計画停電1日目(3/14)

 2011-03-15
東北・関東大震災で、発電設備に甚大な被害が出たことにより、電力の供給不足が想定されることから、昨日(3/14)から、計画停電が実施された。
これにより、鉄道については、東京駅から20~30kmの範囲しか運転されないことになり、首都圏の通勤に大きな影響が出た。

俺の住んでいる路線については、埼玉県まで運転しておらず、運転している東京都内の最寄の駅まで自転車で行こうにも、1時間半以上は掛かりそうな感じ。
無理に出社しなくていいとの社内通達もあり、自宅で待機していたが、俺の居住地は、9:20から停電になるので、停電になったら会社に行こうと思っていた。
しかし、停電の時間が来ても一向に停電にならないため、これ以上家にいても意味がないと思い、10時前に家を出て会社に向かった。
結局、昨日は電力の需要が予想よりも少なかったため、第5グループの一部を除いて、計画停電は実施されなかったようだ。

さて、俺が通勤ルートとして選択したのは、埼玉スタジアム最寄り駅の浦和美園。
俺の自宅から自転車で30~40分で行ける距離にあり、また、駅の周辺人口も少ないので、自転車を停められるだろうとの判断から。
それに乗り換えなしで都心まで出られるのも選択理由。

自転車で浦和美園に向かったが、浦和美園に向かう車の数が多いため、田んぼの中の狭い道路を走るのは危険と判断し、やや遠回りで駅を目指す。
40分ほど自転車をこいで、駅に到着。
そこから南北線に乗ったが、予想に反して空いている。
ただし、これは、11時前という時間だったからで、通勤時間は、付近の路線の利用者がどっと集まり、とんでもないぐらい混んでいたらしい。
まあ、これはここに限らず、今朝の東京近郊の駅ではどこでも見られた光景であるが。

浦和美園から会社までは電車で約1時間ほど。
家を出てからだと2時間経過している。
通勤時間は普段の2倍掛かってしまった。

今日は天気も良かったし、暖かかったので、40分以上のサイクリングも苦にならなかったが、これが雨になると、抵抗を感じるな。
でも、電力供給が回復するまでは、こうした不便さも我慢しないといけない。

とは言うものの、福島第一原発の原子炉に海水を注水したことで、原子炉の廃炉も想定されるので、この計画停電はいつまで続くんだろうと思ってしまうのも、事実です。

子ども手当を廃止し、被災地の復興に予算を回せ!

今はこれを言いたいです。

各グループの停電時間

 2011-03-15
東京電力から発表された、3/15~18の各グループの停電時間を一覧表にしてみました。(見づらくてすいません)

1.各グループの停電時間(3/15~18)
          3/15 16 17 18
6:20~10:00 3G 4G 5G 1G
9:20~13:00 4G 5G 1G 2G
12:20~16:00 5G 1G 2G 3G
15:20~19:00 1G 2G 3G 4G
18:20~22:00 2G 3G 4G 5G

2.上記1で不足する場合の追加停電(3/15~18)
           3/15 16 17 18
(13:50~17:30) × 4G 5G 1G
(16:50~20:30) × 5G 1G 2G

情報ソース
http://journal.mycom.co.jp/photo/news/2011/03/14/041/images/016l.jpg

なお、自宅がどのグループに入るのかは、下記をご参照下さい。

停電エリア(市区町村単位)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110314m.pdf

停電エリア(町名、丁目単位)
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

JFL前期2~3節、開催中止

 2011-03-15
東日本大震災の発生により、開催が危ぶまれていたJFL公式戦ですが、今週末の2節だけでなく、来週の3節についても中止が決定されました。
↓ ↓
JFL公式サイトにおけるお知らせ

よって、3/20(日)に西が丘で開催予定だった横河武蔵野FCとの試合も中止となりました。

大震災の被害状況を考えると、中止となったのは、致し方ありません。

今は、一人でも多くの生存者が見つかることと、一日も早い被災地の復興を祈るばかりです。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
にほんブログ村

3月15日の計画停電

 2011-03-15
東京電力、3月15日以降の計画停電の各グループの時間帯を発表
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/03/14/041/index.html

東京電力プレスリリース
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031414-j.html

上記によると、3月15日(火)の計画停電は、下記の通りとなります。

3/15の計画停電の予定地域
第3グループ 6:20~10:00の時間帯
第4グループ 9:20~13:00の時間帯
第5グループ 12:20~16:00の時間帯
第1グループ 15:20~19:00の時間帯
第2グループ 18:20~22:00の時間帯
※各グループの停電時間は毎日変化します。
 これについては、下記をご参照下さい。
 ↓
週間計画停止イメージ
http://journal.mycom.co.jp/photo/news/2011/03/14/041/images/016l.jpg

なお、停電エリアについては、下記をご参照下さい。

停電エリア(市区町村単位)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110314m.pdf

停電エリア(町名、丁目単位)
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

東電管内の皆さん、節電にご協力お願いします!
節電すれば、計画停電も必要なくなりますから!

輪番停電の町名別詳細リスト3/13 23:27

 2011-03-14
輪番停電の町名別詳細リスト
2011/03/13 23:27更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/495994/

東京
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/tokyo.pdf

千葉
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/chiba.pdf

埼玉
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/saitama.pdf

神奈川
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/kanagawa.pdf

山梨
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/yamanashi.pdf

群馬
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/gunma.pdf

栃木
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/tochigi.pdf

茨城
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/ibaraki.pdf

静岡
http://jyoshi-bu.iza.ne.jp/jyoshi-bu/tepco/numazu.pdf

俺は第2グループなので、これから停電に入ります。

東北地方太平洋沖地震

 2011-03-14
2011年3月11日(金)14:46、三陸沖を震源とする大地震が発生しました。
この地震のM9.0という大きさは、20世紀以降に観測された世界中の地震で4番目の大きさらしいが、その大きさの通り、被害も甚大である。
震度7という地震の他、北は八戸、南は茨城の大洗でも4メートルの津波が発生。千葉の九十九里でも津波で死者が発生し、震源に近い宮城、福島、岩手県では7~10メートルの津波が発生しました。
今回の大地震では、津波の被害が多い三陸海岸だけでなく、津波の被害が少ないと思われていた仙台周辺や福島県でも大津波が発生しました。
被災地で一人でも多くの方の生存が確認されることを祈るとともに、被災された方へ心からお見舞いを申し上げます。

地震発生時、会社の会議室で会議をしていたが、縦揺れの後、横揺れが始まり、その揺れが段々大きくなり、ちょっと、これヤバくね?ということで机に戻ると、更に激しい揺れが。
幸いにも書庫などの什器が倒れることもなく、怪我人はいない模様。
しかしながら、壁には亀裂が入った箇所がいくつかあり、石製の壁の巾木が破損している箇所もありました。

2、3時間で鉄道も復旧すると思っていたが、相次ぐ強い余震のため、なかなか復旧せず、帰宅困難者として会社に泊まることになりました(歩いたら8時間掛かるため)。
ちなみに、うちの会社では3分の1ほどが会社に泊まりました。
椅子に座って寝たので、寝心地は良くなかったですが、停電となっている訳でもなく、夕飯は外で食べられたし、野外で泊まった方に比べれば、はるかに恵まれた状況でした。
ただ、よりによって、ちょうど風邪をひいていたので、会社に泊まったことで、風邪が悪化しました(笑)

夜が明けると、鉄道の運行も徐々に回復し、俺も会社を11時過ぎに出て自宅に向かいました。
地下鉄の混雑はそうでもなかったんですが、北千住に着くと、人の多さに驚愕しました。
時たま、人身事故などで鉄道が動かなくなり、長蛇の列が出来ることがありますが、その際には、駅員に罵声を浴びせたりする光景を良く見ます。
しかしながら、今回は、そんなことをする人は一人もなく、秩序を保って行列を作っていました。
日本も捨てたものではない。

北千住から電車に乗ろうにも、電車は20分に1本だし、人が多すぎていつ乗れるか分からないので、途中までバスに乗って、そこから電車に乗り、家に着いたのは、午後2時前でした。
カミさんに聞いた自宅の被害状況は、タンスが倒れたり、カウンターの上の棚が倒れたりしたものの、食器棚の食器が散乱することはなかったようで、夕飯前に片付けは完了したようです。

実家の被害状況であるが、秋田の震度は東京と同じ5だったので、そんなに心配していなかったが、何度か電話をしても呼び出し音は鳴るが、電話に出ない。
その時は、祖母のところにでも行ってるのかな?と思ったが、翌日の早朝に電話すると、今度は話中に。その後も、呼び出し音は鳴るけど出ない、話中という状況が続き、話中だから家にいるはずなのに、電話に出ないってどういうことだ?と不安になり、実家の近くに住む青アフロ三男さんに様子を見て来て頂きました。
様子を見て来て頂いた三男さん、また三男さんに連絡を取って頂いたコアサポの方々に心から感謝いたします。
停電の中、本当にありがとうございました。

同じ市内に住む叔母には、翌日の朝に電話がつながったので、停電中でも呼び出し音が鳴れば、電話はつながるものだと思ったが、実家の電話は停電中は使えなかったようだ。
親に言わせると、家の電話は使えないし、携帯で掛けてもつながらなかったとのことだが、携帯のメールで無事だと知らせるとか、公衆電話を使って連絡するとかしてほしかった。
おかげで、コアサポさん達の手を煩わせてしまい、申し訳ない次第です。

災害時の連絡方法をもう一度確認する必要があります。

また、被災地では、水、食料、エネルギーが不足しておりますが、これらの物資の欠乏は、今後、首都圏でも顕在化してくるでしょう。
関東では、明日(3月14日)から、輪番で停電が始まり、電力不足に対処することになります。
今後、停電や物資の不足で不満の声も高まることも予想されますが、世界に誇れる日本人の規律を見せてほしいと思います。

夢は国立で公式戦

 2011-03-11
俺の夢、それはブログのプロフィールに書いてあるが、

秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

Jリーグに昇格することも確かに夢ではあるが、俺がブラウブリッツを応援する原点は、国立で秋田県のチームが公式戦をするのを見ること。
高校サッカー、いや、日本サッカーの聖地である国立競技場に秋田県のチームの旗が掲げられ、大勢の秋田県人を初めとする大観衆が秋田県のチームに声援を送る。
こんな日が来ることを夢見ています。
そして、天皇杯で優勝すればACLに出場できるようにレギュレーションが改正された上で、秋田県のチームが天皇杯に優勝してACLに出場することを夢見ています。

2006年の都市対抗決勝で、秋田県から来た6千人(情報源:俺が聞いたウワサ)を初めとする1万人がTDK側に集まりました。
あの日の盛り上がりを、日本サッカーの聖地である国立でもう一度体験したい。
この思いが、俺がブラウブリッツを応援する原動力になっています。

2006年から32年後の2038年までに、ブラウブリッツが国立で公式戦を行う。
そして、ブラウブリッツが天皇杯で優勝してACLに出場する。
こんな日が来ることを信じてブラウブリッツを応援しようと思います。

でも、そのためには、まず健康に気をつけて、長生きしないといけませんね(笑)

(追記)
なぜ32年後かは、この記事をご覧下さい。

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

32年間待ち望んだ夢

 2011-03-11
ラグビー部2冠で顕彰碑、秋田北中 前面に「北の王者」
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20110310d

全国中学生ラグビー大会、東日本中学校ラグビー大会で優勝した秋田北中学校ラグビー部の功績をたたえる顕彰碑が設置され、除幕式が行われたようです。
この記事を読んで感動したのは、次の一文。

>同部の創設者の渡邉一男さん(77)=同市金足追分=が「2冠達成おめでとう。32年間待ち望んだ夢が君たちによって達成された」とあいさつ。

長年の夢が達成されて良かったと思うと同時に、
32年後、俺の夢は、かなっているだろうか?
32年後も俺はブラウブリッツを応援しているんだろうか?
そんなことを考えると、部の創設から32年間も支援、応援し続けたことに心から敬意を表したいし、夢がかなったことを心から祝福したい。

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
にほんブログ村

秋田ふるさと応援団

 2011-03-10
ハピネッツの応援席に「秋田ふるさと応援団」の方が来ていました。
写真は「秋田ふるさと応援団」の横断幕ですが、横断幕の他に、のぼりも2つ用意していました。




秋田ふるさと応援団については、下記記事をご覧下さい。

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20110307d

3/20の武蔵野戦(会場:西が丘)にも来て頂けるとありがたいんですが、その日は、高校柔道の試合を見に行く予定だとのこと。
5/15の町田戦(会場:町田市陸)に来て頂けることを期待しましょう。

なお、以下が上記の魁の記事を引用したものです。

スポーツ日程をHPに 秋田ふるさと応援団、都内で会合

 中学生や高校生らのスポーツ全国大会に出場する本県チームや選手を、出身校の垣根を越えて応援しようと、首都圏在住の県出身者たちが昨年末結成した「秋田ふるさと応援団」の会合が5日夜、東京・新宿で開かれ、今後の運営方針を協議した。

 県内10校の卒業生20人が出席。会長に秋田工業高OBの三平俊悦東京秋工会会長を選出。秋田商業高で応援団長を務めた武田夏男東京雄水会副会長を応援団長とし、副団長には各校OBからできるだけ多く募ることにした。

 事業計画では、東京秋工会のホームページで、大会の日程や出場団体・個人を紹介。各校同窓会のホームページなどにリンクさせ、大会会場に駆け付けるよう呼び掛ける。

 当面は中学生、高校生のスポーツ大会を中心に据え、バスケットボールのbjリーグなどプロスポーツも応援。将来的には文化、学術分野の全国大会などに出場する団体・個人も支援したい考えだ

(2011/03/07 09:03 更新)

ハピネッツ100-98東京アパッチ

 2011-03-09





2月に代々木第二体育館で東京アパッチに敗れたリベンジを果たすべく、代々木第二体育館に向かいました。

1Qをリードするも、2Qに入ると点が入らなくなり、逆転を許す。
しかし、今日のハピネッツは粘りがあった。
4、5点差を逆転し、2Qもリード。
3Qにまた逆転されるが、しぶとく追いつく。
試合終了間際に2点リードされるも、気合いで同点に追いつき、延長戦に。
そして、延長戦も試合終了間際に3点リードを許す苦しい展開だったが、残り0秒でハピネッツの3Pシュートが決まって同点!
再延長戦に入る。

再延長戦も一進一退の攻防が続く。
残り1分を切ってハピネッツが5点リードするも、アパッチも3Pで2点差に。
その後のアパッチのシュートを空中でブロックするなど、アパッチの攻撃を凌いで、ハピネッツが100-98で勝利しました。

本当に興奮した試合でした。
試合後は、万歳三唱で勝利を祝い、その後に観客席に来た選手達とハイタッチして勝利を祝いました。
皆さん、応援お疲れ様でした。

劇的な勝利に興奮して、その後、観客席で秋田県民歌を叫びましたが、誰も一緒に歌ってくれませんでした(笑)

いや~、本当に見応えのある試合だった。
もう最高!!

また、秋田の応援席には、懸命に秋田の応援をする浜松の女性ブースター3人組がいました。
何でも、浜松での試合で秋田ブースターに親切にしてもらったので、愛知県から応援に来たとのこと。
その心意気には頭が下がるし、そういう気持ちにさせた秋田ブースターも素敵です。
この間の試合では滋賀ブースターが秋田の応援をしてたし、バスケには他のチームも応援する応援文化があるのかな?

応援した皆さん、今日はお疲れ様でした。
そして、ハピネッツの勝利、おめでとう!!

(追記)
明日の試合には応援に行けませんが、勝利を祈念しております。
勝利のバトンをつなぎましたので、明日、応援に行かれる方々、応援を宜しくお願い致します。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2020新チャント
2020歌詞カード(1)
2020歌詞カード(2)
2019新チャント
2019歌詞カード
2018チーム
2018選手


2020年の関東近郊の試合
8/2(日)vs YS横浜(ニッパ球)
10/24(土)or25(日)vs 沼津
12/13(日)vs 相模原(場所未定)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター