湘南ベルマーレとの練習試合に勝利!

 2012-02-15
千葉県の館山でキャンプ中のブラウブリッツですが、今日は神奈川県の厚木市荻野運動公園でJ2の湘南ベルマーレとの練習試合が行われました。
試合は45分を3本行い、ブラウブリッツが0-0、2-1、0-0、合計2-1で勝利を収めたようです。
得点者は、二戸、久保田です。

湘南ベルマーレと練習試合を行いました。
http://blaublitz.jp/whatsnew/13071.html

先発GKは、1本目アヤキ、2本目浅井、3本目大金
松田は1本目だけに出場。
メンバー表を見ると、4-4-2の布陣のようですね。

雪国の秋田から雪のない関東に移動して5日目にJ2との練習試合。
しかも館山から厚木に移動しての練習試合だったので、移動が大変だったと思いますが、見事に勝ちました。

この時期の練習試合に結果を求めても仕方ないですが、J2のクラブに勝ったのは自信になるのではないかと思います。
ただ、相手が主力を出してきたか分からないので、この勝利に慢心することなく、日々精進してもらいたいと思います。

目標は開幕戦の勝利!!

琉球に勝つぞ!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

湘南と水戸と練習試合

 2012-02-14
秋田県という地理的条件のため、Jクラブとの練習試合を組むのが難しいブラウブリッツ。
昨年は開幕の前週にようやくモンテディオ山形との練習試合を組ませてもらったが、俺の知る限り、ブラウブリッツとなってからは、モンテディオ以外のJクラブと練習試合を組ませてもらったことはない。
ちなみに、TDK時代にエスパルスと練習試合をやったような気がするが定かではない。

しかし、今週の水曜日と日曜日に、J2の湘南と水戸と練習試合を組ませてもらえることになった。
昨年は、震災で開幕が遅れなければ、ブラウブリッツは大学生と福島ユナイテッド(東北リーグ)だけとの練習試合だけで開幕に臨むところだったが、今年はJ2との練習試合が2試合も組まれている。

強い相手との実戦経験が不足しているのがブラウブリッツの不安要因であるが、J2のクラブと2試合も練習試合が出来るのはありがたい。
ただ、気負いすぎて、ケガをすることがないことを祈ります。

練習試合の日時と場所については、ブラウブリッツの公式HPに掲載されていたので、引用します。
明海大学との練習試合は、時間も場所も分かりませんでしたが、今回は、時間も場所も掲載されています。
AFCの皆さん、ありがとうございます。

<湘南ベルマーレとの練習試合>
日時:2月15日(水)13:30~(45分×3本)
場所:荻野運動公園(厚木市)

<水戸ホーリーホックとの練習試合>
日時:2月19日(日)12:30~(45分×2本)
場所:ケーズデンキスタジアム(水戸市)

しかし、館山でキャンプしているのに、厚木と水戸まで遠征に行くのは大変だ。
館山から何時間かかるのだろうか?

俺は両日とも行けませんが、行かれる方は、風邪をひかぬよう、防寒対策をしっかりしてお出かけ下さい。

それにしても、厚木市の荻野運動公園、行くのにかなり難易度が高い場所だな...

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

今季初の練習試合

 2012-02-12
2月10日から千葉県内でキャンプを行っているブラウブリッツ。

【一次キャンプ:千葉県館山市】
■日程:2月10日(金)~2月21日(火)
■場所:宿泊施設付近のグラウンドを使用

【二次キャンプ:千葉県市原市】
■日程:2月24日(金)~29日(水)
■場所:市原スポレクパーク
■練習グラウンド住所:千葉県市原市菊間775
http://blaublitz.jp/whatsnew/12225.html

今日の南関東は晴れていましたが、晴天の下、今季初の練習試合を行ったようです。
 ↓
ブラウブリッツ VS 明海大学
http://blaublitz.jp/whatsnew/12976.html

対戦相手は、去年の館山キャンプで最初に対戦した明海大学。
2年連続で、ブラウブリッツは、明海大学との対戦からスタートしました。

去年は45分を3本行って、4-1、2-1、5-1、合計11-3で勝利しましたが、今年は45分を?4本行って、1-0、3-1、0-0、2-0、合計6-1で勝利したようです。

キャンプ初日は到着が遅れて何もできなかったようなので、今日が実質キャンプ2日目。
焦らずに、開幕に向けて仕上げてほしいものです。

今日の練習試合のメンバーと写真は後ほど掲載とのことですので、待ちましょう。

なお、得点者については、
1本目:松田
2本目:松田、三好、土屋、久保田(あれ?上記だと合計3点だけど)
4本目:富樫、鈴木健
となっています。

次の練習試合はいつやるのか不明ですが、2月19日(日)12:30からケーズデンキスタジアム水戸でJ2の水戸との練習試合が組まれています。
これは、水戸の公式サイトに掲載されていますが、秋田県在住のサポ仲間に教えてもらいました。
教えて頂き、ありがとうございました。

ただ、残念ながら、俺は2/18~19は家族でスキーに行くので、水戸には行けません。
関東在住の方で、行ける方は是非。

それにしても、ブラウブリッツの公式HPにキャンプ中の練習試合の日程が載っていないのは何故?
今日の練習試合も、今日やるということだけは週間スケジュールには載っていたけど、場所も時間も載っていなくて、ニュースやトピックスでも事前に案内していませんでした。

これは、単なる掲載もれなのか、それとも、周りの目を気にせずに練習試合を行いたいのか?
どっちなんでしょうか?

サポが大勢見に来たり、他チームから偵察されるのは好ましくないとの考えなら、それはそれで理解しますが、単なる掲載もれなら、掲載してほしいですね。
練習試合を見に行きたいサポもいるでしょうから。

2月26日に市原スポレクで練習試合をするのなら、見に行きたいと思っています。

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

送別会&作戦会議を実施

 2012-02-12
昨夜、埼玉県の大宮で関東在住サポの送別会と作戦会議を行いました。
参加人数は5人です。

作戦会議では、関東在住サポグループのグループ名を決定し、関東在住サポグループの横断幕やTシャツを作ろう、などといったことが話し合われました。

なお、関東サポグループ名は、

B-Freaks関東

に決定しました。

とは言え、集まった主目的は、アウェイでの応援で多大なる貢献をして頂いたJamesさんが2月下旬に秋田に戻るということで、関東在住サポで送別会をすることです。

俺がJamesさんと初めてお会いしたのは、ブラウブリッツがクラブ化する前の2009年4月のカシマスタジアムでの流通経済大学戦でした。
3シーズン一緒に戦った戦友が関東から去るのは、寂しいです。

ブラウブリッツになってから、UNGER Neoの幹部がアウェイに参戦する回数も減り、アウェイの試合を数人以下で応援することも多々ありましたが、そんなアウェイでの試合で、応援の中心にいたのは、Jamesさんでした。

Jamesさんの太鼓とリードで、幹部が不在の試合でも応援に厚みを持たせてくれました。
太鼓だけではなく、2010シーズンからは、巨大横断幕も作成し、アウェイのゴール裏を迫力あるものにしてくれました。

常に太鼓と横断幕を持参して参戦するJamesさんは、関東と関東近郊だけではなく、関西、金沢、鳥取、長崎、宮崎、高松といった遠方でもサポーターと選手に力を与えました。

少人数のアウェイでの試合でもそれなりの形で応援ができたのは、Jamesさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

Jamesさんは今後は、ホームである秋田に戻るので、秋田に戻ってから、Jamesさんの暖めている構想を一つでも多く実現してほしいと思いますし、こちらでも協力できることがあれば、協力したいと思います。

関東と秋田、住む場所は離れてしまいますが、これからも共に戦おう!

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

地域密着に必要な土壌

 2012-02-11
日本一のチームをつくる

セレッソ大阪と北海道日本ハムファイターズで社長を務めた藤井純一氏の著書
「地域密着が成功の鍵!日本一のチームをつくる」(ダイヤモンド社)
を購入しました。

藤井氏は、Jリーグとプロ野球で球団社長を務めた唯一の人物で、赤字球団だったセレッソ大阪と日本ハムファイターズを黒字球団に変え、地元に愛される球団を作り上げた人物です。
ちなみに、2010年のドラフトでハンカチ王子を引き当てたのも、藤井氏です。

藤井氏は、コスト意識のないセレッソの社員にサービス精神とコスト意識の概念を叩き込むとともに、社員と一緒に汗を流してスタジアム周辺の商店街を駆けずり回り、また、業務の効率化と外部委託を減らすことで経費の節減を図り、また、データに基づいた戦力補強を実施し、そして集客のための企画を次々と打ち出すことで、セレッソを赤字球団から脱却させ、地元に愛される球団に変えました。
そして、セレッソの次は日本ハムファイターズに乗り込みますが、そこには、セレッソ以上のぬるま湯体質のファイターズの社員達が、、、
続きは、本を購入して下さい。

著書の中で、藤井氏はこう言っています。

「地元に愛されることが、スポーツビジネスを成功に導くための鉄則である。」

「地域密着を成功させるには、何よりもまず「土壌」が必要だ。対象となるべき地域が存在すること-これが、我々の努力以上に不可欠な大前提である。」

藤井氏によると、地域密着を行おうとしても、その場所が都市であった場合、「地域」という概念が育ちにくく、うまくいかないという。
セレッソについては、大阪全域での浸透はハナから考えず、大阪南部、それも長居スタジアムのある東住吉周辺にターゲットを絞って地域密着を成し遂げた。
また、ファイターズが北海道という広大な地域で成功したのは、北海道民が「我々は北海道民である」という強い意識を共有していることにあるという。
北海道は、広大な土地でありながら、住民が一体感を持っている「巨大な地域」とも呼べる稀有な場所であったことが、ファイターズが成功したことの土台となっている。

このような「土壌」があって初めて、様々な集客のためのイベントが功を奏したのだ。

俺の故郷の秋田県にも、そういう「土壌」は存在するだろうか?
首都圏の住民に比べたら秋田県民の郷土愛は高いと思うが、秋田県民の郷土愛や一体感を更に高めるためには、前に紹介した郷土愛教育も有効だろう。

郷土愛教育
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-826.html

遠回りかもしれないが、郷土愛を持つ若者を育てることが、秋田県を良くすることにつながるし、ブラウブリッツを強くすることにもつながると思う。
秋田県教育委員会には、小中学生への郷土愛教育を実施し、郷土愛を持つ若者を一人でも多く育ててほしい。
人口減少が続く秋田県であるからこそ、こうした教育は必要である。

また、秋田県はスポーツ界に幾多の人材を輩出し、高校スポーツにおいて、東北地方の中で傑出した成績を残し、スポーツ王国秋田と呼ばれた歴史をもつ県である。
そのような秋田県であるから、プロスポーツビジネスが根付く土壌は充分にある。

スポーツで秋田県をひとつにし、秋田県に元気を与えるというブラウブリッツの目的は、
必ず達成される。
AFCの皆さんの努力は必ず報われると思うし、それに対して微力ではあるが、協力していきたい。

ブラウブリッツの存在が、秋田県民の新しい誇りとなり、秋田県民に勇気と感動を与え、秋田県民の一体感を更に高めることを願っています。

いつの日か、天皇杯で優勝し、

100年先まで語り継がれる伝説を作ろう!!

目指せ、日本一!!

秋田県バンザイ!!

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

J準加盟 3月に申請

 2012-02-07
昨年12月のシーズン終了報告会で、AFCの外山社長が「2012シーズンの開幕までにJリーグ準加盟申請をする」と宣言していましたが、その言葉通り、3月の開幕までに準加盟申請をすることが発表されました。
 ↓
J準加盟 3月に申請
>サッカー・JFLのブラウブリッツ秋田の外山純社長は4日の記者会見で、「3月にJリーグへ準加盟を申請する」と述べ、2012年シーズンが開幕する3月11日までに13年シーズンの準加盟を申請することを明らかにした。最短で14年からのJリーグ昇格を目指す。
>準加盟はJリーグ昇格の前提条件で、自治体による支援の確約や特定の競技場でのホーム戦開催などの条件を満たすことが必要。申請を受けたJリーグ理事会が承認するか判断する。昇格には、さらに「1万席以上の競技場」「JFL2位以内」などの基準をクリアしなければならない。
>申請期限は11月だが、同社は「早期の申請で県民に本気度をアピールしたい」としている。また、新加入選手5人と共に会見に臨んだ横山雄次監督(42)は「戦術にとらわれず、『勝ち』にこだわって戦う。秋田を盛り上げられるチームを作りたい」と決意を語った。
>横山監督と選手20人らは4日、秋田市広面の太平山三吉神社を訪れ、今季の必勝を祈願した。
>宮司が「青い稲妻のごとく競技場を駆けめぐり、ブラウブリッツ秋田の誉名(ほまれな)を輝きわたらしめたまえ」と祝詞を奏上し、選手を代表して昨季リーグ得点王のFW松田正俊選手(31)らが玉串を奉納した。
>その後、選手らは今季への意気込みを込めた絵馬を奉納。「成長」と書いた松田選手は「今年は自分がチーム最年長になるが、まだまだすべての面で成長できるという思いを込めた。気が引き締まった」と話した。
(2012年2月5日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20120204-OYT8T00678.htm?from=tw

出来れば、スタジアム改修の署名を集めた2010年のシーズンオフに準加盟申請してほしかったが、それはもう言うまい。
とりあえず、今年の11月までに準加盟申請すれば、2013シーズンからの準加盟に間に合うみたいだが、今年の3月に申請することで、

「早期の申請で県民に本気度をアピールしたい」

とのこと。
準加盟申請することで、秋田県内での注目度が少しでも上がることを期待します。

あと、記事の中にあった、横山監督の

「戦術にとらわれず、『勝ち』にこだわって戦う。秋田を盛り上げられるチームを作りたい」

とのコメントもいいですね。
昨年は、4-3-3のシステムに固執して結果を残せなかった部分もあるので、戦術にとらわれず、『勝ち』にこだわって戦ってほしいですね。

それにしても、なぜブラウブリッツの公式HPには、3月に準加盟申請することを載せていないのだろうか?
2月4日に外山社長が記者会見をしているので、載せても問題はないと思うんですが。

今の状態で準加盟申請しても受理される可能性は高いとは言えないし、準加盟申請が認められると、クラブライセンス制度の適用を受け、赤字にならないように制約を受けるというデメリットもあるが、準加盟申請することで、秋田県民へのアピールになるし、何がダメなのかが分かるので、準加盟申請することは、有益であると考える。

3月に準加盟申請して下さい。

宜しくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

2011シーズンの応援ありがとうございました

 2012-02-04
NCM0184.jpg

これは、先日自宅に送られてきた「BB-PRESS GOLD」の裏表紙です。
秋田県内だけでなく、秋田県外の企業や学校にも支援して頂き、2011シーズンを戦い抜くことができました。

ブラウブリッツの昨年の観客動員数は、1試合平均で1300人にも満たない。
このような観客動員数であるから、現在のところ、スポンサー企業にとって、ブラウブリッツを支援することでの商売上のメリットはほとんどないだろう。

それでも支援してくれたスポンサーの皆さんには本当に感謝したいと思います。
ご支援頂き、ありがとうございました。

3月11日からは、2012シーズンの戦いが始まりますが、秋田県民に元気を与えるため、これからも力を貸して頂けたら、嬉しいです。
共に戦おう!!

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

ホーム開幕戦は八橋陸上競技場

 2012-02-03
昨日、開幕戦と第2節(ホーム開幕戦)と第3節の試合会場が発表されました。

JFL開幕戦:
FC琉球 vs ブラウブリッツ秋田(3/11(日)13:00キックオフ)
試合会場:読谷村陸上競技場(沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2079番地1)

今シーズンのブラウブリッツの開幕戦の試合会場は、沖縄県の読谷村陸上競技場。
去年の9月に開設されたばかりのスタジアムで、ヤフーの地図で住所を検索しても「座喜味2079番地」は出て来ません。
そんな秘境での開幕戦となります。
さすがに沖縄までは費用の関係で参戦できませんので、参戦できる方に応援を託したいと思います。

そして、第2節、ホーム開幕戦の会場は、八橋陸上競技場に決定!

第2節:
ブラウブリッツ秋田 vs ホンダロック(3/18(日)13:00キックオフ)
試合会場:八橋陸上競技場

昨年12月の最終戦の対戦相手は、このホンダロック。会場も同じ八橋陸上競技場でした。
去年の最終戦で0-3で敗れた相手だけに、その借りを返したいですね。
ムーンライトえちごも動いているようなので、往復とも青春18きっぷを使って参戦の予定です。
また、昨年12月に続き、ショッカー総統が再び秋田の地を訪れることを期待したい。

そして、第3節の会場は、金沢市の西部緑地公園陸上競技場。

第3節:
ツエーゲン金沢 vs ブラウブリッツ秋田(3/25(日)13:00キックオフ)
試合会場:石川県西部緑地公園陸上競技場

この試合も残念ながら参戦できません。
ムーンライトえちごが動いていて、青春18きっぷが使用できる時期の試合なので、参戦したかったんですが。

3月中の試合で参戦できそうなのは、ホーム開幕戦のホンダロック戦ぐらいです。
雪が降って電車が止まることがないことを祈ります。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

BB-PRESS GOLDが届いた

 2012-02-02
昨日(1/31)、家に帰るとファンクラブの申込案内とファンクラブの会報誌(BB-PRESS GOLD)が届いていた。

NCM0183.jpg
ファンクラブ申込案内

今年は株式を1株買い増ししたし、レプユニの購入を予定しているので、年パスは買うか分からないが、年パス会員に入るとしても、ホームゲームに参戦した際に現地で入会しようと思う。
関東在住の俺にとっては、年パス会員になると「BB-PRESS」をメールで受け取れるのがメリットか。

そして、ファンクラブの会報誌(BB-PRESS GOLD)

NCM_0003.jpg

年間2回発行の2回目?
遅ればせながら、2011シーズンを振り返る。
松本に2連勝し、仁賀保で町田に勝利した感激を思い出す。
しかし、去年のベストゴールを決めた比嘉、そしてゲームメーカーの畑田はもういない。

ファンクラブの会報誌(BB-PRESS GOLD)には、2011シーズンの戦績の他、引退した千野と退任した横山監督の記事が掲載されていて、Jリーグ準加盟申請の記事も掲載されていた。
 ↓
(以下引用)
動き出したスタジアム改修
昨年12月に全国規模のスポーツイベント開催に必要なナイター照明や大型スクリーン導入に向けて秋田県が動き出した。
ブラウブリッツ秋田のホームスタジアムの一つである八橋運動公園陸上競技場(秋田市)を含め県内施設の調査を実施する。早ければ2015年の完成となる。
全国47都道府県のうち照明と大型スクリーンを有する施設がないのは秋田県を含む10県とのこと。
八橋運動公園陸上競技場の改修が行われればブラウブリッツ秋田だけではなく、ラグビーの秋田ノーザンブレッツのナイター開催や陸上競技者のトラック夜間使用など施設使用方法の幅が大きく広がる。
ブラウブリッツ秋田としては、2012シーズンの開幕を前にJリーグ準加盟申請を出す予定でおり、県や秋田市の動きを2012シーズンの順位や集客などの結果を出して、後押ししなくてはならない。
2012シーズンがブラウブリッツ秋田として勝負の年になる。
(引用ここまで)

大口スポンサーのTDKの業績悪化の影響が少し不安であるが、TDK以外のスポンサー企業や秋田県民の郷土愛で、この逆境を耐え抜き、逆に飛躍のシーズンとなることを期待したい。

2012シーズンの開幕まで40日を切った。
まずは、シーズン開幕前に準加盟申請を行い、勝負の年となる2012シーズンの戦いの火蓋を切ってもらいたい。

#千葉キャンプで練習試合はいつやるんでしょうかね?2/18、19は所用で無理。
2/25も厳しい。となると平日に休んで行くしかないか。

#大雪の被害が至るところで出ていますね。亡くなられた方々のご冥福を祈るとともに被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2021チャント
2021応援クラップ
2021選手チャント


2021年の関東近郊の試合
2/28(日)vs 群馬(正田スタ)
3/07(日)vs 栃木(カンセキ)
3/14(日)vs 千葉(フクアリ)
5/15(土)vs 甲府(JITスタ)
5/29(土)vs 東京V(味スタ)
6/13(日)vs 町田(町田GION)
8/14(土)vs 大宮(NACK)
9/11(土)vs 水戸(K'sスタ)
11/3(水)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター