Jリーグ準加盟申請が受理

 2012-12-06
BB秋田がJリーグ準加盟申請 
リーグ側が可否判断へ
 日本フットボールリーグ(JFL)のブラウブリッツ秋田(BB秋田)を運営する秋田フットボールクラブ社(岩瀬浩介社長)は4日、Jリーグへの参入条件の一つである準加盟の申請書を提出、受理されたことを明らかにした。申請は11月30日付。Jリーグは90日以内にクラブや行政への聞き取り調査を行い、準加盟の可否を決める。
 準加盟の条件は、ホームスタジアムにナイター設備や一定の客席数(J1は1万5千人以上、J2は1万人以上)を備えJリーグ規格を満たすか、地元自治体などが改修整備に向けて取り組む意向があることなど。県内に規格を満たした施設はないが、県は本年度、県内9施設の現況や交通アクセスの調査、改修費の試算を進めている。
(2012/12/05 08:32 更新)
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20121205a

昨日の魁によると、先月末に準加盟申請を行い、受理されたらしい。
今年2月5日の読売新聞の記事には「2012年シーズンが開幕する3月11日までに13年シーズンの準加盟を申請する」と書いてあったが、シーズン前に申請はされなかった。
また、今年3月7日の秋田魁新報の記事にも「今年3月下旬にJリーグへの準加盟申請を初めて行う」と書いてあったが、この時も申請はされなかった。

そして、2月の記事から10ヶ月近く経過し、3度目の正直で、ようやく申請し、そして受理された。
準加盟申請が認められるかは分からないが、大きな一歩であることは間違いない。
準加盟が認められないとしても、その理由は指摘されると思うので、指摘された課題を1つずつ解決していけばいい。
ここまで来るのは長かったが、2010年の夏、スタジアム改修のための署名集めのため、東京都内を駆けずり回ったことは無駄ではなかったと思いたい。

Jリーグへの道は、以前に比べたらはるかに険しく、厳しいが、Jリーグへの第一歩を記したことは評価したい。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

地域決勝大会決勝ラウンド終了

 2012-12-02
第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンドが終了しました。
その結果、相模原が1位、福島が2位となり、JFL昇格の資格を得ました。
相模原と福島の皆さん、JFL昇格おめでとうございます。
また、3位となったノルブリッツ北海道は、栃木UVAとの入替戦に勝利するとJFL昇格が決まります。

<順位>
1.相模原(勝ち点9、得失点+5)※SC相模原はJFL昇格
2.福島(勝ち点5、得失点+2)※福島ユナイテッドはJFL昇格
3.北海道(勝ち点2、得失点-3)※ノルブリッツ北海道は入替戦へ
4.岡山(勝ち点2、得失点-4)

<試合結果>
1日目:福島 0-0(PK8-7) 北海道、岡山 1-2 相模原
2日目:福島 3-0 岡山、北海道 0-3 相模原
3日目:福島 0-1 相模原、北海道 1-1(PK3-4) 岡山

長崎と佐川に代わって相模原と福島がJFL入り。
チームにとっては、長崎と滋賀に遠征に行くよりは遠征費用が掛からないと思うので、それは歓迎すべきでしょうか。
個人的にも相模原と福島の方がはるかに行きやすいですし。

ブラウブリッツは、去年昇格してきた長野に去年、今年と全敗、今年昇格してきたYSCCにも全敗しておりますが、この長野、YSCCと去年、一昨年に地域決勝で激闘を繰り広げた相模原、福島ともに強そうです。
福島に至っては、今年の天皇杯で甲府と新潟を破っていることは皆さんご存知のことと思います。
来季のJFLには長崎、佐川という強豪はいませんが、相模原と福島という強敵が参戦してきます。
来季のJFLも強敵が多そうですが、これらの強敵に打ち勝って、JFLで生き残りたいと思います。

来季は、JFLの先輩の意地を見せてくれ!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL

2012シーズンの成績推移

 2012-12-01
2012シーズンの成績推移

1 (3/11) A 1○0 琉球 1勝0分0敗 7位 勝点3 得失+1(得点1 失点0)
2 (3/18) H 1○0 ロック 2勝0分1敗 5位 勝点6 得失+2(得点2 失点0)
3 (3/25) A 2○1 金沢 3勝0分0敗 2位 勝点9 得失+3(得点4 失点1)
4 (4/1) H 1○0 ホンダ 4勝0分0敗 2位 勝点12 得失+4(得点5 失点1)
5 (4/8) A 0●1 長崎 4勝0分1敗 3位 勝点12 得失+3(得点5 失点2)
6 (4/15) H 1●2 長野 4勝0分2敗 5位 勝点12 得失+2(得点6 失点4)
7 (4/21) A 1○0 佐川 5勝0分2敗 3位 勝点15 得失+3(得点7 失点4)
8 (4/29) H 0△0 藤枝 5勝1分2敗 5位 勝点16 得失+3(得点7 失点4)
9 (5/3) A 1●4 YSCC 5勝1分3敗 8位 勝点16 得失±0(得点8 失点8)
10 (5/6) H 2△2 ソニー 5勝2分3敗 8位 勝点17 得失±0(得点10 失点10)
12 (5/20) H 1△1 横河 5勝3分3敗 7位 勝点18 得失±0(得点11 失点11)
13 (5/27) A 4○0 HOYO 6勝3分3敗 7位 勝点21 得失+4(得点15 失点11)
14 (6/3) A 1○0 MIO 7勝3分3敗 3位 勝点24 得失+5(得点16 失点11)
15 (6/9) H 3△3 印刷 7勝4分3敗 5位 勝点25 得失+5(得点19 失点14)
16 (6/17) A 0●3 讃岐 7勝4分4敗 8位 勝点25 得失+2(得点19 失点17)
17 (6/24) H 1△1 栃木 7勝5分4敗 8位 勝点26 得失+2(得点20 失点18)
※第11節は試合なし

※17節終了時(試合数16)
 7勝5分4敗 勝点26 8位(1位長崎33、2位長野32、3位讃岐31、4位MIO26) 
 得失+2 9位(1位讃岐+16、2位長崎+15、3位長野+14、4位MIO+13)
 得点20 9位(1位MIO35、2位YSCC32、3位琉球30、4位長崎29)
 失点18 7位(1位讃岐9、2位長崎・ソニー10、4位長野・印刷15)

18 (7/1) A 0●2 藤枝 7勝5分5敗 10位 勝点26 得失±0(得点20 失点20)
19 (7/8) H 0●1 YSCC 7勝5分6敗 10位 勝点26 得失-1(得点20 失点21)
20 (7/15) A 2●3 ソニー 7勝5分7敗 11位 勝点26 得失-2(得点22 失点24)
22 (7/29) A 0●2 横河 7勝5分8敗 11位 勝点26 得失-4(得点22 失点26)
23 (8/5) H 1△1 HOYO 7勝6分8敗 10位 勝点27 得失-4(得点23 失点27)
24 (8/19) H 0△0 MIO 7勝7分8敗 11位 勝点28 得失-4(得点23 失点27)
25 (9/15) A 1△1 印刷 7勝8分8敗 12位 勝点29 得失-4(得点24 失点28)
26 (9/23) H 1●2 長崎 7勝8分9敗 13位 勝点29 得失-5(得点25 失点30)
27 (9/30) A 1△1 ホンダ 7勝9分9敗 13位 勝点30 得失-5(得点26 失点31)
28 (10/7) H 2○1 金沢 8勝9分9敗 10位 勝点33 得失-4(得点28 失点32)
29 (10/14) A 1●3 栃木 8勝9分10敗 11位 勝点33 得失-6(得点29 失点35)
30 (10/21) H 1●2 讃岐 8勝9分11敗 11位 勝点33 得失-7(得点30 失点37)
31 (10/27) H 1●2 佐川 8勝9分12敗 14位 勝点33 得失-8(得点31 失点39)
32 (11/4) A 0●1 長野 8勝9分13敗 14位 勝点33 得失-9(得点31 失点40)
33 (11/11) H 1○0 琉球 9勝9分13敗 13位 勝点36 得失-8(得点32 失点40)
34 (11/18) A 1△1 ロック 9勝10分13敗 13位 勝点37 得失-8(得点33 失点41)
※第21節は試合なし

※34節終了時(試合数32)
 9勝10分13敗 勝点37 13位(1位長崎67、2位長野58、3位佐川57、4位讃岐・ホンダ53)
 得失-8 11位(1位長崎+33、2位佐川+24、3位長野+23、4位讃岐+20)
 得点33 14位(1位佐川61、2位琉球・YSCC58、4位長崎・長野57)
 失点41 7位(1位長崎24、2位長野・ソニー29、4位長野34)

開幕から4連勝を飾ったこともあり、前半戦の順位は8位。
8位といっても4位のMIOと勝ち点が並び、首位の長崎とは勝ち点差7でした。

後半戦は4連敗で始まり、シーズン終盤でも4連敗し、13位で終了。
後半戦の勝ち点は11で後半戦だけだと最下位でした。

秋田の得点は、去年の38よりも少ない33。
秋田より得点が少ないのは、ロックとソニーだけ。

<チーム得点ランキング>
10位HOYO40(勝点35、15位)
11位藤枝39(勝点40、11位)
12位栃木36(勝点22、17位)
13位横河35(勝点41、10位)
14位秋田33(勝点37、13位)
14位金沢33(勝点36、14位)
16位ロック28(勝点28、16位)
17位ソニー27(勝点39、12位)

今季も得点力に課題を残したシーズンでした。
去年より得点が少なかったのに去年と同じ勝点だったのは、失点が減ったから。
失点は41でリーグ7位の少なさで、2010シーズンと同じ失点数です。
去年の終盤、守備が崩壊し、52失点したのと比べると守備の立て直しにはある程度成功したのかなと思います。

秋田より得点の多い栃木が70失点し、勝点22の最下位に沈んだことを考えると、守備は重要です。
同時に年間40得点以下では上位進出ができないことも上記から分かります。

上位争いするには、年間失点を30点代に抑え、年間得点50点以上が必要です。
数年前よりレベルの上がった今のJFLで、その両方を満たすチームを作れるのか?
同時に身の丈にあった補強でないとクラブの存続に影響します。

どの程度補強すべきかは、さじ加減が難しいですが、来年は今年より躍進することを期待したいです。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2012シーズンの成績

 2012-12-01
ブラウブリッツの2012シーズンの成績

<通算:試合数32>
戦績:勝ち点37(9勝10分13敗) 13位
得失点差:-8(得点33、失点41)11位タイ

<前半:第1節~第17節(試合数16)>
戦績:勝ち点26(7勝5分4敗)  8位
得失点差:+2(得点20、失点18)9位タイ

<後半:第18節~第34節(試合数16)>
戦績:勝ち点11(2勝5分9敗)  17位(最下位)
得失点差:-10(得点13、失点23)15位タイ

シーズン通算成績のほか、シーズン前半とシーズン後半に分けて成績を見てみました。
開幕から4連勝したこともあり、シーズン前半は16試合で勝ち点26(前半順位8位、得失差+2)とまずまずの成績だったものの、シーズン後半は16試合で勝ち点11(後半順位17位、得失差-10)と失速し、最終順位は13位、得失差-8という結果に終わりました。
得点は昨年の38よりも少ない33でしたが、失点は昨年の52から41に下がったことで、得失差は昨年の-14から-8に改善されました。
なお、得点の33は14位タイ、失点の少なさ41は7位タイです。
守備についてはまずまずの結果を残したと言えるでしょう。

次に今年と去年のホームとアウェイでの勝ち点を比べてみましょう。

ホームの戦績(2012):勝ち点19(4勝7分5敗)
アウェイの戦績(2012):勝ち点18(5勝3分8敗)

ホームの戦績(2011):勝ち点18(6勝0分11敗)
アウェイの戦績(2011):勝ち点19(4勝7分5敗)

ホームとアウェイでの勝ち点はほぼ同じ。
これは去年と同じです。

ホームでは引き分けが多く、負け数が1つ多いだけでしたが、アウェイでは3つ負け越しました。(5勝3分8敗)

<アウェイ戦績>
東北・関東:0勝0分4敗(●ソニー、YSCC、武蔵野、栃木)
中部地方:1勝1分2敗(○金沢、△ホンダ、●藤枝、長野)
西日本:4勝2分2敗(○琉球、佐川、HOYO、MIO、△印刷、ロック、●長崎、讃岐)

関東では去年5引き分けで1勝もできなかった代わりに1敗もしませんでしたが、今年は3戦全敗。
関東では2年間勝利なしという結果に終わりました。
その代わり、西日本(関西以西)では初めて勝ち越しました。

来季は、関東で3年ぶりの勝利を挙げるとともに、ブラウブリッツになってから初のアウェイ勝ち越しを決めてほしいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

来季はどれぐらい参戦できるかは分かりませんが、来季も可能な限りアウェイでの試合に参戦して選手の後押しをしたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2019新チャント
2019歌詞カード
2018チーム
2018選手


2020年の関東近郊の試合
5/16(土)vs FC東京(西が丘)
8/16(日)vs 沼津(愛鷹)
11/28(土)vs YS横浜(ニッパ球)
12/13(日)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター