2013シーズンの成績推移

 2013-12-01
2013シーズンの成績推移


1 (3/10) A 0●3 MIO 0勝0分1敗 17位 勝点0 得失-3(得点0 失点3)
2 (3/17) H 1○0 印刷 1勝0分1敗 12位 勝点3 得失-2(得点1 失点3)
3 (3/23) A 2○0 YSCC 2勝0分1敗 6位 勝点6 得失±0(得点3 失点3)
4 (3/31) H 2○0 ホンダ 3勝0分1敗 2位 勝点9 得失+2(得点5 失点3)
5 (4/7) A 0●1 讃岐 3勝0分2敗 4位 勝点9 得失+1(得点5 失点4)
6 (4/14) H 1△1 長野 3勝1分2敗 7位 勝点10 得失+1(得点6 失点5)
7 (4/20) A 0●2 町田 3勝1分3敗 9位 勝点10 得失-1(得点6 失点7)
8 (4/28) H 2○1 相模原 4勝1分3敗 8位 勝点13 得失±0(得点8 失点8)
9 (5/1) A 2○1 栃木 5勝1分3敗 4位 勝点16 得失+1(得点10 失点9)
10 (5/5) H 1△1 ロック 5勝2分3敗 4位 勝点17 得失+1(得点11 失点10)
11 (5/12) A 2○0 HOYO 6勝2分3敗 4位 勝点20 得失+3(得点13 失点10)
12 (5/19) H 1●4 金沢 6勝2分4敗 4位 勝点20 得失±0(得点14 失点14)
13 (5/26) A 3○2 福島 7勝2分4敗 4位 勝点23 得失+1(得点17 失点16)
14 (6/1) A 1●2 ソニー 7勝2分5敗 4位 勝点23 得失±0(得点18 失点18)
15 (6/8) H 3●6 藤枝 7勝2分6敗 7位 勝点23 得失-3(得点21 失点24)
16 (6/15) A 0●1 武蔵野 7勝2分7敗 8位 勝点23 得失-4(得点21 失点25)
17 (6/23) H 2△2 琉球 7勝3分7敗 9位 勝点24 得失-4(得点23 失点27)

※17節終了時
 7勝3分7敗 勝点24 9位(1位讃岐37、2位長野37、3位町田31、4位ソニー30) 
 得失-4 12位(1位讃岐+17、2位長野+15、3位町田+7、4位ソニー+6)
 得点23 7位(1位長野30、2位琉球・藤枝27、4位讃岐・金沢26)
 失点27 14位(1位讃岐9、2位ソニー12、3位印刷13、4位長崎15)


18 (6/30) A 1△1 相模原 7勝4分7敗 9位 勝点25 得失-4(得点24 失点28)
19 (7/7) H 2○0 栃木 8勝4分7敗 9位 勝点28 得失-2(得点26 失点28)
20 (7/13) A 1○0 ロック 9勝4分7敗 8位 勝点31 得失-1(得点27 失点28)
21 (7/21) H 1△1 HOYO 9勝5分7敗 7位 勝点32 得失-1(得点28 失点29)
22 (7/28) A 1●2 金沢 9勝5分8敗 9位 勝点32 得失-2(得点29 失点31)
23 (8/3) H 1○0 福島 10勝5分8敗 7位 勝点35 得失-1(得点30 失点31)
24 (8/17) H 4○0 ソニー 11勝5分8敗 6位 勝点38 得失+3(得点34 失点31)
25 (9/15) A 1●2 藤枝 11勝5分9敗 6位 勝点38 得失+2(得点35 失点33)
26 (9/22) H 2○1 讃岐 12勝5分9敗 7位 勝点41 得失+3(得点37 失点34)
27 (9/28) A 1●3 ホンダ 12勝5分10敗 8位 勝点41 得失+1(得点38 失点37)
28 (10/6) H 4○0 YSCC 13勝5分10敗 6位 勝点44 得失+5(得点42 失点37)
29 (10/20) A 1△1 琉球 13勝6分10敗 6位 勝点45 得失+5(得点43 失点38)
30 (10/26) H 1△1 武蔵野 13勝7分10敗 6位 勝点46 得失+5(得点44 失点39)
31 (11/3) H 2△2 町田 13勝8分10敗 6位 勝点47 得失+5(得点46 失点41)
32 (11/10) A 0●1 長野 13勝8分11敗 9位 勝点47 得失+4(得点46 失点42)
33 (11/17) H 2○1 MIO 14勝8分11敗 8位 勝点50 得失+5(得点48 失点43)
34 (11/24) A 0●2 印刷 14勝8分12敗 8位 勝点50 得失+3(得点48 失点45)

※34節終了時
 14勝8分12敗 勝点50 8位(1位長野72、2位讃岐68、3位相模原61、4位町田61)
 得失+3 8位(1位長野+36、2位讃岐+22、3位相模原・ホンダ+16)
 得点48 7位(1位長野61、2位金沢60、3位相模原57、4位ホンダ53)
 失点45 11位(1位長野・印刷25、3位讃岐27、4位ソニー34)

開幕戦では敗れたが、その後の3連勝で第4節終了時には2位に浮上。
5月中は4位をキープしていたが、6月に失速し、前半戦を9位で折り返す。

後半戦は2勝2分で始まり、第24節終了時(8/17)に昨年の勝ち点37を超え、6位に浮上。
その後の10試合は3勝3分4敗で、勝利を先行させることが出来ず、8位で終了。

秋田の得点は48でリーグ7位。去年の33から15も増えました。
2011シーズンの得点は38、2012シーズンの得点は33で、得点力に課題がありましたが、今季はその課題がある程度克服されました。

失点は昨年の41から45に増えましたが、バックラインでもつなぐサッカーをしている以上、ある程度の失点は止むを得ません。
ただ、リーグ前半戦の失点が27だったのに対し、リーグ後半戦の失点は18であり、前半戦に比べると守備を立て直すことが出来たと思います。

今季の秋田の48得点のうち、松田と半田で19点を取っているので、得点の約40%が松田と半田によるものですが、この2人は来季はいません。
松田と半田の抜けた穴を埋め、今季のパスサッカーの精度を上げるのが、来季の課題ですね。

与那城監督、来年も宜しくお願い致します!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2013シーズンの成績

 2013-12-01
ブラウブリッツの2013シーズンの成績

<通算:試合数34>
戦績:勝ち点50(14勝8分12敗) 8位
得失点差:+3(得点48、失点45) 8位

<前半:第1節~第17節>
戦績:勝ち点24(7勝3分7敗)   9位
得失点差:-4(得点23、失点27)12位タイ

<後半:第18節~第34節>
戦績:勝ち点26(7勝5分5敗)  7位タイ
得失点差:+7(得点25、失点18)6位タイ

シーズン通算成績のほか、シーズン前半とシーズン後半に分けて成績を見てみました。
3点差で負けた試合が3試合ありましたが、シーズン前半は、昨年とほぼ同じ勝ち点24(前半順位8位、得失差-4)で折り返しました。
シーズン後半は、昨年と違い、勝ち点26(後半順位7位、得失差+7)と失速せずに勝ち点を重ね、最終順位は8位、得失差+3という結果となりました。
この8位という順位は、2010年に記録した最高順位と同じです。
失点は昨年の41から45に増えましたが、得点は昨年の33から48に増え、得失差は昨年の-11から+3になり、2010年以来となるプラスとなりました。
なお、得点の48は7位、失点の少なさ45は11位です。
昨年の得点は33、一昨年の得点は38だったことを考えると、得点については大幅に改善されています。
また、ホームゲームの全試合で得点したのは、ブラウブリッツだけです。

次に今年と去年のホームとアウェイでの勝ち点を比べてみましょう。

ホームの戦績(2013):勝ち点33(9勝6分2敗)
アウェイの戦績(2013):勝ち点17(5勝2分10敗)

ホームの戦績(2012):勝ち点19(4勝7分5敗)
アウェイの戦績(2012):勝ち点18(5勝3分8敗)

昨年はホームとアウェイでの勝ち点はほぼ同じでしたが、今年はホームの全試合で得点し、ホームでは2敗だけという好成績を残し、年間勝ち点50のうち、ホームで33を獲得しました。
アウェイでの戦績は昨年とほぼ同じ。
ホームでは、芝の状態が良く、また、移動の負担がないのと、大勢のサポーターやファンの応援を受けていることが勝因でしょうか。
アウェイで勝てないのは、バスでの長距離移動が負担となっているのでしょうか?
飛行機で移動する遠方アウェイでは勝ち越しているので、そんなことを考えてしまいます。

<アウェイ戦績>
東北・関東:3勝1分3敗(○YSCC、栃木、福島、△相模原、●ソニー、町田、武蔵野)
中部地方:0勝0分4敗(●金沢、藤枝、ホンダ、長野)
西日本:2勝1分3敗(○HOYO、ロック、△琉球、●MIO、讃岐、印刷)

東北では1勝1敗。
関東では去年は3戦全敗でしたが、今年は2勝1分2敗とし、3年ぶりに関東で勝利を挙げました。
中部地方では4戦全敗。長野と藤枝のホームでは2年間勝ち点1すら取っていません。
西日本(関西以西)では去年は勝ち越しましたが、今年は負け越しました。

来年からブラウブリッツの戦う舞台はJ3になります。
アウェイでの戦績は今年よりも厳しくなることが予想されますが、来年はブラウブリッツになってから初のアウェイ勝ち越しを決めてほしいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

来季は遠方アウェイには参戦できるか分かりませんが、来季も可能な限りアウェイでの試合に参戦して選手の後押しをしたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

今度こそ最終節で佐川印刷の勝ち点を逆転しよう

 2013-11-23
明日、太陽が丘で行われる佐川印刷戦は、ブラウブリッツにとって今季最終戦であると同時に、JFLでのラストゲームになります。

ブラウブリッツの前身のTDKサッカー部のラストゲームとなった2009シーズンの最終戦も佐川印刷のホームでの試合でした。(この時の会場は西京極)
TDKサッカー部のラストゲームとブラウブリッツのJFLでのラストゲームの対戦相手が佐川印刷ということ、そして試合会場が京都ということには、因縁めいたものを感じます。

また、佐川印刷に対して、シーズン最終戦で悔しい思いをしたのは一度だけではありません。

2009シーズンの最終戦が始まる前は、TDKの勝ち点が46、佐川印刷が44でしたが、直接対決となった最終戦で1-2で敗れたために勝ち点を逆転され、順位も10位に下がってシーズンを終えました。
(試合前勝ち点)TDK46、佐川印刷44
(試合後勝ち点)TDK46、佐川印刷47

2010シーズンも佐川印刷との勝ち点は接戦でした。
この時は直接対決ではありませんでしたが、最終戦で佐川印刷が勝利したのに対し、ブラウブリッツは引き分けに終わり、2年連続で勝ち点を逆転され、シーズンを終えました。
(試合前勝ち点)ブラウブリッツ50、佐川印刷49
(試合後勝ち点)ブラウブリッツ51、佐川印刷52

2011シーズンも佐川印刷との勝ち点は接戦でした。
この時も直接対決ではなく、また、最終戦が始まる前は、ブラウブリッツの勝ち点が37(得失-11)、佐川印刷が38(得失-17)で、今度はブラウブリッツが勝ち点を逆転するチャンスでしたが、お互いに敗れ、佐川印刷の勝ち点を逆転することは出来ず、シーズンを終えました。
佐川印刷が最終戦で敗れたので、ブラウブリッツは最終戦で引き分けていれば、得失点差で佐川印刷の順位を抜いていただけに残念です。
(試合前勝ち点、得失)ブラウブリッツ37(-11)、佐川印刷38(-17)
(試合後勝ち点、得失)ブラウブリッツ37(-14)、佐川印刷38(-18)

2012シーズンは、佐川印刷に差をつけられ、佐川印刷の方が上の順位でシーズンを終えたので、接戦にはなっていません。

そして、2013シーズン。
2009年に続いて、佐川印刷と最終戦で対戦します。
勝ち点は、お互いに50で並んでおり、得失点差は、ブラウブリッツ+5、佐川印刷+9と佐川印刷がリード。
ブラウブリッツが佐川印刷の順位を抜くには、勝利するしかありません。

今度こそ佐川印刷に勝利し、2009年、2010年と最終戦で勝ち点を逆転された悔しさを晴らそう!

明日の佐川印刷戦は、今のメンバーで戦う最後の試合ですが、同時に2009年、2010年の悔しさを晴らす試合でもあります。

佐川印刷に勝利し、笑顔でJFL最後のシーズンを終えよう!!

明日は俺も太陽が丘に参戦します。
個人的には、2008年の開幕戦以来の参戦になりますが、明日、太陽が丘に参戦する皆さん、宜しくお願いします。
また、参戦できない方も、念を送ってください。

明日は佐川印刷に勝つぞ!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

藤枝との雨中の激闘、再び

 2013-09-15
天皇杯の予選と1回戦、2回戦のため1ヶ月ほど中断されていたJFLのリーグ戦が今日(9/14)から再開されました。
ブラウブリッツは、明日(9/15)16:00、藤枝総合運動公園サッカー場で藤枝MYFCと対戦します。

去年の藤枝のホームでの対戦は、7月1日。
猛烈な豪雨の中、藤枝市民グランドサッカー場での対戦でした。
田んぼのようなピッチでの肉弾戦で、ブラウブリッツが0-2で敗れました。

そして、今年の対戦も、台風が接近しているため、大雨の中での試合となりそうです。
台風接近と言えば、去年のホンダのホームでの試合も台風が接近している中で行われました。

ヤフーのトップページに掲載されている「台風接近 特別警報級の雨警戒」の文字を見ると、去年の藤枝戦とホンダ戦のことが思い出されます。

去年の藤枝戦は、上記のように田んぼのようなピッチでの試合でした。
藤枝の先制点は、秋田のパスが審判に当たり、それをインターセプトされ、カウンターから得点。
印象に残っているのは、藤枝は、通常ならタッチラインやゴールラインを割るような強いパスを何度も出して、結果的にそれが2点目につながりました。
ピッチの状態にうまく対応した藤枝の勝利だったと言えます。

また、この試合は、俺が昨シーズンで一番熱く応援した試合です。
田んぼのようなピッチで、怪我を恐れず、相手にぶつかっていく選手を見て、俺の心にも火が付き、猛烈に応援しました。

明日(9/15)の試合会場の藤枝サッカー場は、去年の藤枝市民グランドと違って水はけが良いみたいなので、去年のように田んぼのようなピッチにはならないかもしれません。
ただ、そうならないとしても、大雨の影響で、いつもの秋田のパスサッカーは出来ないかもしれません。

細かいパス回しが難しいとなると、去年のようにサイドやDFの裏に長いパスを出して、それに両チームの選手が殺到する肉弾戦となる可能性があります。
そうなった場合、選手の怪我が心配ですが、去年のように肉弾戦を挑むなら、俺も気合を入れて応援します。

明日(9/15)は試合開始が16:00と遅く、帰りの路線バスがないかもしれないので、車での参戦を予定しています。
特別警報級の雨で高速が通行止めになる可能性もありますが、何としても藤枝に参戦したいと思います。

ブラウブリッツ頑張れ!!

明日は俺も闘うぜ!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

明日は金沢戦

 2013-05-18
5月19日(日)13:00、ブラウブリッツは八橋球技場でツエーゲン金沢と対戦します。
両チームの過去の対戦成績と前節までの成績などを比較してみました。

<過去の対戦成績>
JFL通算対戦成績:4勝1分1敗(得点12、失点8)

2010年:○3-0(5/30アウェイ)、△2-2(8/8ホーム)
2011年:●1-3(8/24ホーム)、○2-1(9/25アウェイ)
2012年:○2-1(3/25アウェイ)、○2-1(10/7ホーム)

アウェイでは3戦全勝のブラウブリッツですが、ホームでは1勝1分1敗となっています。
八橋球技場で前回対戦した時は、開始15分で2点先制され、1-3で敗れました。
今回の対戦では、八橋球技場での初勝利を目指す戦いになります。

次に、前節までの成績を比較します。

<前節までの成績>
秋田(4位):勝ち点20、6勝2分3敗
(得点13、失点10、得失+3、シュート109、被シュート138)

金沢(13位):勝ち点11、3勝2分6敗
(得点15、失点18、得失-3、シュート120、被シュート102)

<1試合平均>
秋田(11試合):得点1.18、失点0.90、シュート9.90、被シュート12.54
金沢(11試合):得点1.36、失点1.63、シュート10.90、被シュート9.27

金沢の得点はリーグ7位の15だが、シュート数はリーグ3位の120
また、金沢の失点はリーグワースト4位の18だが、被シュート数はリーグ9位の102
シュート数の多さと被シュート数の少なさだけを見れば、もっと上位にいてもおかしくはありませんが、上位3チームに3連敗したこともあり、勝ち点11の13位に留まっています。

さて、明日の金沢戦には、大勢の観客が来場することが予想され、クラブから公共交通機関を使っての来場と来場者数によってはメインスタンドの入場規制が行われることが案内されています。

5.19 ご観戦予定の皆様へお願い
http://blaublitz.jp/whatsnew/21192.html

TDK時代からこれまでの来場者数は、2011年のホーム開幕戦の佐川印刷戦@八橋陸の3,621人が一番で、その次が、2008年のアルテ高崎戦@八橋球の3,261人。

クラブの方で八橋を満員にするための様々な方策をとっておりますし、選手やサポーターも集客に協力しています。
また、明日は天候も晴れと予想されておりますし、明日の金沢戦の観客数は、これまでの最大来場者数となることが充分予想され、初の4,000人超えの可能性もあります。

こういう節目の試合でゴールを決めるのが、タロウ。
TDKサッカー部がブラウブリッツとなって最初の公式戦でゴールを決めたのもタロウでした。
明日、観客数が4,000人を超えたとしたら、それはブラウブリッツにとって初めてのことですから、タロウがゴールを決めることに期待が高まります。
まあ、その前にタロウが試合に出れれば、ですが。

明日は金沢に勝つぞ!!

俺は八橋には参戦できませんので、関東から念を送りたいと思います。
八橋に参戦される皆さん、応援宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

秋田とMIOの対戦成績

 2013-03-09
いよいよ明日から2013シーズンの戦いが始まります。

ブラウブリッツの開幕戦は、アウェイの滋賀県東近江市で行われます。
開幕戦の相手は、MIOびわこ滋賀ということで、昨シーズンの成績などを比較してみました。

<昨季の成績>
秋田:勝ち点37、順位13位、9勝10分13敗、得点33、失点41、得失点差-8
MIO:勝ち点43、順位8位、11勝10分11敗、得点53、失点52、得失点差+1

<過去の対戦成績>
JFL通算対戦成績:4勝2分4敗(得点15、失点11)

2008年:○4-1(6/22アウェイ)、△1-1(11/16ホーム)
2009年:●2-3(5/10ホーム)、●1-2(8/8アウェイ)
2010年:●0-1(4/3アウェイ)、○3-0(10/3ホーム)
2011年:○2-1(10/16アウェイ)、●1-2(11/3ホーム)
2012年:○1-0(6/3アウェイ)、△0-0(8/19ホーム)

MIOの昨季の得失点は、得点53、失点52であるように、伝統的に得点は多いが、失点も多いチーム。
しかし、秋田との対戦では、結果的には締まった試合が多いです。

今季のMIOには、秋田から久保田と今井が加入。
伝統的に得点の多いMIOですが、この2人の加入で、攻撃力は更にアップすることになるか?
TDKからMIOに移籍した木下が移籍後に得点を量産するようになったことを考えると、この2人も爆発する可能性が。
でも、明日は2人ともおとなしくしてて下さい。

明日のMIO戦には、俺は参戦できませんが、滋賀県まで遠征するサポのためにも、どんな形でもいいので、勝ち点3を獲得してほしいと思います。

明日はMIOに勝つぞ!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2012シーズンの成績推移

 2012-12-01
2012シーズンの成績推移

1 (3/11) A 1○0 琉球 1勝0分0敗 7位 勝点3 得失+1(得点1 失点0)
2 (3/18) H 1○0 ロック 2勝0分1敗 5位 勝点6 得失+2(得点2 失点0)
3 (3/25) A 2○1 金沢 3勝0分0敗 2位 勝点9 得失+3(得点4 失点1)
4 (4/1) H 1○0 ホンダ 4勝0分0敗 2位 勝点12 得失+4(得点5 失点1)
5 (4/8) A 0●1 長崎 4勝0分1敗 3位 勝点12 得失+3(得点5 失点2)
6 (4/15) H 1●2 長野 4勝0分2敗 5位 勝点12 得失+2(得点6 失点4)
7 (4/21) A 1○0 佐川 5勝0分2敗 3位 勝点15 得失+3(得点7 失点4)
8 (4/29) H 0△0 藤枝 5勝1分2敗 5位 勝点16 得失+3(得点7 失点4)
9 (5/3) A 1●4 YSCC 5勝1分3敗 8位 勝点16 得失±0(得点8 失点8)
10 (5/6) H 2△2 ソニー 5勝2分3敗 8位 勝点17 得失±0(得点10 失点10)
12 (5/20) H 1△1 横河 5勝3分3敗 7位 勝点18 得失±0(得点11 失点11)
13 (5/27) A 4○0 HOYO 6勝3分3敗 7位 勝点21 得失+4(得点15 失点11)
14 (6/3) A 1○0 MIO 7勝3分3敗 3位 勝点24 得失+5(得点16 失点11)
15 (6/9) H 3△3 印刷 7勝4分3敗 5位 勝点25 得失+5(得点19 失点14)
16 (6/17) A 0●3 讃岐 7勝4分4敗 8位 勝点25 得失+2(得点19 失点17)
17 (6/24) H 1△1 栃木 7勝5分4敗 8位 勝点26 得失+2(得点20 失点18)
※第11節は試合なし

※17節終了時(試合数16)
 7勝5分4敗 勝点26 8位(1位長崎33、2位長野32、3位讃岐31、4位MIO26) 
 得失+2 9位(1位讃岐+16、2位長崎+15、3位長野+14、4位MIO+13)
 得点20 9位(1位MIO35、2位YSCC32、3位琉球30、4位長崎29)
 失点18 7位(1位讃岐9、2位長崎・ソニー10、4位長野・印刷15)

18 (7/1) A 0●2 藤枝 7勝5分5敗 10位 勝点26 得失±0(得点20 失点20)
19 (7/8) H 0●1 YSCC 7勝5分6敗 10位 勝点26 得失-1(得点20 失点21)
20 (7/15) A 2●3 ソニー 7勝5分7敗 11位 勝点26 得失-2(得点22 失点24)
22 (7/29) A 0●2 横河 7勝5分8敗 11位 勝点26 得失-4(得点22 失点26)
23 (8/5) H 1△1 HOYO 7勝6分8敗 10位 勝点27 得失-4(得点23 失点27)
24 (8/19) H 0△0 MIO 7勝7分8敗 11位 勝点28 得失-4(得点23 失点27)
25 (9/15) A 1△1 印刷 7勝8分8敗 12位 勝点29 得失-4(得点24 失点28)
26 (9/23) H 1●2 長崎 7勝8分9敗 13位 勝点29 得失-5(得点25 失点30)
27 (9/30) A 1△1 ホンダ 7勝9分9敗 13位 勝点30 得失-5(得点26 失点31)
28 (10/7) H 2○1 金沢 8勝9分9敗 10位 勝点33 得失-4(得点28 失点32)
29 (10/14) A 1●3 栃木 8勝9分10敗 11位 勝点33 得失-6(得点29 失点35)
30 (10/21) H 1●2 讃岐 8勝9分11敗 11位 勝点33 得失-7(得点30 失点37)
31 (10/27) H 1●2 佐川 8勝9分12敗 14位 勝点33 得失-8(得点31 失点39)
32 (11/4) A 0●1 長野 8勝9分13敗 14位 勝点33 得失-9(得点31 失点40)
33 (11/11) H 1○0 琉球 9勝9分13敗 13位 勝点36 得失-8(得点32 失点40)
34 (11/18) A 1△1 ロック 9勝10分13敗 13位 勝点37 得失-8(得点33 失点41)
※第21節は試合なし

※34節終了時(試合数32)
 9勝10分13敗 勝点37 13位(1位長崎67、2位長野58、3位佐川57、4位讃岐・ホンダ53)
 得失-8 11位(1位長崎+33、2位佐川+24、3位長野+23、4位讃岐+20)
 得点33 14位(1位佐川61、2位琉球・YSCC58、4位長崎・長野57)
 失点41 7位(1位長崎24、2位長野・ソニー29、4位長野34)

開幕から4連勝を飾ったこともあり、前半戦の順位は8位。
8位といっても4位のMIOと勝ち点が並び、首位の長崎とは勝ち点差7でした。

後半戦は4連敗で始まり、シーズン終盤でも4連敗し、13位で終了。
後半戦の勝ち点は11で後半戦だけだと最下位でした。

秋田の得点は、去年の38よりも少ない33。
秋田より得点が少ないのは、ロックとソニーだけ。

<チーム得点ランキング>
10位HOYO40(勝点35、15位)
11位藤枝39(勝点40、11位)
12位栃木36(勝点22、17位)
13位横河35(勝点41、10位)
14位秋田33(勝点37、13位)
14位金沢33(勝点36、14位)
16位ロック28(勝点28、16位)
17位ソニー27(勝点39、12位)

今季も得点力に課題を残したシーズンでした。
去年より得点が少なかったのに去年と同じ勝点だったのは、失点が減ったから。
失点は41でリーグ7位の少なさで、2010シーズンと同じ失点数です。
去年の終盤、守備が崩壊し、52失点したのと比べると守備の立て直しにはある程度成功したのかなと思います。

秋田より得点の多い栃木が70失点し、勝点22の最下位に沈んだことを考えると、守備は重要です。
同時に年間40得点以下では上位進出ができないことも上記から分かります。

上位争いするには、年間失点を30点代に抑え、年間得点50点以上が必要です。
数年前よりレベルの上がった今のJFLで、その両方を満たすチームを作れるのか?
同時に身の丈にあった補強でないとクラブの存続に影響します。

どの程度補強すべきかは、さじ加減が難しいですが、来年は今年より躍進することを期待したいです。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

2012シーズンの成績

 2012-12-01
ブラウブリッツの2012シーズンの成績

<通算:試合数32>
戦績:勝ち点37(9勝10分13敗) 13位
得失点差:-8(得点33、失点41)11位タイ

<前半:第1節~第17節(試合数16)>
戦績:勝ち点26(7勝5分4敗)  8位
得失点差:+2(得点20、失点18)9位タイ

<後半:第18節~第34節(試合数16)>
戦績:勝ち点11(2勝5分9敗)  17位(最下位)
得失点差:-10(得点13、失点23)15位タイ

シーズン通算成績のほか、シーズン前半とシーズン後半に分けて成績を見てみました。
開幕から4連勝したこともあり、シーズン前半は16試合で勝ち点26(前半順位8位、得失差+2)とまずまずの成績だったものの、シーズン後半は16試合で勝ち点11(後半順位17位、得失差-10)と失速し、最終順位は13位、得失差-8という結果に終わりました。
得点は昨年の38よりも少ない33でしたが、失点は昨年の52から41に下がったことで、得失差は昨年の-14から-8に改善されました。
なお、得点の33は14位タイ、失点の少なさ41は7位タイです。
守備についてはまずまずの結果を残したと言えるでしょう。

次に今年と去年のホームとアウェイでの勝ち点を比べてみましょう。

ホームの戦績(2012):勝ち点19(4勝7分5敗)
アウェイの戦績(2012):勝ち点18(5勝3分8敗)

ホームの戦績(2011):勝ち点18(6勝0分11敗)
アウェイの戦績(2011):勝ち点19(4勝7分5敗)

ホームとアウェイでの勝ち点はほぼ同じ。
これは去年と同じです。

ホームでは引き分けが多く、負け数が1つ多いだけでしたが、アウェイでは3つ負け越しました。(5勝3分8敗)

<アウェイ戦績>
東北・関東:0勝0分4敗(●ソニー、YSCC、武蔵野、栃木)
中部地方:1勝1分2敗(○金沢、△ホンダ、●藤枝、長野)
西日本:4勝2分2敗(○琉球、佐川、HOYO、MIO、△印刷、ロック、●長崎、讃岐)

関東では去年5引き分けで1勝もできなかった代わりに1敗もしませんでしたが、今年は3戦全敗。
関東では2年間勝利なしという結果に終わりました。
その代わり、西日本(関西以西)では初めて勝ち越しました。

来季は、関東で3年ぶりの勝利を挙げるとともに、ブラウブリッツになってから初のアウェイ勝ち越しを決めてほしいと思います。

頑張れ、ブラウブリッツ!!

来季はどれぐらい参戦できるかは分かりませんが、来季も可能な限りアウェイでの試合に参戦して選手の後押しをしたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

秋田とホンダロックの比較

 2012-11-13
11月18日(日)13:00、ブラウブリッツは宮崎県の小林市陸上競技場でホンダロックと
2012シーズン最終戦を戦います。
ということで、過去の対戦成績や両チームのデータを比較してみました。
なお、前回は3月18日のホーム開幕戦で対戦し、ブラウブリッツが1-0で勝利しております。

<前回の対戦(3/18ホーム)>
秋田   ロック
 1 得点 0
12 SH 9
17 GK 10 
 7 CK 5
18 直FK 11
 1 間FK 2
 1 オフサイド 2
 0 PK 0
得点者:秋田(25分三好)、ロック(なし)

<過去の対戦成績>
JFL通算対戦成績:2勝3分2敗(得点7、失点10)

2009年:●0-2(6/28アウェイ)、○2-1(11/15ホーム)
2010年:△2-2(3/20アウェイ)、△1-1(11/28ホーム)
2011年:△1-1(11/20アウェイ)、●0-3(12/11ホーム)
2012年:○1-0(3/18ホーム)

<前節までの成績>
秋田(13位):勝ち点36、9勝9分13敗
(得点32、失点40、得失-8、シュート245、被シュート355)

ロック(16位):勝ち点27、7勝6分18敗
(得点27、失点55、得失-28、シュート267、被シュート287)

<1試合平均>
秋田(31試合):得点1.03、失点1.29、シュート7.90、被シュート11.45
ロック(31試合):得点0.87、失点1.77、シュート8.61、被シュート9.25

<リーグ戦最近6試合の試合結果>
秋田:2勝0分4敗、得点6、失点9
○2-1金沢(シュート数:秋田10、金沢12)
●1-3栃木(シュート数:秋田3、栃木11)
●1-2讃岐(シュート数:秋田10、讃岐14)
●1-2佐川(シュート数:秋田7、佐川15)
●0-1長野(シュート数:秋田1、長野14)
○1-0琉球(シュート数:秋田12、琉球12)

ロック:3勝1分2敗、得点7、失点7
○1-0印刷(シュート数:ロック11、印刷8)
○2-1MIO(シュート数:ロック12、MIO9)
△1-1ソニー(シュート数:ロック5、ソニー7)
●0-1琉球(シュート数:ロック10、琉球20)
●2-4栃木(シュート数:ロック9、栃木9)
○1-0武蔵野(シュート数:ロック6、武蔵野11)

今季は失点が多いロックであるが、最近は守りも安定してきて、最近6試合で3勝(うち2試合を完封)している。
失点は多いが、1試合平均被シュート数は9.25と多くない。
守りが堅いのか、もろいのかよく分からないチームだ。

ロックとは3年連続でシーズン最終戦で対戦。
一昨年は1-1のドローに終わり、佐川印刷に順位を逆転され、
昨年は0-3で敗れ、MIOに順位を逆転された。
今年こそは、どんな形でもいいので、ロックに勝利したい。

最終戦が行われる宮崎小林には、俺も含め、数名のサポが参戦する予定です。
小林に参戦される皆さん、宜しくお願いいたします。

頑張れ、ブラウブリッツ!!
最終戦でも全力を出し切ろう!!

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

秋田と琉球の比較

 2012-11-10
11月11日(日)13:00、ブラウブリッツは八橋陸上競技場でFC琉球と対戦します。
今度の琉球戦がブラウブリッツのホーム最終戦となります。
ということで、過去の対戦成績や両チームのデータを比較してみました。
なお、前回は3月11日のアウェイでの開幕戦で対戦し、ブラウブリッツが1-0で勝利しております。

<前回の対戦(3/11アウェイ)>
琉球   秋田
 0 得点 1
 7 SH 11
13 GK 7 
 3 CK 5
10 直FK 20
 0 間FK 3
 0 オフサイド 3
 0 PK 0
得点者:秋田(松ヶ枝)、琉球(なし)

<過去の対戦成績>
JFL通算対戦成績:7勝1分3敗(得点19、失点11)

2007年:△2-2(4/22ホーム)、○8-0(7/16アウェイ)
2008年:○1-0(5/25アウェイ)、○1-0(9/7ホーム)
2009年:●0-4(6/7ホーム)、○3-2(9/26アウェイ)
2010年:○2-1(6/20ホーム)、●0-1(10/31アウェイ)
2011年:○1-0(8/10アウェイ)、●0-1(10/1ホーム)
2012年:○1-0(3/11アウェイ)

<前節までの成績>
秋田(14位):勝ち点33、8勝9分12敗
(得点31、失点40、得失-9、シュート233、被シュート343)

琉球(10位):勝ち点40、11勝7分12敗
(得点54、失点60、得失-6、シュート333、被シュート395)

<1試合平均>
秋田(30試合):得点1.03、失点1.33、シュート7.76、被シュート11.43
琉球(30試合):得点1.80、失点2.00、シュート11.10、被シュート13.16

<リーグ戦最近6試合の試合結果>
秋田:1勝1分4敗、得点6、失点10
△1-1ホンダ(シュート数:秋田5、ホンダ14)
○2-1金沢(シュート数:秋田10、金沢12)
●1-3栃木(シュート数:秋田3、栃木11)
●1-2讃岐(シュート数:秋田10、讃岐14)
●1-2佐川(シュート数:秋田7、佐川15)
●0-1長野(シュート数:秋田1、長野14)

琉球:2勝3分1敗、得点12、失点12
△1-1栃木(シュート数:琉球10、栃木6)
△2-2印刷(シュート数:琉球13、印刷10)
●1-3武蔵野(シュート数:琉球14、武蔵野13)
○1-0ロック(シュート数:琉球20、ロック10)
△2-2讃岐(シュート数:琉球16、讃岐8)
○5-4HOYO(シュート数:琉球15、HOYO15)

琉球の総得点は54でリーグ4位(1位は長野・佐川・YSCCの57)
高橋駿太が19得点、我那覇が12得点で、この2人で今季の秋田の総得点31と同じ得点を挙げている。
琉球の1試合平均得点は1.8点で、首位長崎、2位長野、3位佐川の1試合平均得点とほぼ同じ。

しかし、首位争いをしているチームと同等の攻撃力がありながら、10位に沈んでいるのは、失点が多いから。
琉球の総失点は60で、1試合平均失点は2.0点である。
ここに付け入る隙があると思いたいが、今季の秋田では難しいか?

点の取り合いになれば、攻撃力の低い秋田の方が不利なので、しっかりと守り、ロースコアの展開に持ち込み、ホーム開幕戦以来の八橋での勝利を挙げてもらいたい。

俺は八橋に参戦できませんので、八橋に参戦される皆さん、応援宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ JFLへ
ブログ村 JFL
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2020新チャント
2020歌詞カード(1)
2020歌詞カード(2)


2021年の関東近郊の試合
2/28(日)vs 群馬(正田スタ)
3/07(日)vs 栃木(カンセキ)
3/14(日)vs 千葉(フクアリ)
5/15(土)vs 甲府(中銀スタ)
5/29(土)vs 東京V(味スタ)
6/13(日)vs 町田(町田GION)
8/14(土)vs 大宮(NACK)
9/11(土)vs 水戸(K'sスタ)
11/3(水)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター