私達に出来ること何だろう...

 2020-04-05
3月8日(日)に行われるはずだったブラウブリッツ秋田の2020シーズン開幕戦は、新型コロナウイルスの感染拡大により延期され、その後、3回の再延期が行われ、開幕は早くても5月下旬となっています。

このような状況下、昨日(4/4)の秋田魁新報に、岩瀬社長のコメントが掲載されました。

20200404sakigake.png

BB秋田・岩瀬社長
「危機の段階変化」
>J3ブラウブリッツ秋田の岩瀬浩介社長は3日、Jリーグの再開が見通せないことについて「仕方がないことだが、危機のフェーズ(段階)が変わった」と受け止めた。
>これまでは「ファン、サポーターに試合を見てもらえないもどかしさ、申し訳なさが感情として先に立った」と言うが、「今真っ先に考えるのはクラブ経営をどうするのかということ。選手、スタッフ、社員を守ることをリアルに意識しないといけない状況に入った」と語った。

そして、これを見た地元在住のサポーターから、次のようなツイートが投稿されました。


>私達に出来ること何だろう...

これを見て、俺も何か力になりたいとの思いが湧き上がりました。

ブラウブリッツ秋田を守りたい!!

ブラウゴンのぬいぐるみを店舗や通信販売で販売するにも、軍資金が必要です。
個人的には、まだ購入していないシーズンパスを購入するとか、増資を募るのであれば、それに協力したいと思っています。
あと、グッズも例年以上に購入したいと思います。

リーマンショックの時以上に経済が低迷しそうな情勢ですが、自分の可能な範囲でブラウブリッツを支えたいと思います。

ブラウブリッツは俺達の誇り、そして希望!!
そんなブラウブリッツを守りたい!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

スポンサーサイト



Jリーグの再開は再び延期

 2020-04-04
昨日(4/3)、Jリーグ臨時実行委員会において、Jリーグ再開の再延期が決定しました。

Jリーグ公式戦の再開延期についてのお知らせ
http://blaublitz.jp/whatsnew/58593.html

Jリーグが中断延長、再開は早くて5月下旬 臨時実行委
https://www.sankei.com/sports/news/200403/spo2004030018-n1.html

>村井満チェアマンは「少なくとも1カ月以上間隔をあける」と述べ、再開は早くても5月下旬以降の見込み。

これにより、4/26(日)の讃岐戦@丸亀で予定されていたブラウブリッツの開幕戦は、再び延期されました。
再開時期については、早くても5月下旬以降になります。

これは、無観客で実施しても、スポーツバーに人が密集するリスクや選手の移動のリスクがあり、試合開催自体が感染リスクということのようです。

現時点で、ブラウブリッツの試合は既に5試合の延期が決まっています。
そして、第7節から1ヶ月近く、つまり、第10節までが延期となる見込みです。

<延期となった試合>
節  日付(曜日) 開始   対戦相手(試合会場)
01 03月08日(日) 13:00 福島ユナイテッドFC(とうほう・みんなのスタジアム)
02 ※試合なし
03 03月22日(日) 13:00 アスルクラロ沼津(ソユースタジアム)
04 03月28日(土) 15:00 鹿児島ユナイテッドFC(白波スタジアム)
05 04月04日(土) 14:00 FC岐阜(ソユースタジアム)
06 04月11日(土) 14:00 カターレ富山(富山県総合運動公園陸上競技場)

<延期が濃厚な試合>
節  日付(曜日) 開始   対戦相手(試合会場)
07 04月26日(日) 13:00 カマタマーレ讃岐(Pikaraスタジアム)
08 05月02日(土) 14:00 Y.S.C.C.横浜(ソユースタジアム)
09 05月06日(水) 14:00 ガンバ大阪U-23(パナソニックスタジアム吹田)
10 05月16日(土) 14:00 FC東京U-23(味の素フィールド西が丘)

正式な決定ではないようですが、リーグ戦の75%が実施されない場合、今季の昇降格なし。
リーグ戦の50%が実施されない場合、今季の順位確定なし、という話もあるようです。

これをブラウブリッツに当てはめると、36試合中27試合を実施すればJ2昇格を目指す資格は維持できます。
延期となった5試合、延期が濃厚な4試合を実施しない前提で、J2昇格資格が維持できる延長期限、また、順位確定の延長期限を線引きしてみました。

<延期が未確定の試合>
== J2昇格資格が維持できる延期期限(代替試合なしの場合) == 
11 05月31日(日) 15:00 ロアッソ熊本(ソユースタジアム)
12 06月06日(土) 13:00 藤枝MYFC(藤枝総合運動公園サッカー場)
13 06月14日(日) 16:00 ガイナーレ鳥取(ソユースタジアム)
14 06月21日(日) 18:00 AC長野パルセイロ(長野Uスタジアム)
15 06月28日(日) 17:00 セレッソ大阪U-23(ソユースタジアム)
16 07月05日(日) 17:00 SC相模原(ソユースタジアム)
17 07月12日(日) 16:00 FC今治(ありがとうサービス.夢スタジアム)
18 07月18日(土) 19:00 いわてグルージャ盛岡(ソユースタジアム)
19 08月10日(月) 18:00 ヴァンラーレ八戸(ソユースタジアム)
== 順位確定できる延期期限(代替試合なしの場合) ==
20 08月16日(日) 16:00 アスルクラロ沼津(愛鷹広域公園多目的競技場)
21 08月22日(土) 19:00 福島ユナイテッドFC(ソユースタジアム)
22 08月30日(日) 19:00 セレッソ大阪U-23(ヤンマースタジアム長居)
23 09月04日(金) 19:00 カターレ富山(ソユースタジアム)
24 09月12日(土) 未定 いわてグルージャ盛岡(いわぎんスタジアム)
25 09月19日(土) 未定 AC長野パルセイロ(ホーム・開催場所未定
26 09月22日(火) 未定 FC東京U-23(ホーム・開催場所未定
27 09月27日(日) 未定 ヴァンラーレ八戸(プライフーズスタジアム)
28 (10月3日、4日?) 鹿児島ユナイテッドFC(ホーム・開催場所未定
29 10月10日(土) 未定 FC今治(ソユースタジアム)
30 (10月17日、18日?) 藤枝MYFC(ソユースタジアム)
31 (10月24日、25日?) ガイナーレ鳥取(Axisバードスタジアム)
32 (10月31日、11月1日?) セレッソ大阪U-23(ソユースタジアム)
33 ※試合なし
34 11月14日(土) 未定 ロアッソ熊本(えがお健康スタジアム)
35 (11月21日、22日?) FC岐阜(ソユースタジアム)
36 11月28日(土) 未定 Y.S.C.C.横浜(ニッパツ三ツ沢球技場)
37 (12月5日、6日?) カマタマーレ讃岐(ソユースタジアム)
38 12月13日(日) 未定 SC相模原(相模原ギオンスタジアム)

代替試合を行わない前提だと、第11節(5/31)の熊本戦から再開しないと、27試合実施できません。
また、昇格先であるJ2が42試合中32試合実施しないと、J2からJ1に昇格するクラブが出ないという問題もあります。

ブラウブリッツのJ2昇格には、J2側の問題も考える必要があります。
さすがに、2021シーズンのJ2を24チームでやるのは厳しいと思うので、、、

秋田県内の新型コロナウイルス感染者も11人になり、この状況だと、5/23(土)、24(日)の天皇杯1回戦の開催も怪しくなってきました。

ただ、プロ野球とJリーグで連携して協議する「新型コロナウイルス対策連絡会議」では、「5月の終わりごろであれば、何とかなるのではないかと考えている。」との専門家の意見もあったので、5月下旬からJ3リーグが開幕することを祈っています。

今の状態で、選手・スタッフのモチベーションが維持できるのか心配ですが、無観客でも構わないので、まずは、5/23(土)、24(日)の天皇杯1回戦からサッカーが再開されることを祈っています。

そして、第11節(5/31)の熊本戦@ソユスタからJ3リーグが開幕してくれれば、、、


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

第100回天皇杯組み合わせ

 2020-03-31
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、天皇杯の秋田県予選の中止が決定されました。

第100回全日本サッカー選手権大会秋田県代表決定戦中止のお知らせ
http://blaublitz.jp/whatsnew/58571.html

その結果、秋田県代表は、上位カテゴリーのブラウブリッツ秋田に決定しました。
そして、天皇杯本戦の組み合わせは、以下の通りです。

1回戦 5月23日(土)もしくは24日(日) vs 宮城県代表 (ソユスタ)
2回戦 6月10日(水) vs 栃木SC (栃木グリスタ)
3回戦 7月8日(水) vs ファジアーノ岡山 (シティライトスタジアム)
4回戦 8月19日(水)※ vs サンフレッチェ広島 (エディオンスタジアム広島)
※4回戦予備日 9月23日(水)、10月14日(水)

この状況で、果たして天皇杯の本戦は開催できるのか不安です。
ただ、プラス材料を挙げると、天皇杯の1回戦、2回戦は観客が少ないため、無観客での開催も選択肢にあると思うので、リーグ戦に比べれば開催される可能性は高いというところでしょうか。

無観客でも、1回戦の宮城県代表戦(ソニー仙台?)をやってくれれば、、、
J3のプライドをかけてソニー仙台を破りたいですね。

そして、2回戦は2017年のJ3で最後の最後まで優勝を争った栃木SC戦。
観客を入れるなら、6月10日(水)のナイトゲームになると思われます。

P1050302.jpg

可能であれば、久しぶりにグリスタに行ってみたいです。

そして、3回戦は、なぜかファジアーノ岡山のホームでの試合。
観客を入れるなら、7月8日(水)のナイトゲームになると思われます。
この試合、平日だし、到達難易度が高過ぎる、、、

ただ、そのまま岡山に残って山陽地方、山陰地方、四国を観光して、7月12日(日)の今治戦@夢スタに行くこともできますね。俺はやらんけどな。

そして、3回戦に勝利すると、
8/16(日)@愛鷹 → 8/19(水)天皇杯4回戦@広島 → 8/22(土)@ソユスタという地獄のような連戦が待っています。
真夏の時期で、このハードスケジュールを見ると、始まる前から戦意喪失しそうです、、、

勝ち進んでも、秋田からのアクセスが遠い西日本方面での試合で、ブラウブリッツにとっては、この移動距離がハンデとなってのしかかる、、、

Jリーグの5月再開も不透明な状況で、天皇杯の方がまだ開催される可能性が高いと言う状況。
もっとも、天皇杯の秋田県予選が中止され、上位カテゴリーのブラウブリッツが秋田県代表になったように、天皇杯の本戦も、3回戦までは中止して、4回戦からシードのJ1勢だけによる大会になるかもしれません。

それでも、天皇杯の本戦が行われることを信じたいと思います。

せめて、今季1試合だけでも
ブラウブリッツの試合が見たい!!

P1090815.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

日本型BCGワクチンは、新型コロナに効く?

 2020-03-30
新型コロナウイルスの流行は中国で始まりましたが、今は死者の数ではイタリアが世界一となり、感染者の数ではアメリカが世界一になっています。(3/28現在)

全世界で治療薬とワクチンの開発に全力で取り組んでいますが、この中で、「BCGワクチン(肺結核ワクチン)接種が新型コロナにきく」という話が出てきました。

日本型BCGで新型コロナの免疫ができる?(池田信夫)
http://agora-web.jp/archives/2045075.html

上記サイト(アゴラ)の内容を以下の通り抜粋すると共に、補足します。
まずは、世界のBCG接種状況と100万人あたり死亡率について。
EUFcO4cUYAE9zet-660x511.jpg
世界のBCG接種状況(ReseachGateより)

>A(黄色)はBCG接種を義務づけている国で、死亡率が低い(人口100万人あたり死者1人以下)。
>B(青)はBCGの義務化をやめた国。BCG義務化をやめたスペイン(人口100万人あたり死者93人)と義務づけているポルトガル(死者6人)の差が印象的だ。
>C(赤)はBCGを義務づけていない国で、イタリア(人口100万人あたり死者136人)、オランダ(死者25人)、アメリカ(死者4人)。この傾向から考えると、アメリカの死者はこれから数十倍に増えるおそれが強い。

(以下補足)
EUE7KhQVAAEiIW-.jpg

BCGワクチン接種を義務付けている国と義務付けていない国では、死亡率の差が見られるというもの。

t-135x320.png

100万人当たり死者は、
①BCG接種を義務付けている国:ポルトガル6人
②義務付けていない国:スペイン93人、イタリア136人
都市国家のとうな小国とイランを除くと、死亡率のワースト10はすべてBCGを義務化していない国です、、、

また、上記サイトでは、JSatoNotesを引用してBCGワクチンの種類の違いと死亡率の違いについても言及しています。

ss-280x320.png
JSatoNotesより

>ドイツは1998年にBCG義務化をやめて新しいタイプのBCG株を使うようになったが、図のように(ソ連から導入された)日本型のBCGを義務づけていた旧東ドイツ地域では感染率が低く(1万人中500人以下)、新型の旧西ドイツ地域では高い(1000人以上)。

東西ドイツの違いだけでなく、旧東ドイツの中にあった西ベルリン(米英仏管理地区)の感染率が高くなっていることも興味深いですね。
なお、上記サイト(アゴラ)では、(ソ連から導入された)日本型と記載していますが、厳密にはソビエト型(ロシア/ブルガリア型)というみたいですね。

>一見この地図と合わないのはBCGを義務づけているイラン(死者27人)だが、イラン製の特殊なBCG株を使っている。
>日本型のBCGを接種しているイラク(死者0.9人)とは対照的だ。
>BCGを義務化するかどうかよりも、日本型のBCG株がコロナに有効で、新しい株がコロナにきかないのかもしれない。

上記サイト(アゴラ)では、イランとイラクのBCGワクチンの違いが分かる図がなかったので、他のサイトから引用してみました。
EUGUfDNUcAAud-K.jpg
EUGUfDNUcAAud-K2.jpg イラク(水色)、イラン(グレー)

独自のBCGワクチン(パスツール1173株)を使っているイランはグレー。
これに対し、隣国のイラクは水色で、日本と同じBCGワクチン(東京172株)を使っています。
100万人あたりの死者は、イラン26人、イラク0.9人となっています。

また、上記の地図の青い国はソビエト型(ロシア/ブルガリア型)のBCGワクチン接種国で、どれも死亡率が低い(人口100万人あたり死者1人以下)。
よって、日本型とソビエト型(ロシア/ブルガリア型)のBCGワクチン接種国では、死亡率が低い(人口100万人あたり死者1人以下)という事実が認められます。

新しいタイプの西欧型ワクチンを使っている地域の死亡率が、古いタイプの日本型とソビエト型を使っている地域の死亡率よりも高いというのは、皮肉ですね。
ただ、医学的にBCGワクチンの有効性が確認されたわけではないことは留意する必要があります。
 ↓
>医学的にBCGの有効性が確認されたわけではないが、世界各国で臨床試験が始まっている。
>「BCGでコロナの抗体ができるかどうかは疑問だが、人体への影響を弱めることは考えられる」
>疫学的な相関関係は完璧なので、偶然の一致とは考えにくい。

なお、上記サイト(アゴラ)に以下が追記されました。

>追記:NHKによれば、オーストラリアの研究機関が新型コロナウイルスに有効かどうかを確認するため、医療従事者4000人を対象にBCGの臨床試験を行うと発表した。
>これまでの研究では、類似したウイルスに感染した人にBCGを使うと、ウイルスの数を減少させる効果が認められたという。

オーストラリアの研究機関が使ったBCGの種類は分かりませんが、BCGワクチンを使うことで、新型コロナウイルスによる死者が減るのであれば、それは喜ばしいことです。
上記のNHKの記事の情報ソースを貼っておきます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200327/k10012354671000.html

最後に、上記サイト(アゴラ)で、池田信夫先生は、以下の通り述べています。
 ↓
>日本人が集団免疫に近い状態にあることは十分考えられるので、どれぐらいの比率で抗体をもっているかを政府が抗体検査でサンプル調査する必要がある。
>それによって今後の防疫対策は大きく変わる。

日本で新型コロナウイルスの感染者が発見されたのは、1月の中旬ですが、その頃、日本人の半分近くが新型コロナウイルスに感染し、集団免疫を獲得するまで流行は続くという専門家の意見を見て、日本人が集団免疫を獲得するまで、いつまで掛かるんだろう?と思っていましたが、BCGワクチンの接種によりある程度の免疫が出来ている人が多いのであれば、重症化する人の割合も低くなり、流行が沈静化するのも遠い未来の話でもないかもと思いました。

日本国内の感染者数、死亡者数が少ないことに疑問をもつ海外の専門家も多いようですが、それは世界で突出しているCTスキャンを使ってPCR検査の対象者を絞り、効率的に検査・治療を行い、医療崩壊を防いでいること、そして、日本人の衛生管理がしっかりしていることだけでなく、日本型BCGワクチンの接種を義務づけていることも理由かもしれません。

日本型BCGワクチン接種国の死亡率が低いことは心強いですし、オーストラリアの研究機関の臨床試験で新型コロナにBCGが有効であるとの結果が出たことも心強いです。
我々は、BCGワクチンにも守られているのかもしれません。

・手洗い、うがい、咳エチケットの徹底
・人混みを避ける
・不要不急の外出の自粛

をこれまで通り実行し、感染者の増大を少しでも遅らせることに努めましょう!!

Jリーグの再開はいつ?

 2020-03-29
先週水曜日(3/25)、Jリーグは『2020年度 第2回臨時合同実行委員会』を開き、J3リーグが4月25日、J2リーグが5月2日、J1リーグが5月9日と段階的なリーグ再開を目指すことで合意したと発表しました。
また、2カ月間はアウェー観戦の自粛を要請することも発表しました。

【Jリーグ】段階的な再開へ。J3は4月25日、J2は5月2日、J1は5月9日!
https://soccermagazine.jp/j1/17351622

<合意事項>
1.4月3日のリーグ再開の延期
2.リーグ再開(J3は4月25日、J2は5月2日、J1は5月9日)
3.アウェー観戦の自粛要請
4.収容率50%以下を目指す(座席の間隔を空ける)
5.状況に応じた判断と対応

J3から段階的に再開するのは、J3が先行してサーモメーターを運用し、その情報をJリーグで共有し、次にJ2、最後にJ1を再開し、段階的に再開することで一番、規模の大きいJ1が習熟する期間を設けることが目的です。
段階的な再開は、観客の安全を考えた施策であり、評価できると考えます。

これにより、ブラウブリッツの開幕戦は、4/4(土)の岐阜戦@ソユスタから、4/26(日)の讃岐戦@丸亀に延期されました。
この状況では、再延期となったことは仕方ありません。
これを受けて、4/4(土)の岐阜戦と4/11(土)の富山戦の往復航空券はキャンセルしました。

また、2ヶ月間のアウェー観戦の自粛、そして、収容率50%以下を目指す(座席の間隔を空ける)ことも発表されました。
スタジアムで感染者が発生した場合に、それがアウェイサポーターを通じて全国に拡散するのを防ぐためです。

この趣旨で行けば、関東在住のサポーターが地方クラブのホームゲームに行くのも自粛すべきかもしれません。
ただ、関東のスタジアム周辺に住む地方クラブのサポーターもいるので、これはどうしたものでしょうか?
関東在住者にとっては、関東で行われるアウェイゲームがホームなんですが、、、

現時点では、J3リーグは4/25(土)からの再開を目指していますが、昨日(3/28)の安倍首相の会見で、「新型コロナウイルスとの戦いは長期戦を覚悟する必要がある。」との発言があったので、4/25(土)からの再開も難しいかもしれません。

コロナとの「長期戦」見据えた首相の訴え
https://www.sankei.com/politics/news/200328/plt2003280043-n1.html

現時点で、ブラウブリッツの試合は既に5試合の延期が決まっています。

<延期となった試合>
節  日付(曜日) 開始   対戦相手(試合会場)
01 03月08日(日) 13:00 福島ユナイテッドFC(とうほう・みんなのスタジアム)
02 ※試合なし
03 03月22日(日) 13:00 アスルクラロ沼津(ソユースタジアム)
04 03月28日(土) 15:00 鹿児島ユナイテッドFC(白波スタジアム)
05 04月04日(土) 14:00 FC岐阜(ソユースタジアム)
06 04月11日(土) 14:00 カターレ富山(富山県総合運動公園陸上競技場)

また、正式な決定ではないようですが、リーグ戦の75%が実施されない場合、今季の昇降格なし。
リーグ戦の50%が実施されない場合、今季の順位確定なし、という話もあるようです。

これをブラウブリッツに当てはめると、36試合中27試合を実施すればJ2昇格を目指す資格は維持できます。
延期となった5試合を実施しない前提で、J2昇格資格が維持できる延長期限、また、順位確定の延長期限を線引きしてみました。

<延期が未確定の試合>
節  日付(曜日) 開始   対戦相手(試合会場)
07 04月26日(日) 13:00 カマタマーレ讃岐(Pikaraスタジアム)
08 05月02日(土) 14:00 Y.S.C.C.横浜(ソユースタジアム)
09 05月06日(水) 14:00 ガンバ大阪U-23(パナソニックスタジアム吹田)
10 05月16日(土) 14:00 FC東京U-23(味の素フィールド西が丘)
== J2昇格資格が維持できる延期期限(代替試合なしの場合) == 
11 05月31日(日) 15:00 ロアッソ熊本(ソユースタジアム)
12 06月06日(土) 13:00 藤枝MYFC(藤枝総合運動公園サッカー場)
13 06月14日(日) 16:00 ガイナーレ鳥取(ソユースタジアム)
14 06月21日(日) 18:00 AC長野パルセイロ(長野Uスタジアム)
15 06月28日(日) 17:00 セレッソ大阪U-23(ソユースタジアム)
16 07月05日(日) 17:00 SC相模原(ソユースタジアム)
17 07月12日(日) 16:00 FC今治(ありがとうサービス.夢スタジアム)
18 07月18日(土) 19:00 いわてグルージャ盛岡(ソユースタジアム)
19 08月10日(月) 18:00 ヴァンラーレ八戸(ソユースタジアム)
== 順位確定できる延期期限(代替試合なしの場合) ==
20 08月16日(日) 16:00 アスルクラロ沼津(愛鷹広域公園多目的競技場)
21 08月22日(土) 19:00 福島ユナイテッドFC(ソユースタジアム)
22 08月30日(日) 19:00 セレッソ大阪U-23(ヤンマースタジアム長居)
23 09月04日(金) 19:00 カターレ富山(ソユースタジアム)
24 09月12日(土) 未定 いわてグルージャ盛岡(いわぎんスタジアム)
25 09月19日(土) 未定 AC長野パルセイロ(ホーム・開催場所未定
26 09月22日(火) 未定 FC東京U-23(ホーム・開催場所未定
27 09月27日(日) 未定 ヴァンラーレ八戸(プライフーズスタジアム)
28 (10月3日、4日?) 鹿児島ユナイテッドFC(ホーム・開催場所未定
29 10月10日(土) 未定 FC今治(ソユースタジアム)
30 (10月17日、18日?) 藤枝MYFC(ソユースタジアム)
31 (10月24日、25日?) ガイナーレ鳥取(Axisバードスタジアム)
32 (10月31日、11月1日?) セレッソ大阪U-23(ソユースタジアム)
33 ※試合なし
34 11月14日(土) 未定 ロアッソ熊本(えがお健康スタジアム)
35 (11月21日、22日?) FC岐阜(ソユースタジアム)
36 11月28日(土) 未定 Y.S.C.C.横浜(ニッパツ三ツ沢球技場)
37 (12月5日、6日?) カマタマーレ讃岐(ソユースタジアム)
38 12月13日(日) 未定 SC相模原(相模原ギオンスタジアム)

第11節(5/31)の熊本戦から再開すれば、27試合実施できるので、この27試合で2位以内になれば、J2昇格できます。
実際には、延期となった第1節~第6節までの代替試合をどこかで行えれば、その分、再開時期が遅くなっても27試合は実施できます。
また、代替試合の実施時期については、東京オリンピックの延期も決定したことで、オリンピックの実施予定期間も使えるかもしれません。

と、ここまで書きましたが、明日、明後日には状況が激変し、再開時期が6月に変更されるかもしれません。
また、リーグ戦の消化を優先し、無観客での再開を実施するかもしれません。

我々としては、

・手洗い、うがい、咳エチケットの徹底
・人混みを避ける
・不要不急の外出の自粛

をこれまで通り実行し、感染者の増大を少しでも遅らせることに努めるしかありません。

日本人みんなの力で、新型コロナに勝ちましょう!!


にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

Author:関東ブリキチ
twitter:@kantobrikichi
閲覧後にクリックお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ J3へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ ブラウブリッツ秋田へ
ブログ村 ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ基地外=ブリキチを目指す首都圏在住の秋田県人で
BLUE+ AKITA関東支部(B-FREAKS関東)の世話役・連絡係
B-Freaks_S.jpg

夢は秋田県のチームが国立で公式戦をするのを見ること。
そして秋田県のチームが天皇杯で優勝してACLに出場すること。

首都圏在住のブラウブリッツファンと秋田県人の皆さん、一緒にブラウブリッツを応援しましょう!
応援歌はここをクリック
↓ ↓ ↓
2020新チャント
2020歌詞カード(1)
2020歌詞カード(2)
2019新チャント
2019歌詞カード
2018チーム
2018選手


2020年の関東近郊の試合
5/16(土)vs FC東京(西が丘)
8/16(日)vs 沼津(愛鷹)
11/28(土)vs YS横浜(ニッパ球)
12/13(日)vs 相模原(ギオンス)

<被災地支援ボランティア>
陸前高田2012.10(1)
陸前高田2012.10(2)
震災は過去のものではありません。
まだまだ支援は必要です。

秋田県ゆかりの会
8月26日(土)18:00開始
秋田県人以外も大歓迎です!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

FC2カウンター