ナマハゲ伝道士認定試験を受験

 2021-01-27
秋田県と言ったら、ナマハゲをイメージする方も多いと思います。

P1120689.jpg

秋田駅の中央改札を出ると、巨大なナマハゲのお面が飾られていますし、

20131224.jpg

ブラウブリッツのエンブレムにもナマハゲは使われています。

P1120805.jpg

また、東京の新橋にある「なまはげ銀座店」で関東在住の秋田サポの忘年会を実施したこともあります。

P1080871.jpg

なお、「なまはげ銀座店」では、ナマハゲの衣装を身に着けた店員が来店客に話し掛けるサービスが毎日行われています。

このように、ブラウブリッツサポーターにとっては、ナマハゲは身近にある存在です。
しかしながら、ナマハゲは神様でありながら、鬼だと思っている秋田サポも多いかもしれません。

ナマハゲは鬼ではなく神様です!!

分かっていそうで分かっていないのが、秋田県の男鹿半島に伝わる伝統文化のナマハゲです。

ナマハゲのことを知りたいと思い、長年、「ナマハゲ伝導士認定試験」を受けてみたいと思っていましたが、この試験が行われるのは年に1回で、その時期は、大体12月初めの日曜日。

ブラウブリッツの試合と重なることも多く、中々都合が合いませんでしたが、2020年の実施日は12月6日(日)で、ブラウブリッツのホーム最終戦の翌日ということで、これは行ける!ということで、申し込んでみました。

第18回 ナマハゲ伝導士認定試験 概要
https://oganavi.com/dendoshi/

開催日が決まったのが、10月8日、男鹿市観光協会のHPに募集要項・申込書が掲載されたのが、10月20日でした。
2020年はコロナ対策のため、例年の半分の60人しか募集しないということで、募集が始まった3日後くらいに申し込み、無事に申し込むことが出来ました。

受験料を納付すると、写真が満載の図鑑のようなテキストと受験票が送られてきますので、当日はこのテキストと受験票をもって試験会場に向かうことになります。

ちなみに、2020年は11月6日で募集が終了しました。
募集開始から募集終了まで2週間ほど掛かりましたが、例年はここまで時間が掛かるのか分かりません。
早めに申し込んだ方が良いと思います。

試験日時 2020年12月6日(日) 8:40~17:00
試験会場 セイコーグランドホテル(男鹿温泉郷内) TEL0185-33-2131

ちなみに、当日のスケジュールは以下の通りとなっていました。

08:40~09:00 受付(セイコーグランドホテル)
09:05~09:20 スケジュール説明
10:00~11:00 視察研修(男鹿真山伝承館・なまはげ館等) ※バスで移動
11:30~12:00 講義
12:00~12:40 昼食休憩
12:45~15:25 講義
15:25~15:40 質疑応答
16:00~17:00 試験(60分)

受験料は、視察・講義・テキスト代・視察研修時の移動費を含んで6,800円です。
また、昼食のお弁当代は別で、これを含めると7,500円です。(弁当は申込時に予約が必要)
なお、行きの男鹿駅から試験会場、帰りの試験会場から男鹿駅は、無料送迎バスを利用することが出来ます。

お昼を食べるところがないとのことだったので、弁当を予約したので、7,500円でした。
また、男鹿駅からは無料送迎バスを利用できるとのことだったので、バスの利用申し込みもしました。

さて、当日は、秋田駅6:46発、男鹿駅7:42着の電車で男鹿駅に向かいました。
駅を出ると、大型の無料送迎バスが待っていたので、それに乗って、試験会場であるセイコーグランドホテルに向かいました。
男鹿駅からは約30分ほどの道のりです。

ホテルに着いて、受付を済ませた後、スケジュールの説明があり、それが終わると、貸切バスに乗って視察研修に出発です。

KIMG2585.jpg

視察研修の場所は、なまはげ館・男鹿真山伝承館です。

P1130947.jpg

なまはげ館の館内にはナマハゲの置物があって、記念撮影もできます。

P1130948.jpg

P1130961.jpg

P1130962.jpg

また、男鹿半島の様々なナマハゲも展示されていました。

P1130951.jpg

ナマハゲの由来については、4つほどの説があります。
(修験者説、山の神説、異邦人説、漢の武帝の五鬼説)

子供の頃、漢の武帝が連れて来た鬼が由来だと聞いたことがありましたが、今では、男鹿半島に漂着した異邦人が由来だとの説もあるようです。
それにしても、異邦人説で、スペイン人、オランダ人、イギリス人はまだしも、ロシア人はないでしょう。
ロシア人が日本に初めて来たのは18世紀が終わる頃で、その頃には既にナマハゲの行事は始まっていました。

秋田県人にロシアの血が混じっているという意味不明な都市伝説がありますが、それに毒されていませんか?
また、ロシア人が樺太や南千島に侵入してきたのも19世紀になってからで、ロシアが沿海州を領有したのも、日本が開国した後です。

以前、ブラタモリで、奈良時代・平安時代初期に、秋田と満洲および沿海州にあった渤海国との間で交流があった話と、江戸時代後期にロシア人が男鹿半島に漂着した話をごちゃまぜにして、渤海国の時代の沿海州にロシア人もいたと誤解させるような内容になっていましたが、これもとんでもない話です。

ロシア人が沿海州を領有したのは、1860年です。
当然、奈良時代の渤海国とロシアには何の関係もありません。

P1130963.jpg

話がずれてしまいましたが、様々なナマハゲを見て、由来についての説明を聞いた後は、15分ほどのドキュメンタリー映画を見ました。

P1130954.jpg

この後、隣接する伝承館に徒歩で移動し、ナマハゲが民家を訪問する様子を見学しました。
ナマハゲが訪問する前に、使者が先に訪問し、ナマハゲが家に入って良いかの確認をします。
それが終わってから、ナマハゲが家にやってきます。

P1130956.jpg

訪問してきた2匹のナマハゲと家の主人が問答している様子です。



この時の問答ではありませんが、なまはげ問答の動画があったので、貼っておきます。
私も動画を撮影しましたが、このブログはスマホの動画に対応していないようで、アップできませんでした、、、

P1130959.jpg

なお、なまはげ館では、ナマハゲのお面も売っていました。

P1130960.jpg

GoToのクーポンを使って買えば良かったかな?(笑)

P1130964.jpg

なまはげ館・伝承館での視察研修(10:00~11:00)が終わり、11:30前にホテルに戻ってきました。
その後は、座学、昼食、座学、質疑応答の後、60分の筆記試験に移りました。

11:30~12:00 講義
12:00~12:40 昼食休憩
12:45~15:25 講義
15:25~15:40 質疑応答
16:00~17:00 試験(60分)

60分の筆記試験を受け、1日の日程が終わりました。
帰りは男鹿駅までの無料送迎バスを利用し、ホテルを17:15に出て、男鹿駅に17:45に到着し、男鹿駅17:55発の電車に乗り、秋田駅で東京行きの最終の新幹線に乗って埼玉県に帰りました。

当日の流れは、以上の通りです。
なお、試験の結果は3週間近く経ってから自宅に郵送され、合格でした。

こうして取得したナマハゲ伝道士の資格ですが、その目的は、募集要項に記載の通りです。
 ↓
「ナマハゲ」習俗は、今なお多くの謎が残され継承されている男鹿の独自の文化です。ナマハゲ伝導士試験を通して、ナマハゲ本来の持つべき意味合いを正しく理解してもらう機会とし、ナマハゲを深く知ることで内外に対して保存伝承意識の高揚とサポーターの育成に繋げ男鹿の観光振興に繋げることを目的として実施するものです。

つまり、この資格を取ったから、ナマハゲ行事の「なり手」になれる、というものではないのです。
あくまでも、ナマハゲ伝道士は、上記に記載の通り、ナマハゲを深く知ることで内外に対して保存伝承意識の高揚とサポーターの育成に繋げ男鹿の観光振興に繋げることを目的としています。

なので、ナマハゲの真似をしてくれと言われても、出来ません(笑)
学んだのは、ナマハゲ行事の本来の意味合いと歴史、ナマハゲの面の種類と歴史、そして、ナマハゲ行事の継承状況などです。
継承状況については、講師の方の説明の他、質疑応答でも詳しく学ぶことが出来ました。

ナマハゲ行事は、秋田県全域で行われているものではなく、男鹿半島に伝わる伝統文化です。
そのため、秋田県民でも正しく理解している人は、多くないかもしれません。

ですので、こうして改めてナマハゲについて深く学べたことは、非常に有意義でした。

P1130948.jpg

ナマハゲに興味を持った皆さん、ナマハゲ伝導士認定試験を受けてみませんか?
 ↓
ナマハゲ伝導士認定試験 概要
https://oganavi.com/dendoshi/


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト



あきた美彩館でサキホコレを食べました!

 2020-12-12
東京都内には、秋田県のアンテナショップが2つあります。
1つは、俺が昼休みにも行ける「秋田ふるさと館」、こちらは有楽町の駅前の交通会館ビルに入っています。
そして、もう1つが、品川にある「あきた美彩館」です。

KIMG2626.jpg

昨日の会社帰りに、「あきた美彩館」に寄ってきました。

KIMG2636.jpg

お店に入って右側には、きりたんぽが大量に並んでいました。

KIMG2625.jpg

たけやのパンも少量ながら並んでいました。

KIMG2632.jpg

昨日の会社帰りに「あきた美彩館」に寄った目的は、きりたんぽ、たけやのパンを買うためではなく、ブラウブリッツの天皇杯の日程表を自作したので、それを置いてもらうためです。
チケットを買えるか分かりませんが、12/27(日)に等々力で行われる天皇杯の準決勝に大勢の秋田県人、ブラウブリッツファンが来ることを期待したいです。

KIMG2630.jpg

天皇杯の日程表は、お店の中の2ヶ所に置かせて頂きました。
ご協力ありがとうございました!!

さて、先月発表された秋田県の新品種のお米、「サキホコレ」ですが、「あきた美彩館」で、明日(12/13)までに3,000円以上の買い物をすると、各日先着17名に「サキホコレ」2合がプレゼントされるようです。


明日(12/13)が最終日なので、品川に行く用事のある方は、「あきた美彩館」で、3,000円以上の買い物をしてみてはいかがでしょうか?

また、「あきた美彩館」には「あきた美彩館ダイニング」というレストランが併設されていますが、上記ツイッターに記載の通り、12/13(日)までのランチタイムに提供されるご飯が「サキホコレ」になります。

ディナーについても、その日の「サキホコレ」に余りがあれば、「サキホコレ」に変えることが出来るようです。

KIMG2634.jpg

この日の夕飯は、海鮮二色丼を頼みました。
海鮮丼のほかに三品がつきますが、ローストポーク、ギバサ、いぶりがっこをつけました。
味噌汁には、じゅんさいが入っていました。

で、頼む時に、ご飯を「サキホコレ」に出来るか聞いたところ、出来ます、とのことだったので、サキホコレを食べることが出来ました!

ただ、海鮮丼のご飯だったので、サキホコレの味をきちんと味わいたいと思ったので、ご飯、味噌汁、漬物のセットを追加することにしました。

KIMG2635.jpg

こちらが、ご飯、味噌汁、漬物のセットです。
サキホコレの味をきちんと味わうことが出来ました!!

サキホコレを食べられて良かった!!

「あきた美彩館」でサキホコレをもらえる、食べられるのは明日までです。

KIMG2631.jpg

しかし、サキホコレを食べられなくても、12/15からは大宮駅の西口、東口で秋田県のイベントがあります。
秋田県の物産品の販売があるだけでなく、ナマハゲの練り歩きもあるようなので、お時間のある方は、大宮に足を運ばれてはいかがでしょうか?

あと、ブラウブリッツの天皇杯の戦いをテレビで応援してください!!

準々決勝 12/23(水) 19:00 対戦相手未定(ユアスタ(仙台市))
準決勝  12/27(日) 13:05 vs 川崎フロンターレ(等々力)
決勝   1/1(金祝) 14:40 対戦相手未定(国立競技場)

天皇杯準々決勝、準決勝の試合会場が決定
http://kantobrikichi.blog109.fc2.com/blog-entry-2713.html


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

にかほ市と大洗町は友好都市

 2020-03-15
今日(3/15)、仁賀保から埼玉県に車で帰る途中、道の駅 象潟「ねむの丘」に寄りました。

P1120975.jpg

道の駅 象潟「ねむの丘」では、ブラウブリッツのグッズが販売されていることを知っているブラウサポの方は多いとは思いますが、それだけじゃないんです!
ブラウブリッツのグッズ売り場の反対側には、、、

P1120977.jpg

このセーラー服の女の子のパネルが並んでいます。
どこかで見たことあるような、、、

P1120548.jpg

水戸のホームスタジアムで見たような、、、

P1120978.jpg

ガルパン(ガールズ&パンツァー)だ!!

P1120980.jpg

でも、にかほ市とガルパンにどんな関係が?
と思ったら、にかほ市と大洗町は、2013年から地域振興協定を結び、友好都市となっているようです。

P1120979.jpg

大洗町がにかほ市の友好都市だとは、知らなかったです。

P1120983.jpg

ガルパンのパネルは、友好都市特産品コーナーにありました。

P1120981.jpg

大洗町の特産品は、ガルパン干し芋などが売られていました。

P1120982.jpg

岐阜県大垣市は、大垣ラムネなど。

P1120984.jpg

そして、ふるさと納税で物議を醸した大阪府泉佐野市は、泉州タオルです。

P1120979.jpg

さて、大洗町がにかほ市の友好都市となったきっかけは分かりません。

P1090473.jpg

戦国時代、由利郡南部の覇者だった仁賀保氏は、1602年に常陸国武田郡(現在の茨城県ひたちなか市)に移封されましたが、そういう点では、にかほ市と茨城県大洗町には縁があります。
常陸国武田郡は、勝田駅付近なので、大洗とは隣接していますからね!

P1120980.jpg

友好都市となったきっかけは分かりませんが、にかほ市と大洗町は、2013年から地域振興協定を結び、友好都市となっています。
水戸サポーターの皆さん、ガルパンファンの皆さん、是非一度、にかほ市に足を運んでください!!

P1090672.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

TDK優勝記念パネル@にかほ市役所仁賀保庁舎

 2020-03-15
3/12(木)~14(土)まで仁賀保の実家に泊まり、今日の夕方に埼玉県の自宅に戻ってきました。
実家に滞在中、にかほ市役所仁賀保庁舎を訪問する用事があったので、その報告を。

P1120957.jpg

庁舎の入口から中に入ると、2006年の都市対抗野球でTDK硬式野球部が優勝した時のパネルが飾られていました。

2006年9月5日
第77回都市対抗野球大会 TDK優勝記念

P1120958.jpg

2006年の都市対抗野球に出場したTDK硬式野球部は、初戦で伯和ビクトリーズ(東広島市)に勝利し、8回目の出場で初めての勝利を飾ると、2回戦でJR東海(名古屋市)、準々決勝でホンダ(狭山市)、準決勝で日本通運(さいたま市)という強豪を次々と撃破し、決勝では日産自動車(横須賀市)を撃破し、見事に初優勝を飾りました!!

この大会、俺が見に行かなかったのは、準々決勝のホンダ戦だけで、それ以外の4試合はすべて現地で応援しました!!
そして、決勝戦には地元のにかほ市からも大勢の応援団が駆けつけ、TDK側は6000人以上の大応援団での応援でした。

優勝の瞬間、秋田県に生まれて良かったと心から思いました。
あの感動の瞬間から13年と半年。

いや~、役場にTDKが都市対抗野球で優勝した時のパネルが飾ってあるとは知らなかった。

P1120959.jpg

優勝の立役者は、やはりエースの野田でしょう。
高卒でTDKに入社し、当時入社10年目。
準決勝の日本通運戦ではノックアウトされましたが、その試合も含め、全試合に先発し、TDKを優勝に導きました。

P1120960.jpg

そして、打撃面では、4番打者、本荘高校出身の佐々木弥(写真左)のバッティングも光りました。
準決勝の日本通運戦では、ソロホームランで追撃の1発を放つと、3-5と2点リードされた場面では、逆転満塁ホームラン!!
この瞬間は本当にしびれた!!!!

そして、優勝旗を持つのは、川本主将(秋田中央高、東洋大出身)です。

都市対抗野球で、東北地方のチームが優勝したのは、
TDK硬式野球部が初めてです!!

そして、ユニフォームの胸にTDKの文字が入っているのは、TDK硬式野球部だけではありません。

P1120840.jpg

ブラウブリッツ秋田のユニフォームの胸にもTDKの文字が入っています。
いつの日かブラウブリッツが天皇杯で優勝する日が来ることを信じて、これからも応援します!!

いつの日か、天皇杯で優勝しよう!!
ブラウブリッツ!!


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

仁賀保から見た鳥海山(2019年まとめ)

 2019-12-31
故郷の象徴である鳥海山を今年もたくさん見ることが出来ました。
4月から12月の間に仁賀保から見た鳥海山の写真を紹介します。

P1090185.jpg
4月7日

P1090443.jpg
4月28日

P1090444.jpg
4月28日山体の全景

P1090495.jpg
4月29日

P1090672.jpg
5月18日(その1)

P1090673.jpg
5月18日(その2)

P1100422.jpg
7月27日

P1110285.jpg
9月14日

P1120816.jpg
12月30日(その1)

P1120817.jpg
12月30日(その2)

P1120818.jpg
12月30日山体の全景

秋は天候が悪いことが多く、撮影できないこともありましたが、年末の12月30日に鳥海山の山体全体が見られたのは、本当に良かったです。

P1090672.jpg

故郷の象徴、秀麗無比なる鳥海山。
日本で一番好きな山です!!


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

象潟の園食堂が埼玉県に出店!!

 2019-06-02
木曜日の夜にツイッターのタイムラインを見ていると、「にかほ市地域おこし協力隊」さんのツイートが目に留まりました。
象潟駅前にある「園(その)食堂」さんの肉タンメンが期間限定で埼玉県の上尾市で食べられるとのこと。

食べられるのは、今月は5/27(月)~6/1(土)の11:00~14:00とのことだったので、最終日の昨日(6/1)のお昼に、上尾市まで行ってきました。

1559429518547.jpg

「園食堂」さんが臨時で出店していたのは、上尾駅前の商業ビル1Fにある「北の国バル 上尾店」さんです。
「北の国バル 上尾店」さんの営業は17:00からですが、お昼の時間を利用して「園食堂」さんの肉タンメンを提供するという訳です。
あとで知ったんですが、これは月に一度、1週間だけやっているみたいです。(6月は17日~22日)

1559429508650.jpg

お店の前には、「園食堂 肉タンメン」の看板がありました。
鳥海山麓にある元滝伏流水の写真もあり、鳥海山のふもとの象潟のお店であることもアピールしています。

1559429527469.jpg

「園食堂」の人気メニューは、「肉タンメン」!!
埼玉県に初登場!!

北の国バル 上尾店でのみ
ランチ営業にて始めます!!

5/27~6/1 11時~ 限定30食

1559429518547.jpg

そして、お店の前にあった肉タンメンの看板の写真を撮っていたら、お店の中から「久しぶり~」と声を掛けられました。
お店のTシャツを着たその女性は、高校1年の時にクラスが一緒だった同級生でした。

でも、「久しぶり~」の次の言葉は「名前は覚えてないけど(^_^)」
俺の名前、覚えてないんかい(笑)

なんでいるんだと思って少しびっくりしましたが、高校の頃、実家が園食堂と言っていたような気がするので、納得。

1559429547180.jpg

カウンターに座ると、こんなメニューがありました。
肉タンメンにご飯がついて900円です。
上尾での営業の様子はFacebookで毎日更新しているようです。

1559429536582.jpg

こちらが「園食堂」の人気メニュー、「肉タンメン」です!!

タンメンというと透き通っているスープというイメージですが、甘辛い焼き肉のタレが溶け込んでいるので、醤油ラーメンのような色をしています。
スープを飲んでみると、コクがあってうまい!!

あと、見た目は焼き肉万世のパーコーラーメンに似ていますが、パーコーと違って、肉に衣がついていないので、サッパリしています。

麺を食べ進め、途中でセットのご飯を食します。
鶏そぼろにいぶりがっこを混ぜたものがご飯に乗っていましたが、これがうまい!!

夢中になってガツガツ食べてしまい、最後にラーメンのスープを掛けて食べるとおいしいですよと言われていたことを思い出した時には、既にご飯を完食していました(笑)

そして、ラーメンの方ですが、食べ進めるにしたがって、タンメンの塩味が強くなっていきます。
これはおいしい!!
と思って、スープを一気に飲んで、スープをほとんど飲み干したところで、あとでお酢を入れると味が変わっておいしいですよ。と言われたことを思い出した(笑)

「園食堂」の「肉タンメン」、ごちそうさまでした。
おいしかったです!! (^_^)

P1090855.jpg

さて、こちらはお店でもらったパンフレットです。
埼玉日本化計画、絶やすな!老舗グルメ編 ~秋田県~
と書かれています。

P1090849.jpg

埼玉日本化計画とは?

「埼玉日本化計画」とは、埼玉に日本全国の美味しいものや珍しいものを集めちゃおう!という物産展のようなプロジェクトであり、地方に存在する、絶品グルメや閉店してしまうお店の味をどうにか残したいという想いがあります。

きっかけは今回のターゲットである秋田県にかほ市にある地元でも愛される老舗のラーメン屋さん。
2019年で創業54年目となる。
この味を絶やしたくない、メニューやお店をどうにか残せないかと立ち上がったのが、このプロジェクトの始まりです。

「肉タンメン」をふるまってくれた同級生は、「園食堂」さんの娘さんで、現在は岐阜県在住。
象潟のご両親が体力的にお店を続けるのがきつくなってきたので、「園食堂」の看板メニューの「肉タンメン」の味を残したくて、この活動を始めたと言っていたのを聞いた後に、このパンフレットの文章を見ましたが、「埼玉日本化計画」が始まったことに、この同級生も深くかかわっているのかもしれません。

P1090851.jpg

「園食堂」さんの紹介文。
老夫婦が二人で切り盛りしていて、昼の2時間のみ営業。

1番人気の肉タンメンは、30年ほど前、当時のメニューの焼肉定食のお肉をラーメンに乗せてほしいとのリクエストから生まれたようで、今では7割の人が注文する人気メニューになっています。

P1090852.jpg

そんな「園食堂」さんの人気メニューの「肉タンメン」が埼玉に初上陸!!
月に1週間だけのランチメニューで埼玉・上尾の「北の国バル 上尾店」に登場します。

P1090853.jpg

本場秋田には行けない、、、
でも、「園食堂」さんの「肉タンメン」を食べたい人は、「北の国バル 上尾店」へ!!

「肉タンメン」の味を簡単に言うと、どこにもない味!!

タンメンのようでタンメンでない、肉タンメン!!
タンメンスープに焼いた豚肉がドン!!と乗り、甘辛い焼きダレが溶け込むことで、クセになる味、、、
やみつきになる味、他にはない 肉タンメン!!

P1090854.jpg

そして、秋田県に行ける人は、象潟駅前の「園(その)食堂」へ!!

住 所: 秋田県にかほ市象潟町家ノ後165
定休日: 月曜日(2019年から週2日定休予定)
その他: 1日50食、25席で満席

なお、次に「北の国バル 上尾店」で「肉タンメン」が提供されるのは、
6月17日(月)~22日(土)11:00~14:00 の予定とのこと。


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

これが秋田だ!食と芸能大祭典2019

 2019-05-27
昨日(5/26)、ソユースタジアムで行われた天皇杯1回戦に参戦しましたが、試合前にエリアなかいちに寄って、「これが秋田だ!食と芸能大祭典2019」を少しだけ見てきました。

P1090798.jpg

上の写真は、エリアなかいちの外側の幟旗の写真ですが、広場に行く前に、千秋公園の入口の方に行ってみました。

P1090771.jpg

千秋公園の入口には、「秋田のユネスコ無形文化遺産登録行事」に関連した様々な山車がありました。

P1090773.jpg
角館祭りの曳山

P1090774.jpg
角館祭りの曳山

P1090775.jpg
花輪ばやし

P1090776.jpg
土崎神明社祭の曳山

P1090777.jpg
土崎神明社祭の曳山

P1090778.jpg
北秋田市の世界一の大太鼓

P1090779.jpg

また、千秋公園のお堀のつつじがきれいでした。

P1090772.jpg

千秋公園のお堀は、この時期が一番映えるかもしれません。

P1090798.jpg

さて、エリアなかいちの方に行ってみましょう。
以下は会場の様子です。

P1090783.jpg

P1090784.jpg

P1090785.jpg

P1090797.jpg

P1090787.jpg

広場の中には、特設ステージが設けられ、秋田県内の様々な伝統行事などが披露されていました。

P1090786.jpg

俺が訪れた時は、花輪ばやしに関係した方々がステージに上がっていました。

次に、エリアなかいちで販売されていたグルメを見ていきましょう。

P1090791.jpg

P1090789.jpg

P1090790.jpg

P1090792.jpg

P1090793.jpg

P1090794.jpg

P1090795.jpg

P1090796.jpg

P1090788.jpg

スタジアムでしか買えないはずの「ババヘラブルーアイス」が販売されていました。
また、ブラウブリッツの試合で出店したことのあるグルメもいくつかありましたね。

去年の天皇杯1回戦にも参戦しましたが、その時もエリアなかいちでは、「これが秋田だ!食と芸能大祭典」をやっていました。
天皇杯1回戦と、「これが秋田だ!食と芸能大祭典」の日程がかぶるのは、5月下旬の秋田市の風物詩になりそうですね。

P1090798.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

5月18日の鳥海山&象潟(九十九島)

 2019-05-20
昨日(5/19)のFC東京U-23戦に参戦するため、金曜日の夜に大宮から夜行バスに乗り、翌日の土曜日の朝に鶴岡に到着しました。
5月18日に山形県内、仁賀保から見た鳥海山の風景と象潟の九十九島の風景を紹介します。

P1090668.jpg

鶴岡を出た後、余目から撮影した鳥海山。

P1090669.jpg

これも余目から撮影。

P1090670.jpg

酒田市(砂越)から撮影した鳥海山。

P1090671.jpg

遊佐から撮影した鳥海山。

P1090672.jpg

仁賀保から撮影した鳥海山。

P1090673.jpg

山頂付近をアップして撮影。
鳥海山は、故郷の象徴です!!

P1090683.jpg

仁賀保に着いた後、車で象潟の蚶満寺(かんまんじ)に向かいました。
昔、蚶満寺(かんまんじ)の周りは、九十九島と呼ばれるたくさんの島々が浮かぶ、宮城県の松島のような風景でしたが、江戸時代の地震で地盤が隆起し、一夜にして陸地になってしまいました。

P1090684.jpg

こちらは蚶満寺(かんまんじ)の庭園の案内図ですが、九十九島と呼ばれる昔の島々は、ここから歩いてすぐです。

P1090680.jpg

ちなみに、象潟は昭和9年に国の天然記念物に登録されています。

P1090682.jpg

松の生えた丘。
この丘は、昔は島だったんですよね。

P1090681.jpg

また、九十九島から鳥海山も見えます。

P1090674.jpg

九十九島の島々と遠くに見える鳥海山。
鳥海山からは放射線状に雲が伸びていて、雲が旭日旗のようです。

P1090676.jpg

昔は、宮城県の松島のように島々が海に浮かんでいたんですよね。

P1090675.jpg

田んぼに水が入る時期は、田んぼが海のように見えるので、昔はこの辺りは海だったと想像しやすいかもしれません。

P1090677.jpg

ただ、以前よりも休耕田が増えたようで、島々の周りの田んぼの全てに水が入っている訳ではありません。

P1090678.jpg

こちらは完全な荒れ地です、、、

P1090679.jpg

田んぼを休ませるために耕作していないのか、後継者がいなくて耕作していないのか分かりませんが、九十九島の周りに荒れ地が増えてきているのは、残念です。

と言っても、農家の方の都合もあるので、単なる観光客の俺がどうこう言える問題でもないんですが。

P1090674.jpg

昔は宮城県の松島と並び称された景勝地だった象潟の九十九島。

P1090682.jpg

田んぼに水が入る時期は、島だった頃の風景はこんな感じだったのかと想像できますね。


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

4月29日の鳥海山、羽越線、陸羽西線

 2019-04-30
昨日(4/29)の午前に仁賀保を出発し、新庄経由で夜遅くに埼玉県に帰ってきました。
昨日の鳥海山、羽越線、陸羽西線の風景を紹介します。

P1090495.jpg

仁賀保から撮影した鳥海山。
撮影時刻は、9:50頃です。

P1090496.jpg

日本海もきれいです。
遠くには飛島も見えます。

P1090497.jpg

小砂川から三崎公園の間にある入江。

P1090498.jpg

吹浦駅から見た鳥海山。
鳥海山が近い!!

P1090501.jpg

遊佐の近くの鳥海山。

P1090504.jpg

酒田を出て間もなくの鳥海山
撮影時刻は、11:50頃です。


P1090507.jpg

陸羽西線から見た鳥海山。
撮影時刻は、12:10頃です。

P1090508.jpg

陸羽西線から見た月山?
撮影時刻は、12:10頃です。

P1090509.jpg

新緑の山の間を流れる最上川。
最上川も緑色になっています。

P1090516.jpg

新庄の近くで見えた山。
写真がぶれていてすいません。
鳥海山とは違う山ですよね?

平成の30年の間に、陸羽西線を使って何度も仁賀保に帰省したり、東京方面にもどりました。
でも、未だに陸羽西線の駅名は覚えられません(笑)
なので、令和の間には覚えるようにしたいです。


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

山根館(やまねだて)跡&院内油田跡地を訪問

 2019-04-29
連休3日目の4月29日の朝、実家から車で10分ほどの山の中にある史跡を見てきました。
仁賀保氏の居城だった山根館(やまねだて)の跡地と日本屈指の油田だった院内油田の跡地の2ヶ所です。

1556511022008.jpg

山根館(やまねだて)の歴史は15世紀にまで遡ります。
現在の長野県の豪族だった大井氏が山根館に入城し、仁賀保氏を名乗り、以後、1602年に常陸の国に転封されるまでの135年間、山根館は仁賀保氏の居城でした。

1556511038122.jpg

写真入りの説明文。
なお、山根館跡は、山の中にありますが、この看板の前は野原の駐車場になっていて、車は3~4台は停められます。

1556511050681.jpg

山根館跡の説明図。
時間があれば全部見てもいいのでしょうが、整備されている主郭のあたりを見るだけで充分でしょう。

P1090467.jpg

さあ、山根館跡を見に行きましょう。
小学生の頃、この近くまで探検しに来たことはありましたが、山根館の跡地を見るのは初めてです。

P1090468.jpg

入口から入って少し進むと、この案内板が出てきますが、左に進みます。

P1090469.jpg

左側に見えるのが、山城の主要部である主郭です。

P1090484.jpg

そして、主郭に登る階段の前に山根館跡の模型があります。

P1090470.jpg

これが山根館跡の模型で、説明文も記載されています。

P1090472.jpg

仁賀保氏により城の規模が拡大。

P1090473.jpg

仁賀保氏は矢島氏を滅ぼし、由利郡南部の覇者となったが、1602年、常陸の国に転封され、山根館は廃城となった。
ちなみに、象潟沖に浮かぶ飛島は、現在は山形県になっていますが、この頃は仁賀保氏の領地の一部でした。

P1090474.jpg

説明を読んだし、主郭の跡地に登ってみましょう。

P1090475.jpg

これが主郭の跡地です!!
ここに由利郡南部と飛島を制覇した仁賀保氏が住んでいたんですね。

P1090476.jpg

後ろを見ると、仁賀保の平野と日本海が見えます。
いい眺めです。

P1090477.jpg

これで鳥海山も見えれば言うことなしですが、鳥海山はほとんど見えません。

P1090482.jpg

ここにも説明書きがあったので、見てみましょう。

P1090478.jpg

こちらは主郭建物の復元模型です。

P1090483.jpg

こちらは建物の間取り図ですね。

P1090479.jpg

また、こちらは主郭跡地の説明図です。

P1090481.jpg

庭石の隣りには桜の木が植えられていました。
これは平成になってから植えられたのかな?

P1090485.jpg

見学も終わり、帰ろうとしたところ、ニホンカモシカに遭遇!!
カメラを向けると、主郭の斜面を駆け上がり、あっという間に見えなくなりました。
仁賀保の山でカモシカが出たことに驚きです。

P1090486.jpg

運が良ければニホンカモシカにも出会える!!
そんな山根館跡の場所は、ここですよ~


P1090487.jpg

山根館跡から車で少し進むと院内油田の跡地があります。
院内油田は、日本国内で最大規模を誇った油田ですが、平成7年に閉鎖されました。

P1090489.jpg

ただ、建物としては、ここだけが残されています。
また、建物の前には駐車できるだけの広さがあったので、車はここに停めました。

P1090490.jpg

こちらは建物の内部です。
石油を掘削するための設備が残されています。

P1090488.jpg

こちらは石油の掘削設備の説明文です。

P1090491.jpg

やぐらを見に行きましょう。
ここは平地よりも高いところにあるからか、桜はまだ咲いてますね。

P1090492.jpg

こちらが石油を掘るやぐらです。

P1090494.jpg

やぐらの側にはさびついた機械が置かれています。

P1090493.jpg

こちらはやぐらの説明文です。
院内油田は深度1000メートル以内の石油を掘削していたと書かれています。

海外では、原油が枯渇した油田を更に掘り進め、再び原油が産出されるようになった例もあります。(ロシアのチュメニ油田など)
採算が取れるのであれば、2000メートル以上掘って、院内油田を復活させてほしいと思っています。

俺の父親が幼少の頃は、院内油田の労働者で院内地区は賑わい、院内地区だけで中学校も設けられ、映画館もあったらしいです。
しかし、院内油田の原油産出量が減少し、油田の労働者が去ると、元のさびれた村になってしまいました、、、

石油と共に栄え、そして衰退した仁賀保の院内地区。
俺は院内地区が栄えていた時代を知りませんが、その繁栄は山の中に林立していた石油のやぐらが生み出していたんですね。

そして、そんな栄枯盛衰を見守ってきたのが、秀麗無比なる鳥海山。

P1090495.jpg

TDKの城下町というだけでなく、戦国時代に由利郡南部の覇者となった歴史、また日本国内最大規模の油田があった歴史をもつのが、仁賀保町です。


にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J2へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2020新チャント
2020歌詞カード(1)
2020歌詞カード(2)


2021年の関東近郊の試合
2/28(日)vs 群馬(正田スタ)
3/07(日)vs 栃木(カンセキ)
3/14(日)vs 千葉(フクアリ)
5/15(土)vs 甲府(中銀スタ)
5/29(土)vs 東京V(味スタ)
6/13(日)vs 町田(町田GION)
8/14(土)vs 大宮(NACK)
9/11(土)vs 水戸(K'sスタ)
11/3(水)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター