カズ、ゴール!!

 2011-03-31
3月29日に行われた日本代表とJリーグ選抜のチャリティーマッチ。
平日の大阪まで行ける訳もないので、自宅、ではなく、都内某所のスポーツバーで弟とパブリックビューイングしました。
俺が家でサッカーをみると、うるさい!とカミさんに怒られるので、俺がサッカーを見るには、外で見るしかないんです(笑)
日本人同士のチャリティーマッチなので、熱くなる要素はないんですが、今回はカズがJリーグ選抜で出るので、カズの応援歌を大声で歌うには、外に行くしかないですからね(笑)

前半に遠藤の芸術的FKと岡崎のゴールで2点を先制した日本代表。
そして、後半の途中から、ついにカズが登場!!
カズがプレーしているのを見るだけで大興奮だったが、試合に出るだけでなく、なんと、ゴールも決めました!!

このカズのゴールには本当に興奮したし、感動した。
やはり、カズは俺らのヒーローだ。
大一番で決めるのは、ヒーローの証。

そして、カズが今日まで現役選手としてサッカーを続けて来たのは、この日のために、このゴールを決めるためだったんじゃないかと思った。

このチャリティーマッチ、そして、カズのプレーとゴールで、元気と勇気をもらった人は日本中にたくさんいただろう。
当然、被災地で見ていた人にも元気と勇気を与えただろうと思う。

俺自身も、カズのゴールを見て、そして、カズの応援歌を大声で歌ったことで、もやもやした気持ちが晴れた。
カズ、ありがとう。

乗り越えられない困難はない!

がんばろう!日本!
がんばろう!東北!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

原発作業員は英雄

 2011-03-28
原発作業員は「英雄」と米紙 日本とは対照的との意見も
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/26/kiji/K20110326000504270.html

過酷な環境で作業している方々には、本当に感謝しております。
この記事の通り、彼らは、日本の英雄です。

そして、上記記事の一部を引用。

>東日本大震災の人道支援作戦を「オペレーション・トモダチ」と命名し、1万人以上を送り込んでいる米軍はネット上に支援部隊が活躍する写真を氏名とともに公開。「何をしてくれているのかよく分かる」と日本人にも好評だ。
>これについて、日本のブログや短文投稿サイト「ツイッター」では「(日本で)自衛官や消防士が注目を浴びていないこととは対照的だ」「命懸けで頑張っている自衛隊や消防士、警察官をもっとなぜ写さないのか」などの意見が出ている。(共同)

という意見に応えて、現地で頑張っている自衛隊を紹介する記事を発見しました。
産経新聞GJ!

写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032720480012-n1.htm

多数の水死体と毎日向き合う凄惨な現場で、自衛隊員は、満足な食事や休養も取らずに頑張っている。
この姿に、感謝の念はつきないし、こうした自衛隊の姿は、米軍も動かした。

米軍は初めは様子見だったが、自衛隊が命をかけて任務を遂行するさまを見て本気になった
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032720480012-n3.htm

米軍救援活動に密着 命懸け「トモダチ作戦」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110327/dst11032700550004-n1.htm

そして、米軍は、3時間で仙台空港を復旧。

>空港で米軍は自衛隊員らとともにがれきの撤去にとりかかり、3時間で大型輸送機C130が着陸できる長さ1500メートルの滑走路が完成。
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/ecoscience/snk20110327068.html

3時間で1500メートルの滑走路を復旧させた米軍は最強だ!

そんな米軍を動かしたのも、自衛隊が命懸けで任務に取り組む姿勢を見せたから。
まさに、天は自らを助ける者を助ける。のことわざの通りだ。

自衛隊の皆さんに感謝し、そして、敬意を表します。

優先順位

 2011-03-28
俺が福島原発のことよりも恐れているのが、関東での大規模停電。
関東で大規模停電が起こった場合の社会的混乱と損失は計りしれないものとなるであろうことは明らかで、気が気でなかった。
3月17日に大規模停電の一歩手前の危機を迎え、3月22日の午前にも電力使用率が99%になった。

しかしながら、3月14日に3300万キロワットだった関東の電力供給量は、先週金曜日の時点で3800万キロワットまで回復した。
これでも例年のこの時期の電力需要の4100万キロワットには足りないが、電力供給量が500万キロワット増えたことで、計画停電の回数も減ってきて、関東の電力事情は、やや改善された感がある。

しかしながら、この一方で、計画停電のために、半導体の工場は生産を再開できないでいる。
下記は、3月22日の記事であるが、現在でも状況は変わっていないだろう。

半導体の生産停滞が日本経済のリスク要因に
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110322/biz11032221080032-n1.htm

計画停電の弊害として、病院や信号も停電になることが挙げられる。
日本経済を牽引する半導体の生産が電力事情のために再開できないのであれば、これも由々しき問題だ。
俺としては、計画停電はきっちりと実施し、それで浮いた電力を使って病院や半導体の工場を停電範囲から除外すべきと考えるが、現在のところ、日本経済を支える半導体工場には優先的に電力供給が行われていない。

これは、民主党のこのような考えがあるからだろうか?
3月21日に民主党の岡田氏は、次のような発言を行っている。

岡田氏「停電は経済活動にマイナス」 ピーク時の大口規制など見直しを言及
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110321/stt11032116510000-n1.htm

うがった見方かもしれないが、工場などの大口利用者の電力を制限して、一般家庭が計画停電になる回数を減らそうと考えているのではないか。
実際に先週の計画停電の回数は減った。
しかしながら、それが半導体の工場をストップさせることで実現出来たことであれば、賛成できない。

俺としては、歯を食いしばっても半導体を生産して海外に輸出し、明日の食料、資源、エネルギーを買うためのお金を稼いでほしいと思う。
このまま何も生産しなかったら、日本のシェアは韓国、中国に奪われ、我々は生きていけなくなる。
甘い見方かもしれないが、日本が苦しんでいるこの時期に輸出すれば、欧米諸国は、多少高くても日本の製品を買ってくれるのではないだろうか。

計画停電は必要であると考えるが、計画停電を一律に行うのではなく、電力を優先供給する産業、場所を定めて、電力の供給を行うべきと考える。
何事も平等にすればいいというものではない。
物事には、優先順位というものがある。

半導体工場を再開させるための電力を確保するための停電であれば、俺は我慢する。
しかしながら、現状は、工場をストップさせる一方で、パチンコ屋は、一日中営業して電気を使いまくっている。
民主党に献金しているパチンコ屋の営業は止めないが、民主党に献金しない半導体メーカーの営業は止める。
そういう風に見られても仕方ない。

同様に、3月22日のこの記事を見て、なぜ警察車両に優先的に燃料を回さないのかと怒りを感じた。

ガソリン不足、警察車両にも=パトロールに影響の恐れ-警察庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032200662

警察車両、運送会社のトラック、ゴミ回収車とサンデードライバーの車が同じ条件で給油を待つ。
どう考えてもおかしいだろ。
記事の書かれた時から、ガソリンの供給事情は多少変わったんだろうが、被災地でのガソリン事情はあまり改善されていないようだ。
警察車両だけでなく、被災地ではガソリンが不足していて、支援物資を満足に運べず、また、重機も動かせないため、ガレキの撤去も進んでいないらしい。

物事の優先順位を決め、それを守らせる。
それが政治家の役割だが、今の政府はその役割をまったく果たしていない。

民衆の良識に任せるにも限度がある。

物事の優先順位を決め、限られた資源と人員を有効に活用してほしい。
国家予算についても、子ども手当、高速無料、高校無償、農家所得保障は廃止し、復興予算に回せ。
何を優先すべきか分からないのであれば、民主党は政権からおりるべきだ。

秋田県人の会参加報告

 2011-03-27



土曜日の夜に、なまはげ銀座店で開催された「第八回なまはげ銀座店<秋田県人の会>」にFサポさんと一緒に参加して来ました。

Fサポさんとは夕方5時過ぎに御茶ノ水で合流し、なまはげ銀座店に向かいました。
会場に到着すると先着の4名は既に飲み始めてました(笑)
この後に2名が合流し、今回の参加人数は8名でした。
内訳は、男性5名(50代2名、40代1名、30代2名)、女性3名(50代?2名、30代1名)。
出身地域別で見ると、旧仙北郡3人、仁賀保2人、本荘1人、秋田市2人。
1月に続いて県南出身者が目立ちます。
同時に秋田サポ2名とゼルビアを支える会のスタッフ1名が参加したことでサッカー関係者も目立ちました。

最初に来ていた4名はご夫婦2組での参加で、旦那さんの方は2人ともサッカーに関心があるようで、関東で行われるブラウブリッツの試合に来て頂くことを快諾してもらいました。
地道ではありますが、関東でのブラウブリッツファンの開拓に努めております。

また、このご夫婦から、参加者に俺らのような若い(といっても30代ですがw)人が多く参加しているなら、自分の子供も参加させようかしら。なんて発言もありました。
毎回の出席者の半分は、20代、30代なので、若い人も気兼ねせずに参加して頂ければと思います。
当然、年配の方も気兼ねせずに参加して頂ければと思います。

また、なまはげ銀座店では、毎日、なまはげショーとなまはげトークを楽しむことが出来ます。
会社の接待や飲み会に、なまはげ銀座店をご利用して頂ければと思います。

なまはげ銀座店
http://namahage.hy-system.com/ginza/index.jsp

こういう時期だからこそ、飲み会をやって、空元気でもいいから元気を出さないといけません。
なまはげ銀座店に行って、なまはげ様から元気をもらいましょう!!

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

被災地支援プロジェクト@御茶ノ水

 2011-03-27
Football saves Japan さんの呼び掛けで、3月26日に、御茶ノ水にある日本サッカーミュージアムに支援物資を集めて、被災地の仙台に送るというプロジェクトが実施され、俺も支援物資を持って御茶ノ水に行ってきました。

なお、集められた支援物資は、大宮サポの方が提供した4tトラックに積み込まれ、翌日の早朝に仙台に到着し、支援物資をおろした後、現在は東松島市で支援物資をおろしているようです。
現地まで行かれた方々、本当にお疲れ様です。

俺が持っていったのは、

ダンボール40枚
紳士用靴下8足
大人用おむつのパッド20枚入り1袋

ダンボールは中古品だし、靴下は家にあったもらい物。
新規に買ったのは、大人用おむつのパッドだけですね。
大人用おむつとパッドを買おうとしたんですが、レジで一人一点だけになりますと言われ、パッドを選びました。

日本サッカーミュージアムに着くと、ヴェルディサポの方々が会場の外に立って誘導をしていました。
建物の中に入ると、植田朝日氏の姿が。夕方には、ゆってぃも来ていました。
支援物資の受付は奥の方ですと案内されて、受付会場に入ると、50~100人ぐらいの方が受付と支援物資の仕分けをしていました。
着ているユニフォームは、日本代表、ヴェルディ、マリノス、山形、仙台、柏、鹿島、浦和、川崎、北九州など。
想像を超えるスタッフの数にびっくりしましたし、この短期間でこれだけのスタッフが集まったことに感動しました。




支援物資の受付場所は、3つあり、支援物資ごとに受付をしていました。
手前の受付でダンボールを渡し、靴下は真ん中、おむつパッドは一番奥の受付でスタッフに渡しました。

おむつ関係の受付は、山形サポの方々が中心となり、これに柏サポの方が加わって行っていました。
山形に在籍していた松田がブラウブリッツにいることもあり、山形サポの方々に松田は元気か?などと声を掛けて頂きました。
関東在住の山形サポの方々が10数人集まったとのことで、山形サポの組織力と行動力には感心しました。
さすが関東発のバスツアーを開催しているだけのことはある。

山形サポの中には、比嘉選手と一緒の病院でリハビリをしていた関係で比嘉選手のファンになった方もいて、武蔵野との試合を観戦に行く予定だったとのことでした。
また、柏サポの方も比嘉選手が秋田に移籍したことを知っていて、武蔵野との試合を観戦に行く予定だったとのことでした。
武蔵野との試合は後日行うのか、完全に中止となるのか分かりませんが、町田との試合は行われるのではないかと思いますので、町田で行われる町田ゼルビアとの試合に来て頂ければと思います。

会場の裏から外に出ると梱包の終わったダンボールがたくさん並んでいました。
俺がいる間、梱包の終わったダンボールを外に出す作業は見られなかったので、物資は会場の中にしかないものだと思っていましたが、第一陣は既に外に運び出されていたようです。
ダンボールの外側には、中の物品名を書いた紙が貼られていました。
急に決まった企画なのに、こういうところまで手配した手際の良さはすごいなと感心。
日本人、というか、Jリーグサポの組織力の素晴らしさを体感しました。




この日の元々の予定は、品川の あきた美彩館にブラウブリッツのポスターを貼ってもらうようお願いに行って、その後に秋田県人の会に行く予定だったので、その用事を果たすべく、品川に行って、ポスターの掲示をお願いした後、いぶりがっこを買って、再び御茶ノ水に戻りました。
なんでいぶりがっこを買ったかというと、山形サポの方でいぶりがっこが大好きという方がいたから。
今後ともいぶりがっこを宜しくお願い致します(笑)

夕方5時前にトラックが到着し、荷物の積み込みが始まりました。
近くに箱の数を数えた方がいて、その人によると、箱の数は416個だったとのことです。
多数の皆様のご厚意に感謝します。

会場外での誘導・案内、支援物資の受付、仕分け、会場外への運び出し、トラックへの積み込みを行った皆様、本当にお疲れ様でした。
また、多数の支援物資をご持参頂きました皆様、ありがとうございました。

また、スタッフの方から、ダンボール箱にメッセージをお願いしますと言われて、次のようなメッセージを書きましたので、ご報告します。

秋田サポも一緒に頑張ります!!
仙台がんばれ!!
UNGER Neoより

ベガルタサポの方はJFLのチームのことなど知らないかもしれませんが、秋田にはベガルタとの兼任サポの方も多くいるので、このようなメッセージを書かせて頂きました。

最後に、このような支援企画を設けてくださったFootball saves Japanの方々に御礼申し上げます。
今後とも、自分の出来る範囲で支援活動に協力したいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

3/26(土)サッカーミュージアムに支援物資を集積します

 2011-03-25
未曾有の大災害となった東北関東大震災。
この緊急の事態と被害の深刻さに深い憂慮を抱いているサッカーファン・サポーター有志から、なにか自分たちにも出来ることがあるのではないか、との声が集まり、このような宣言が表明されました。

サッカーを愛する人にできること~Football saves Japan宣言~

このJリーグサポーターの呼び掛けに個人的に賛同いたしますし、ブラウブリッツ秋田のサポーターグループ、UNGER Neoもこの呼び掛けに賛同しております。

http://ungerlog.spocom.tv/e2535.html

俺も、自分の出来る範囲で、継続して協力していこうと思っております。

さて、上記の Football saves Japanでは、震災復興支援バスと物資支援のプロジェクトを進めており、物資支援については、3/26(土)にサッカーミュージアムに支援物資を集積し、これを被災地に運ぶことを実施します。
26日の活動内容は、下記の通りです。

【サッカーファミリーによる緊急援助物資の支援】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=60986785&comm_id=5524089 が
今週末3月26日(土)に日本サッカーミュージアムにて行われます。

【詳細決定】3/26(土)のサッカーミュージアム物資集積
http://dekirukoto-football.jp/b/326.php
以下引用
=====
◇日時: 3/26(土) 13時~17時 【確定】
◇場所: JFAハウス・日本サッカーミュージアム http://www.11plus.jp/
      →JR「御茶ノ水駅」
        東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」
        千代田線「新御茶ノ水駅」     より徒歩6分
◇募集物資:
 【受付品目】(新品未使用のものに限る)
  (1)下着(子供用、男性用、女性用、肌着、靴下)     
  (2)衛生用品(ウェットティッシュ、ドライシャンプー、女性用生理用品)
  (3)子供用オムツ・介護用オムツ(テープ式+パッドのセットで)、お尻拭き
  (4)ダンボール箱(ミカン箱サイズ以下のもの・中古可)
    今回、ベガルタ仙台の物資集積活動と連携することとなりました。
    そのため、現地でニーズが高いものに限りました。
http://www.vegalta.co.jp/contents/news/press_release/2011/03/post-539.html
◇注意事項
   車でのご来場は駐車場スペースがない関係でなるべくご勘弁ください。
◇事前告知
   車両やダンボールなどの資材手配のため、事前にどれくらいの品目をもってきて頂けるか、
  ご連絡頂けると助かります。
   こちらのmixiコミュにてお願いいたします。
   →mixi Jリーグサポーターにできることトピック
    【3・26もってくるものを事前に表明するトピック】
=====

当日は、UNGER Neo関東支部として、俺とFサポさんが参加します。
関東在住の方で、この支援活動に協力出来る方がいらっしゃいましたら、ご協力をお願い致します。
ちなみに、この支援活動が終わったら、新橋に移動して、なまはげ銀座店<秋田県人の会>に参加する予定です。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

セ・リーグ、29日開幕

 2011-03-20
プロ野球のセ・リーグが3月25日の開幕を決定し、これに対し、文科省が東北電力、東京電力管内でのナイター開催を自粛するよう要請して、最低でもパ・リーグと同じ4月12日開催になるもんだと思っていたら....
 ↓
セ妥協29日に開幕延期…文科省も内諾

はあ?平日の3月29日開幕?
これを認めた文科省も何を考えてるんだ?

東京電力管内は、事務所での節電や工場の操業をストップしたり、電車の本数を減らしたり、そして計画停電を実施してなんとか大規模停電を回避しています。
先週の木曜日の夕方には、寒さのために暖房需要が増大したために、現在供給可能な電力3350万キロワットに対し、使用電力が3330万キロワットに達し、大規模停電の一歩手前となりました。
首都圏の電力事情は、綱渡りの状態です。
そんな時に、電力を大量に消費するドーム球場の使用やナイターの開催など言語道断です。
特に、東京ドームは、昼間でも照明が必要なため、昼間でも大量の電力を使用します。
大規模停電の可能性がある中、断じて使用させてはいけない施設です。

工場の操業をストップさせてまで大規模停電を回避している今の状況は異常で、早急に工場の操業を再開しないといけません。
日本は加工貿易の国で、原料を輸入し、それを工業製品に加工して外国に売らなければ生きていけません。
この状況が続いて、どうやって明日の食料やエネルギーを外国から買うためのお金を稼ぐんですか?
名古屋や西日本の人達に買ってもらいますか?
名古屋や西日本の人達で東日本の4000万人を養うことは不可能です。
一刻も早く首都圏の工場を稼動させ、明日の生活資金を稼ぎ出さないといけません。

そんな状況で、電力を大量に消費するドーム球場の使用やナイターの開催など許されないでしょう。
プロ野球の開催は、首都圏の電力事情に悪影響を与え、復興の妨げになります。
しかも電力需要のピークである平日の夕方から夜にかけて試合をする訳ですから、ナイターの開催が許される余地はありません。

そして、現在の計画停電は、GW明けには終わると言われていますが、その前提が工場の操業ストップを前提としたものであれば、同意できません。
工場を動かすためであれば、計画停電を継続し、場合によっては、停電の範囲を更に広げるべきと思います。
というか、暑くなってきたら電力需要が増大するので、必然的に停電の範囲は広がることになるでしょう。

停電は、電気が使えないだけではありません。
多くのマンションは、ポンプで貯水槽から水を供給しているので、停電となれば、水も出なくなります。
そんな状態が1日3~3.5時間、日によっては1日6~7時間も続いてる訳です。

こういう状況でドーム使用?ナイター?
ふざけるな!と言いたいです。
我々は大規模停電回避のため、そして、工場再開のための電力確保のため、計画停電に協力しているのであって、プロ野球開催のために計画停電に協力している訳ではないんです。
どうしてもやりたいなら、電力需要の少ない午後10時からドーム球場の使用を開始し、深夜0時過ぎにプレーボール、そしてテレビ、ラジオでの放送なし、という条件で行うべきです。

平日にプロ野球もJリーグも実施するな!
平日に東京ドームは使うな!

首都圏の電力事情は危機的状況です。
これを踏まえた対応を希望します。

3/20(日)の試合は中止

 2011-03-19
3月15日の記事の通り、明日のJFL第2節と来週のJFL第3節は中止になりました。

よって、3/20(日)に西が丘で開催予定だったブラウブリッツ秋田と横河武蔵野FCとの試合も中止となりましたので、再度ご案内いたします。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村

今度は富士宮で震度6強

 2011-03-16
3月15日の午後10時31分に、静岡県の富士宮で震度6強の地震が発生。
日本の大動脈である東海道新幹線、東名高速、国道1号線への影響がないことを祈る。
というか、これが東海地震の前触れでないことを祈る。

東北・関東大地震、東北・関東大津波、福島原発の事故、そして今回の地震。
一難去ってまた一難。
神よ、あなたはいつまで我々に試練をお与えになるのですか!

今回、富士宮でも震度6の地震が発生したことで、首都圏の物資の買占め、売り惜しみに拍車が掛かるかも知れません。
そろそろ政府として、物資の買占めと売り惜しみに対して対策を取る必要があると思います。
首都圏がしっかりしないと、被災地に対する支援に本腰を入れられません。
首都圏のパニックを静め、無駄に貯めこんだ物資を被災地に送ることが出来れば、被災地がどれだけ助かるか。

俺の周りでは、阪神大震災のときに比べると、被災地への支援の動きが鈍いような気がしますが、これは首都圏自身が地震の影響を強く受けたことと無関係ではないでしょう。
首都圏も地震の影響で混乱していますが、少なくとも、首都圏の食料は充分確保されていると政府も発表していますので、一日も早く落ち着きを取り戻してほしいものです。

停電の街

 2011-03-15
自転車に40分乗って浦和美園まで行き、出勤した計画停電1日目。
2日目となる今日は、5時半に起きて浦和美園に行く予定だったが、カミさんから電車が動いていると教えられると、ほっとしてもう一度寝てしまった。
結局いつもの時間に起きて、いつもの駅から電車に乗って出社。
いつもより30分以上は時間が掛かったが、今日は40分のサイクリングをしなくて済んだ。
首都圏の鉄道の運行範囲については、昨日よりだいぶ広がった。
ただし、本数はいつもの5割~7割程度で、運行時間に制限があったりとか、震災前の状態になるのはかなり先の話になるだろう。

東電が始めた計画停電も今日は2日目。
1日目は、やるやる詐欺で終わったが、今日は計画通り停電が行われた。
俺のところは、18:20~22:00の間の3時間程度。
計画通り実施された場合、俺が帰宅する頃には、辺りは闇に包まれていることになる。

帰りの電車に乗り、埼玉県に入るが、停電になっている様子はない。
自分の住んでる市に入っても、停電になっている様子はない。
1つ手前の駅の周りでも停電になっている様子はない。
で、自宅最寄り駅で降りると、あたりは停電で真っ暗でした。

自分のマンションも真っ暗で、エレベーターも止まっているので、階段を歩いて上ることに。
自分の階まで上り終えて、遠くを見ると、線路の反対側では電気がついている。
第2グループ全体で停電した訳ではなく、一部での実施だったようだ。

家に着くと、家族が懐中電灯でお出迎え。
明かりがこんなに有難いものだとは。
懐中電灯の明かりで着替えているところで停電終了。
俺が停電を経験したのは、ほんの数分でした。

今回の停電の時間は2時間ほど。
今は真冬ではなく、暑くもないので、この程度で済んでいるが、真夏になったら、どうなるんだろうか?

とりあえず、今の状況に慣れないと。
余裕が出来たら、被災地への支援を考えようと思います。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング