ルヴァンカップ決勝を生観戦

 2017-11-05
今日(11/5)、ブラウブリッツはアウェイでカターレ富山に4-0で快勝しましたが、富山戦の参戦記事を書く前に、試合前日に観戦したルヴァンカップ決勝のことを記事にしたいと思います。

ルヴァンカップ決勝の舞台は、俺の自宅から自転車で30分の埼玉スタジアム。
3年前に購入したフロンターレのコンフィットシャツを着て埼玉スタジアムに行ってきました。

P1060066.jpg

元々、チケットが取れなくても、その場合はスタ飯でも食べに埼スタに行こうかと思っていましたが、フロンターレサポ兼任の方から、メインスタンドの指定席を格安で譲っていただき、そこで観戦しました。
こんないい席を譲って頂いて申し訳ありません。

P1060056.jpg

埼玉スタジアムには10:30過ぎに到着。
天気が良く、暖かかったです。

P1060057.jpg

前週の長野戦の後、雨でびしょ濡れになったのが原因で?水曜日に熱が出て、土曜日の試合に行けるかどうか分かりませんでしたが、試合当日の土曜日の朝には、頭痛も収まったため、埼玉スタジアムに行くことにしました。
埼玉スタジアムは自宅から自転車で30分ですが、この体調では自転車は無理と判断し、北越谷からシャトルバスに乗って参戦しました。

P1060058.jpg

スタジアムの外では、フロンターレのグッズも販売されていました。

P1060059.jpg

10:30過ぎでもすごい人混みです。
さすがチケットが完売しているだけのことはあります。

P1060060.jpg

サポータードッグも参戦していました。

P1060061.jpg

11:00を過ぎると、選手バス出迎えのため、フロンターレサポーターが続々と集まり始めます。

P1060062.jpg

これまで3度、ナビスコカップの決勝で涙を飲んだフロンターレですが、今度こそタイトルを獲ろうとするサポーターの熱気はすごいものがありました。
周りの熱気に触発され、俺も少しだけ飛び跳ねましたが、それが限界でした、、、

P1060065.jpg

スタジアムに参戦したものの、この体調ではゴール裏で応援するのは無理なので、メインスタンドでまったりと試合を見ることにしました。
(というか、メインの指定だから、そこで見るしかないんですが)

選手バスの出迎えをした後は、少し早めに昼食です。
それにしても、メインスタンドアッパーの売店が空いていたのは助かりました。

P1060067.jpg

メインスタンドからはピッチを俯瞰できます。(当たり前か(笑))
ただ、フロンターレのグッズを身に着けていることもあり、ブログの記事はフロンターレ側の視点で書かせて頂きます。

P1060068.jpg

試合開始50分前、フロンターレのゴール裏にはぎっしりと人が入っています。

P1060072.jpg

サポ仲間もこの中にいるかな?

P1060079.jpg

サポが両手を上げると、水色だったゴール裏が肌色と水色になります。

P1060128.jpg

フロンターレのゴール裏で目を引いたのは、こちらの女性ですね。

P1060075.jpg

フロンターレ側のゴール裏でビッグフラッグを掲げました。

P1060078.jpg

すると、セレッソ側でもビッグフラッグを掲げ、応戦。

P1060081.jpg

ここから選手紹介が始まり、セレッソとフロンターレの対決の時が近づきます。

P1060089.jpg

ミスターフロンターレの中村憲剛。

P1060094.jpg

フロンターレらしく、みんなで一つになって戦おう

P1060095.jpg

今日ここでタイトルを獲ろう!!

P1060102.jpg

選手紹介の後、フロンターレ側のゴール裏では、見事なコレオグラフが披露されました。
これは素晴らしい。

P1060101.jpg

また、セレッソ側のゴール裏でも見事なコレオが披露されました。
こちらの方は、ルヴァンカップを?表現しています。

両チームとも、パネルを何枚使ってこれらのコレオグラフを作ったんでしょうか?
J3リーグの秋田サポの俺としては、想像の範囲を超えています。

ちなみに、試合後にフロンターレ側のパネルを見せてもらったら、席の番号と川崎市民の歌の歌詞が記載されていました。
リハもない中、1万席以上の席の番号順にパネルをきちんと配布し、それを統制してコレオグラフを完成させる、、、
こんなことが出来てしまう両チームのサポの方々には敬服するしかありません。

P1060104.jpg

両チームの選手が整列し、試合開始前のセレモニーが始まります。

P1060107.jpg

そして、フロンターレの初タイトルを目指し、キックオフです。

P1060108.jpg

しかし、開始1分、何でもないようなボールを川崎DFがクリアミスして、このボールを拾ったセレッソの杉本が決めて、セレッソが先制。

P1060109.jpg

その後、川崎は終始攻勢に出たものの、得点を奪えず、前半は0-1とリードされて終了。
前半のボール保持率は、川崎69%、セレッソ31%でした。

P1060110.jpg

フロンターレのゴール裏では、ハーフタイムにも別のビッグフラッグを掲示しました。

P1060111.jpg

同点、逆転を目指し、後半が始まります。

P1060112.jpg

後半の立ち上がりからセレッソゴールに攻め込むフロンターレ。

P1060113.jpg

攻勢に出ていたフロンターレですが、ゴールは奪えません。

P1060114.jpg

逆に、後半ロスタイムにカウンターから追加点を奪われ、痛恨の失点、、、

P1060115.jpg

これには涙が出そうになりました、、、

P1060116.jpg

そして、試合終了、、、
セレッソの選手が集まって歓喜の輪を作ろうとしています。

P1060117.jpg

決勝以外であれば、試合が終わった後はヒーローインタビューやサイン会があるぐらいですが、この日は決勝戦。
試合の後は表彰式が行われ、まずは、準優勝のフロンターレの選手が表彰されました。

P1060120.jpg

次にセレッソの選手が表彰されましたが、セレッソの選手達が表彰されている間、フロンターレの選手達はピッチ上で待機です。

P1060124.jpg

優勝チームへのルヴァンカップ、Jリーグカップの授与が終わり、フロンターレの選手達がゴール裏に挨拶に向かいました。
俺はメインスタンドにいたので、選手とサポの間にどんなやりとりがあったかは分かりませんが、遠くからはお互いに言葉を発せず、という感じに見えました。

P1060125.jpg

クラブとして初タイトルを獲得したセレッソ大阪の選手達。
この写真を撮ってから、ゴール裏で応援したサポ仲間と合流するため、フロンターレのゴール裏に向かいました。

P1060127.jpg

そこで見たセレッソ側のゴール裏には、試合が終わってから30分近く経つのに、大勢のサポーターが残っていました。
フロンターレサポーターの方々は、この大集団と戦っていたんですね、、、
反対側にこんな大集団がいると、ゴール裏というのは戦場だというのが実感できますね。
メインスタンドから見たものとは違うものをゴール裏からは感じました。

また、大量に返却されたコレオのパネルを見て、力の限り戦ったサポーター達がここにいたんだと感じました。
大量に返却されたコレオのパネルが大勢の人の夢の残骸に見えて悲しい気持ちになりました、、、

今回、夢はかないませんでしたが、来年もルヴァンカップはあります。
来年こそルヴァンカップを獲ろう!

他サポの俺ですが、試合後のゴール裏に行って、そんな感情が湧き上がりました。

来年、平日の夜に行われるフロンターレのルヴァンカップの試合に全部参戦!
ということは出来ないので、まずは、平日の夜の試合に3試合参戦することを目標に頑張りたいと思います。

P1040716.jpg

来年こそルヴァンカップとJリーグカップを獲ろう!!
頑張れ、フロンターレ!!


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

天皇杯4回戦の結果

 2017-09-20
本日(9/20)、天皇杯4回戦が行われました。
これに勝つと、ベスト8です。

4回戦に進んだ16チームのうち、J1が12チーム、J2が2チーム(名古屋、松本)、J3が1チーム(長野)、大学が1チーム(筑波大)となっています。
松本と長野が共に勝利し、決勝で信州ダービーが実現することに一歩前進するのか?
また、筑波大学がJリーグ発足後、大学勢として初めてのベスト8進出なるか?
といったところが、今回の天皇杯4回戦の見どころでしょう。

家に着いて、テレビのチャンネルを天皇杯に変えると、ちょうど筑波大学の中野が放ったミドルシュートがバーの下に当たって地面に跳ね返った場面のリプレーをやっていました。
ボールはゴールラインを割って入ったように見えましたが、ゴールラインの外に跳ね返ったことで、ノーゴール。

ゴールの後ろからのアングルだと、ギリギリ入ったかという感じでしたが、ゴールに向かってのアングルだと明らかに入っていたように見えました。
これがゴールと認められていれば、1-1の同点になって、その後、試合がどうなったか、分かりません。
筑波大にとっては、非常に悔やまれるシュートとなりました。

さて、天皇杯4回戦(ラウンド16)の結果は、次の通りです。

松本(J2) 0-2 神戸(J1)
浦和(J1) 2-4 鹿島(J1)
C大阪(J1) 1-0 名古屋(J2)
筑波大(関東1部) 0-2 大宮(J1)
横浜M(J1) 3-2(延長戦) 広島(J1)
長野(J3) 0-1 磐田(J1)
川崎(J1) 4-1 清水(J1)
G大阪(J1) 2-3 柏(J1)

J1以外の4チーム(松本、名古屋、長野、筑波大)は、残念ながら、すべて敗れました。

Jリーグ発足後、大学勢初のベスト8進出を目指した筑波大は、大宮に惜敗。
J3で唯一残っていた長野も、磐田に惜敗。こちらも、J3リーグ勢で初のベスト8進出はなりませんでした。
松本も、クラブ初のベスト8進出はならず。
名古屋もセレッソに敗北。

これらの結果、ベスト8に進出したのは、すべてJ1のクラブとなりました。
これで、今年の天皇杯のジャイアントキリングもすべて終了です。

それにしても、長野がベスト8進出をかけて戦った相手が、ジュビロ磐田。
ブラウブリッツはジュビロがいるブロックにいたので、ブラウブリッツが天皇杯を勝ち進んでいれば、4回戦で長野と対戦していたかもしれませんね。

ブラウブリッツは、10月29日(日)に長野と対戦しますが、天皇杯4回戦に進出した長野が相手なので、相手に不足はないですね!
10月29日は長野に勝利して、ブラウブリッツに天皇杯ベスト8級の力があることを証明したいものです。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

J3およびJFL所属チームの天皇杯3回戦の結果

 2017-07-12
本日(7/12)、天皇杯3回戦が行われました。
今日は早く帰ってテレビで試合を見ようと思っていましたが、仕事が長引き、家に着いたら試合は終わっていました。
ただ、3回戦のダイジェストは見られました。

さて、J3所属の長野、沼津の2チームが戦った天皇杯3回戦の結果は、次の通りです。

長野 1-0 岡山
横浜M 4-2 沼津

長野はJ2の岡山に90分で勝利し、2013年以来となる4回戦進出。
沼津は横浜マリノスから2点取りましたが、2-4で敗れました。

次にJFLから唯一3回戦に進出した八戸ですが、0-1とリードされた後半の途中で雷雨となり、試合は中止となりました。
再試合の方式は後日発表されるとのことです。
ダイジェストを見たら、試合の最初は雨は降っていなかったようですが、、、

次に、俺が注目していた2試合の結果です。

<ブリキチ注目の2試合>
いわき 0-2 清水
筑波大 2-1 福岡

いわきFCは前半1分、後半5分に失点し、3回戦で敗退。
筑波大学の試合は見ていませんが、解説の木村さんによると、筑波大学が攻守に圧倒しての勝利だった模様。

あと、ジャイアントキリングと言っていいのか分かりませんが、J2の松本がJ1の鳥栖を2-1で破りました。
この結果、長野、松本の2チームとも天皇杯4回戦に進出です。
8月7日(月)に行われる天皇杯4回戦の抽選の結果、長野vs松本の信州ダービーが実現するかもしれません。

8月7日(月)の抽選会の結果に注目です!!


<追記>
雷雨のため中止となった八戸vs名古屋ですが、8月2日(水)に後半20分から再試合になったみたいですね。
八戸にとっては、0-1とリードされ、残り25分からの再試合。
頑張れ、八戸!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

J3およびJFL所属チームの天皇杯2回戦の結果

 2017-06-21
本日(6/21)、天皇杯2回戦が行われました。
唯一、無料で視聴できた仙台vs筑波大学の試合ですが、残念ながら見ることは出来ませんでした。

さて、J3所属の6チームが戦った天皇杯2回戦の結果は、次の通りです。

<J3所属チームの結果>
清水 4-1 北九州
F東京 1-1(PK4-5) 長野
浦和 3-2 盛岡
神戸 3-1 富山
京都 0-1 沼津
広島 3-2 鹿児島

長野はFC東京をPK戦で破り、2年連続で2回戦突破。
沼津は京都に90分で勝利し、2回戦突破。
鹿児島は広島に対し、一時、2-2としましたが、力尽きました。
また、盛岡も浦和に2-3の接戦を演じました。後半8分に1-1に追いついたんですが、、、

この結果、J3からは長野、沼津の2チームが3回戦に進出しました。
長野は岡山と、そして、沼津は横浜マリノスと、それぞれ天皇杯3回戦を戦います。

次にJFL所属の8チームの結果です。

<JFL所属チームの結果>
鹿島 5-0 マルヤス岡崎
柏 1-0(延長戦) ブリオベッカ浦安
岡山 0-0(PK5-3) FC今治
G大阪 3-0 ヴェルスパ大分
磐田 2-2(PK5-4) ホンダ
横浜M 3-1 FC大阪
川崎 2-0 栃木UVA
甲府 0-1 ヴァンラーレ八戸

八戸が甲府に90分で勝利。甲府は2年連続で初戦で敗退。
ホンダと今治はPK戦で惜敗し、ブリオベッカ浦安は延長戦で柏に敗れました。
ホンダは延長後半15分に追いついたんですが、、、

この結果、JFLからは八戸が唯一、3回戦に進出しました。
八戸は名古屋と天皇杯3回戦を戦います。

次に、俺が注目していた3試合の結果です。

<ブリキチ注目の3試合>
札幌 2-5(延長戦) いわきFC
湘南 1-0(延長戦) 国士舘大学
仙台 2-3 筑波大学

いわきFCは後半ロスタイム4分に追いつかれて延長戦に入るも、延長戦で3点を奪って札幌を撃破。
筑波大学は先制した後に逆転されるも、その後に2点を奪って再逆転し、仙台を撃破。
仙台も甲府と同じく2年連続で初戦で敗退です。
1回戦で秋田を破った国士舘大学は、湘南を相手に延長戦まで持ち込んだものの、0-1で惜敗。

いわきFCは清水と、そして筑波大学は福岡と、それぞれ天皇杯3回戦を戦います。
と言っても、筑波大学はどこで試合をするんでしょうか?
それにしても、いわきFCは強いですね。ラグビー選手のようなガタイの選手が何人もいるだけのことはあります。

また、俺は注目していませんでしたが、バンディオンセ加古川が新潟を相手に1-1で延長戦に持ち込み、1-2で惜敗しています。
これには驚きました。

インターネットの速報でしか見ていませんが、今年の天皇杯2回戦は、接戦が多く、面白い試合が多かったですね。

J1、J2のクラブを倒すジャイアントキリングが5試合(長野、沼津、八戸、いわき、筑波大)
J1、J2のクラブを相手にPK負けが2試合(今治、ホンダ)
そして、J1、J2のクラブを相手に延長戦に持ち込んで敗れたのが3試合(浦安、国士舘大、加古川)

また、J3で敗れた4チームも、いずれも得点を奪っており、途中までどうなるか分からない試合ばかりでした。
接戦が多く、延長戦で点を奪い合う試合もいくつかあり、手に汗握る試合が多かった今年の天皇杯2回戦でした。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

J3所属クラブの天皇杯1回戦の結果

 2017-04-23
昨日、今日と天皇杯1回戦が行われました。
ブラウブリッツを含むJ3所属の10チームが戦った天皇杯1回戦の結果は、次の通りです。

4月22日(土)
長野 1-0 鈴鹿アンリミテッドFC
秋田 1-2 国士館大
沼津 1-0 サウルコス福井

4月23日(日)
北九州 10-0 アルヴェリオ高松
琉球 5-5(PK3-5) FC今治
YS横浜 1-2 筑波大
盛岡 2-0 ソニー仙台
富山 1-0 アミティエSC京都
鳥取 0-1 鹿児島

天皇杯1回戦に進出したJ3クラブ10チームのうち、6チームが2回戦に進出し、J1、J2のクラブに挑みます。
1回戦で敗れたのは、秋田、琉球、YS横浜、そしてJ3対決で敗れた鳥取の4チームでした。

J3のクラブにとって、天皇杯2回戦は、J1、J2のクラブと対戦できる貴重な機会ですが、ブラウブリッツは今回、J1、J2のクラブと対戦できません。

ベルマーレとの対戦が実現すれば、昨年に続いて関東在住の人にブラウブリッツをアピールするチャンスでしたが、残念ながらそのチャンスはなくなりました。

天皇杯2回戦、3回戦は、リーグ戦から中2日、中3日で戦わないといけないので、天皇杯2回戦、3回戦を戦うに当たっては、リーグ戦のメンバーとは大幅に入れ替えないといけないと思います。
なので、ベストメンバーとは別に天皇杯用のメンバーを用意することは理解できます。
2年前の町田ゼルビアも天皇杯用のメンバーを組んで、4回戦まで勝ち進んでいましたから。

天皇杯用のメンバーを試すという意図は理解できるのですが、何も強豪の東京都代表を相手にした天皇杯1回戦でそれをしなくても、というのが正直な気持ちです。
天皇杯1回戦から次のリーグ戦までは1週間空くので、天皇杯1回戦はベストメンバーで戦い、確実に2回戦に進んでほしかったです。

天皇杯の日程・開催地を見ても、沼津で試合をした3日後に平塚で2回戦。
沼津から平塚の移動距離が100kmぐらいなので、そんなに負担にはならないと思います。
また、3回戦の場所は未定ですが、仮に磐田だとしたら、その3日後に大阪(万博)で試合しても移動距離は300km以下なので、許容範囲だと思います。

天皇杯は今後も平日に組み込まれるのかもしれませんが、今年に限って言えば、絶望的に不利な日程・場所ではなかったので、今年は打倒湘南、打倒磐田(ホンダ?)を目指して戦ってほしかったです。

国士舘大学は想像していたよりも強くなかったので、ベストメンバーを出した上で、もっと球際で激しく当たっていればと悔やまれます。

ただ、終わったことをいつまでも悔やんでいても仕方ありません。
6月21日の2回戦と7月12日の3回戦がなくなったことで、6月25日の相模原戦@Aスタと7月15日のG大阪U-23戦@万博に全力を注ぐことができます。

天皇杯2回戦に進めなかったことは、本当に悔しいし、残念ですが、その悔しさを6月25日と7月15日の試合にぶつけたいと思います。(ただ、6月25日は現地には参戦できませんが、、、)

天皇杯1回戦で負けた悔しさは、リーグ戦で晴らそう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

Jリーグマスコット総選挙

 2017-02-15
Jリーグマスコット総選挙2017の投票が、1月27日から2月13日まで行われました。
今回からJ3リーグのマスコットも加わり、総勢49体を対象に投票が行われました。

Jリーグマスコット総選挙2017結果発表
http://www.jleague.jp/mascot/2017/result.html

そして、我らがブラウゴンの順位ですが、2月7日の中間発表では鳥取のガイナマンの次の45位でしたが、最終的には順位を7つ上げて、38位となりました。
ブラウゴンに投票して頂いた秋田サポーターならびにサッカーファンの方々に御礼申し上げます。

P1010573.jpg

ブラウゴンに投票して頂き、ありがとうございました!

さて、今回のJリーグマスコット総選挙2017では、ブラウゴン以外に48体のマスコットがエントリーした訳ですが、このうちの何体かの写真が当ブログにあるので、紹介していきたいと思います。

J1のクラブのマスコットで唯一写真を撮っていたのが、川崎フロンターレのカブレラとふろん太でした。

P1040045.jpg

昨年はふろん太が出場して13位でしたが、今年はカブレラが出場しています。
果たして、カブレラの順位は?

J2のクラブのマスコットで唯一写真を撮っていたのは、Vファーレン長崎のヴィヴィくんでした。

NCM_0030.jpg

2012年に長崎に行った時に撮影しました。
かわいいですね。

ここからはJ3のクラブのマスコットになります。
と言っても2つしかありませんが(笑)

P1030843.jpg

まずは、長野パルセイロのライオーです。
長野のエンブレムには獅子が入っているので、エンブレムにもマッチしたマスコットです。
かわいらしさと、カッコよさを兼ね備えたマスコットだと思います。

P1030137.jpg

そして、ガイナーレ鳥取のガイナマンです。
J1からJ3までのマスコットの中で、一番のイケメンだと思います。

以上が、俺のブログの中にあった、Jクラブのマスコットの写真になります。
町田ゼルビアのゼルビーの写真は撮っていたと思っていましたが、検索してもヒットしませんでした。

P1020947.jpg

ゼルビードームの写真はあったんですが、、、

ここからは、JFL時代に撮影したマスコットを紹介します。

NCM0005.jpg

ホンダFCのパッサーロ、2013年に撮影しました。
パッサーロの声は、甲高い声かと思ったら、太い中年男性の声で、強い違和感を感じました。

P1000481.jpg

続いては、JFL時代のFC琉球の非公式(非公認?)キャラクターの「ぐしけんくん(仮)」
J3になっても登場してほしかった。

20100314123628.jpg

最後は、2010年のJFL開幕戦、仁賀保で撮影した「エイトとエール」
「エイトとエール」は、ブラウブリッツのマスコットではありませんが、TDKサッカー部がブラウブリッツとなって初めて迎える公式戦に応援に来てくれました。
「エイトとエール」は、今、どうしているんだろう?

さて、今回のJリーグマスコット総選挙で、今まで知らなかったマスコットをたくさん知ることができました。
Jクラブのマスコットには正直そんなに関心はありませんでしたが、これからは、マスコットに会うことがあったら、どんどん写真を撮りたいと思います。

まずは、顔が写っている写真が1枚しかなかったブラウゴンの写真を撮りたいと思います。

これからも来場者を楽しませてね、ブラウゴン!

P1010573.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2016 Jリーグアウォーズ

 2016-12-24
先週土曜日は、関東在住サポの忘年会に参加し、今週火曜日はJリーグアウォーズを見学してきましたが、仕事が忙しかったり、飲み会があったりしてブログを更新できなかったので、1週間ぶりに更新します。
まずは、今週火曜日(12/20)に見学に行ったJリーグアウォーズについて。

2年前に行って感動したので、今回も横浜アリーナに足を運んでみました。
座席を確保した後は、サポ仲間と一緒に展示物を見学に行きました。

P1040716.jpg

これはルヴァンカップとJリーグカップですね。

P1040724.jpg

これは最優秀選手に贈られるMVPトロフィーですね。
果たして2016シーズンの最優秀選手は誰になるのか?

P1040725.jpg

そして、優勝クラブに贈られる優勝銀皿(シャーレ)です。

P1040727.jpg

選手、来賓が着席し、表彰式が始まります。
秋田サポ4名と、ご友人1名(相模原サポ)の5名で見学しました。

なお、我々の近くには川崎サポが固まっていましたが、川崎サポさんには、9/19の味スタでのFC東京U-23戦に大勢応援に来ていただいていたので、そのお礼も兼ねて、新発売のキティちゃん金萬を配りました。

P1040729.jpg

優勝チームの鹿島アントラーズに優勝銀皿(シャーレ)が授与されます。

P1040730.jpg

ベストヤングプレーヤー賞は、ガンバ大阪の井手口選手で、プレゼンテーターは、Jリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんでした。

P1040734.jpg

優秀選手は、GK3名、フィールドプレーヤー30名の合計33名が選ばれました。
勝ち点年間1位の浦和からは、西川、阿部、柏木、興梠など最多の8名が選ばれました。

P1040737.jpg

フロンターレからは、中村憲剛、大久保、小林悠、大島など6名が選ばれました。
ちなみに、鹿島からは昌子、西の2名だけが選ばれました。

P1040738.jpg

そして、最優秀選手に選ばれたのは、、

P1040741.jpg

川崎フロンターレの中村憲剛選手です。

P1040739.jpg

観客席のファン、サポーターがスマホの簡易ライトで会場を照らします。

P1040746.jpg

中村憲剛選手は、36歳での初受賞で、最年長での受賞でもありました。
中村選手の経歴を見ると、サッカーエリートではなかったようで、フロンターレに入団後、努力を重ね、現在の地位をつかみ取りました。
サッカーエリートでなくても、努力すればいつか報われるということを実証した受賞だったと思います。

中村選手、MVP受賞おめでとうございます。

なお、我々が陣取った場所の近くには、フロンターレサポが固まっていて、中村選手のMVP受賞に大喜びしていました。

P1040748.jpg

MVP発表の後、Jリーグアウォーズは終了。
表彰式の最初に大型ビジョンで流された今季のベストゴール候補の映像には鳥肌が立ちましたし、知っている選手が表彰されたことは嬉しかったです。

ただ、2年前は、J3のクラブの選手もステージに登壇していましたが、今回はJ1のクラブの選手だけが対象で、ブラウブリッツの選手の姿を見られなかったのは、少し残念でしたね。

展示物には、J3リーグの優勝銀皿(シャーレ)もありました。
来季は、J3リーグで優勝し、このシャーレを秋田に持ち帰ってほしいものです。

P1040721.jpg

頑張れ、ブラウブリッツ!!
来季は、このシャーレを秋田に持ち帰ろう!!


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

J2・J3入替戦終了

 2016-12-04
本日行われたJ2の金沢とJ3の栃木のJ2・J3入替戦第2戦ですが、第1戦に続いて金沢が栃木に勝利し、金沢がJ2残留を決めた模様です。

第1戦:栃木0-1金沢(@栃木グリスタ)
第2戦:金沢2-0栃木(@富山県陸)

ホームでの第1戦を落とした栃木は、逆転でJ2に昇格することはなりませんでした。

この結果、来季のJ3で戦うチームはこんな感じになるんでしょうか?

東北: 盛岡、秋田、福島
関東: 栃木、YS横浜、相模原、FC東京U-23
北信越: 長野、富山
東海: 藤枝、沼津(現JFL)
関西: ガンバU-23、セレッソU-23
中国: 鳥取
九州: 鹿児島、北九州(現J2)
沖縄: 琉球

計17チーム

この17チームで決まりだとすると、来季は34節32試合になりますね。
そして、新たな試合会場は、沼津と北九州。
北九州の新スタジアムに参戦したいですが、参戦できるかな?


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

J3所属クラブの天皇杯3回戦の結果

 2016-09-23
本日(9/22)、天皇杯3回戦が行われました。
J3所属の3チームが戦った天皇杯3回戦の結果は、次の通りです。

長野 2-3(延長戦) 横浜FC
大分 0-1 清水
盛岡 1-2 ホンダ

長野は2-1から延長戦に持ち込まれ、延長戦の末、逆転負け。
大分は0-1で敗北
盛岡は2人退場となり、その後、ホンダの猛攻に耐えていたが、後半ロスタイム4分のゴールで1-2で惜敗。
それにしても、盛岡はPKをもらったのに退場になるってどういう状況だったんだろう?

ホンダは、岐阜、松本、盛岡を破り、2007年以来となる天皇杯4回戦進出。
ただ、ホンダが岐阜、松本、盛岡を破ってもジャイアントキリングという感じがしないのは俺だけでしょうか?

いずれにせよ、J3所属チームの天皇杯は終わりました。
3回戦を戦った3チームの選手の皆さん、サポーターの皆さんお疲れ様でした。


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

J3所属クラブの天皇杯2回戦の結果

 2016-09-07
9月3日、9月7日に天皇杯2回戦が行われました。
ブラウブリッツを含むJ3所属の8チームが戦った天皇杯2回戦の結果は、次の通りです。

<9月3日>
名古屋 0-1 長野
甲府 0-0(PK6-7) 大分
鹿島 3-0 富山
仙台 2-5 盛岡
川崎 3-1 秋田
鳥栖 3-1 琉球

<9月7日>
大宮 1-0 鳥取
横浜M 2-0(延長戦) 福島

秋田を含む5チームは敗れましたが、長野が名古屋を破り、大分は甲府にスコアレスからPK戦で勝利し、盛岡は仙台に5-2で大勝。
長野、大分、盛岡の3チームが3回戦に進出しました。

それにしても、盛岡の5-2の勝利には驚きました。
盛岡は1回戦で東京都代表の早稲田大に4-0で勝っていますし、今後のリーグ戦の台風の芽になるかもしれません。

JFLのチームについては、ホンダは、1回戦でFC岐阜を破ったのに続き、2回戦では松本山雅を2-1で破っています。
また、奈良クラブは、柏を相手に2度リードするも2-5で敗北。

ブラウブリッツのジャイアントキリングは、今回もなりませんでしたが、ブラウブリッツとなってからだと初めてJ1クラブ相手に得点を記録しました。
来年こそは、J1クラブ相手の初勝利を期待したいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

でも、来年はJ2が相手かもしれませんね。(そろそろ山形と再戦するかなと思っています)


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2017チャント
2017歌詞カード

2017年の関東近郊の試合
6/4(日)vs 栃木SC(栃木グ)
7/1(土)vs FC東京U23(西が丘)
9/17(日)vs YS横浜(ニッパツ)
10/14(土)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター

ご来訪に感謝!

ジオターゲティング