J2昇格で営業収益はどれだけ増えるか?

 2018-08-07
ブラウブリッツの2017シーズンの営業収益ですが、J2で営業収益が一番少ない水戸と比べても、2億円以上少なく、Jリーグ配分金を除く収益でも1億円以上少ないです。

このままだとJ2で戦えないと悲観的になるかもしれませんが、J3からJ2に昇格したクラブの営業収益がどれだけ増えたのかを見れば、そんなに悲観しなくても大丈夫だと思えてきます。

金沢、町田、大分の3クラブのJ3最終年、J2初年度の営業収益を見てみましょう。

金沢:2014=J3、2015=J2
----- (2014) → (2015)
営業収益計 3.02億円 → 5.84億円(+2.82億円)
広告料収入 1.92億円 → 2.21億円(+0.29億円)
入場料収入 0.20億円 → 0.74億円(+0.54億円)
Jリーグ配分金 0.12億円 → 0.93億円(+0.81億円)
アカデミー収入 0.28億円 → 0.30億円(+0.02億円)
その他収入 0.50億円 → 1.66億円(+1.16億円)
※広告料収入+入場料収入の増加額(+0.83億円)

町田:2015=J3、2016=J2
----- (2015) → (2016)
営業収益計 4.43億円 → 6.26億円(+1.83億円)
広告料収入 2.50億円 → 2.99億円(+0.44億円)
入場料収入 0.55億円 → 0.92億円(+0.37億円)
Jリーグ配分金 0.12億円 → 0.86億円(+0.74億円)
アカデミー収入 0.06億円 → 0.04億円(▲0.02億円)
その他収入 1.20億円 → 1.45億円(+0.25億円)
※広告料収入+入場料収入の増加額(+0.81億円)

大分:2016=J3、2017=J2
----- (2016) → (2017)
営業収益計 7.97億円 →10.23億円(+2.26億円)
広告料収入 4.04億円 → 4.43億円(+0.39億円)
入場料収入 1.57億円 → 2.50億円(+0.93億円)
Jリーグ配分金 0.17億円 → 1.47億円(+1.30億円)
アカデミー収入 0.18億円 → 0.39億円(+0.21億円)
 物販収入 0.13億円 → 0.20億円(+0.07億円)
その他収入 1.68億円 → 1.24億円(▲0.44億円)
※広告料収入+入場料収入の増加額(+1.32億円)

J1の経験もある大分は別としても、金沢も町田も広告料収入と入場料収入だけで、0.8億円の増収を達成しています・・・・①
そして、現在のJ2クラブへのJリーグ配分金は、1.48億円なので、ブラウブリッツにとっては、Jリーグ配分金だけで1.1億円の増収となります・・・②

よって、ブラウブリッツがJ2に昇格すると、上記①+②で、2億円近い増収となることが見込まれます。
2017シーズンのブラウブリッツの営業収益が3.6億円なので、5億円を余裕で超える営業収益になります。
まあ、取らぬ狸の皮算用かもしれませんが、、、

ここで改めて、秋田の2017の収益と金沢、町田、大分のJ3最終年(町田については最終年の前年も)の収益を見てみましょう。

(単位:百万円)
-----秋田* 金沢* 町田* 町田* 大分*
-----2017 2014 2014 2015 2016
営業収益計 360* 302* 363* 443* 797*
広告料収入 198* 192* 226* 250* 404*
入場料収入 016* 020* 042* 055* 157*
アカデミー収入 043* 028* 006* 006* 013*
その他収入 068* 050* 077* 120* 168*
(注)2017の秋田のその他収入には物販収入を含む

2017の秋田の収益は、J2昇格を決めた2014の金沢を0.6億円近く上回っています。
また、2017の秋田の収益は、2014の町田とほぼ同額です。

2014に昨年の秋田より収益が0.6億円も少なかった金沢、また、2014に昨年の秋田と収益がほぼ同額だった町田が、3年後にどうなったのか?

2014の営業収益が3.02億円だった金沢の2017の営業収益は、6.56億円と2014の2倍以上に増えています!!
2014の営業収益が3.63億円だった町田の2017の営業収益は、7.09億円とこちらも2014の2倍近くに増えています!!

金沢も町田も、2017シーズンの営業収益は、2014シーズンと比べて2倍になっています。

J2に昇格したら、3年度には収益が J3時代の2倍!!

また、データは拾っていませんが、J2昇格により、金沢も町田も大分も観客数は大幅に増えています。
秋田県の佐竹知事は、J3のブラウブリッツに対し、1試合の平均観客数がJ2平均の6,000人になるように頑張れと言ったようですが、それをJ3のクラブに要求するのか?というのが、正直な感想ですし、そもそも収容5,000人のAスタを使ってどうやって6,000人にするんだという話です。

1試合平均6,000人にしたいのであれば、J3のままでは無理で、J2に昇格するしかありません。
そのための投資をせずに、1試合平均6,000人という果実を得ることは出来ません。

ブラウブリッツは、6月末にJ2ライセンスの申請をしました。
その結果が出るのは、9月下旬です。

9月23日のガンバ大阪U-23戦までにJ2ライセンスの結果が出ているか分かりませんが、11月4日のセレッソ大阪U-23戦までにはJ2ライセンスの結果が出ているので、11月4日のセレッソ大阪U-23戦では、J2ライセンスを持ったブラウブリッツが八橋陸上競技場で試合することを願っています。

そして、今度こそ、八橋陸で勝利の歓喜を!!

P1060797.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト

2017年度のブラウブリッツの損益を他クラブと比較する(その2)

 2018-08-04
7月30日に開示された2017年度Jクラブの経営情報をもう少し見てみます。

http://www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h29kaiji.pdf

2017年度のブラウブリッツの損益をJ2の水戸、群馬、町田、金沢、讃岐と比較してみましょう。
まずは、営業収益から。

(単位:百万円)
-----秋田* 水戸* 群馬* 町田* 金沢* 讃岐
営業収益計 360* 578* 624* 709* 656* 696*
広告料収入 198* 195* 267* 343* 294* 292*
入場料収入 016* 083* 067* 094* 060* 087*
アカデミー収入 043* 000* 000* 000* 045* 048*
 物販収入 010* 050* 030* 040* 047* 041*
その他収入 058* 057* 112* 096* 065* 081*

項目によっては、秋田がJ2のクラブと肩を並べているものもありますね。

広告料収入 秋田1.98億円、水戸1.95億円
アカデミー収入 秋田0.43億円、金沢0.45億円、讃岐0.48億円(水戸、群馬、町田はゼロ)
その他収入 秋田0.58億円、水戸0.57億円、金沢0.65億円

ただ、入場料収入では、大きく差をつけられています。
一番少ない金沢でも秋田の4倍近くあります。(金額だと秋田より+0.44億円)
また、物販収入でも、一番少ない町田でも秋田の3倍あります。(金額だと秋田より+0.2億円)

J2のクラブとの差は、入場料収入と物販収入の差かもしれません。
J3時代の金沢の観客動員は少なかったですが、今は入場料収入が0.6億円もあります。
やはりJ2のクラブの収益力との間には地力の差がありますね。

なお、Jリーグ配分金がJ2は平均1.48億円なのに対し、J3は平均0.34億円なので、Jリーグ配分金を除いた営業収益の合計は次の通りです。
この金額が、Jリーグ配分金に頼らない、真の収益力と言えるかもしれません。

営業収益計(除:Jリーグ配分金)

秋田 3.25億円
水戸 4.34億円
群馬 4.76億円
町田 5.73億円
金沢 5.11億円
讃岐 5.49億円

秋田は、あと1億円営業収益を増やせば、J2で営業収益が一番少ない水戸の営業収益とほぼ肩を並べます。
ここから1億円増やすのはハードルが高いですが、いつの日か、営業収益が水戸と肩を並べる日が来ることを期待したいですね。


次に、支出について。
支出については、チーム人件費に焦点を当てて比較してみます。

秋田 1.14億円
水戸 2.61億円
群馬 2.92億円
町田 2.28億円
金沢 3.09億円
讃岐 3.45億円

チーム人件費は、選手・スタッフだけの人件費と仮定します。
その場合、秋田を100とすると、
水戸229%、群馬256%、町田200%、金沢271%、讃岐303%となります。


次に、これらのJ2クラブのチーム人件費とJ3クラブの2017年度のチーム人件費を金額順に並べてみました。

讃岐 3.45億円
金沢 3.09億円
(北九 3.08億円)
群馬 2.92億円
(長野 2.81億円)
水戸 2.61億円
(栃木 2.29億円)
町田 2.28億円
(秋田 1.14億円)

これを見ると、長野のチーム人件費は、水戸、町田よりも多いんですね。
そして、J2で戦うには、最低でも2億円のチーム人件費が必要であることも分かります。

J2に昇格すれば、Jリーグ配分金が1億円増えるので、これを全額チーム人件費に注ぎ込めば、2017年の町田並みの金額にはなりますが、、、

昨年までは、秋田の収益をJ2のクラブと比べる気も起きませんでしたが、今年は、秋田の営業収益が3億円を超えたことで、J2のクラブと比較してみることにしました。
10年前のJ2ボトムズの営業収益は、3~4億円と聞いたことがあったので、秋田の収益力がそのレベルに到達したことは感慨深いです。

秋田の収益力は、J3でも平均以下なので、J2で戦うにはまだ力不足かもしれませんが、営業収益があと1億円増えれば、水戸の営業収益に肩を並べますし、チーム人件費も1億円増やせば、町田のチーム人件費に並びます。

ここから営業収益を1億円増やすのはハードルが高いですが、J2に昇格したら観客動員数は間違いなく増えますし、スポンサー収入も増えるかもしれません。
収益面から見ても、J2昇格は、手の届かない夢物語ではないと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!
共に闘い、J2に昇格する夢を叶えよう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2017年度のブラウブリッツの損益を他クラブと比較する(その1)

 2018-08-04
7月30日に開示された2017年度Jクラブの経営情報をもう少し見てみます。

http://www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h29kaiji.pdf

2017年度のブラウブリッツの損益を福島、栃木、相模原、長野、富山、鳥取と比較してみましょう。
まずは、営業収益から。

(単位:百万円)
-----秋田* 福島* 栃木* 相模* 長野* 富山* 鳥取
営業収益計 360* 359* 658* 282* 702* 539* 458
広告料収入 198* 237* 408* 181* 407* 372* 233
入場料収入 016* 012* 059* 026* 059* 034* 033
アカデミー収入 043* 028* 071* 000* 024* 047* 047
 物販収入 010* 022* 059* 017* 007* 020* 032
その他収入 058* 025* 026* 023* 169* 032* 078

2017年度のブラウブリッツの収益の割合は、次の通りです。

広告料収入 55%(2016年64%) 2016年比+14百万円
入場料収入  4%(2016年 4%) 2016年比+04百万円
Jリーグ配分金 10%(2016年 5%) 2016年比+20百万円
アカデミー収入 12%(2016年11%) 2016年比+10百万円
 物販収入  3%(2016年 3%) 2016年比+02百万円
その他収入 16%(2016年13%) 2016年比+22百万円

秋田の広告料収入は、2016年度比+14百万円(+7.6%)となりました。
Jリーグ配分金はダゾーン効果で、2016年度比+20百万円(+133.3%)となりました。
その他収入の増加額が+22百万円(+61.1%)と一番大きいですが、その内訳が分からないのが不安と言えば不安。
これが一過性のものではなく、ずっと続くものであればいいんですが、、、

また、秋田の金額を100%とした場合、他クラブは次のようになります。

(2017年度、単位:%)
-----秋田* 福島* 栃木* 相模* 長野* 富山* 鳥取
営業収益計 100* 100* 183* 078* 195* 150* 127
広告料収入 100* 120* 206* 091* 206* 188* 118
入場料収入 100* 075* 369* 163* 369* 213* 206
アカデミー収入 100* 065* 165* 000* 056* 109* 109
 物販収入 100* 229* 590* 170* 070* 200* 320
その他収入 100* 043* 045* 040* 291* 055* 134

秋田の広告料収入は、前年比で+14百万円増えましたが、それでも福島より39百万円少ないです。
というか、福島の広告料収入は鳥取よりも多いんですね。(福島237百万円、鳥取233百万円)

秋田のアカデミー収入は、富山、鳥取より3百万円少ないですが、長野より19百万円多く、収益源として優秀だと思います。

あと、秋田の入場料収入は、前期比で+4百万円増えましたが、他のクラブと比べると少ないですね。
相模原は営業収益は秋田より少ないですが、入場料収入だけを見れば、秋田の1.6倍ほどありますし、富山も鳥取も秋田の2倍あります。
また、栃木と長野の入場料収入は秋田の3.7倍あります。


次に、支出について。
支出については、チーム人件費に焦点を当てて比較してみます。

(単位:百万円)
-----秋田* 福島* 栃木* 相模* 長野* 富山* 鳥取
チーム人件費 114* 119* 229* 092* 281* 200* 112

チーム人件費は、選手・スタッフだけの人件費と仮定します。
その場合、秋田を100とすると、
福島104%、栃木201%、相模原81%、長野246%、富山175%、鳥取98%となります。

次に、U-23を除くJ3リーグ14チームの2017年度のチーム人件費を、多い順番に並べてみました。
また、金額の横に2017シーズンの順位を記載してみました。
順位の右の数字は、チーム人件費順位からシーズンの順位を引いたもので、この数字がプラスであるほど、チーム人件費のコストパフォーマンスが高いと言えるかもしれません。

01.北九 3.08億円 (09位) ▲08
02.長野 2.81億円 (05位) ▲03
03.栃木 2.29億円 (02位) +01
04.富山 2.00億円 (08位) ▲04
05.鹿児 1.38億円 (04位) +01
06.福島 1.19億円 (10位) ▲04
07.秋田 1.14億円 (01位) +06
08.鳥取 1.12億円 (17位) ▲09
09.沼津 1.00億円 (03位) +06
10.相模 0.92億円 (12位) ▲02
11.盛岡 0.87億円 (15位) ▲04
12.琉球 0.81億円 (06位) +06
13.藤枝 0.59億円 (07位) +06
14.横浜 0.30億円 (14位) +00

2017年度の秋田のチーム人件費は、14チーム中7位でした。
しかし、結果は、優勝でした!!
決して潤沢とは言えないチーム人件費ながら、2017シーズンのブラウブリッツは優勝しました!!
しかも、赤字にはしていません!!

2016年度の発表で、長野のチーム人件費予算が大分よりも多いことに驚きましたが、長野は2017年度も栃木より多いです。(長野2.81億円、栃木2.29億円)
2017年度は、チーム人件費7位の秋田(1.14億円)が優勝し、チーム人件費1位の北九州(3.08億円)が9位となったことで、チーム人件費と順位の関連性を打ち壊したシーズンだったと言えるかもしれません。
それにしても、2017年度のチーム人件費がほぼ同じだった秋田(1.14億円)と鳥取(1.12億円)ですが、秋田が優勝、鳥取は最下位、、、見事に明暗が分かれました。

最後に、損益について。

(単位:百万円)
-----秋田* 福島* 栃木* 相模* 長野* 富山* 鳥取
営業利益 003* 002*-005*-008* 002* 005* 002
営業外収益 007* 000* 000* 010* 000* 001* 000
営業外費用 002* 000* 004* 001* 000* 000* 008
経常利益 008* 002*-009* 001* 002* 006*-006
当期純利益 007* 002* 004* 001* 001* 006* -007

2017シーズンの営業利益は、ここに記載の7チームのうち、2チームが赤字となっています。(栃木▲5百万円、相模原▲8百万円)
また、ここに記載していない琉球は2016年の▲112百万円に続き、▲68百万円の巨額の赤字を計上しています。

これに対して、秋田の営業利益は3百万円のプラス。
14チーム中、6チームの営業利益が赤字でしたが、秋田は、きちんと黒字を計上しました。

そして、2017シーズンの当期純利益ですが、ここに記載の7チームのうち、鳥取だけが赤字(▲7百万円)となっています。
また、ここに記載していない琉球の当期純利益は昨年の▲127百万円に続き、▲77百万円の巨額の赤字を計上しています。

これに対して、秋田の当期純利益は、営業利益の3百万円に営業外収益7百万円を加え、営業外費用2百万円と特別損失の1百万円を差し引き、最終的には、8百万円のプラスとなりました。

J3のクラブの当期純利益で+6百万円以上を記録しているのは、
沼津+17百万円、秋田+7百万円、富山+6百万円、北九州+6百万円
の4クラブしかありません。

当期純利益だけ見れば、秋田はJ3の4強です!

以上、ざっと比較してみましたが、秋田の営業収益3.6億円は、J3の平均4.29億円を下回り、14チーム中8位です。
ただ、2016年比では、25%増えており、秋田の営業収益は大幅に増えました。

今後もブラウブリッツを支援していきましょう!

最後に、ブラウブリッツの入場料収入についてもう一度。

秋田の2017年度の入場料収入は16百万円で、秋田の営業収益に占める入場料収入の比率は4.4%ほどしかありません。
J3の平均が7.5%なので、入場料収入での貢献度はJ3の強豪クラブと比べると低いですね。

昨年も一昨年も書きましたが、いずれは入場料収入で2,000万円超えを達成してほしいと思っています。
秋田の広告料収入は、既にJ2の水戸と肩を並べる金額(秋田1.98億円、水戸1.95億円)になっていて、近い将来、頭打ちになることも充分予想されるので、、、
ただ、2017シーズンの優勝で今季の広告料収入が0.2億円増えたという噂もあるので、秋田の広告料収入は2.5億円までは伸びるかもしれません。
それでも収入は多ければ多いほど良いですし、J2昇格が夢ではなくなってきたので、入場料収入が増えることを期待したいです。

そして、秋田の2017シーズンの1試合平均観客数は、2,364人。
J2昇格要件から1試合平均観客数3,000人は除外されましたが、今季はクラブ史上初の3,000人超えを期待したいですね!

目指せ、1試合平均3,000人!
目指せ、入場料収入2,000万!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2017年度Jクラブ経営情報が開示

 2018-08-04
2017年度Jクラブの経営情報が7月30日に開示されました。

http://www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h29kaiji.pdf

それによると、2017年度のブラウブリッツの損益は、こうなりました。

(単位:百万円)
---- 秋田(2016比)(J3平均)
営業収益 360(+72)(429) 
営業費用 357(+71)(433)
営業利益 003(+01)(-04)
経常利益 008(-02)(-02)
当期純利益007(-03)(-02)

営業収益は2016年度比で+7,200万円増加(+25%)の3.6億円。
これに対してJ3の平均は4.29億円です。
営業利益は昨年比で微増の+300万円。
経常利益は昨年比で200万円減りましたが、+800万円を記録。
この金額はJ3で3位です。
単年度の収益では、2013年度から5年連続で黒字です。

ブラウブリッツの営業収益は昨年比で+25%、7,200万円の増加、そして、経常利益ではJ3で3位の+800万円を記録しました。
ブラウブリッツの経常利益は、栃木、長野、富山を上回っています。

もっとも、クラブの収益力があるかどうかは、営業収益を見ないといけないですね。
ブラウブリッツの営業収益は3億円を大きく超え、3.6億円となりました。
10年前、営業収益が3~4億円ないとJ2では戦えないと聞いたことがありますが、ブラウブリッツの収益力は、その3~4億円に到達しました。
しかし、現在のJ2の営業収益は平均で14億円、最下位の水戸でも5.8億円近くあります。
まだまだJ2で戦うには営業収益が足りないのかもしれませんが、J2のJリーグ分配金はJ3よりも1億円多いので、ブラウブリッツがJ2に昇格したら、分配金は1億円増加し、水戸との差は1.2億円に縮まります。

J3全体の営業収益の平均は、2016年度3.84億円だったのが、4.29億円になっているので、2016年比で+12%。
秋田の営業収益の伸びは25%なので、J3全体の営業収益の伸びをはるかに上回っています!!

秋田の営業収益の限界はどの辺なのだろうか?
2017年の営業収益は3.6億円でしたが、いずれは4億円を超えて鳥取と肩を並べてほしいと思います。

また、J3のクラブの当期純利益で+5百万円以上を記録しているのは、
沼津+17百万円、秋田+7百万円、北九州+6百万円、富山+6百万円、盛岡+5百万円
の5クラブしかありません。

赤字となっているクラブもある中、ブラウブリッツは、前年比で支出を+71百万円増やしたにもかかわらず、営業利益で赤字にせず、当期純利益で7百万円も計上しました。
そして、成績面では、初優勝を飾りました。
限られた予算の中で結果を出したフロントの方々を大いに評価したいと思います。

ピッチで試合に勝つだけがクラブの戦いではありません。
収益力を高め、クラブを存続、発展させるのも立派な戦いです。

これからも頑張れ、株式会社ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

杉山監督解任、間瀬さんが新監督に就任

 2018-07-15
今シーズン前半戦の最後の試合である相模原戦に敗れ、1試合負け越した状態でシーズン後半戦を迎えることになったブラウブリッツ。
そして、相模原戦の3日後の7月11日、杉山監督との契約を解除することが発表されました。

杉山弘一監督 契約解除について
http://blaublitz.jp/whatsnew/53381.html

シーズンの途中で監督が交代するのは、ブラウブリッツにとっては初めてのことですし、昨季、ブラウブリッツを初のJ3リーグ優勝に導いた監督をシーズン途中で解任したことには、正直驚きました。

P1060342.jpg

前半戦を終わって、6勝3分7敗、首位とは勝ち点差10の9位という成績で、フロントとしては、このままではJ2昇格は困難であると判断したようです。

杉山監督は、昨季、ブラウブリッツを初のJ3リーグ優勝に導いた功労者ですし、昨シーズン終了後、すぐに契約更新する旨を表明し、それが主力選手の残留につながった功績もあると思います。
また、杉山監督は明るい性格ですし、試合後のインタビューでも、常に前向きな姿勢でインタビューを受けることには好感を持っていました。

しかし、結果を出すことを求められるのが、プロの世界です。
厳しい世界であると改めて思いましたし、フロントは今季のJ2昇格を諦めていないのだと認識しました。

そして、後任の監督には、杉山監督の前任の間瀬秀一氏が就任しました。

間瀬秀一氏 監督就任のお知らせ
http://blaublitz.jp/whatsnew/53383.html

この発表にも驚きましたが、今のチームの骨格を作ったのは間瀬さんですし、ブラウブリッツのことを何も知らない人が監督をやるよりは、引継ぎもスムーズに行くと思います。

今回、間瀬さんが監督を引き受けてくれましたが、チームの状態は正直に言って良いとは言えないですし、J2昇格を求められている中での監督就任には二の足を踏む気持ちもあったかもしれません。
それでも監督を引き受けた間瀬さんには感謝したいですし、間瀬監督を支えていきたいと思います。

P1040201.jpg

前任時の間瀬監督のスローガンは、全員力!!
秋田とブラウブリッツに関係するすべての人の力を合わせ、スタジアム新設、そしてブラウブリッツのJ2昇格という夢を叶えよう!!

にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

J2ライセンスを申請!!

 2018-07-02
首位を快走しながら、J2ライセンス申請を見送ってから約1年。
ついに、ブラウブリッツは、J2ライセンス申請を行いました!!

7.2「2019シーズンJリーグクラブライセンス申請に関する記者会見」を行いました
http://blaublitz.jp/whatsnew/53266.html

思えば、昨年の6月30日、帰りの電車の中でJ2ライセンス見送りというニュースを知って、一人電車の中で涙しました、、、

P1050015.jpg

J2規格のスタジアム整備のために18万人(正確には179,412人)の人が署名してくれたこと、選手が頑張って今季のJ3リーグで首位を走っていることを考えると、涙が止まりませんでした、、、

あの悔し涙を流してから1年、暫定的なメインスタジアムとなる八橋陸上競技場の改修予算は可決され、ブラウブリッツはJ2ライセンスを申請するに至りました。

ここまで来るのは長かった、、、
TDKサッカー部がクラブ化され、ブラウブリッツとしてJFLに参戦したのが、2010年。
クラブ化されて間もない頃は、経営上の危機もありましたが、それを乗り越え、9年目でのJ2ライセンス申請です。

クラブ化された当時は弱かったブラウブリッツですが、累積債務を解消してからは、成績も向上します。
JFLに参入後、一度も破れなかった8位の壁を2016シーズンに初めて破ると、スタジアム整備に向けて動き始めました。

P1040751.jpg

ブラウブリッツ後援会が主導して、2016年11月から2017年2月まで行われたスタジアム整備に関する署名活動。
これにはサポーターも協力し、フロント、秋田県サッカー協会、スポンサー企業などの皆様のご尽力により、18万人の署名を集めました。

P1060348.jpg

そして、2017シーズン最終戦で逆転してのJ3リーグ初優勝。
この優勝で、スタジアム整備に向けての動きが加速しました。

今年に入ってからは、スタジアム新設に関して、佐竹知事の否定的な発言もありましたが、今季のホーム開幕戦では11,802人を八橋陸上競技場に集め、今回のJ2ライセンス申請となりました。

これは、非常に大きな一歩です!!

しかしながら、2年前、鹿児島がJ2ライセンス申請したにもかかわらず、ライセンスが交付されなかったこともあるように、まだ油断は禁物です。

1試合平均3,000人以上の観客動員という条件はなくなりましたが、経営状況の審査は、今までと変わらないと思いますし、逆に今まで以上に厳しくなるかもしれません。

観客動員を昨年よりも増やし、J2ライセンス交付を後押ししよう!!



大きな流れに変わる臨界点はもうすぐ!!
秋田県でムーブメントを起こそう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

秋田県でムーブメントを起こそう!!

 2018-04-14
昨日の夜、NHK秋田で、ブラウブリッツの特番が組まれたようです。

4.13 NHK秋田放送局「きんよる秋田『サッカーで秋田を変える~J3クラブ社長の挑戦~』」放送のお知らせ
http://blaublitz.jp/media/52429.html

俺は放送の内容をまだ見ていませんが、視聴した方々の感動したという感想を見ると、俺も秋田に駆けつけて秋田のために戦いたい!!という衝動に駆られました。

ということで、予定を変更し、明日、Aスタに参戦します。

秋田県でムーブメントを起こそう!!



大きな流れに変わる臨界点はもうすぐ!!

秋田のために戦いましょう!


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

八橋改修予算案可決!

 2018-03-08
一昨日(3/6)、秋田市議会で、ブラウブリッツ秋田の暫定的な本拠地となる八橋陸上競技場の改修費9億8997万円などを計上した補正予算案が可決されました!!

秋田市議会、八橋改修予算案可決
http://www.sakigake.jp/news/article/20180307AK0020/

P1060519.jpg

スタジアム問題については、現在、スタジアムを新設することを条件に、八橋陸上競技場に照明、大型映像設備、ドーピング検査室などを設置すれば、八橋陸上競技場をJ2の暫定的な本拠地として認めることになっています。

今回の可決により、八橋陸上競技場に照明、大型映像設備、ドーピング検査室などを設置されることが決まり、暫定的な本拠地を整備することは決まりました。

今年6月のJ2ライセンス申請に向けて、大きく前進しました。

しかし、これはあくまでも「暫定的な本拠地」を整備するための予算が可決されたに過ぎません。
これだけでは、J2ライセンスの基準を満たしません。
あくまでも、将来的にスタジアムを新設することが確約されたら、このような暫定的な改修でもOKだと言われているに過ぎません。

本丸は、スタジアムを新設できるかどうかです。
ここが重要です!!

そして、スタジアムの新設については、国の委託を受けて設けられた 『「スポーツモールAKITA」を核とした街づくり構想協議会』 において検討中ですが、3月6日に行われた第2回会合において、ブラウブリッツの岩瀬浩介社長は、新スタジアムの候補地として、秋田市の八橋運動公園が最適地だとの考えを示したようです。

BB社長「八橋最適」、スタジアム構想で見解 官民連携協
http://www.sakigake.jp/news/article/20180307AK0010/

遠い未来のことと思っていた秋田県のJ2規格のスタジアム整備が、急速に動き出しています。
しかも、単なるスタジアムではなく、商業施設を併設した「スポーツモールAKITA」を核とした街づくり、というスケールの大きな話になって。
ここまで動き出したのは、昨年、J3リーグで優勝したことが大きいと思います。
結果を出せと言われ続けてきましたが、昨年、優勝したことで、J2ライセンス取得に向けての動きが具体化してきました。

こちらは、2月20日に行われた協議会の議事録です。

第1回『「スポーツモールAKITA」を核とした街づくり構想協議会』の議事録を公開します
http://blaublitz.jp/whatsnew/51993.html

動画だと2時間近くもあるので、この議事録があることは、本当にありがたい。
議事録を作成したブラウブリッツのスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

議事録については、速読でさっと読んだだけなので、内容については、半分も理解していないかもしれない。
ただ、印象に残った言葉として、スタジアム整備に関する話し合いは、全国どこでも賛成60%、反対40%で推移するというのがあった。
スタジアム整備に反対する声があるのは、ある意味当然と割り切り、一人でも多くの賛成を得て、秋田県にJ2規格のスタジアムを建設してほしい。(ちなみに、八橋陸の改修予算案は賛成35、反対2でした)

また、佐竹知事は、以前からスタジアム整備に関して前向きな発言を 続けてきたので、今更スタジアム整備が反故にされるなどといったことがないよう、ご尽力して頂きたいと思っています。

もはや、スタジアム問題は、秋田県の信用問題です!!
秋田県の信用のためにも、絶対にスタジアムを!!

P1040517.jpg

そのためにも、3月25日のホーム開幕戦には大勢動員し、秋田県民の盛り上がりを佐竹知事などに見てもらいましょう!!

6月にはJ2ライセンスを申請しよう!!
そして、J2昇格を目指して一緒に戦おう!!


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

チケットだけJ2昇格

 2018-03-01
3/17(土)のザスパクサツ群馬戦のチケットが、J3ではなく、J2になってます(笑)

1519597577764.jpg

というツイートを2月26日の朝にしたところ、予想に反して反響が。
初日、寝る前に見たインプレッションの数は7,200ほどで、翌日の27日の朝も7,700ほどだったのが、その日の昼にインプレッションの数がうなぎ登りに増えたようで、その日の夜は40,000ほどになっていて驚きました。

ただ、現在は見る人も減り、落ち着いた状態になっています。(現在は67,000ほど)

最初は、ザスパサポの方々が反応し、その次に浦和、川崎と続き、川崎のところで大爆発があったようです。
ここからマリノス、水戸など、全国の各クラブのサポーターが反応。

たくさんのリツイート、いいね! をして頂き、ありがとうございました!!

こんなに反応してもらえるなら、#3月25日1万人応援プロジェクト のハッシュタグを付けとけば良かったかな?(笑)
でも、それはブラウブリッツのホーム開幕戦とは直接は関係ないからなあ、、、

昨年、ブラウブリッツはJ3リーグで優勝しましたが、J2ライセンスを持っていないために、J2に昇格できませんでした。
今回、チケットだけ先にJ2に昇格してしまいましたが、ブラウブリッツ本体もJ2に昇格できるよう、応援したいと思います。

ブラウブリッツ秋田のホーム開幕戦は、3月25日(日)13:00、八橋陸上競技場で行われる福島ユナイテッド戦です!!

P1040517.jpg

2016年11月6日に同じ八橋陸上競技場で記録した5,371人を超える観客を八橋に集め、ブラウブリッツのJ2ライセンス取得、そしてJ2昇格を後押ししたい。

1519597577764.jpg

チケットだけ昇格とは言わせない!!
J2ライセンスを取って、J2に昇格しよう!!

P1050259.jpg

Go! BLAUBLITZ!!
共に戦おう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2018プレシーズンはバサロ作戦?

 2018-02-28
2月11日から25日まで高知県、静岡県などでキャンプを行い、秋田に帰還したブラウブリッツの選手達。
昨年までは、キャンプ期間中の練習試合の結果、練習試合の開催場所の案内をしていましたが、今年はそれがありません。

ブラウブリッツの公式サイトのスケジュールを見ると、キャンプ最終日の2月25日の予定は、非公開ではなく、不掲載。
非公開ではないけど、掲載しないということですね。

この日、俺はブラウブリッツの選手達を見ることは出来ませんでしたが、見学した人の話だと、非常に期待が持てるとのこと!!
どんな感じに仕上がっているのか、開幕戦が楽しみです!!

ここまで手の内を見せないと、1988年のソウルオリンピックで、水泳の鈴木大地がバサロ泳法で金メダルを獲ったことが思い出されます。
バサロ泳法で水中を進んだ鈴木大地は、いつもよりも長くバサロをして隣のレーンのバーコフを動揺させ、見事に金メダル!!
40代以上の方で、鈴木大地のバサロと金メダルを覚えている方は、大勢いますよね!?

今回の手の内を見せないブラウブリッツのやり方と、ソウルオリンピックの水泳で鈴木大地がバサロをして中々水上に浮上しなかったことが被って見えます。

動向が良く分からない今年のプレシーズンですが、杉山監督もソウルオリンピックを知っている世代なので、今回の情報管理を鈴木大地のバサロ作戦と呼んでいるかもしれません(笑)

さて、練習試合に関して徹底した情報管理をしているブラウブリッツですが、昨日、今季のキャプテン、副キャプテンについて発表しました。

2018シーズンキャプテン・副キャプテン決定のお知らせ
http://blaublitz.jp/whatsnew/51954.html

キャプテンは、3季連続で DF24 山田尚幸。
副キャプテンは、DF2 尾本敬、MF7 前山恭平、MF14 山田樹の3人で、前山は選手会長も兼任しています。

P1060357.jpg

今シーズンが終わった時、また山田がシャーレを持ってステージに上がることを願っています。

未だベールに包まれた2018シーズンのブラウブリッツ。
しかし、そのベールを脱いだ時に、世間を驚かせることを楽しみにしています。

開幕戦まであと10日!!
そして、ホーム開幕戦まであと25日です!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:ブリキチ@関東
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2018チーム
2018選手
2018歌詞カード

2018年の関東近郊の試合
3/17(土)vs 群馬(正田スタ)
9/8(土)vs 相模原(ギオンス)
10/14(日)vs FC東京(夢の島)
10/28(日)vs YS横浜(ニッパ球)
12/2(日)vs 沼津(愛鷹)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター