ。
ソニーと勝ち点で並び、5位の金沢との勝ち点差が1という状況は前節終了時と変わっていません。
長野と讃岐が熾烈な優勝争いをしているのなら、秋田は金沢、ソニーと熾烈な5位争いをしています。

5位になるためには、次節の武蔵野戦で勝たなければなりません。

目指せ、ブラウ5位ッツ!!
(5位ナーレ鳥取のパクリですw)

次節の武蔵野戦には、俺も参戦する予定です。
仁賀保に参戦する皆さん、共に戦い、勝ち点3をつかみとりましょう!!

聖地・仁賀保で武蔵野に勝つぞ!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

沖縄遠征二日目(試合)

 2013-10-25
先週土曜日に沖縄入りし、翌日の14時から沖縄市陸上競技場で行われたFC琉球戦に参戦しました。

スタジアム入りした秋田サポを迎えたのは、前夜に交流した琉球サポの皆さんと、ぐしけんくん(仮)

P1000481.jpg

ぐしけんくん(仮)とは6月に仁賀保で会って以来の再会です。

試合開始直前には、ベリーダンスのショーがありました。
でも、琉球ボンバーズと会えなかったのは残念でした。

P1000484.jpg

ベリーダンスのショーが終わり、選手が入場。

P1000486.jpg

平井が出場停止で、松田とタロウの2トップ。
そして、GKはアヤキが久々の先発に復帰。

前半の立ち上がりは、風上の琉球が攻勢に出て、秋田陣内での試合が続く。
そして、前半25分、秋田の左サイドからクロスを上げられ、これをボレーで決められ、琉球に先制点を許してしまう。

しかし、その直後の前半26分、パスをつないで琉球陣内に攻め込んだブラウブリッツは、右サイドから半田にパスが通り、これを半田が決めて、同点!!

その後、お互いに2、3本ずつシュートを放って前半は1-1で終了。

前半のシュート数は、秋田4、琉球5
秋田は風下の前半を1-1というスコア、内容的にも互角で終え、風上となる後半の逆襲が期待される。
天候も、前半の途中で本降りになりかけたが、すぐにやみ、後半は雨が降らなそうな感じになった。

ちなみに、沖縄市陸上競技場の屋根と思っていたものは屋根ではなかった。

P1000478.jpg

よく見ると、隙間が空いていて、屋根というよりは、日よけです。
この下に行っても雨は凌げません。

お互いに選手の交替はなく、後半開始。

P1000488.jpg

後半は風上になった秋田が優位に試合を進める。
シュートこそ打てていないが、後半は右サイドからの攻撃も機能していた。

後半25分に三好に代えて鈴木健を投入。
また、後半31分には大森に代えて牧内を投入。
牧内の投入で更に琉球ゴールに迫る回数が増える。

P1000490.jpg

牧内の投入で更に攻撃のリズムが出てきたと思っていた矢先、新里が足を吊り、後半37分に交代。
新里の代わりに山田を投入し、交替枠を使い切ってしまった。
これで試合の終盤に攻撃的な選手を投入することは出来なくなった。

しかし、その後、ブラウブリッツの攻勢が始まる。
まずはPA内での松田の惜しいシュート!
これは惜しくも相手GKにブロックされる。

後半43分、牧内の突破から?CKのチャンスを得る。

P1000491.jpg

ここからが秋田の猛攻の始まりだった。

P1000493.jpg

CKが4本続き、シュートが3本。
中でも松田のヘディングシュートは、決まった!と思ったが、惜しくもゴールならず。

試合終盤の猛攻が実らず、1-1のドローとなりました。
後半のシュート数は、秋田4、琉球2
試合トータルのシュート数は、秋田8、琉球7でした。

P1000494.jpg

P1000495.jpg

勝ちたかったし、勝てた試合だけに、ドローに終わったのは残念。
しかし、終盤の秋田の猛攻に琉球サイドはヒヤヒヤしただろう。

今回の沖縄遠征は、2泊3日で行ったので、観光も出来たし、琉球サポと交流する機会もあったし、本当にリフレッシュ出来ました。
一緒に応援した秋田サポの皆さん、また、琉球サポの皆さん、ありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

沖縄遠征二日目(試合前)

 2013-10-21
昨日、沖縄市陸上競技場で行われたFC琉球戦に参戦しました。
結果は、皆さんご存知の通り、前半25分に先制を許したものの、その1分後に半田が同点ゴールを決め、その後、終盤に惜しいチャンスが何度かありましたが、逆転ゴールを挙げることは出来ず、1-1のドローに終わりました。

試合のスタッツについては、ブラウブリッツの公式サイトをご覧下さい。

JFL第29節 ブラウブリッツ秋田 VS FC琉球
http://blaublitz.jp/score?game_id=323&t=news

今回の琉球戦には、どうしても勝ちたかったんですが、勝つことはできませんでした。
勝てなかったのは悔しいですが、相手をかなりヒヤヒヤさせたと思うので、良しとします。

試合当日は、朝8時にレンタカーを借りて、試合会場の近くを観光してから、12時前に沖縄市陸上競技場に到着。
しかし、駐車場の空きを見つけるのに時間が掛かってしまい、サポ仲間と合流できたのは、12時過ぎでした。

P1000473.jpg

P1000496.jpg

スタ飯については、外で屋台が2台出ていて、タコライス、焼きそば、焼き鳥、フライドチキンなどが売られていました。

P1000475.jpg

俺が買ったのは、タコライスです。値段はなんと350円。これは安い。
ちなみに、焼きそばは500円でした。

P1000474.jpg

スタジアムの中では、お菓子などを売っていました。
少し小腹が空いていたので、サーターアンダギーを買いました。
大きさは小さめで、12個入りで400円でした。
ついでにスタジアムの外の自販機で琉球コーラを購入。

P1000483.jpg

さて、試合会場の沖縄市陸上競技場ですが、結構大きいスタジアムで、座席はすべてセパレートされていました。

P1000478.jpg

P1000480.jpg

P1000476.jpg

遠くで台風が発生している影響か、風はやや強めでした。

P1000479.jpg

この日の琉球戦には、関東から4名、秋田から5名が参戦しました。
これ以外に、関東在住の川崎サポの方1名が友情応援で参戦して頂きました。

P1000477.jpg

P1000482.jpg

P1000487.jpg

ちなみに、コールリーダーは、当日羽田から参戦したため、試合開始25分前に到着しました。

声出し部隊は、9人だけでしたが、それ以外では選手・スタッフのご家族と友人が10人以上、また、与那城監督の親族と友人の方が20人近く観戦に来ていました。

沖縄での試合でブラウブリッツ史上最多のサポと観客を集めた試合が間もなく始まろうとしている。

(続きは東京に戻ってから。投稿時はまだ沖縄のため。)

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

沖縄遠征一日目

 2013-10-20
ブラウブリッツは、今日(10/20)14:00から沖縄市陸上競技場でFC琉球と対戦します。

俺は試合前日の夕刻に沖縄入りしましたが、偶然にもブラウブリッツの選手達と同じ飛行機でした。

試合前日は、沖縄一の繁華街、国際通りに秋田サポ6名が集結し、決起集会を行いました。

P1000438.jpg

一軒目は、国際通り沿いの「波照間」という店。

P1000440.jpg

P1000439.jpg

ゴーヤチャンプルなどの沖縄料理を食べ、英気を養いました。
個人的には、前日もゴーヤチャンプルを食べ、オリオンビールを飲んでいるので、2日連続のゴーヤチャンプル&オリオンビールです。
この店のゴーヤチャンプルは、苦味がなく、優しい味でした。
なお、この店では、店員さんが沖縄民謡などを歌ってくれるサービスがありました。

二軒目は、琉球サポの聖地、カンプノウにお邪魔しました。

P1000441.jpg

店にあった「サムライブルー」というカクテルを「ナマハゲブルー」という名前で注文し、秋田サポで乾杯しました。

P1000442.jpg

もちろん、「琉球魂」というカクテルを頼んで、琉球を「飲む」ことも忘れません。

P1000448.jpg

店内には、ワールドカップのレプリカや、ティガーマスクさん@八戸のTシャツが飾られておりました。

P1000446.jpg

P1000443.jpg

また、FC琉球が2006年にJFLに昇格した際の記念写真も飾られていました。

P1000445.jpg

写真の中央にいらっしゃるのは、我らがジョルジ監督。
ジョルジ監督にとって、今回の琉球戦は、沖縄への恩返しとなる試合です。

この「カンプノウ」で琉球サポの方々や関係者の方々と交流することが出来たのは、良かったです。
サッカーがなければ生まれることのなかった出会いに感謝です。

同時に、「カンプノウ」に来たことで、FC琉球に勝たなければならない意味も見つけました。

全員プロ契約のFC琉球に対して、全員プロ契約ではないブラウブリッツ。
相手が全員プロ契約だから、負けても仕方ないという言い訳も出来るかもしれない。

だが、それを言い訳に負けていいのか?
秋田県のために、エンブレムのナマハゲのために、沖縄まで足を運んだサポのために、そして何より、来季からJ3に参入する選手自身のために、全力でFC琉球に立ち向かってほしいし、サポも全力でサポートする。

負けられない戦いが沖縄にある!!

今回の琉球戦、俺としては、内容よりも結果を重視したい。

FC琉球に勝つぞ!!

いや、勝たなきゃいけないんだ!!

沖縄に参戦できない方も、沖縄に念を送ってください。

今日は、FC琉球に勝つぞ!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング