ジェフサポのための弾丸ツアー

 2010-03-23
3/28に仁賀保でブラウブリッツ秋田とジェフリザーブズの試合が行われる。
青春18きっぷを使えば、首都圏からこのような弾丸ツアーが可能だ。
ジェフサポさん、良かったら、この弾丸ツアーを試して下さい。

行き:3/27(土)~28(日)
新宿23:10発 快速ムーンライトえちご(新宿→新潟)※指定席券が必要
(大宮23:42発)
新潟4:51着
  4:56発
村上5:52着
  5:56発
酒田8:18着(ここでちょっと遅めの朝食)
  9:37発  
仁賀保10:27着

帰り:3/28(日)~29(月)
仁賀保18:46発
酒田19:33着
  19:39発
村上22:00着
  22:15発
新潟23:28着
  23:35発 快速ムーンライトえちご(新潟→新宿)※指定席券が必要
(大宮4:28着)
新宿5:10着

2010JFL前期第2節終了

 2010-03-22
順位 チーム名 勝点 得失
1 長崎 6 +3
2 鳥取 4 +3
3 秋田 4 +2
4 町田 4 +2
5 ソニー 4 +2
6 佐川印 4 +1
7 琉球 4 +1
8 栃木ウ 4 +1
9 びわこ 3 +3
10 武蔵野 3 0
11 Honda 3 0
12 SAGAWA 2 0
13 金沢 1 -1
14 流経大 1 -1
15 ロック 1 -2
16 高崎 0 -3
17 松本 0 -5
18 ジェフ 0 -6
(前期第2節 終了時点)

ブラウブリッツ秋田は勝ち点4、得失点差+2で現在3位

ジェフ1-2長崎
ロスタイム5分に長崎が勝ち越しゴール。長崎はこの勝利で首位に。
ジェフは前節、0-5で大敗したが、復調の兆しが見える。
3/28はジェフと対戦するが、油断大敵。

琉球1-1鳥取
ロスタイム3分に鳥取が同点ゴール。鳥取はこの引き分けで2位に。

栃姥1-0横河
実は栃姥は強いのか?栃姥も勝ち点4

金沢2-2佐川急便
金沢は前節、横河に敗れたとは言え、2-3。今回も佐川から2点取っている。実は強いのか?

町田2-0びわこ
びわこは前節、ジェフに5-0で大勝したが、今節は完封負け。
びわことは4/3に対戦するが、付け入る隙は充分あるか?

あきた美彩館を訪問

 2010-03-22
あきた美彩館がリニューアルオープン 名産PRへ誓い新た
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20100322a


20100323000409


3月21日に東京・品川駅前の県アンテナショップ「あきた美彩館」がリニューアルオープンしました。

後援会申込用紙の設置場所として第一候補に挙がってましたが、レストラン部門が営業停止になっていたことで、訪問するのを躊躇しておりましたが、リニューアルオープンしたということで、開幕戦の告知ポスターをもって、後援会申込用紙の設置をお願いしに行きました。

リニューアルオープン2日目ということで、お客さんも多く、また、店の外には、なまはげも来ており、先着300名に「あきたこまち300g」を配っておりました。

責任者の方は不在でしたが、応対した方からは、ポスターの掲示と後援会申込用紙の設置を了解してもらいました。

正式な承諾は得ておりませんが、前向きな回答を頂いたので、応対した方に、ディスポール創刊号1部と開幕戦のマッチデイプログラム1部と自作の日程表を渡して、可能であれば東京でやる試合に応援に来て頂く様にお願いしました。

「あきた美彩館」には近日中に私が後援会申込用紙を持参します。

21世紀枠に負けたことは末代までの恥

 2010-03-22
今日の選抜では、21世紀枠で出場した和歌山県の公立高校である向陽高校(学力的には秋田南レベル?)が島根県の野球強豪校である開星高校を2-1で破る波乱がありました。

敗北した開星高校の野々村監督は、よほど悔しかったのか、インタビューで長時間沈黙し、やっと口を開いたと思ったら「21世紀枠に負けたことは末代までの恥」と言っちゃいました。
失礼にも程があるし、思ってても口に出しちゃいけないだろw


 ●野々村監督(開) 「選手は一生懸命やった。向こうの気持ちが強かったんでしょう。21世紀枠に負けたことは末代までの恥です」
http://www.asahi.com/sports/update/0322/OSK201003220025.html


 敗れた開星(島根)の野々村直道監督(58)の落胆は大きかった。お立ち台に上った後は何を問われても数分間沈黙。やっと言葉を絞り出すと「こんな試合にしかならないのは、監督の力が足りないということ。もう野球やめたいし、死にたい。腹切りたい」とまで言った。

 中国大会王者として乗り込んだ舞台で21世紀枠の伏兵に負けたのがよほどショックだったのか。地元テレビ局からの取材も「もう野球の話はしたくない」と言って拒んだ。

 [2010年3月22日12時0分]
http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2010/news/f-bb-tp3-20100322-608973.html


ちなみに、この野々村監督、対戦前は、こんなこと言ってましたw


 野々村「21世紀枠ということで、私も嶋投手の話は小さい頃から聞いてきたし、試合は向陽を見たい人がほとんどだと思う。その中でのプレーは非常にプレッシャーを感じる」
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20100321-OYT8T00930.htm


今年の夏の甲子園は、私の母校である本荘高校が出場します!

そして、開星高校に勝利して、野々村監督にこう言わせたい

「秋田県の公立高校に負けたことは末代までの恥」

でも、恐らく、この監督、夏の甲子園には出て来れないだろうなあ....
明日あたりに辞任のニュースが出そう....

高校野球に関心をもったきっかけ

 2010-03-21
今日、選抜高校野球が開幕した。

ブラウブリッツ秋田の次に私が関心があるのが、高校野球である。
私自身は野球部に入った経験はないが、高校野球には強い関心をもっている。

小学生の頃、巨人ファンだった私が、高校野球に関心をもつようになったのは、1984年の金足農業の甲子園での快進撃がきっかけだ。

中学校に上がる前の春休みに金足農業が選抜で1勝し、2回戦で優勝した岩倉に4-6で惜敗。
記憶ではその時の選抜で優勝した岩倉から4点取った高校は金足農業だけだったから、夏の甲子園で岩倉を破るのは金足農業しかいない、そして、金足農業はもしかしたら優勝するんじゃないかと密かに期待していた。

そして迎えた中学1年、1984年夏の甲子園。
秋田県代表の金足農業は1回戦で広島商業を6-3、2回戦で別府商業を5-3、3回戦で唐津商業を6-4、準々決勝で新潟南を6-0で破り、準決勝進出。

準決勝では清原、桑田(当時2年生)を擁するPL学園と対戦。
1回表に金足農業が1点を先制。
その後、金足農業・水沢とPL学園・桑田の投手戦となり、PL学園が7回裏に1点を取り、同点に。
しかし、金足農業は8回表に1点を奪い、2-1とリード。
この瞬間、恐らく何万人、いや何十万人の秋田県民が狂喜したことだろう。
あと2回、0点に抑えればPLに勝てる!!

しかしながら、その狂喜は長く続かなかった。
8回裏に5番・桑田が逆転2ランホームラン。試合をひっくり返された。
そして9回表、金足農業最後のバッターは三振で試合終了。

PL学園に惜敗したが、試合直後は、悔しさよりも、清原、桑田がいるPLと甲子園の準決勝で戦い、あと一歩まで追い詰めたという興奮の方が強かったと思う。

この金足農業の快進撃に興奮して高校野球に関心をもった私は、1つ上の学年の人が夏休みの課題で作った高校野球の新聞記事を集めたノートを見て、自分でも作りたくなって新聞記事をかき集めてスクラップブックを作った。
だからこの年の高校野球の試合は強く印象に残っている。

そして、金足農業の快進撃に合わせて、私は金足農業の校歌を覚えた。
選抜の時は、最後の「われら~、わ~れら~、われら~ひら~か~ん~」しか覚えられなかったが、夏の甲子園では、ほぼ覚えた。
高校の校歌のサビの部分を覚えたのはPL学園が最初だが、通しで覚えたのは金足農業が最初。
2007年に金足農業が甲子園に出場した時に改めて歌詞を見たが、ほぼ覚えていた(笑)
やはり、あの時の金足農業は、強烈な印象を残したんだなと。

この時の金足農業は、秋田県内の野球少年に多大なる影響を与えている。

当時中1:高校3年の夏に経法大付が甲子園ベスト4(1989年)
     ※エースの中川申也は当時小5
当時小6:高校3年の春に経法大付と金足農業が選抜出場(1990年)
     高校3年の夏に経法大付が甲子園で育英を破る。横浜商業に2-3で惜敗(1990年)
当時小5:高校3年の夏に秋田が甲子園で北嵯峨を破る。優勝した大阪桐蔭に3-4で惜敗(1991年)
     ちなみに、この学年には1989年の夏の甲子園で経法大付をベスト4に導いた中川申也がいる。
当時小4:高校3年の夏に能代が甲子園で佐賀東を破る。(1992年)

今でこそ想像もできないが、秋田県勢は夏の甲子園で4年連続初戦突破している。
この勝因の一つとして小学生時代に金足農業の快進撃を目の当たりにし、それに追いつこうと努力したことが挙げられるのではないだろうか。

いい手本が身近にあれば、人間はそれに追いつこうと努力するものだ。

選抜に出場する秋田商業にも、小学生の手本となるような熱い戦いを期待したい。

そして、ブラウブリッツ秋田にも、秋田の小学生、中学生の手本となるような熱い戦いを期待したい。

(前期)ホンダロック2-2ブラウブリッツ秋田

 2010-03-20
ピコンと実況スレで戦況を見守る。

外出していたので後半からのネット観戦。

前半5分と17分に失点し、0-2と2点リードされたものの、千野のゴールで1点を返し、1-2で前半を終了。
後半20分過ぎに菅原から横山、後半29分に岩瀬から富樫に交代し、点を取りに行くが同点ゴールを奪えないまま、ロスタイム突入

しかし、

ロスタイムに松田が同点ゴールを決めて試合終了!!

まーつーだー!

お前のゴールはすげがった!
 (見てないけど)

現地で実況していただいた○-○○さん、ありがとうございました。

ホンダロック2-2ブラウブリッツ秋田(得点者:千野、松田)

神楽坂の「むら田」

 2010-03-20
今日(3/19)は会社帰りに都内の秋田料理の店4軒に後援会の申込用紙を設置してもらうために訪問してきた。

1軒目:申込用紙5枚を受け取ってくれた
2軒目:申込用紙5枚を受け取ってくれた&客が後援会に入ると宣言
3軒目:多忙を理由に話も出来ず
4軒目:多忙を理由に話も出来ず

この2軒目の店は、神楽坂にある むら田 という店

完全予約制とのことなので、客層は落ち着いた感じの人が多い。

店の人に「秋田県にJリーグを目指すクラブチームが誕生したんですけど~」と来訪した理由を話し始めると
近くにいた客が興味をもったみたいで、詳しく説明してくれとのリクエスト。
俺の説明対象は店の人ではなく、店の客に変更となった。

その客は、東京出身の江戸っ子で、レッズサポで、W杯を見に海外まで行ったサッカーフリークらしい。

後援会に入るとのことだったので、申込用紙の他に、開幕戦のマッチデイプログラムを1部差し上げた。

後援会に入って頂くことを期待したいが、酔った状態での約束だからな....

でも、江戸っ子の心意気に期待しよう。

UNGER Neo

 2010-03-18
20100318232518

上記の写真については http://newsphoto.spocom.tv/e284.html をご参照下さい。

今回の仁賀保遠征では多くのサポの皆さんに声を掛けて頂きました。
改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

何度かこのブログでコメントを頂いている「よこて~」さんにも声を掛けて頂きました。
ありがとうございました。

UNGER Neoの皆さんには何度もスタジアムでお会いしているのに、誰が誰なのか全く分からなかったが、スタジアムで入手した「Disport」(ディスポール)という冊子を見て長年の疑問が解けた。

また、祝勝会に参加させて頂いたが、コアサポさんの中には、俺と何らかのつながりのある人も何人かいることが分かって世間は狭いなあとびっくりしました。
今後とも宜しくお願いいたします。

祝勝会の場ではUNGER Neoの皆さんには本当に親切にして頂き、ありがとうございました。

途中で退席しました(といっても3時間近くいました)が、充分楽しく、有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

今回の遠征で、コアサポさんたちや、にかほ市職員、前監督や前部長などのTDK社員などが会場設営に頑張っているのを見たり、コアサポさんたちとの話の中で、コアサポさんの勤める会社で選手を雇っているという話などを聞いて、ブラウブリッツというのは、町ぐるみで支えているんだなと改めて実感。

同時に、地元の人達の頑張りを見て、自分の出来る範囲内でブラウブリッツのために力を尽くそうと改めて思った。

自分は世間一般でいうところの「熱烈なサポーター」ではない。(熱烈なサポーターだなんておこがましい)

自分は関東に住む「ネットサポ」なので、地元の人達の爪のアカほどのことしかできませんが、例え小さなことでも、やらないよりはやった方がいいと信じて、これからもブラウブリッツを支援したいと思います。

UNGER Neoの皆さん、今後とも宜しくお願い致します。

アルテ高崎戦(前期)総括その2

 2010-03-18
今季のJFL優勝を目指すブラウブリッツの戦いが始まった。対戦相手はアルテ高崎。

開幕戦の先発FWは松田と菅原。

菅原選手は2月27日の大学生とのTMでよく動いていて1点も取っていた。
その他の出場した試合でも得点に絡む動きをしていたらしいので、その辺の好調さを買われての先発だろうか。

ニュース映像でご存知の通り、前半5分に右サイドからのクロスを受けた松田がシュート。
このシュートをキーパーがはじいたところに菅原がつめてゴール!

何分で先制したのかと思って時計を見たら13:05と表示されていた。
10分近くたってると思ってたので少しびっくりした。

その後は中盤でボールを奪い合う展開が続く。
それでもややブラウブリッツが優位に進めるが、シュートの雨あられとはいかず、1-0で前半終了。

後半に入ってもブラウブリッツはピンチらしいピンチもなく試合を進める。
高橋のポスト直撃のシュートなどがあったが追加点はないまま後半30分に先制点を決めた菅原が横山と交代。
後半34分には松田も久保田と交代。
すると交代の効果か分からないが、久保田が入ってから数分後に左サイドからのFKに小沢が頭で合わせ2点目。

誰が点を取ったのかよく分からず、アナウンスで得点したのは横山選手ですと言ったような気がしたので、かなり長い間、2点目を取ったのは横山だと思っていた。
2点目が小沢だと分かったのは祝勝会に行ってから。
その間、俺のブログでは2点目は横山と表示されていた。ご覧になった方にお詫び申し上げますm(__)m

ブラウブリッツ3人目の交代は今井が富樫に交代。
JFLの公式HPを見ると富樫の交代は87分となっているが、10分近く出ていたように感じた。
富樫は右サイドを駆け上がり、2、3度チャンスを作ってましたね。

そして、やや長いロスタイムが終わり、試合終了。
ブラウブリッツ秋田が初のホーム開幕戦を勝利で飾った。

選手の皆さん、ホワイトデーに白星のプレゼントをありがとう!

白星というプレゼントをもらうために、入り口でクッキーをもらわないゲン担ぎをしたのは無駄ではなかったと思うことにしよう。

それはそうと会場のアナウンスがほとんど聞こえなかったんだが、外山社長や横山市長の挨拶の中に「ホワイトデーだから白星を!」なんて言葉はあったんだろうか?

それにしてもファウルや接触の多い試合だった。
JFLの公式HPを見るとブラウブリッツのFKは26、アルテは20。
小沢が鼻を強打したし、小野も首の下あたりを強打してうずくまっていた。

あと、試合を見た後の感想としては、今井はよく動いて右サイドでチャンスを作っていたなと。
池田が左サイドを突破してチャンスを作ることが多かったが、今井が右サイドにいることで、攻撃パターンが増えるんじゃないでしょうか。

とりあえず、試合から3日たったけど、勝利の唄を歌おう!

オッオーッ ブラウ ブリーッツ 勝利の喜びーー

オッオーッ ブラウ ブリーッツ 誇れよその名ーーー


アルテ高崎戦(前期)総括その1

 2010-03-17
3月14日(日)はJFL開幕戦。対戦相手はアルテ高崎。

粉雪が舞う寒さの中、前日は1時半過ぎまで飲んでて恐らく家に着いたのは2時前。
家に着くとすぐに寝てしまったが、7時半過ぎに目を覚ました。
そんなに深酒はしなかった(と思う)ので、頭痛はあまりしなかったが、少し気持ちが悪かった。
しばらくは何も食べる気がしなかったが、出掛ける時間が近づいてきたのと、何か食べれば気持ちが悪いのも治るかなと思って朝食を食べたが、朝食を食べるとますます気持ち悪くなり、少し戻してしまった(失礼!)

10時にUNGER NEOの皆さんとむらすぎ荘のホールで待ち合わせだったが、家を出るのが当初の予定より30分ほど遅れた上に、きさかた自動車学校にチラシなしでチラシ配りに行ったために(何しに行ったんだ?)10分ほど遅れてニカスタに到着。

試合開始3時間前の10時だというのに何故か駐車場は満車。

ど、どうなってんだ?(←スポ少の試合があったからです)

市役所裏の駐車場に回るが、そこにもクルマがたくさん、、、

え、ここも満車か?と一瞬思ったが、空いてるところがあったので、クルマを停めてむらすぎ荘に向かう。

むらすぎ荘に着くと、コアサポの方々は既に横断幕も張り終えていたみたいで、今日の打ち合わせをしてました。(横断幕を張るのを手伝えず、申し訳ありません)
打ち合わせも終わり、むらすぎ荘からかがちゅうさんの販売ブースへ。
駐車場の車の数を考えると、今日は混むことが予想されたので、注文してあったレプユニを早めに購入。
ついでにタオマフとメガホンも購入。ついでに本荘ハムフライを食べました。
ソースなしでもおいしかったですね(結局ソースなしで全部食べました)

まだ時間があったし、寒かったので、むらすぎ荘に戻ってしばらくするとアルテ高崎サポの方が見えて久保田選手の横断幕の引継ぎ式が行われました。
それが終わると全員で一度外に出て、11時30分の開門を待ちます。

出店にエクセルのカレーはなかったが、代わりに横手焼きそば、本荘ハムフライ、ホットドッグ?の店があり、スポコンさんのブースでコーヒーも提供していた。
横手焼きそばを買って、早めの昼食。

エイトとエールも来ていて、結構な人気ぶりだった(かわいいっすね)
また、後援会申込みのブースもあり、年間パスが5000円、当日券が1000円とか言ってたような気がする。
俺の勘違いでなければ今日来た人はラッキーだ。

あと、今日の開幕のために男鹿半島からなまはげも来て、なまはげが太鼓を演奏してくれた。
なまはげ太鼓の演奏が終わると開門。

先着200名には選手からホワイトデーのプレゼントがある。
そのせいもあってか、開門前から長蛇の列。1000人超えは確実に行きそうだ。

佐々木前監督やアウェイの試合でよく見る女性が入り口近くでスタッフの仕事をしてましたね。
越川副部長や佐藤部長の姿も見たし、TDK社員でスタッフとして運営に協力している方が多数いるんだなと。

スタジアムの中に入ってコアサポ席を目指していると昨日一緒に飲んだ同級生の奥さんと会った。彼女もスタッフだ。
にっこりと笑って「昨日は無事に帰れましたか?」と聞かれたが、そう聞かれたということは、結構飲んでたということなのか?
俺の記憶では二次会では酒は一杯しか飲んでないはずなんだが、、、でも記憶がないところがあるのはなぜ?

コールリーダーによる横山監督のネタも終わり、また、秋田県民歌斉唱も終わり、いよいよ試合開始が近づく。
観客を見ると前に経験した1200人の時よりも絶対に入っている。
スタンドに入りきれず、むらすぎ荘側のゴール裏の芝生にも観客の姿が。これは1200人の時にはなかった。

試合開始前にいつもの「勝利のために~」を歌う。

いつもより長く歌ったのだが、池田、松田、松ヶ枝、小沢といった去年までの主力選手がいるのを見て、歌ってる途中で涙が出てきた。
TDKサッカー部の廃部、去年の八橋のアルテ戦の観客数406人、招聘した山田GMの解任、準加盟申請見送りなど、関東に聞こえてくるのは、ネガティブな情報ばかりで、主力選手がごっそり抜けることも覚悟していたので、JFLで充分戦えるメンバーで開幕戦を迎えられるのは、感慨深かったし、何より夢のJリーグを目指すクラブチームの門出だから。

Jリーグ入りへの秋田県内の機運を高めるため、優勝が求められる今シーズン。

JFL優勝、その先にあるJ2昇格という目標に向かって、キックオフの笛が鳴り響いた。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2021チャント
2021応援クラップ
2021選手チャント


2021年の関東近郊の試合
2/28(日)vs 群馬(正田スタ)
3/07(日)vs 栃木(カンセキ)
3/14(日)vs 千葉(フクアリ)
5/15(土)vs 甲府(JITスタ)
5/29(土)vs 東京V(味スタ)
6/13(日)vs 町田(町田GION)
8/14(土)vs 大宮(NACK)
9/11(土)vs 水戸(K'sスタ)
11/3(水)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター